chuchumommyのブログ
  • 22Nov
    • 【プチプチ移住:バリ】準備編:まだ手付かず(;^_^A

      今日出発だよね?!おはようございます今週はずーーーっと雨の沖縄。どうやら台風がいるみたいですね。タイトルの通り、今日からバリへプチプチ移住です。約1週間という短い滞在ながら、現地への移住を視野に入れた、移住体験を目的として行ってきます。が、しかし、、、全く準備をしていないしていないのですが、1週間程度の旅なので パスポート クレジットカード 現金この3点セットがあれば最悪なんとかなるSIMロックの解除もオッケーということで今回かなり適当とはいえ、今からスーツケースにあれこれ詰め込みますので、自分メモとして持ち物リストをここに書き出してみようと思います。 【非常食】※今回ちょっと繁華街から離れた場所に宿泊するため食料の調達が簡単ではないことを視野に入れた非常食として お米(息子用)&プラスチック軽量カップ 焼き海苔(息子用) プロテイン(私用) パン(主人の母が焼いてくれたもの) 醤油 マヨネーズ(息子用) インスタント味噌汁(20食分) 【衣類】 水着 下着 着替え(ランドリーは付いているようです) ルームウェア 【その他】 息子用の浮き輪(腕タイプ) ※お家にプールがあるので ゴーグル 子供用ポータブル便座(バンコクでGETしたもの) 化粧品 スキンケアグッズ ブラシ PC パスポートのコピー ジップロック(M・L) ショッピングバッグ 【機内用】※今回トランジット含めて9時間の道中 iPadへ動画のダウンロード(息子用) お絵かきグッズ スナックさて、息子を一旦学校へ送り出したら、荷造りスタートです。荷造りが終わったらころには、今度は息子を学校へ迎えにいって、家族3人で空港へGO那覇空港でのお楽しみバンコクへ行くときは深夜便すぎて、空港のレストランなどがやっていなくて、マックで夕食をとる羽目になったけど、今回は夕方なのでそのあたりの心配はいらないですね。久々の国際線ターミナル。密かに楽しみにしていることが2つあるんです。1つめはクリスマスツリーなんと沖縄の各産地から取り寄せた染め織物を、高さ約6メートルのツリーに巻き付けるようにして飾り付けがされているそうなんです久米島紬(つむぎ)、宮古上布、読谷山花織、琉球絣(かすり)、首里織、喜如嘉の芭蕉布、琉球紅型、知花花織実際に見られるのがとっても楽しみ2つめはフローズンヨーグルト「pinkberry那覇空港店」“light(軽い)、refreshing(爽やか)、craveable(トリコになる)”をコンセプトとした、高品質でフレッシュなフローズンヨーグルト4種類のヨーグルトフレーバー、6種類のフレッシュフルーツ、10種類以上のトッピングから、カスタマイズで盛り付けていくスタイルドラゴンフルーツやマンゴーを使った那覇空港店限定メニューもあるそうです。バンコク行くときに立ち寄りたいと思っていたのですが、見事に閉店していて...今度こそリベンジしてきます楽しみ~では、またレポートしまーすプチ移住シリーズということで、バンコク編のバックナンバーを載せておきます。プチ移住:バンコク編 バックナンバー【番外編】【プチ移住:バンコク】現地編:バンコクでの日々を毎日綴った理由【プチ移住:バンコク】現地編:私が主人と喧嘩になったわけ【プチ移住:バンコク】現地編:母の誕生日のお祝い【プチ移住:バンコク】現地編:母の日【準備編】【プチ移住:バンコク】準備編:学校選び【プチ移住:バンコク】準備編:滞在先選び【プチ移住:バンコク】準備編:フライト予約【プチ移住:バンコク】準備編:何を持っていく??【プチ移住:バンコク】準備編:最終確認&到着後のシミュレーション【現地編】【プチ移住:バンコク】現地編:0日目:まさか?!【プチ移住:バンコク】現地編:1日目:買い出し先の確認【プチ移住:バンコク】現地編:2日目:生活スタート【プチ移住:バンコク】現地編:3日目:インターナショナルスクール初登園【プチ移住:バンコク】現地編:4日目:時差を活用して朝方生活【プチ移住:バンコク】現地編:5日目:現地で買いそろえたもの【プチ移住:バンコク】現地編:6日目:お食事事情【プチ移住:バンコク】現地編:7日目:通学1週間【プチ移住:バンコク】現地編:7日目:子どもの遊び場ハーバーランドへ【プチ移住:バンコク】現地編:8日目:バンコクの遊び場はグローバル【プチ移住:バンコク】現地編:9日目:アジアハーブアソシエーションへ【プチ移住:バンコク】現地編:10日目:バンコクでのお買い物(日用品)【プチ移住:バンコク】現地編:11日目:7日目のパイレーツ【プチ移住:バンコク】現地編:12日目:3歳ちょっぴり夜遊びデビュー【プチ移住:バンコク】現地編:13日目:スクールサマーキャンプ2週目コンプリート【プチ移住:バンコク】現地編:13日目:スペシャルパワーチャージ【プチ移住:バンコク】現地編:14日目:アソークのターミナル21【プチ移住:バンコク】現地編:15日目:噂の遊園地に潜入してきた【プチ移住:バンコク】現地編:16日目:バンコク子どもの遊び場【プチ移住:バンコク】現地編:17日目:ライオンエアでちょっとそこまで【プチ移住:バンコク】現地編:18日目:マッサージ&フルーツ&タピオカドリンク【プチ移住:バンコク】現地編:19日目:ハーブ大国タイの国立病院が商品開発【プチ移住:バンコク】現地編:20日目:初の腸内洗浄【プチ移住:バンコク】現地編:21日目:古都アユタヤへ【プチ移住:バンコク】現地編:22日目:王様ドリアンへの挑戦【プチ移住:バンコク】現地編:23日目:タイのエコ意識とロイヤルプロジェクト【プチ移住:バンコク】現地編:24日目:飛行機に乗り遅れました【プチ移住:バンコク】現地編:24日目:ここで遊びたいと思える学校【プチ移住:バンコク】現地編:25日目:弾丸チェンマイの旅【プチ移住:バンコク】現地編:26日目:未練があるくらいがちょうどいい?!【プチ移住:バンコク】現地編:27日目:インターナショナルスクールサマーキャンプ完【プチ移住:バンコク】現地編:28日目:Goji Kitchen&Bar@Marriott【プチ移住:バンコク】現地編:29日目:帰国日到来【現地編:つづき】【プチ移住:バンコク】現地編:毛穴がつまった

  • 21Nov
    • 【女性の輝き】ビジョンボード向きじゃない?!

