刺さるタカハシの一言。

テーマ:
チャオーーーーーーー!!!!


三連休、どうでしたか?


私はというと、


三兄弟が・・・

男子×3の溢れるエネルギーが
朝起きた瞬間から
9倍の威力ですさまじて

もうさ・・・





ちったぁじっと出来ひんのかぁぁぁ!!!


と何度言ったことか。




ずっとウロウロしてるか、ずっとゴソゴソしてるか、ずっと喧嘩してるかのどれかやねんもん。(げっそり)

わかってくれる人、いる?

天気の悪い休日なんかもう地獄以外のなにものでもない。
こんな奴ら家の中に閉じ込めておけるわけないやん。



うるさい・・・うるさすぎる・・・





このままじゃ






マジで憤死するわい!!!



あまりの熱量に耐えきれず、

野原に、


放つ。ぷわぁぁ~~~。
(この日はお天気はいい日でした。)


男の子3人でもおとなしい家ももちろんあるんやろうけど、
男子が固まったときのあのワチャワチャ感たるやもう・・。


私一人で野原につれていって、
椅子からテーブルから全部えっちらおっちら運んで、
足がなんかフワフワすると思ったら足の甲におもっきし毛虫乗ってたけど、
ブンッ!て放り投げて、
なんかもう
昔は箸ですら重かったのにいつの間にかオジサン化(遠い目)

ワンオペの遺産。
こんな遺産いらん。

一人で3人をピクニックに連れていくとか凄いパワフルで優しいお母さんのような印象を与えてしまうかもしれないけど、
ずぇんっずえんそんなことはなくて。(断固)




以下、事実にものすごく忠実に再現することにする。

そもそも野原に至るまでに既に疲れきっていた私。
(ちなみにまだ午前中)


イライラも積もってるし、
(なんせ憤死寸前)

どこか広いところに行かないと気ぃ狂いそうでたどりついた野原でさえも、
さっそく喧嘩し始める3人。


周りには既にテントを張ったり、バーベキューの準備を始めてる家族がいて、
緑豊かなロハスライフでオッベイビ!ラブリラブリーエーやのに(小沢健二)

のっけから説教。



あぁ~、隣のテントのお父さんに
お~こわっとか思われてんだろ~な~。



なんかもう



こんなカリカリしてんの私しかおらんような気がする!


向こうのテントでは大学生らしき男女がバーベキュー合コンしとって(憶測)

聞く気はないけど耳に入ってきた言葉。


女子:「タカハシくんってさぁ~ほんと人生楽しそうだよね~~」



タカハシ:「当たり前さ。人生は楽しむためにだるんだから!!」





キラキラキラァァァァーーーー!!!(眩)



目が・・・目がぁぁぁぁ!!!(ムスカ)

曇りなき若者の言葉が刺さる刺さるーーー!!!



晴れやかな顔で堂々と言い切る青年とは反対に私ときたらどうだ。
眉間にシワ刻みながらピクニックの準備しとるし。(現実)



そうだ!タカハシくん!人生って楽しいはず!!

子育てって、自分のものすごく醜い部分と対峙する時、ない?
こんな偉そうな口のきき方したことなかったのに
子供が相手ならこんなにも横柄な態度取れちゃうんだ私って・・・みたいな。


「ごはんの準備が出来たから川で手を洗っておいで~」って声をかけたけど、

息子3人が地面がヌメヌメしてるとかでなかなか進めず、



「いけないよ~」とか「すべるよ~」とかまごまご言ってばかり。


いや、行けるやろ。
他の子も行けてるんやからあんたらも行けるやろ。


「さっさと手ぇ洗っておいでよ」


ちゅ:「だってぇ~~ヌメヌメするんだもぉ~~ん」

私「だーーいじょうぶだってば!そんくらい気にすることじゃないでしょうよ!」

ちゅ:「だってぇ~~すべるんだも~~~ん」

私「いいからさっさと進まんかい」

ちゅ:「えぇぇ~~~~?だってぇ~~~ヌメヌメ・・・・・(以下省略)」


イラァッ・・・。


(いや、イラッとするポイントおかしいんやけど、このときはなんかもうすっごく機嫌が悪かった)




ちゅ:「あぁっ!!!!

