門野内絵理子・もんのうちえりこ:人生はお気に入りだけで暮らしたい:オンライン・大阪・北摂・神戸・京都*全国

門野内絵理子・もんのうちえりこ:人生はお気に入りだけで暮らしたい:オンライン・大阪・北摂・神戸・京都*全国

オンラインサポート
「新居はお気に入りだけで暮らしたい」
入居2日目で新居が片づく引越しサポート。
大阪吹田市在住
引越しオーガナイザー門野内絵理子です。
大阪・京都・神戸・阪神間・北摂


「住む場所」も「仕事」も「思考」も
お気に入りだけにする!

気持ち+片付け整理コンサルタント

大阪吹田市の引越しオーガナイザー
門野内絵理子(もんのうちえりこ)です
プロフィールはこちらから

 
私のサポートでは家の片付けに着手する前に
いつもヒアリングメールにお答えいただいてます。


思考の整理を意図してるのですが、
みなさん、
出るわ出るわ出るわ鬱憤
 
メールだけで10往復の鬱憤
メール1通にビッシリビッシリと
したためられた鬱憤
 
 
・家族のこと
・自分の不安
・パートナーのこと
・親のこと
・子どものこと
 

これまで、誰に聞いてもらうでもなく
仕舞い込んだままの気持ち…
相手に遠慮して黙ってしまいがちなキャラ…
喋るより書くほうが素直になれるキャラ…
 
 
そんな方々が
私のクライアントさんには多く、

ヒアリングメールをきっかけに
大放出されることが珍しくありません
 
 

ともすると、
「家の片付けよりも、
 先にこちらの鬱憤を整理したほうが」
なんてことにも
 
 

そこで

 
このたび、
このメールでウップンを吐露してちょーだい
って
サービスをリリースすることになりました
 
 
その名も

メールでウップン玉手箱

片付く人生をスタートさせるために




1ヶ月間
わたしと
メールで胸の内を語らいましょう

  
遠慮なく
グダグダ
ぐるぐる
いただけたら
嬉しいです




 
 
こちらのサービスは
9/28水21:00〜リリースです
  
1ヶ月間¥10,000(税込)
 
初回5名さまを
モニターさまとして
半額でのご提供を予定しています

 
 
メールでお話しできること
楽しみにしてます。



  

年間片付けサポートのご案内

▶子供の入学・復職・習い事など年度を越した家族の変化に応じて常に相談できる人が欲しい▶家族の好みや性格を知っている人に継続して家のサポートをして欲しい▶リフォームと引越しで何度も変化する住まいを丸ごと任せたい▶片付いた後のインテリアも含めて相談したい専門の方も紹介してほしい



あなた専属の 片付け +気持ち整理 コンサルティング 年間サポート 





▼著書発売中
 
 
働き方は生き方、
生き方は家に現れる
いまの納得度は?


このところ私の中で高まっているテーマ
自分を生かした働き方、満たされた生き方
実は
「片付く」
「片付かない」
にも影響していて…
 
 
 
10年前の今時期に
フリーランスの一歩を踏み出しました
 
当時、専業主婦3年目
 
 
 
"育児は自分のスタイルで向き合いたい"
とリクルートエージェントを退職し
専業主婦を選びました。
 
 
 
仕事にも締切にも何にも追われない時間は
心底自由で解放感
 
と、同時に
 
子どもの話でしか
繋がらない気がする人間関係…
"お母さん"でいなきゃ、
私の個人的な話に興味ないかも…と
オタクを封印。
表面的な繋がりに物足りなさを感じてみたり
(その頃からアメブロを始める)
 
 
さらに
専業主婦も2年目、3年目、と過ぎると
 
「いつかは働かなきゃ」
「すっかりビジネススキルも落ちてる私に
 何ができるんだろ」
「また履歴書で面接に落ちる日々なのかな」
 
脳裏をよぎる焦燥感
 
 
 
ポイントサイトやアンケートサイトでは
充足感を得られず…
(時間も自分も持て余しまくっていた)
 
 
 
 
そんな時に以前から気になっていた
片付け資格の受講チャンスが!
 