      明日からインドネシアのバリ島へ世界最先端の持続可能な世界の未来のリーダーを育てる学校、バリ島「グリーンスクール」へ視察に行ってきます。グリーンスクールについては、視察後にシェア会も開催予定なので、楽しみにしていてくださーーい。ビジョンボードが向いてない人っていますか?さて、本題ですビジョンボーディスト™養成講座@沖縄開催に向けて、こんなご質問をいただきました。正直いうと、私これまでビジョンボードを作る会に参加しても、一行に仕上げきれない&仕上げてもなんとなく周りに影響されて、後から見直すと、これだったっけな?ってなることが多くて・・・私はビション向きではないのかなと思い始めてました。ビジョンボードが向いてない人っていますか?この気持ち、わかります!!!2つの課題 一行に仕上げきれない 仕上げてもなんとなく周りに影響されて、後から見直すと、これだったっけな?ってなってしまうせっかく参加しても、この2つの課題にぶつかってしまうと、確かに、向いてないのかなぁって思ってしまいますよね。そして、結構同じ課題を感じていらっしゃる方、多いのではないかしら??と思ったので、シェアさせていただきたいと思います。ビジョンボードが向いてない人っていますか?結論からお伝えすると、どんな人でも取り組めますし、最終的には潜在意識へとアプローチしていくので、あまり向き、不向きはないと思います。好きか嫌いかというところでの、「好み」の問題は大いにあると思います。このあたりは、一度やってみて、今後も続けるかどうかは、ご自身でやってみた感覚を大切にしていただけたらと思います。一行に仕上げきれない…一行に仕上げきれない…確かにビジョンボードを創っていくのって、結構時間がかかってしまって、自宅に戻ったとたん、やる気が出なくて中途半端なまま放置...なんてことあったりしますよね。今回も講座の時間中はたぶん完成しないと思います。しないと思いますが、ちゃんとアフターフォローが付いていますので、最後の完成までしっかりとフォローさせていただきますのでご安心ください。また、今回のビジョンボードは、自宅で雑誌を買ってきたり、大量の資料を用意する必要がありません。スマホ1つでできてしまうので、お忙しい方でも、お仕事の休憩時間や隙間時間など、気が向いた時にいつでも取り掛かることができるんです。そして、これは実際に取り組んで体験していただきたいのですが、自分の軸が見えてくると、正直、自分の軸に合った画像を探す作業はかなり楽しかったりしますだって、「自分らしく生きる自分」「生きたい人生」をイメージしていくことはすでにそんな自分を生きている感覚を味わいながら作るので本当ならすっごく楽しいはずなんです。それがもし退屈だとしたら...たぶん、それは本当にあなたが生きたい人生ではないのかもしれません。是非一緒に幸せな気持ちをたっくさん味わいながら完成させていきましょうこれだったっけな?仕上げてもなんとなく周りに影響されて、後から見直すと、これだったっけな?ってなることが多くて・・・これは、これまでにビジョンボードを作ったことがある方が、一度は味わったことがあることなのではないでしょうか。私も10年前取り組み始めたころは、確かに創ってはみたものの...「これって私が生きたい人生なのか???」見知らぬ誰かのビジョンボードのような気がしたことがありました。でもそれはそのはず。まず切り抜きの元となるのは、大抵その時期に書店で販売されている雑誌。雑誌というのは、トレンドを意図的に生み出すために商業的な意図がしっかりと入った形で作られたもの。そんな雑誌を見ながら、自分が「いいなぁ」と思うものを切り取ってくる。もしくは、自分の中にイメージはあるのに、雑誌の中にそのイメージに合うものがなくて、結局なんとなーーーくなものをチョイス。すると、「それらしきもの」はあったとしても「本当に自分自身にフィットするか?」ときかれると、実はちょっと違っていたりするんですよね。その結果、出来上がってくるものがなんか違うかも...と感じるものになってしまいやすいというのがあります。今回お伝えしていく”ビジョンボード”の作成は、雑誌ありきではないんです。手元に集めた資料を眺めながら、良さそうなものを集めてくる方法とは逆。まずは、自分自身が自分自身に正直になること自分自身に向き合うところから始まります。「自分らしく生きる」「自分らしさ」「生きたいあり方」が見えてきてから、じゃぁ、そんな自分にとって必要なエレメントそんな自分が求めるエレメントってなんだろう。という形で広げていき、その先で初めてそれを可視化していきます。だから、ズレが少ないだから、出来上がったビジョンボードを自分の御守りにできるんです気になる方は、是非一緒に作りましょーーービジョンボーディスト™養成講座@沖縄開催《開催日時》★沖縄第1回ビジョンボーディスト養成講座日時:12月30日(月曜日)開場:12:45講座開始:13:00講座終了:16:30★ 沖縄第2回ビジョンボーディスト養成講座日時:1月3日(金曜日)開場:12:45講座開始:13:00講座終了:16:30《会場》沖縄県那覇市「おもろまち駅」から徒歩5分※詳細は参加者の方へご案内いたします会場内の飲食は可能となっております。各自で必要に応じてお飲み物や軽食をお持ちください。《担当講師》ビジョンボーディスト™養成講座認定講師神:谷則子.詳細&お申込みはこちらから   ↓↓↓ビジョンボーディスト™養成講座@沖縄開催

    • 2019年12月&2020年の開運日

      2019年も残すところあとわずか。ということでいろいろ2020年に向けて、準備を開始していくタイミングでもありますよね。来年のスケジュール帳も届き、新しい年の予定の中に7つの習慣でいう「大きな石」=最優先事項を入れていきたいと思っています。スケジュール帳は、今年もビューティーライフアカデミーを主宰されていらっしゃる長谷川エレナ朋美さん監修の、BEAUTY LIFE DIARY色がグレーとピンクとあり、私は今年は「繋がり」「仲間」をとにかく大切にしていきたいので、「ピンク」を選択しピンクと言ってもサーモンピンク近くてちょっと大人なピンク。愛用中のお財布と名刺入れとも、なんとなく色の感じが似ていて、とってもいい感じですということで、大きな石を入れたり、月のテーマを決めたり。合わせて、私が具体的な行動の日を決める際に意識しているのが、開運日。日本で昔から活用されてきた暦なのと、私の尊敬する経営者さん達が以外とこれらを意識していたりするんです。その影響もあって、しばられることはしませんが、何かを始めるきっかけを決める場合などには大いに活用していたりします。ということで、新しい手帳に記入をしたので、備忘録を兼ねて掲載しておこうと思います。2019年12月開運日12月2日(月)一粒万倍日12月3日(火)一粒万倍日+大安12月7日(土)寅の日12月10日(火)巳の日12月12日(木)満月(14:13・双子座)12月16日(月)一粒万倍日(12月17日(火)一粒万倍日☜不成就日)12月19日(木)寅の日12月22日(日)巳の日12月26日(木)新月(14:14・山羊座)12月28日(土)一粒万倍日12月29日(日)一粒万倍日(12月31日(火)寅の日+大安☜不成就日)2020年1月開運日1月3日(金)巳の日1月10日(金)一粒万倍日1月11日(土)満月(4:22・蟹座)1月12日(日)寅の日+大安1月13日(月)一粒万倍日1月15日(水)巳の日1月22日(水)天赦日+一粒万倍日(1月24日(金)寅の日+大安☜不成就日)1月25日(土)一粒万倍日 新月(06:43・水瓶座)(1月27日(月)己巳の日☜不成就日)2020年2月開運日2月3日(月)一粒万倍日(2月4日(火)立春(18:03) 一粒万倍日+大安☜不成就日)2月5日(水)天赦日+寅の日2月8日(土)巳の日 2月9日(日)一粒万倍日 満月(16:34・獅子座)2月16日(日)一粒万倍日+大安 2月17日(月)寅の日(2月20日(木)巳の日☜不成就日)2月21日(金)一粒万倍日2月24日(月)新月(0:33・魚座)2月28日(金)一粒万倍日2月29日(土)寅の日2020年3月開運日3月3日(火)巳の日(3月4日(水)一粒万倍日+大安☜不成就日)3月7日(土)一粒万倍日3月10日(火)大安 満月(02:48・乙女座)(3月12日(木)一粒万倍日+寅の日☜不成就日)3月15日(日)巳の日3月19日(木)一粒万倍日3月20日(金)春分(12:50)(3月24日(火)一粒万倍日+寅の日☜不成就日 新月(18:29・牡羊座))3月27日(金)己巳の日3月31日(火)一粒万倍日2020年4月開運日4月5日(日)天赦日+寅の日4月6日(月)一粒万倍日4月8日(水)巳の日 満月(11:36・天秤座)4月15日(水)一粒万倍日(4月17日(金)寅の日☜不成就日)4月18日(土)一粒万倍日4月20日(月)巳の日4月23日(木)新月(11:26・牡牛座)4月27日(月)一粒万倍日4月29日(水)寅の日4月30日(木)一粒万倍日+大安