マ、ママァ!!!!



サンダル壊れちゃったよぉぉ~~どうしたらいい~~」


イラァァァッ!!!

「ピクニックにそんなふざけたサンダル履いてくるんじゃないよ!!
(100均のビーサン)
ちゃんとしたサンダル持ってんのになんでそっち履いてくんの!?

考えたらわかるやろ!以下自粛~~~~!!!!」



ちゅ:「ええええ~~~!!
そんなこと言われたってぇぇぇぇぇ~~~
ふにゃふにゃふにゃぁぁ~~」



あぁ~~もう!!


ふにゃふにゃすんなっ!!しっかせいよ!!

地面がヌメヌメしてるごときでふにゃふにゃしとる男とかなんやねん!




見とけ!!




こうやって・・・!


普通に・・・

歩けば・・・・




行けるでしょうがぁぁぁ!!

ザッザッザッザッ!!



と段差を一段降りた瞬間、







ぬるっ、


ズデェェーン!!!

バイィィィ~~ン!!(尻)


アイターー!!!

一同:「・・・・・・・・・」



静寂。





し、しまった!!

息子たちに大きな口叩いた直後に
目の前でおもっきしコケてもた!!
面目まるつぶれ!!


後ろで見てた息子が叫ぶ。




ほーら!ママだってこけてんじゃん!!



ひぃぃぃーーー!恥ずかすぃ!!

たぶん一連の流れを隣の家族も全部見てたはず。
そして全員がちゅんたんと同じこと思ってるはず!!

はずい!はずかすぃ!!



しかし、母の威厳を保とうとする謎のプライドが邪魔をする。



ふっ・・ふん!!!

こここ、コケたぐらいがなんやねんコケコッコー!!



こんくらい




コケたうちに入らんわいっ!!!
シュタッ!!



さも、「何もありませんよ~」風にしてサッと立ち上がる。



ちゅ:「ママ?

おしり、ベチャベチャだよ?」



・・・・知ってる。
パンツまでべちゃべちゃ。




「だからなに?




このぐらいのベチャベチャどうってことないし!」



息子たち;「・・・・・・・・・・。」




ひでぇ見栄っ張り。



到着30分でパンツびちょびちょになったけど、

その後遊んでるうちにトゲトゲしてた心も落ち着いて・・・


いやぁ・・・・


緑ってすばらしいな!

ピクニックってすっばらしいな!

キャンプ用品とかそろえようかな。




帰る頃にはすっかりご機嫌。




タカハシくん、

人生楽しむことにするわ。





おまけ。


あんだけヌメヌメが嫌って言ってた奴、どこの誰。


帰る頃の上二人。







ほどほどっちゅーもんがないんかい。




いつも読んでくださって&コメント・いいねありがとうございます♥
リブログ大歓迎です。許可不要です^^ご自由にどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 すくパラ。

短めの四コマです。
 よかったら読んでみてください~!


 
..................................... 
ウーマンエキサイト

ブログとは違って真面目っぽいこと書いてまーす。
読んでみてね~♥
 
↓↓↓



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 

AD
チャオーーーーーーー!!


鬼魂さんの記事のコメント、たくさんありがとうございました(^_^)/
ウケ悪いかな?とも思っていたけど意外とそうでもなくてよかった。


さて、お誕生日にラジコンを買ってもらったゆいたん。



その後、

猛烈でございます。


起きた瞬間から、



尻ジェットでラジコン。


いや、今まだ七時にもなってへんけど。(はやっ!!)