当初は
「片付けのプロになる」
「フリーランスになる」
「起業するんだ!」
なんて意気込みはゼロで
 
「履歴書に書ける資格になる」
くらいの認識でした。
 
 
 
ところが、
受講後に興奮気味に報告する私を見た
夫から
 
「お前もやったらええやん
 講師なら家でできる仕事なんやろ?
 うちは実家を頼って働くのは無理だし
 俺も帰りは遅い。
 お前はパートやバイトは向いてない」
 
鶴の一声で
 
「じゃあ、一級の資格もとってみる」
 
と、
なんとも覚悟の決まらないまま
スタートしたのが10年前でした。
 
 
 
仕事、事業としてのパッションもビジョンも
曖昧なままスタート


初々しいようなふてぶてしい自己紹介
 
 
 
"子どもが居ても働けるはず"
って都合だけで…
 
 
当初ラッキーだったのは
資格取得より先にスタートしていた
アメブロの読者さんが
お客様になってくれたこと
 
 
 
事業計画書が上手く書けてしまったこと(!?)
 
 
 
"やること"が明確なら
動けてしまう走れてしまう私
数年間は
事業計画書のミッションをクリアするように
 
リーフレットを作り名刺を作り、
セミナーを開催しお客様宅に訪問し、
次々とミッションを立ち上げてはこなす日々
腕試しのような充実感
(持て余していたから)
引越し準備講座スタートさせた頃
 
 
 
そんな時
 
 
ひょんなきっかけで
念願のBtoBのお仕事を紹介いただくも、
企業さんとのお仕事スピードは早く
ワンオペの私では無理が生じる
 
「所詮、女の仕事って思われる…」
「仕事なのに無責任って思われるかも…」
 
 
子どもが熱出たらどうしよう
預け先がない、どうしよう
日程が調整できない、どうしよう
夜は出られない、どうしよう
冷や汗と指の震え
 
 
子どもと過ごしたくて、
育児をしたくて
出勤がなく時間の拘束がない
フリーランスを選んだはずなのに
 
「会社員に劣らない働き方をせねば!」
「男性並みに仕事できなきゃ!」
「一人前に!認められるように!」
 
 
 
そして
2人目出産後、
完全ワンオペの中
 
 
 
 
抱っこ紐で仕事をさせてもらい
必死でくらいつくも
子どもの預け先も仕事も彷徨い気味
売上も彷徨いがち…
 
再び、自分を持て余しだす…
 
 
そんな時に出会った
外見戦略コンサルタント
林モニカ氏
 
「なんのために
 その仕事をされているのですか?」
 
「仕事がうまくいくと、
 えりこさん自身は
 どうなるのですか?」
 
「世の中の役に立つとは?」
 
「いまも考え方が会社員のようですね」
 
「えりこさんは満たされるけど商品としては…」
 
 
"在り方"
 
と尋ね続けられるなかで
 
いかに自分が
 
"やること"だけに注目して
"行動だけ"に終始していたのか
気づかされたのです
 
モニカ氏に出会った頃のイベントひとまく
 
 
 
その後、
外見戦略コンサルタントの林モニカ氏と
パートナーを組み誕生したのが
「内観研究所」でした
 
 
自分の内面を整える
内観研究所を
家の片付けの私が提供しているのは
10年間の片付けサポートで感じていた
 
「持て余し感」
 
 
家庭に入り、
"主婦" "母" "嫁"の役割にハマり
持て余した自分の活かし先を
外の活動に求めて忙しくなり
家のことが回らなくなる方…
 
 
"片付けができれば自分にも価値がある"
"家が片付けられない自分はダメだ"
自分の土台が揺らぎ
自分への不信から周囲にも不信になる方…
 
 
子どもがいて家があって
十分幸せは揃ってるはずなのに
虚しさを感じる自分を責めている方…
 
 
 
私自身
きっと同じような葛藤を抱えていたからこそ
家を整えるという行動を通じて
気持ちを在り方を整えることをお手伝いできる、
と信じています
 
 
そして自分が整っていけば
持て余していた自分は
満たされた自分として
暮らしも家族も豊かにできるのです。
 
 
 
10年前のわたしは
ここまでの具体的な構想は
見出せてなかったけど
 
「家を片付ける中で
 気持ちが整うことを伝えたい」
 
当時、抽象的すぎるかな、と
事業計画書には含めなかった
あの時の信念が、
いま形になっていることを
嬉しく思います。
 
当時からご縁が続いてる皆様
本当にありがとうございます。
 
 
 
そしてそして
同じような葛藤が
私の耳に届くことも増えてきました
 
 
●子どもとの時間が自由になれると思って
 フリーランスを選んだのに今の方が忙しい
 
●︎ 独立したのに組織に属していた頃と変わらない
   イベントのたびに駆り出されてる気がする…
 
●︎ 充実感はあるけど「稼ぎになってるの?」って
 夫に聞かれるのが怖い…
 
●︎ やりたいことのためには
 会社員より起業ですよね!
 