  • 20Nov
    • 【女性の輝き】ビジョンボーディスト™養成講座@沖縄開催します

      認定講師になりました11月7日。天赦日に宣言して行動を始めさせていただいた、ビジョンボーディスト™養成講座@沖縄。【女性の輝き】天赦日の今日から始めることは?!無事にビジョンボーディスト™養成講座の認定講師に、認定していただきましたやったーーーーー!!!本当に嬉しいですこのメソッドを教えられるようになるためには、 ビジョンボーディスト養成講座を受講してビジョンボードを作成する ビジョンボーディスト™認定講師養成講座を受講 ビジョンボーディスト™認定講師の必須課題に取り組み提出するという流れがあり、課題を提出させていただき、無事に認定をいただくことができました。応援メッセージをくださった皆様、一緒に認定講師に向けて共に学ばせていただいた皆様、そして、とても丁寧指導し、チェック&認定をしてくださった竹井Roseかよこちゃん、本当にありがとうございました。これまで自分が無意識的にやってきたことを、誰かに伝えられるようにして伝えていく。そして、この講座で作るビジョンボード、私自身作成し、毎日眺めているのですが、ものすごく価値のあるものとして活用できているんです!!!もはや私の状態管理アイテムの殿堂入りですなので、自信をもってこの講座をお勧めしちゃいますビジョンボーディスト™養成講座@沖縄開催無事に教えられることになったことを受けて、善は急げ早速ビジョンボーディスト™養成講座@沖縄開催します!!!2020年という新しい1年に向けて、年末や年始に、1年の計画を立てられる方も多いかと思います。そしてその新しい2020年という1年の舵を切っていくことになるわけですが、そんな新年を「自分らしく」よりイキイキと、ワクワクしながら毎日を生きられるようにするためには、まず自分がそもそもどのように生きていきたいのか、という土台の部分に目を向けることがとても大切今回開催するビジョンボーディスト™養成講座では、まずその大切な土台の部分について、しっかりと向き合い、それをビジュアルの形に可視化してきます。そうして自分の生きたい生き方や、自分の在り方を可視化したビジョンボードを見ながら、1年の計画を立ててみるのは、いかがでしょうか。これまでなんとなく、あれをしてみようこれを達成するんだあれをしなくっちゃこれを達成しなければというようなことを計画に落とし込んでいたかもしれませんが、このビジョンボードがあれば、なぜそれをしてみたいのかなぜそれを達成する必要があるのかそんなことが明確になってきますよ。「なぜ」が見えるから計画にも落とし込みしていくこともすごく楽しくなります。なので、是非2020年の1年の計画を立てる前に、このビジョンボードの作成ができるように、2019年12月30日と2020年1月3日という、年末年始に2回開催させていただきます。詳細はこちらからご確認ください。   ↓↓↓ビジョンボーディスト™養成講座@沖縄開催《開催日時》★沖縄第1回ビジョンボーディスト養成講座日時:12月30日(月曜日)開場:12:45講座開始:13:00講座終了:16:30★ 沖縄第2回ビジョンボーディスト養成講座日時:1月3日(金曜日)開場:12:45講座開始:13:00講座終了:16:30《会場》沖縄県那覇市「おもろまち駅」から徒歩5分※詳細は参加者の方へご案内いたします会場内の飲食は可能となっております。各自で必要に応じてお飲み物や軽食をお持ちください。《担当講師》ビジョンボーディスト™養成講座認定講師神:谷則子.詳細&お申込みはビジョンボーディスト™養成講座@沖縄開催一人でも多くの女性が自分自身の輝きに気づき、そのの輝きを取り戻し、そして益々キラキラと輝き、その輝きで回りを包み照らすことができることを願って活動をしていくその1つとして”ビジョンボーディスト養成講座”を開催できることが、本当に心から嬉しくて楽しみで仕方ありません。是非ご一緒に、大好きな人生を引き寄せる、素敵なビジョンボードを創っていきましょう。そしてお互いの人生を応援しあえる、素敵なご縁を繋いでいけたらと心から思っています。