小鳥さえずるなか、

登園前にウィ~~ン。



こんな朝から遊んでる奴誰もおらんわい。



しかもリモコンで動かしながら、車にあわせて



ひたすら走り回るけど、
ラジコンってそうじゃないと思う。
(遠隔操作が売り)




先週さ、めっちゃ珍しいことに、
ゆいたんと私だけの時間が1時間だけあったので、

公園でラジコンタイムにお付き合いしたのよ。





(ラジコンに食いつくのはみんなオジサンだった。)


せっかく楽しく遊んでたというのに
彼のご機嫌は山の天気ごとく。


おやつ、もう食べたのにまだ食べたいとか言うから
「もう持ってない」って答えたら、

ガガガ、
ガタガタガタぁぁぁ。




ご機嫌だだ下がり。



ゆ:「もう帰る!!!」
私:「いやいや、ほーちゃん迎えに行かないといけないし。」
ゆ:「じゃ、おやつちょーだい!」
私:「おやつもうない。」
ゆ:「じゃもう帰る!!」
私:「いや、だからほーちゃん迎えに行くんやて。」
ゆ:「キィィィィィッ!!!」
(×くりかえし)




なんやこれ。

会話の中身が3歳レベル\(^o^)/

(もうすぐ小学生でぇぇ~~す!(白目)



じゃ、もういいわ。
勝手にし。



ママ、



先に行くわ。さいなら。

プイッ。




そしたら、ゆいたんが

ゆ:「待てぇぇぇぇ!!!」

って猛烈に追いかけてきて、
ドスッ!と自転車に飛び乗ってくるも、

今度は、置きっぱなしのラジコンを、



ママが取ってこいと・・・。


なんでやねん。

自分で取っておいでよ。
ママ、ここで待っとくから。

ゆ:「いーーーーやぁぁぁーーーー」
(ものすごく腹立つ顔)

チッ



自分で遊んだんでしょ?
ちゃんと最後まで責任持って・

ゆ:「うるせぇぇ!!」
(もちろん「る」は巻き舌ドルゥル)


ケッ

自分で取ってきなさいって!!!


ゆ:「ブワァカ!!」

シバくど。



こうなったらもう母と息子の知恵比べ!!



ゆいまーる、
なんとかしてママをイラつかせてやろうと必死だし、
私は私で奴の術中にはまるまいと必死。


あーーイライラするーー。



ここで、ゆいまーるが繰り出した技は、




自転車揺らし!!

ユッサユッサユッサユッサーーー!!!


そう来たかぁぁぁ!!!



あぁっ!もう!!!

こけるってば!!!やめてよ!!!


ゆっさゆっさゆっさゆっさぁぁぁぁ!!!!


もーーーーーー!!!!!
やめなさい!
ラジコン取ってきなさい!
いい加減にしなっさぁぁぁぁい!!!






なんやねんコイツ!!



可愛さ余って憎さ百倍!




チャッキーに見える!!(おばけ!)


チャッキー、ええ加減にせえよ。




君がそう来るならママも出るとこ出よか。

いいか。

自転車はママが持ってるんやで。





もう行きまーーーす。(ラジコン見捨てる)



チャ:「キィィィィッ!!!」



進みだした自転車を飛び降りて、
急いでラジコンを取りに行き、
光の速さで戻ってきたチャッキー。


自転車に飛び乗るも、





もぉぉ~~~揺らさないでってばぁぁぁ~~!!!


走行中の揺すりは非常に危険ですぅぅ!!
おやめくださいお客様ぁぁぁぁぁ!!!



あーーもう。。
なんでこうなんのかな。はぁぁぁぁ。

せっかくゆいたん専属タイムだったのに・・・
楽しくラジコンで遊んでたのに。。。

ちょっとしたことで結局モメ事。







自転車を降りたら、

今度は、





だっこしろ。だって!!!(珍しい)


え。なんなん。

君、抱っこしてほしかったん?



口悪いけど言ってること、抱っこしろ。(薄ら笑い)



もぉ~~~、
甘えたいならすなおに甘えればいいのに。


なんやねんな、


あまのじゃくすぎる。








いつも読んでくださって&コメント・いいねありがとうございます♥
リブログ大歓迎です。許可不要です^^ご自由にどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 すくパラ。

短めの四コマです。
 よかったら読んでみてください~!