 
起業、フリーランス、独立、会社員も
手段でしかなんですよね
そもそもの自分のニーズと自分を知らないと
労働形態が変わっただけで
同じ悩みを繰り返す。
 
 
 
もっと自由に、自分らしく、センス良く
仕事を作ることはできるのに…
 
 
そのあたり
内観的にアプローチしたセミナーを開催します。
 
 
___________________
 
内観研究所プレゼンツ
 
~自分らしくセンスよく仕事をするには?~
 
アナタの質問にお答えします!
___________________
 
【内容】
 
・教えてマイペース起業Q&A!
 
お申込時に5つまでご質問をいただき
匿名で質問にお答えします
 
 
・「これが正解」
 の落とし穴にハマっていませんか?
 
やりたくない、
と思いながらやっていることの辞め方。
同業者との差別化するためにすること。
焦らない&煽られないマインドのコツ。
 
 
・なんのために?
 
内観研究所が一番得意とする、
「そもそも、なんのために?」
話すうちに原点に戻っちゃう不思議。
全ては原点に返ることから始まる。
 
 
・片付けとブランディング
 
ビジネス周辺も片付け整理整頓が大事。
分かりやすさ+ブランディング(価値づけ)
私たちだからこそできるアドバイスは
ここでだけの特典
 
 
 
【日程&方法】
 
 
■オンライン開催@zoom
 
2023年1月25日(木)
10:00~11:00
 
2023年1月28日日(土)
9:30~10:30
 
 
 
■定員
 
12名(各回)
 
*30分ほど延長する場合があります。
今回はアーカイブのご用意はありません。
 
*SNSお顔出しNGの方もご参加いただけますが、
セミナー中はビデオONでお願いします。
 
*会社員の方も主旨にご賛同の上ご参加いただけます。
 
 
 
■費用
 
¥ 22,000(税込み)
 
 
 
【お申込みはこちらから】
 



みなさんとお話しできること
楽しみにしています。







 
 

年間片付けサポートのご案内

▶子供の入学・復職・習い事など年度を越した家族の変化に応じて常に相談できる人が欲しい▶家族の好みや性格を知っている人に継続して家のサポートをして欲しい▶リフォームと引越しで何度も変化する住まいを丸ごと任せたい▶片付いた後のインテリアも含めて相談したい専門の方も紹介してほしい



あなた専属の 片付け +気持ち整理 コンサルティング 年間サポート 





▼著書発売中
 
 
"自分を快適にする"に
真剣に取り組まなかったツケ

人生は幸せになるためにある
幸せになろうとしないとツケがくる
そのひとつが
家である住環境



 
 
「幸せ」は条件が揃ってなれるものでは無く
「幸せ」は周囲が与えてくれるものでも無く
「幸せ」は自分で気づくことだから
 
 

 
誰か片付けてくれたらさー
(誰か幸せにしてくれたらなー)
帰ったら家が勝手にスッキリしてて欲しい
(帰ったら幸せがまってて欲しい)
なんでみんな出来て私は片付けられないんだろ
(なんでみんな幸せで私は幸せじゃないんだろ)
 





 
お母さんが片付けてくれていた時代があった方は
(昔の私ですね)
快適は待てばやってくるもの
幸せは待てばやってくるもの
って
癖ついてるのかもしれない
 
 
我慢強さが美徳だった方は
"自分が幸せになる?"
ってキーワードに
すごーーーく抵抗を感じるかもしれない
(昔の私ですね)
 


 
 
そして
いよいよ

自分で自分を幸せにしていく
自分の快適を自分が作っていく
自分の足で人生を立つ
自立の時がやってきたのかもしれません
 
 



 


「理屈は分かったけど
 で?どうやるの?」

たとえば
・本棚一段
・食器コーナー
・クローゼットの自分の服
自分のモノがある場所で
"自分の好きなものだけを手前に並べてみて"
 