  • 19Nov
    • 【子育て】「ひとりで」と「みんなで」

      体験の旅レポ第二弾息子くんと2人で沖縄の離島、渡嘉敷島へやってきての2日目のレポです。1日目のレポは【子育て】体験の風いよいよ2日目は、待ちに待ったケラマブルーな海でのアクティビティ体験の日。「世界で1つだけの花」で起こされたこの日は、マリンアクティビティティに取り組む午前中は日差しも強めの海日和朝食を食べて、お部屋の掃除をして、バスに乗ってビーチへGO見えてきたのは、まさに THE 慶良間ブルー な海でございますこの海の美しさはズルいよねーーーーーそれだけで勝手にテンションあがりますからそして、いざ、ビーチへ足を踏み入れて、ビックリしたのが、砂がめっちゃフワフワなんですこの透明度もヤバイキメが細かいのか、これまでにない触感に、アーシング効果抜群この時点で母すっかり夢心地。ではあったのですが、なんと今回4つのグループに分かれて、順番に4つのマリンアクティビティにチャレンジさせていただきました。みんなでOh---Yes1つめの大型カヌー20人で一緒にパドルを漕いで進みます...はい...皆で一緒に漕いで進むものなのですが、なんせチビさんが多いもので、なかなか進まない進まない一番の理由は、実はこのカヌーの真ん中が透明な板になっていて、海の中の様子が見えるんです!!!サンゴ礁の上を通過するたびに、沢山のお魚に目を奪われ、漕ぐ手が止まるこれは子供達だけではなくて大人もそりゃ手が止まるんだもの、いくらみんなで「Oh---Yes」掛け声かけてても進まないよねので、水上バイクのお兄さんがフォローして、時々押してくれたり引いてくれたり息子くんも時々パドルに手をかけてみたり、一緒に「Oh---Yes」の掛け声に参加してみたり、夢中でお魚見てみたりとすっごく楽しそうでした。20人で一緒に漕ぐ経験って、大人の私も初体験で、とっても楽しかったですママと一緒に「Oh---Yes」2つめは二人乗りのオープンカヤック北海道のラフティングで、ちょこっとだけオープンカヤックにチャレンジしたのだけれど、その時はパパが一緒だったので、海で息子くんと二人きりでのオープンカヤックに、ママはめっちゃ張り切りモードでがんばりました乗ってみて...そう、油断するとめっちゃ風による波に流されていってしまうんです。ちゃんと漕いでないと、どんどん目的の場所からは遠ざかる。とはいえ、息子くんとイチャイチャしたいし、海の中も覗きたい。ついつい漕ぎ手のママの手は止まり、流されて...またまた水上バイクのお兄さんに助けてもらうというでもこちらも息子くんが楽しそうにお水をかけてくれたり、ママに「Oh---Yes」の掛け声をかけてくれたりして、かなりあっという間の30分でした。このあと、"SUPER FLOAT"というものと”遊泳”があったのですが、息子くんは...トイレに行った時に、長いホースが付いた水場が目に留まり、すっかり水遊びモードへお花に水を上げたり、水たまりを創ったり、流れていく水で川を創ったり、もはや慶良間ブルーは全く関係のない世界に夢中に。せっかくだからと最初はビーチへお誘いしていたのですが、これだけ楽しそうならもういっかと、ママも陸を楽しむことに。最後は、ボートを洗うお手伝い風みんなで一緒にご飯をつくろうそんなこんなしているうちに、あっという間に午前中が終わり、午後はこれまたお愉しみな、野外炊飯タイムへ。すでに12時ということもあり、「お腹すいたー」という子もA班からH班までに分かれ、そこに市子連のお兄ちゃんお姉ちゃんがサポートに入ってくれる形で、一緒にカレーライスを作ります。MOJIキャンに何度か参加させていただいてはいたのですが、野外炊飯に息子くんが参加するのは実は初めて野外炊飯の主役は子供達お野菜を洗ったり、材料を切ったり、ママやパパもサポートしつつ、子供達が一生懸命作ってくれます。そして火おこしもこれ結構難しいんですよね。私たちの班はなんと、男性が市子連のお兄ちゃん(中学2年生)と我が息子の二人だけ。中学2年生のお兄ちゃんと、助っ人の大学生のお兄ちゃんとで、火を起してくれることに。息子くんは主に小枝集め係結構イイ感じの小枝を集めてきては、お兄ちゃんたちに褒められるのが嬉しくて、何度も何度オ小枝を拾いに走り回っていました。その姿が可愛くて、母はキュンキュンがしかし、お米とカレーのお鍋を乗せたものの、火がなかなか大きくできず...「料理時間はそろそろ終了ですよーーー」の声掛けに、我が班は焦りましたそんな様子に途中で助っ人のおじさんも参戦してくださり、なんとか火を大きくすることができ、無事にカレーライスを食べることができました。自然に囲まれたアウトドアでのカレーライスはほんとに美味しかった!!!ごくごく一般的な材料に一般的なカレールー。なのに、すっごく美味しかったがんばってくれた子供達、お兄ちゃんたちに感謝出来上がりがギリギリになってしまったこともあり、後片付けは主にママたちが超特急でがんばって、なんとか、全体の進行に追いつく形で全ての体験が終了しました。港までのバスの中でぐっすりな息子くんまさに電池切れ地球となかよし今回の経験を通して、やっぱり 自然 子供同士 初チャレンジ 自分でやってみる みんなでやってみるこの要素があると子供にとって非常に有意義な時間になることを実感させていただきました地球となかよしなマインドリーダーとしてリードしていくためのマインドこれらは、もちろん絵本や座学を通しても学べることではありますが、こうした経験の中でしっかりと一人ひとりの中に落とし込まれて、より濃く培われていくのだと思います。いかに多くの、それもできれば様々な経験や体験の機会を子供たちに作ってあげることができるかそして、その機会を作りにあたりできれば大人も楽しめる形にしたい!!!そう思うんです。地球となかよしでも、この世界最高レベルの慶良間ブルーの美しさ、自然の美しさの中で、こうした経験と体験の場を企画していきたいと思いますので、皆様楽しみにしていてくださいね沖縄って遠いイメージがあったりするかもしれませんが、実は東京羽田空港からわずか2時間半。おまけにLCCを活用したり、早割を活用すると、飛行機での往復も新幹線で東京⇔大阪間より、全然安くで来ることができちゃうんですよ。たったの数時間で、この美しさに触れられる是非県外の子供達も一緒に、この美しい慶良間の海で、沢山の新しい経験と体験をしてもらいたいなぁ地球となかよし■地球となかよしhttps://friends-earth.jp/■地球となかよし最新のイベント2020年3月14日~15日MOJICAMP×地球となかよしキャンプ2019年12月31日~2020年1月1日年越しMOJICAMP■地球となかよしイベントバックナンバー2019年10月19日~20日MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ@浜比嘉島2019年9月27日『地球となかよし』ワールドカフェ@東京→【地球となかよし】開催報告1:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう→【地球となかよし】開催報告2:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう■はじまり【地球となかよし】地球となかよしプロジェクトで何するの⁈【地球となかよし】地球となかよし 始動【地球となかよし】ビジョンが見えたとき■バックナンバー【地球となかよし】沖縄の海と世界の海【地球となかよし】美しいサンゴ礁のために台風が一役かっている?!”子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう”【地球となかよし】地球から血が流れている【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ!!【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ?!【地球となかよし】台風5号接近中【地球となかよし】夏の外遊びのお助けアイテム【地球となかよし】頭の中がいっぱい【地球となかよし】一人の天才ではなくチーム【地球となかよし】人類の未来に貢献する人材の育成