 
..................................... 
ウーマンエキサイト

ブログとは違って真面目っぽいこと書いてまーす。
読んでみてね~♥
 
↓↓↓



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 

AD

(初)うちの鬼魂さん!!

テーマ:
チャオーーーーーー!!!



Kosodatefulに限らずどこの育児ブログでもだいたい同じかな?と思うのだけれど、
読んでくれてる人もコメントしてくれる人もほぼ女性だと思うんだよね。
(男性の子育てブロガーもいらっしゃるけどまだまだ少数)

育児ブログに男性の意見がもっと入ればいいのになって前からずっと思っていて。


会社にしても部活にしても女性だけの集団ていうのは、
うまくいってるとスゴい力を発揮するんだけれど、
一方でぐるぐると堂々巡りだったりする面もあったりすると思うんだよね。

女性(母親)の視点と男性(父親)の視点って違って当然で、
妻が真剣に悩んでることでも夫からしたら「別にそこまで悩むことじゃないよ」とか「いや、そうとも限らないんじゃね?」って思うこともあると思う。
でも、それを真正面から言ってしまうと余計妻の機嫌をこじらせてしまうから、
喉まで出掛けている言葉をぐっと飲み込むこともあるんじゃないかな~と思っていて。

もうすぐ結婚11年目のうちの夫が「俺もようやく妻の前で心にもないことを言えるようになった」て言ってた。
(言い方な。)

今まで直球!正論!厳しい!て思ってた夫も、
最近ではすっかり「妻を不機嫌にさせない方法」を習得してしまい、
そうなったらなんか、夫の正直な本音を聞く機会がめっきり少なくなってしまってちょっと物足りない!

夫の意見って最初は自分にはない考えだしドストレートだから聞いた瞬間は腹が立つんだけど、
時間が経つとたしかに一理あるなと思えるものが多くて、
なかなかいいもの持ってると思う。

厳しい指摘もバシバシするからkosodateful内では鬼のコンサルタント=鬼コンと呼ばれていて、
大半の女性には嫌われるんだけど、
「鬼コン好きです。」っていうレアキャラも存在するのもたしか。

子育てブログに母親目線からの意見だけじゃなくて、
父親目線からの意見も取り入れてみたいなと前々から思っていたことと、
鬼コンセオリーをおもっきし弾けて書いてみたいなという思いを抱いていたのと、
ごく一部のレアキャラにウケることだけを目的に
シリーズものとして書いてみたいなと思います。
(続くかどうかは未定)

そして、あくまで我が家の思いだけれど、
夫の考え方は息子たちに伝えたいなと思うものが多いので
父から息子へ送る言葉、としての意味も兼ねてるかなと。

というわけではじまりはじまり~~~。

(前置き長っ)

・・・・・・・・・・・・・・・




昼はサラリーマン、夜は鬼コン!(顔は四角!)

妻の悩みをバッサバサ斬りまくる。
決め台詞は「泣いて解決するなら泣けばいい。じゃなければただの時間の無駄だ。」

その名も・・・





鬼魂!!ババァァァーーン!




ある夜妻は悩んでいた。

長男にどこまで「兄弟の長」であることを求めていいものかと。






(のぞきかたが完全に変態。怪)


ただ先に生まれただけなのに、
弟の面倒を押し付けるのも本人からしたら嫌なのかなと思ってみたり、
でもそうはいっても長兄としてしっかりしてほしいとも思うし。

私自身三人姉弟の一番上だったこともあり、
「どうして自分ばっかり厳しいんだ」って悔しい思いもしたから、
だからこそちゅんたんには同じようにしないでおこうって思っていたけれど、
でも実際子育てしてみるとやはり一番上って厳しくもなるし、期待も大きくなるわけで。



はぁ~~・・(ため息)


夫ならどう思うかな?


って




おおお・・・
鬼魂さぁぁぁーーーん!!!

パリーーン!!!


ひーっ!どっからーーー!!!


妻:「かくかくしかじかで私悩んでるんですーーー!」
妻は鬼魂に胸のうちを打ち明けた。





ら、


鬼魂の第一声。








しょしょしょ。

しょーもないやと~~!?