クライアントさんとご一緒する方法のひとつです




私「この棚の一段を全部出して、
  好きなものだけを手前に戻してみてください
  残りは捨てなくていいので」
お客様「え、考えたことないです」
   「分からないです」
私「好きなものだけを選ぶ時、
  誰かに遠慮はありますか?
  やっちゃダメな気持ちはありますか?」

お客様「母の言葉を思い出しました
    "またそんなにモノ増やして"
    って言われたことを」
私「何歳頃の記憶ですか?」
……(中略)並べ終わった後……
お客様「なんか見違えますね!
    置いてあるものは変わらないのに
    スッキリしたというか、
    ほんとだ、
    私が好きなモノが見えてて眺めて嬉しい」




私が
モノを通じて
気持ちを整理するお手伝いているのは、
過去の感情が現在に影響して
"快適になれるはずがない"
"幸せなんて贅沢だ"
思い込んでることを
モノに絡めた感情と共に
解放するため
 
 
片付けは
人生に片をつけること
後回しにしてきた快適さがあるならば
今の自分にちょうどいい快適を
作っていきましょう



片付けコンサル体験キャンペーン
1.間取図、2.お部屋のお写真、3.アンケート
この3つを用意するだけで
zoomで片付けアドバイスを60分受けられます
・どこから片付ける?
・部屋の使い方は効果的?
・片付かない理由はなんだ?
・収納アドバイス
など質問し放題
◉お申し込みは1/20(金)配信メルマガより
↓↓↓
  
片付け気持ち整理コンサルタント
門野内絵理子のメルマガ
「大丈夫、だって、できるから」
毎週金曜 21:00配信
   

年間片付けサポートのご案内

▶子供の入学・復職・習い事など年度を越した家族の変化に応じて常に相談できる人が欲しい▶家族の好みや性格を知っている人に継続して家のサポートをして欲しい▶リフォームと引越しで何度も変化する住まいを丸ごと任せたい▶片付いた後のインテリアも含めて相談したい専門の方も紹介してほしい



あなた専属の 片付け +気持ち整理 コンサルティング 年間サポート 





▼著書発売中
 
 
こんにちは
新年、あちこちの投稿で

"2023年は、もっと自分を大事にする"
"自分や家族のために時間を持つ"
"ゆとりを持つ"
"大きく広げたことを選び直す"

といった
・選び直し
・整え直し
を伝えてられてる方を
多くみかけました






個人的な願いですけども

ぜひ、そんな時ほど
「内観する時間を持つ」
ことを
ほんとうに大切にしてほしいなーと願っています


・自分時間
・ゆとり時間
・自分を大切にする
・選び直す

って
自分と人生を客観的に
俯瞰することが大切だから
 





いつもの自分のまま見直す自分は
習慣を引き継ぐし
思考の枠を外しにくい
気づけば
「これまでの自分のミニチュア」になる
それは
ただ
消化不良な持て余し、となりがち…だから



選び直すときには
棚卸しのように
すべて出して並べてあげると
自分も気づいてなかった
自分の宝を見つけられますよ





















年間片付けサポートのご案内

▶子供の入学・復職・習い事など年度を越した家族の変化に応じて常に相談できる人が欲しい▶家族の好みや性格を知っている人に継続して家のサポートをして欲しい▶リフォームと引越しで何度も変化する住まいを丸ごと任せたい▶片付いた後のインテリアも含めて相談したい専門の方も紹介してほしい



あなた専属の 片付け +気持ち整理 コンサルティング 年間サポート 





▼著書発売中
 
 
 

今の家で、気に入ってるところは
どこでしょう?
 
 
何%くらい気に入ってますか?
 
 
 
逆に、気に入らない場所はありますか?
気に入らない理由は思いつきますか?
 
 
 



 
 
そんな話をし続けた
3ヶ月サポートのクライアントさんから
ご感想を頂戴しました
 
 
 
「依頼する前にイメージしていた
片づけサポートと、180度違って〜」
 
 
 
「ずばり言われたのは、
ぶん殴られたような衝撃でした笑
あの一言でサポートをお願いしたいって
直感的に思ったのでした〜」
 
 
 
 
それは、なぜなぜ?
 