  • 17Nov
    • 【子育て】体験の風

      体験の旅へ息子くんと2人で沖縄の離島、渡嘉敷島へ来ています。渡嘉敷島は沖縄本島からフェリーでわずか30分のところにある、国立公園にも指定されている、慶良間諸島の中で1番大きな島。ケラマブルーといえば、ダイバーの憧れでもあり、透明度も抜群な美しさそんな渡嘉敷島で行われるイベントとかしきキッズフェスタ2019参加しにきました。ママと一緒にお船に乗るよ〜と伝えてテンション上げ上げな息子くんお世話になるのは、国立青少年交流の家。眺めが抜群な高台にあります。入所式を終え、遊びリンピックなるものがスタート大きな体育館に、沢山の種目がいっぱい!ストラックアウトや一本橋渡りなどの、参加型競技とバルーンアートやブーメラン、ブレスレット作りというクラフトチャレンジが用意されていました。一本橋お手玉回し。40秒内の数を競います。バルーンアートで作った剣がすっかり気に入って、他の競技そっちのけ一つ目の剣は割れてしまい、2代目の剣を持って表彰台にてこの後、2代目剣も割れてしまい、半ベソにが、参加者みんなに配ってくださった、お煎餅メダルに、少し機嫌を治してくれました多分最年少だったと思われる息子くん。沢山のお兄ちゃんやお姉ちゃんの中にいるだけで、たっくさんの刺激をもらうわけです。今回このイベントには、那覇市の市子連から、20人の中学生から短大生までのお兄ちゃんお姉ちゃんが、子ども達のお世話、リーダーとして参加してくれていました。この市子連は、「子どもの手による子ども会活動」を推奨していて、地域子ども会リーダー及びジュニアリーダーの養成、育成者及び指導者養成・研修のための諸活動、地域への人材派遣、福祉活動、情報発信、県内外の子ども会との交歓・交流会等を毎年実施し、子ども会活動の発展並びに21世紀を担う青少年の健全育成をされているそうです。夜はそんなお兄ちゃんに手伝ってもらいながら、パパへのお土産にと、貝殻フォトフレーム作りにチャレンジハプニングもありつつも、がんばって作ったよ〜YUTOが、作ったって言ったら、パパぷっくりするよね〜とご機嫌さんでした。というわけで、1日目は終了今日は朝6時に、世界で一つだけの花が流れて、全体起床からのスタート。どんな1日になるかしら。地球となかよし■地球となかよしhttps://friends-earth.jp/■地球となかよし最新のイベント2020年3月14日~15日MOJICAMP×地球となかよしキャンプ2019年12月31日~2020年1月1日年越しMOJICAMP■地球となかよしイベントバックナンバー2019年10月19日~20日MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ@浜比嘉島2019年9月27日『地球となかよし』ワールドカフェ@東京→【地球となかよし】開催報告1:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう→【地球となかよし】開催報告2:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう■はじまり【地球となかよし】地球となかよしプロジェクトで何するの⁈【地球となかよし】地球となかよし 始動【地球となかよし】ビジョンが見えたとき■バックナンバー【地球となかよし】沖縄の海と世界の海【地球となかよし】美しいサンゴ礁のために台風が一役かっている?!”子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう”【地球となかよし】地球から血が流れている【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ!!【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ?!【地球となかよし】台風5号接近中【地球となかよし】夏の外遊びのお助けアイテム【地球となかよし】頭の中がいっぱい【地球となかよし】一人の天才ではなくチーム【地球となかよし】人類の未来に貢献する人材の育成

  • 16Nov
    • 【子育て】一緒に刈り取ったお米

      大嘗祭令和元年の大嘗祭が行われましたね。大嘗祭とは、新天皇が即位の後に新穀を神々に供え、自身もそれを食する非常に神聖で大切な儀式。新天皇が、国家、国民のために、その安寧、五穀豊穣を皇祖天照大神及び天神地祇に感謝し、祈念し、2019年11月14日午後6時30分頃より開始され、同年11月15日午前3時0分頃に終了にわたって執り行われるもの。そして本日は大饗の儀として、両陛下や皇族方と共に斎田の新穀の料理と酒を召し上がるそうです。そんな特別なタイミングで、実は我が家にも大切に大切に育てていただいた新米が届きました。地球にも小さな子供達にも優しいお米そうです!!このお米、ちょうど1ヵ月前に息子と一緒に稲刈り体験をさせていただいた、淡路島のえびす農園の『えびす米』(品種はキヌムスメ)【子育て】3歳の息子くん一緒に稲刈り体験?!小さな子供達にも安心して食べられる物を。自然に逆らわず、地球環境にも優しい育て方を。をモットーに「農薬、肥料、除草剤なし」にこだわって、大切に大切に育てていただいたお米。自然農 淡路島 えびす農園「一緒にコンバイン乗った時のお米だよーーーーーー!」って言ったら、少し間があり、次の瞬間、すっごく嬉しそうに、目を輝かせて、「ウィーーーーーンってやるんだよーーーー」と収穫のお手伝いに行った時の記憶が蘇ったきた様子自分の体験と目の前のお米が繋がる瞬間。なんか凄く素敵な瞬間に立ち会った気分の母。やっぱり体験って良いですね玄米と白米が届いたのですが、まずは白米から艶々のご飯今年初の新米大嘗祭のこともあって、一粒一粒、感謝の気持ちと一緒に、大切に味わっていただきました。すると「あまーーーーい」こんなにも甘かったっけ?!と思わず。ほんとに美味しい大切に大切に育てていただいた、愛情いっぱいのお米だからかしら。今日から渡嘉敷島へ息子と二人で、またイチャイチャ旅行この美味しいお米で作ったおにぎりを持って、出かけます島で食べるこのおにぎりはまたきっと格別だろうなぁ