妻の悩みを「しょーもな」で一刀両断!!
ブワサァァー!!


ちょっ、しょーもないとは何や!
こっちは真剣に悩んどったんやど!!


鬼魂:「第一子とか、第二子とか
そーーんなちっちゃいちっちゃい枠のなかで何を言うとるんや。




もっと大きな世界で見ろ!

小さな世界にとらわれるな。」


ち、小さな世界・・・私の悩み・・・小さな世界・・
イッツアスモールワールド!
世界中誰だ~って笑い~あ~り涙~あ~り。

ハハハ(乾いた笑い)



鬼魂:「だってよく考えてみろ。



この世に、年長者、若者、高齢者、先輩、後輩、年功序列、
生まれた順番でカテゴライズされてることなんて山ほどある。

それはもう


厳然たる事実!」


ピ、ピシャァァァ!!!!




いや、でも!!!でもでも!!!

好きでお兄ちゃんになったわけじゃないのに、
弟の面倒見てって親のエゴな気もしなくない?!!


「なに言ってんの。

社会に出れば年長者が取るべき態度っつーもんが
あるんや。

それじゃあれか?

好きで先に生まれたわけじゃないのにとか心配するんやったら
おまえ、


「おれ、好きで先輩になったわけじゃないのに~~!!」とか言うんか。」



イヤァ!!!

息子がこんな先輩になったら困る~~~!!!




鬼魂:「せやろ?

年上として取るべき態度ってもんがあるねん。」



そ・・・そそそ・・・



そんな気がしてきましたぁ~~・・・。



いやでも、鬼魂さん!

私もあなたも第一子でしたよね!?
小さい頃「なんで私ばっかり」っていう思いも抱えてましたよね!?
それをちゅんたんに抱かせてたとして、
大きくなったときにもまだわだかまりを残してしまったらどうしましょう。




鬼魂:「はぁ?

んなもん、


大人になればわかる時がくるわい!!」


ぐはーーっ!!
それを言っちゃおしまいな気がぁぁぁ!!!




鬼魂:「気持ちはわかるよ。
俺だって小さいころは同じように思ったこともあった。

でも社会に出てみたら分かるようになったし、
親になってみて分かることもいっぱいあった。

仮にちゅんたんに今「お兄ちゃん」であることで嫌な思いをさせてしまっていたとしても、
んなもん、
いつまで引きずんねん!

親がどうだったから~とか、そんなもんもう大人になったら関係ない。

自分で考えて生きろ!



自分の人生を歩め!!」


アベシッ!!!


ぷすぷすぷす・・・・


い、いや、でもそうは申しましてもね?
今時は一昔前の家長制度みたいなもんってもはやタブーといいますか、
下の子が生まれても「下の子をほっておいてもまずは上の子を優先しましょう」っていう論が主流ですし、
「上の子のフォローを大切に」っていう論が王道な気がするんですけど・・・。



鬼魂:「んなもん、



お前の得てる情報が偏ってるだけだ!

今の世の中情報が溢れ返っとる。

そのなかで自分が選ぶ情報がたまたまその主流とされる論調なだけであって、
それが正しいのかどうかなんてわからない。」


・・・・はっ!!!


たしかにそうかも!



育児系の記事っていろいろあるけど、
そのなかで私が何を選んで何を吸収するかって絶対無意識的に
自分の好みや価値観に似たものを選んでるはず!!


そっか!


偏ってるっちゃ偏ってるかも。




鬼魂:「なんにせよ、


お兄ちゃんだからどうとか、そんなこと、
木を見て森を見ずだ。

この子たちが社会に出て行くときのことを考えてみろ。


じゃ!!


あばよ!!」


お・・・鬼魂さん!!!

ももも森を見ます~~!!


鬼魂はものすごく滑らかな口調でメッタメタに妻を斬り去っていったのであった。



しかし、不思議と
翌日の妻は霧が晴れたようであった。



なかなかオモロイこと言う鬼魂さん。








次はいつやって来るのでしょうか。(続)







なんかいい設定とか技名とかあれば教えてくださ~い。




いつも読んでくださって&コメント・いいねありがとうございます♥
リブログ大歓迎です。許可不要です^^ご自由にどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 すくパラ。

短めの四コマです。
 よかったら読んでみてください~!


