おはようございます。

静岡県小山町の電気屋、中外です。

 

中外では毎日、総務朝礼を行っています。

・締切業務の確認

・社長、専務の行動予定

・新規の受付

など、業務をスムーズに進行するために共有すべきことを共有しています。

 

だた、それだけではなく

業界ルールみたいな事も話します。

 

この日の話題は・・

 

  除却と除去

両方とも、「取り除く」意味ですが

何を、取り除くのかが異なります。

 

建設業界では、除却が使われます。

理由:工作物その他の物件を取り除くときに用いる

 

ちなみに漂流物は 除去になります。

 

これを簿記に転換すると

減価償却の却の字も同じ内容なのかな?と思うのでした。

日本語って深い。

 

意味を考えて仕事をすると楽しいと思いました。

 

 

アスベストの処分を頼まれました。

こんにちは中外の総務みらいです。

 

電気屋。

昨日はテレビをお客様に販売し

今日は、アスベストの処分。幅広い業務内容です。

 

中外では産業廃棄物の処理もしっかりと行っています。

特にアスベストの処分については、法令が猛スピードで変わっていくので

都度づと、確認しながら適正に処理しています。

 

今回はアスベストのレベルによって処分する会社が変わることが

事務処理上判明したので、アウトプットがてらブログに残したいと思います。

 

そもそも・・・

 

  アスベスト 飛散性・非飛散性とは・・・

 

1−1 アスベストの飛散性・非飛散性とレベル1∼3の整理(国交省HP)

国交省のHP見ても難しかったので
チャットGTPさんに子どもでも分かるように要約してもらいました。
 
アスベストの飛散性と非飛散性の違いは、その名前からもわかるように、アスベストが空気中に飛散するかどうかです。

1. **飛散性(ひさんせい)**:
   - 飛散性のアスベストは、粉末や微細な繊維が空気中に飛び散る可能性があります。
   - この状態では、アスベストの微小な粒子が吸い込まれると、健康に悪影響を及ぼすおそれがあります。

2. **非飛散性(ひひさんせい)**:
   - 非飛散性のアスベストは、固まっていて、空気中に飛び散ることはありません。
   - この状態では、アスベストが固まっているため、通常は健康に悪影響を及ぼすことはありません。

簡単に言うと、飛散性のアスベストは空気中に漂って危険で、非飛散のアスベストは固まっていて安全です。 
 
まず、ごめん、
その名前から分かるようにが分からなかった泣き笑い
 
気を取り直して、
飛散性アスベストはレベル3⇒2⇒1と数字が小さくなるにつれ
発じん性が高くなります。
 
そして、処分場者さんによって
処分出来るレベルがあるそうで、中外では レベル3ならいつもの〇〇さん
レベル2なら、特別契約している△△さんで対応できるとのことでした。
 
なるほど、普段なにげなく事務処理していた
基本契約書も奥がふかかった。
 
現場からは以上です。
 
 
 
 
 

こんにちは。

2月もあと2日!

 

育児書を読みました。

子どもは勝手に伸びるわけではないので

伸びるための環境、

種まきをしてあげるのが親の役目。

 

これって・・・・笑

部下は勝手に伸びない。

成長するための職場環境つくり

仕事に興味を持つための種まき。

 

これが肝心なのでは?と思いました。

私に出来ることは

・・・思いつかないので考えようと思います。

 

昨日、ついつい忘れてしまった仕事を片付けてきます。