  • 15Nov
    • 【沖縄】書けば書くほど癒される琉球癒書

      書けば書くほど癒される皆さん自分の書く「字」に対して、どんな感覚をお持ちでしょうか。「ALLOK」なマインドを大切に!としながらも、「字」特に毛筆にはコンプレックスのあって、筆文字を避けてきた私。そんな私が、筆文字を書けば書くほどに癒されるというまさに癒しの筆文字との出会いをしてきました。琉球癒書沖縄に移住してきた7年前に、知人が私に「感謝」と書かれた一枚のはがきと一緒に紹介してくれた方が、琉球癒書家の潤栄さんでした。その感謝という文字は、不思議と温かく、優しく、なんとも癒しを運んでくれるもので、思わず私は沖縄の新居に、額装して飾らせていただいていました。その後、お誕生日のお祝いとしても、名前にちなんだ素敵な琉球癒文字をプレゼントしてくだったり。こんな風に人の心を温かくしてくれるような文字を、私も書けるようになりたいなぁと、潤栄さんには「『琉球癒書』の講座をされるときにはお声がけください。」とお願いしたこともありました。そして、なんと今回そんな念願が叶って、潤栄さんから琉球癒書を学ぶ機会をいただくことができたんです正直お忙しい潤栄さん。実は『沖縄大家の会』の代表として、沖縄の大家さんを始めとした全国の大家さんをサポートされている、敏腕不動産オーナーさんでもあるんです。私も大家としての心構えやあり方を、いろいろと教えていただきました。そんな潤栄さんとお会いできるだけでも楽しみで、尚且つ年間の琉球癒書を学べるとあって、この日は朝からテンションが上がって上がって講座の最初に潤栄さんがお話くださったことそれは潤栄さんが「人前で文字を書くのが恥ずかしいくらいに、自分の字にコンプレックスを持っていた」ということビックリ!!!そしてそんな潤栄さんがご友人に「潤栄さん、悪筆は個性ですよ。」と言われた事でこれまでの価値観が一瞬にして変わり、ひとつひとつ自分自身の嫌なところが許せる様になり、その後、独自の書体を目指し試行錯誤する中で、心理学的な見地とも重なり、この琉球癒書が生まれたのだそうです。そんなお話に、すでに、筆文字に対してコンプレックスを持っていた私も、まさに「ALLOK」と言っていただいたかのような気持ちになり、書いてみることに対してすごくワクワクした気持ちになりました。思わず胸が熱くなる時間そんなワクワク感が高まったところで、早速筆文字講座が始まりました。横線や縦線、丸や四角などなど筆になれるための時間があり、その後、潤栄さんを最初に知るきっかけとなった文字「感謝」を書く時間となりました。この時間がやばかったのですこの「感謝」という文字の一筆一筆に込められていた意味をまるで種明かしのように潤栄さんが教えてくださったんです。「そっかぁ、だから、潤栄さんからいただいた「感謝」の文字は、こんなにも温かく、優しく、癒されるんだなぁ」と深く納得しました。その意味を教えていただいてから、その一筆一筆に込められた想いを大切にしながら、私も夢中で「感謝」という文字を書き始めたのですが、途中で熱く込み上げてくるものがあり、胸がぼわっと熱くなり思わず泣きそうになりました。それでも書き続けていると、その湧きあがってきた感情が次第と落ち着いてきて、今度は不思議と凪いだ状態になり、まるでそれは瞑想をしているような感覚でした。愛に包まれて生まれてきた赤ちゃんが、めいいっぱい泣いた後、お母さんの胸に抱かれ、おっぱいを飲んで、安心して眠りにつくような、そんな感覚にも近いかもしれません。そうなんです。この琉球癒書、書いている私自身が癒される!!!書けば書くほどに癒される。なんと潤栄さんは、毎年この「感謝」だけでも、何千枚とお届けしているのだそうです。そして、おっしゃっていたのは、それだけの「感謝」を受け取らせていただいているということなんだよね。ということ。また、この一筆一筆に、想いを込めていくことについて、陰陽に関する深いお話も、してくださいました。この講座は、筆文字の講座ではありませんでした!大切なことを、大切にする生き方そのものを、この琉球癒書を通して伝えてくださるものでした!潤栄さんの周りにはとても素敵な方が多いなとは思っていたのですが、やはりこの方は只者ではないなんて素敵な方なんだろう・・・3時間の講座はあっという間でした。朝の瞑想最近朝に瞑想の時間を取るのをすっかりお休みして、朝はその日のスケジュールを確認するのみでスタートさせていた私。この琉球癒書を学んでから、朝、この琉球癒書を書くことからスタートさせることにしました。だって、文字を書くだけで、こんなに癒されるんだもの。こんなに気持ちがスッキリするんだもの。まだ、初めてたったの数日ですが、約15分ほどの短い時間なのですが、「感謝」「ありがとう」「地球となかよし」←特別に書いていただきましたという教えていただいた4つの単語から1つを選んで書くようにしています。するとビックリするくらいに、まるで瞑想をしているかのように頭・心・体が落ち着いて、妙にすっきりしてとってもいい気持ちで1日をスタートできるんです!!もはや、これは朝の日課として取り入れていきたいなと思っています。たまたま講座用に、らくがき帳を3冊まとめ買いもしたので琉球癒書は、まさに人を癒し、優しく包み込み書です琉球癒書とは 琉球癒書家の潤栄です。以前の僕は自分の文字に強いコンプレックスを持っていました。人前で文字を書くのが恥ずかしくて、結婚式の受付でも代筆をお願いするほどです。 そんなある日の事、絵本作家のたまもとさゆりさんとお会いした時に文字に対するコンプレックスをお話したら「潤栄さん、悪筆は個性ですよ。」と言われた事でこれまでの価値観が一瞬にして変わりました。 鉛筆やペンではお世辞にもキレイとは言えない僕の文字が、筆文字だと個性に変わる事に気づいてからは、心の中に変化が出始め、 ひとつひとつ自分自身の嫌なところが許せる様になって来て、次第に周りの人や出来事に振り回される事が少なくなってきました。その後、独自の書体を目指し試行錯誤する中で色々な方に筆文字をプレゼントしたり見てもらったりしていると、喜んでもらえる書体と、反応の薄い書体がある事に気付きました。 それを更に深めていきますと、特に女性に響く重心と文字のバランスがあることを発見しました。 文字を上下に分けた場合、下に重心があった方が安定して落ち着くはずなのですが、女性の場合、圧倒的に上に重心を置いたほうが喜びます。また文字を左右に分けた場合は、左に重心を置いた文字の方が女性はより元気が出ます。何故その様な反応の変化が起きるのかを、 心理学等の文献を読み漁り研究した中で辿り着いた一つの形が、頭が大きくて重心が上にある「赤ちゃん」そのもので、左右の重心は人の防衛本能に基づいた行動心理学が関係してきます。そして琉球癒書では、命そのものの存在である赤ちゃんに陰陽のバランスを配置した筆文字で表現する事で、癒書を受取るお相手を癒していきますし、琉球癒書筆文字講座では短時間で皆様も僕と同じバランスで再現出来る様にお伝えさせて頂きます。琉球癒書HPより

  • 12Nov
    • 牡牛座の満月

      11月に入ってからバタバタしっぱなしで、なかなか心を落ち着ける時間が取れずにいたのですが、昨夜は久しぶりに、息子くんが眠った後に、テラスに出て長めの瞑想の時間を取ってみました。少し湿気を含んだ風がなんだかすっごく心地よくて、多少の肌寒さがちょうど眠気を飛ばしてくれたこともあって、瞑想にピッタリな夜でした。そうなんです。沖縄というと、夏の海のイメージが強いかと思うのですが、今すっごく気持ちのいい季節なんです。ゴルフシーズンとも言われていて、暑くもなく寒くもなく、風がとてもとても心地の良い季節。海に入るとなると、ちょっと肌寒さも感じますが、ビーチでのんびりアーシングをしたり、お散歩するなどにはもってこいの季節。観光客がひと段落したビーチで、のんびり過ごす時間はすっごく贅沢な時間になると思いますとはいえ、海も満喫したいという方は、ウェットスーツを着ちゃえば海も全然ありなので、シュノーケルやダイビングも十分に楽しめますよ~さて満月の今夜も、もう一度時間をとって、テラスで瞑想してみようと思っています牡牛座の満月本日11月12日22時34分牡牛座の満月を迎えます。思わず愛されちゃう妻のための21ステップ(Level1)ステップ12:月のエネルギーを味方につける(満月編)でお勧めさせていただいていますが、引力が高まる満月のエネルギーの元では、感謝達成できたこと完了したことにまずは意識を向け、感謝の気持ち、労いの気持ち、褒める意識、プラスのイメージの中で過ごすのがとっても大切。牡牛座が得意とするのは「富」。それも、お金やモノに代表される物質的な「富」ただ、そんなお金やモノに代表される「富」ってそもそも何なんだろう。そう考えてみるとそれって「価値」の対価だったり、何かの結果として受け取っているものだったり。目には見えにくい何かの代わりに、具現化しやすいお金やモノという形でやってくる。そんなイメージがあります。牡牛座の満月のエネルギーの得意とするとことは、お金やモノに代表される物質的な「富」。物質的な「富」ではあるのですが、物質的な「富」の背後に在る本当の「富」に意識を向けて、魂が求めるほんとうの豊かさや物質的な「富」の背後にある本当の価値自分自身が求めている本当の「富」をも、サポートしてくれるエネルギーに溢れているということでもあります。それは精神的な輝きだったり、目には見えにくいものだったり。是非、この牡牛座の満月のエネルギーのサポートを受けて、今ある富に感謝をしながら、自分にとって本当に必要な富へ意識を向け、その富の妨げとなるものには感謝をもって手放していきましょう。さぁ、あなたはどんな価値を世界に届けていきますか?そしてあなたの輝きに見合う富をしっかりと受け取っていきしょうあなたの望むライフスタイルに必要な富は?あなたの望む人生に必要な富は?もしあなたがビジョンモードをお持ちなら、是非そのビジョンボードに表現された「富」について、考えてみるのもお勧めです。