 
..................................... 
ウーマンエキサイト

ブログとは違って真面目っぽいこと書いてまーす。
読んでみてね~♥
 
↓↓↓



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 

AD
チャオーーーーーーー!!!!


お誕生日のコメント、今日もたくさんいただきましてありがとうございます。
ゆいたん、お前はなんて幸せなんだ!
そして、まさか食洗機をそんなに突っ込まれるとは(笑)
もしかしたら万が一の確率で当たるかもしれないのでもうちょっと買うの待っとこ。(はよ買え)



さて、兄弟あるあるかもしれないけど、

お兄ちゃんの誕生日って

3歳の弟、理解できます??



うちのほーちゃん(3歳半)。


今日がゆいたんのお誕生日なんだってことは理解できても、
ゆいたんだけをお祝いする日っていうのがわからなくて


泣き暮らしとったわ(さめざめ)


まず、最初にスーパーでゆいたんが玩具菓子選んだでしょ?


ヨカタヨカター!!


てなってるその瞬間。←

ほーちゃんがどうなってたのかというと、









ま。こうなるわな。

ギャオス。


ほ:「なんでゆいたんだけ買ってよくて俺はダメなん!!!」

もちろんスーパーに入る前にも今日はどういう趣旨なのかも説明したし、
ほーちゃんには普通のお菓子っていう話もしたけれど、
それでも目の前に素敵なもの持ってる兄貴がいたらそりゃ自分だってほしい!!

だって何故なら、しゃんしゃいだから!!


来年になればもうこういうことはなくなるから今年が最後だと思うけど。(遠い目)



ほ:「おれもこれがい~~い!!!

おれもこれがい~~い!!

うわぁぁぁぁーーん!!!


私:「ほーちゃん、今日はゆいたんのお誕生日だから!」

ゆ:「そうよ?今日は俺の誕生日やから!!!」


ほ:「やーーーーだ!やーーーだ!やぁぁぁぁだぁぁぁぁ!!!!」
地団駄地団駄~~~!



ゆ:「俺の一個あげるから!!」
ほ:「いーやぁぁぁ!わけっことかイヤアァァァ!!!」


メガギャオス。


私:「あ、ほら、ほーちゃん。こっちの負けんグミは!?これ、美味しそうじゃない?」

ゆ:「ほーちゃん!ガムもあるよ!!」


私とゆいたんとで、出来の悪い殿様をヨイショする爺やのようにアゲてノせて説得して、



駄菓子で落ち着く。(50円)


どうやら「二個買ってもらえた!!ゆいたんより数多い!!」
っていうので納得してくれたらしい。(金額<個数)


アホでよかった。




おやつ食べ始めたらもうすっかり、


ご機嫌よね~。

切り替え早くて大変よろしい!



でも、ほーちゃんにまだ試練は続く。



オモチャ屋でゆいたんがラジコンを手に入れたその瞬間。




はい。


オーーレだって欲しいぃぃぃぃ!!
ピギャーーーー!!!!

ハイパーギャオス!


な・・・なんやこれ・・・。

もう、

暴れ犬連れてる気分。




あーめんど。


買って買ってとゴネまくったあとは、




ふて寝(力尽きる)


で、目が覚めたら

ゆいたんが楽しそうに外でラジコンしとるわけですよ。
近所の友達たちに見守られながら。


そんだら当然しゃんしゃいもやりたーてしゃーないわな。





で・・・出たぁぁー・・・。



いや~な予感・・・。



今日だけは貸したくないゆいたん。

おまけに周りにはたくさんのギャラリー。


しかし、しゃんしゃいは無敵なので、

爆音の鳴き声でリモコンを奪い取り、



ブンッ!!!