 
 
クライアントさんのご感想、生の声を
お届けします(掲載許可頂戴しています)
 
 
私のサポートの雰囲気も
感じていただけるかと思います
 
 
 
 
 
------


3ヶ月が終わり、ふっと気がゆるんで抜け殻になったこの数日でした。
振り返っていたのですが、ぐるぐると様々なことが浮かんでは消え、、、
書いては消して、の繰り返しで。
 


遅くなりましたが、
3ヶ月ありがとうございました。
プロに頼むってこういうことか!!と驚きの連続でした。


走り抜けた!3ヶ月です。
私一人ではできなかった!えりこさんの伴走があったから走り抜けられました。
途中、家を見まわしてこれ大丈夫??って何度思ったか!
ダイニングのチェストの書類や小物の整理は
心折れそうでした。
溢れた収納用品とクリアファイルの山には笑ってしまいました〜
すでに懐かしい…



選別が完了していない細かい部分は残っていますが、あとは一人で大丈夫と結構冷静に思える自分がいます。
万が一あかん時は、えりこさんがいるという安心感かも。


最初の間取り相談の時に、
 
夫が新居のリビングでリモートワークするのは私が気を遣ってストレスになるんじゃないか
広いリビングより独立したワークスペースがあったほうがいいと思う。と言われた時に、

そう!ストレス!私のモヤモヤしていることを言語化してもらえた、と思ったこと。
 

今の家で好きな場所はダイニングだけなのではないか?とずばり言われたのは、ぶん殴られたような衝撃でした笑

あの一言でサポートをお願いしたいって直感的に思ったのでした。
 

実は間取り相談からサポートを申し込むまでに時間がかかったのは、夫にサポートを依頼したいと話すのにかなり遠慮があったから。
夫は駄目と言う人ではないとわかっていたけれど、自分の為に、というのが私はできなかったんだな~と今はわかります。


依頼する前にイメージしていた片づけサポートと、180度違って。 

終わった今、こんな道のりを辿ってこんな景色を見るのか!が感想です。                                                                                                                                                                                   
捨てることが目的ではない、を繰り返し言われたことがゆっくりとじんわりと響きました。
ここにはこう収めたらいい、というようなノウハウをただ教えるのではなく、私に「考える」余白をいつも残してくださっていたように感じます。

もちろん、私には思いつかないたくさんのなるほどーー!があったのですが。

「なんでそう思う?どうしたい?」と絶妙なタイミングでくる鋭い質問に最初は戸惑いましたが、いつしか、きたきた!って思えるように。

これからは自分でどうしたい?って問い続けます。3ヶ月はその練習期間でした。


えりこさんからモノとの向き合い方を教わったなぁと思います。

私にとっては片づけ=モノと自分との向き合い方だな、と。
モノの量の多い少ないが善し悪しではないし、誰かと比べるモノではないこと。
もう100均でプラスチックのとりあえずの収納グッズは買いません!
子犬を飼うのか?!という気持ちで選びますね。



未知の領域の引越し(人生初です)を、引越しが本領のえりこさんに伴走いただける心強さ!
3ヶ月は終わりましたが新たな始まりに今わくわくしています。
自分の好きをもっと追い求めて次お会いできる時を楽しみにしています。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。


------------



 
 
Aさん
ありがとうございました
お疲れ様でした。
 
 
 
Aさんからは
 
「実は、えりこさんに
 スクラップブッキング用品の
 押入れ収納を提案された時は
 ピンときてなかったけど
 やってみて、"あー、こうなるんだ"
 としっくりきました」
 
 
なんて率直なお言葉も
 
 
 
求められれば
納得されるまで理由を解説もしていますけど、
 
サポート中は
自分のやり方以外を取り入れる時なので
"やってみよー"って
実験気分は大事で取り組むことは
スピードアップに繋がってきます
 
 
 
「キッチンの見た目もスッキリして
 キッチンに立つのがワクワクします」
 
「この場所がこんか風に使えるようになるなんて」
 
 
と、思わず涙ぐまれる一幕も…
 
 
『片付けに追われる毎日をやめたい』と
 
 
取り組まれて
時間を作り出し
真摯に向き合われた成果です
 
 
ご一緒させていただき
ありがとうございました。
 
 
 
 
 

年間片付けサポートのご案内

▶子供の入学・復職・習い事など年度を越した家族の変化に応じて常に相談できる人が欲しい▶家族の好みや性格を知っている人に継続して家のサポートをして欲しい▶リフォームと引越しで何度も変化する住まいを丸ごと任せたい▶片付いた後のインテリアも含めて相談したい専門の方も紹介してほしい



あなた専属の 片付け +気持ち整理 コンサルティング 年間サポート 





▼著書発売中