  • 08Nov
    • 【女性の輝き】特別な月

      特別な月の始まり11月は異名として、かぐらづき(神楽月)、かみきづき(神帰月)、けんしげつ(建子月)、こげつ(辜月)、しもつき(霜月)、しもふりづき(霜降月)、しもみづき(霜見月)、てんしょうげつ(天正月)、ゆきまちづき(雪待月)、ようふく(陽復)、りゅうせんげつ(竜潜月)などがある月。11月は私にとってとてもとても特別な月なんです。それは・・・私が11月生まれだからハロウィンが終わって、街がクリスマスモードに華やぐ11月。 なので、誕生日にホテルやレストランを訪れると、いつもと違った華やかな飾り付けがされていたりして、なんとなくウキウキ感が増してお得感が満載だったりします。そんな11月の月初に、今年は9年間7つの習慣でいうところの「大きな石」として毎年ライフワークとしてサポートしてきたイベントがありました。それも、そのイベントがなんとファイナル20年間にわかって開催されてきたそのイベントが、この11月をもって幕を降ろすことになったのです。いつかは終わりが来るとは思っていても、まさかそれがこのタイミングになるとは思っていなかったなのでその話を最初に聴いたときには、正直ショックが隠せなかった。でも、このことはすでに決定したこと。私たちがいくら何を言ったところで、この決断は変わらない。受け入れるしか道はありませんでした。でもだからこそ、この11月のイベントは、絶対に絶対に想い残しなくトコトンやり切ろうと心に決めて臨みました。そんな大切なイベントから始まった今年の11月。そして、私の人生にとってとても大きなウェイトを占めていたそのイベントが終わりを迎えた11月。思っていた以上に、このイベントが私の中に占めていた部分がとても大きかったことを実感し、それを結果として完全に手放す結果となった今、5日の早朝に沖縄に戻ってから、体力の回復と同時に湧きあがってきた感覚は、自分自身もステージチェンジするタイミングが明らかにきているということ。これは私だけではなく、このイベントを通して繋がり、切磋琢磨してきた仲間何人かの間で共通して湧きあがってきている感覚のようです受け取る側から与える側創り出す側へのステージチェンジ。本当に欲しいものは自分で創り出す。それができることを、私たちは知ってしまっているんですよね(笑)そしてここで繋がった大切な仲間とは、これからも切磋琢磨し続けていきたい。今は終わったことでの喪失感などで霧がかかったような感覚もありますが、いよいよその霧が晴れた時に、そこには次に進むべき道が見えてくるはず。万が一見えてこなければ、その道を創るのみ 2019年の11月は、そうした意味でも、私にとって例年になく特別な月になりそうです。

  • 07Nov
    • 【女性の輝き】天赦日の今日から始めることは?!

      再始動気づけば11月に入ってすでに1週間が経過約2週間にわたる東京滞在を終え、沖縄へ帰ってきました。飛行機を降りた瞬間「ほわっ」空気が全然違うんですよね。東京はすでに11月ということで、空気もだいぶ冷たくキリっとした感じ。が、飛行機を降りた瞬間私を包みこんでくれたのはまさに「ほわっ」っとした温かくて湿気を少し含んだ柔らかな空気感。おわぁーーーー一気に緩みました直前にあまりに濃い5日間を過ごしていたこともあり、無意識に体に力が入ったままだったのかもしれません。この5日間は、9年間続けてきたライフワーク的なイベントサポートのファイナルであり、この1ヵ月間コミットして動いていたこともあって、正直たったの5日間だったのですが、ものすごくものすごく濃い5日間で時空のゆがみを現在経験中といった感じですこの5日間については、また気持ちの整理ができ次第、改めてシェアすることもできたらと思っています。そんなこんなで、なかなかブログの更新ができずにいたのですが、今日久しぶりに書こうと思えたのは、本日天赦日だからです。※まるで宝くじ売り場みたいですね天赦日とは、てんしゃにち、てんしゃび。暦には「天しや」と書かれ、選日にも書かれる。この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも注記される。(By wikipedia)この日に始めたことは「成功する」と言われている「暦上最強日」なんです。実は私は、会社の設立や入籍(これはたまたまだったのですが)は全てこの天赦日に合わせてます そんな天赦日、ただただ過ごしてしまうのは、もったえない!!!何かを始める日にしたい!!!そこで考えました。私は今日何を始めるのか?!新しく始める予定のことはあるんです。ただ、イベント続きで、新しく始めようとしていたことへの準備が滞ってしまってたので、公に宣言していいのかどうか、、、と憚られたのですが、「始める」ことの解釈は自由ってことで、まずは公の宣言として「始める宣言」をすることにしますビジョンボーディスト養成講座@沖縄を開催しますこのビジョンボーディスト養成講座は、私が今年年始より通っていた、ビューティライフアカデミーの講師をされていた竹井Roseかよこちゃんが体系化したビジョンボード作成メソッド。「ビジョンボード」って皆さんご存知ですか?ピジョンボードとは、海外の女性を中心に広まった自己実現手段の1つの手法です。なりたい自分・行きたい場所・欲しいもの・目標などのイメージの写真や絵など、視覚的に表現されているものを貼付けていきます。具体的なイメージを可視化して、毎日見えるところに置くことで、無意識的に潜在意識に埋め込んでいく。結果として、そのために今何をしたらいいのかを意識するようになっていったりするところにも、このビジョンボードの価値はあるように思います。私は10年前、師匠であるジェームススキナー氏の『成功の9ステップ』というセミナーに出逢い、自らの人生と向き合うようになってからこのビジョンボードというものにも出逢っていて、それ以来実はほぼ毎年更新しながら作ってきました。 私の場合、ビジョンというと先にイメージが先行してやってくるので、明文化するよりもイメージをそのままイメージとして落とし込みができるビジョンボードはとても活用しやすかったという経緯がありました。なので、直近の1年間、3年後、5年後、10年後、(最近では100年後と300年後位まではイメージできるようになりました)それぞれをまずはイメージして、そこで浮んできたイメージに近い写真や絵を雑誌やWEB(プリントアウト)から集めてきたものを切り貼りするという方法をとってきました。そして、その効果をすごく実感しているからこそ、毎年毎年作り続けてきたというのがあります。そんなビジョンボードの作成メソッドを、今回竹井Roseかよこちゃんが体系化してくれたんです。それも、「自分と向き合う学校」ビューティーライフエキスパート講座の講師だからこそのエッセンスが満載の形で。 これまで自分が無意識的にやってきたことを、誰かに伝えられるようにして伝えていく。それって、すっごく素敵だなって直感的に思ったんですよね。このメソッドを教えられるようになるためには、 ビジョンボーディスト養成講座を受講してビジョンボードを作成する ビジョンボーディスト™認定講師養成講座を受講 ビジョンボーディスト™認定講師の必須課題に取り組み提出する←今ココという流れがあり、私は現在、3段階目の必須課題の取り組み中。今月末は、海外視察が控えているので、こちらは中旬までに終わらせることにコミットして、進めていきます。ということで、今日のこの天赦日に始めることは、ビジョンボーディスト養成講座@沖縄の開催に向けた準備実は開催日時も密かに決定し会場も確保しましたよ開催日は12月末と1月を予定していますので、もし事前に日程を知りたいという方は、是非個別にご連絡をください。あとはしっかり課題を提出して、開催日に向かって最終的な準備を進めていくだけはい。まだ課題未提出ですので、正式な認定講師ではありません。が、もう認定は取る前提で、この天赦日に宣言させていただきますこの9年間私のライフワークでもあった、イベントのサポートが今月で終わったこともあり、新しく、このブログのプロフィールにもある、一人でも多くの女性が自分自身の輝きに気づき、そのの輝きを取り戻し、そして益々キラキラと輝き、その輝きで回りを包み照らすことができることを願って活動をしていくその1つとして”ビジョンボーディスト養成講座”を開催していきます。そして、今年新たなライフワークとして、取り組み始めた『地球となかよし』の活動。こちらの活動については、同じ11月にもう一度ある天赦日にお伝えしていこうと思います。こちらの楽しみにしていてくださいね皆さんも是非、天赦日の今日、何か新しい取り組みを初めてみてはいかがでしょうか。