それを周りのみんなが「返せ」「返せ」と一斉に群がるもんだから、


リモコン持ったままと逃走して、


なんかもう、





スクールウォーズみたいになっとったわ。(ラグビー)


でも、いかんせんへなちょこなもんで、

あっちゅー間に奪還されて、


あーあ。
まーーーた泣いたーーー。


ずっと泣いとるやん、この子。






気分建て直そうと、
ゆいたん、ケーキが全然好きじゃないから
アイスクリームのケーキを買いに行ったんだけど、



アイス屋さんには行ったことあるけど、
アイスケーキを買うのがはじめてのほーちゃん。


しゃんしゃいは一回インプットされたことに忠実に行動するロボみたいなとこあるから、
どうやら、
普通のアイスを買ってもらえるもんだと思ったみたいで、



違う。今日はケーキを買うんだよ、と伝えても


何回言っても理解できず、



あ・・・あ・・・・




あちゃちゃ・・・



さっきもこれ見た気がするーーーー!!!!




アイヤーー!!!



あ~~あ。


ぜぇ・・・はぁ・・・。


いや、そりゃさ・・・
私のやり方がヘタクソなんもあるやろうし、もっと要領よくできたんやろうけど・・・



あんた、

ちょっ

泣きすぎやで。


ゆいたんはニコニコワクワクハッピーデーだったのにたいして、
ほーちゃんは修行僧のような一日だったに違いない。




一日が終わって夜、パパとお話してるときに語っとったわ。





ほ:「あのねぇ~~・・・アイス買ってほしくて泣いちゃった~」

パパ:「そうなん。
なんでアイス買ってもらえんかったん。」



ほ:「あのねぇ~・・・



最終的には理解したらしい。



お誕生日がイマイチ理解できてない3歳児と過ごす兄弟の誕生日。

ややこしかった。
泣き声と笑い声の協奏曲でした。





いつも読んでくださって&コメント・いいねありがとうございます♥
リブログ大歓迎です。許可不要です^^ご自由にどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 すくパラ。
本日公開!

短めの四コマです。
 よかったら読んでみてください~!

 



 
..................................... 
ウーマンエキサイト

ブログとは違って真面目っぽいこと書いてまーす。
読んでみてね~♥
 
↓↓↓



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 

3才のこわ~いおはなし。

テーマ:
チャオーーーーーーー!!!!



本日二本目。


ゆいたんへのお祝いの言葉、こんなにもたくさんいただきまして・・・!!
本当にありがとうございます(号泣)
タイフーンのような子ですが、ゆいたんなしではコソダテフルが成り立たないという看板役者のような存在でもあります。
これからどう成長していくか未知数ですが今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


お礼にといっては何ですが、

今日の夕方、ほーちゃん(3才半)が自転車に乗りながら
世にも恐ろしい怪談を聞かせてくれたので、
皆様にもおすそわけしたいと思います。


ガタガタガタガタ・・・・・



しゃんしゃいのつくったこわぁ~~いおはなし。

はじまりはじまり。






人喰いオバケやな。







が、が、がぶぅぅぅっ。(肉)













車ごと・・・!!恐怖!



ん、んん・・・・?











いや、ちょっと待って。


もしかして・・・・・、次・・・・






やっぱりぃぃぃ!!!


「その瞬間」好っきゃな!!!



その瞬間にただ次々食べとる話!!





怖すぎかよ♥





これをものすごく真剣に真顔で語り続けるしゃんしゃい。




その瞬間、母は半笑いを我慢できませんでった。



あ!あと、これ!



はいはいはい!!私も応募したいでーす!(皆さんもぜひ!)

食洗機!!!
食洗機をくださぁぁあい!!!(切望)





いつも読んでくださって&コメント・いいねありがとうございます♥
リブログ大歓迎です。許可不要です^^ご自由にどうぞ。
 
..................................... 
ウーマンエキサイト
本日公開です!(12.00)
ブログとは違って真面目っぽいこと書いてまーす。
読んでみてね~♥
 
↓↓↓



 

・・・・・・・・・・・・・・
すくパラ。


短めの四コマです。
 よかったら読んでみてください~!

 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・