  • 31Oct
    • 【沖縄】礎とうちなんちゅの心

      首里城焼失首里城焼失という友人からのメッセージで目を覚ましました。友人が送ってくれた写真です。明日からのイベントに備えて、沖縄を離れ東京に来ていたのですが、友人からのメッセージでSNSを開くと、燃える首里城の映像でタイムラインが埋め尽くされていました。多くの人の思い出の場所であり、沢山の人達のエネルギーと想いを注いできた場所。そこはたったの一晩で目の前から消えてしまった。慌てて、テレビをつけてみたら、、、そこには和やかなニュースが。きっと沖縄でテレビを付けたら、私のSNSのタイムラインと同様に首里城焼失のニュースで溢れていたことでしょう。燃えさかる首里城の映像を目にした時、言葉にならないものが、込みあがってきました。自分がよく知っているあの景色はいったどこに???映像と画像を見ると、正直胸がしめつけられるような悲しみを感じてしまう。この炎の意味するものこの出来事を嘆く声とともに聴こえてきたのは、その悲しみやショックを受け止めつつも、前を向いている人達の声でした。夜の闇の中で燃えさかる自分達のシンボル。朝日と共に姿を消した琉球のシンボル首里城。でも、彼らは前を向いている。歴史上、首里城はこれまでに4回火事に遭っているそうです。つまり4回蘇っているということなんですよね。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー目の前で燃えさかる炎の意味。忘れてはいけない戦火の炎。再建してきた誇り、何度も蘇ることができるという強い意志。今回怪我人もいなかった。つまり、蘇らせるために一番必要な「人」は誰も失っていない。今から子ども達に伝えてきます。沖縄の事首里城のこと戦争の事結いまーるの心の事戦後の再建のシンボルが焼けたことで、戦後1つめの首里城役目を終えた。ないものはない。失ったものばかり数えるな。お前に今残されたものは何じゃ!?(ONE PIECE、ジンベエの名言)この出来事の上に立ち、栄えていこう。本当の意味で手を取り合うキッカケにしないとただの悲しい出来事になってしまう。一致団結してまた時代を築いていこう。目の前の人を大切にしていこう。時代の変わり目である今、もう一度ゼロから本当に大切なものを積み上げていくだけだ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー第一報を受けて正直ショックや衝撃は大きかった。多くの人がそうだったと思います。でも、次の瞬間には、この炎を鎮火すべく尽力してくださった消防の方々、地域の方々への感謝の念と、この出来事をどう受け止めて、未来へどうつなげていくのかを考えている、光を見いだす人達の存在がありました。悲しみの上に立ち上がる。ただただ途方に暮れて終わらせない。そんなエネルギーが流れていました。礎こそが友人のFacebookでシェアしてくれていたのですが、首里城は世界遺産として登録されています。が、世界遺産として認定されているのは今回焼失した建物ではなく、中国と日本が融合した建築構造と、正殿一階にある透明なパネルの床からのぞける礎石なのだそうです。そう「礎石」こそが世界遺産。何度となく火災に遭いながら建物の基礎となる「礎」は残されてきたんです。焼け跡の中に、その「礎石」が見える気がしています。一見全てを焼失したような、失ったように見えるその場所に、きっとそれは残っていると思います。守礼門からの朝日朝を迎えた首里城。そこに映し出されていた1つのシーン。沢山の消防車と朝日に輝く守礼門。(有村 博勝さんの投稿より)2000年に発行された2000円札にもその姿が描かれている守礼門。今回の火災での被害を被らず、朝日に輝いている姿に神々しさを感じてしまいました。守礼門の扁額には【守禮之邦】と書かれ、「守礼」とは「礼節を守る」という意味があり、「琉球は礼節を重んずる国である」という意味があるそうです。「武器を使わず国を治めている」ことを示すものとも言われています。実は、首里城には低い城壁しかありません。なぜなら、首里城は守るための城ではなく、歓迎するための城だからなのだそうです。争いを好まず、人を信じ、“おもてなし”を大切にする。それは今もこのうちなんちゅ(沖縄の人)の在り方そのものとして受け継がれています。炎をくぐり抜けてきた心の「礎」と、この守礼門に象徴されるうちなんちゅ(沖縄の人)の心あり方は失われることなく、今も満ち満ちている!!!!この出来事をチャンスに変える!!!なんだかすごく大きなギフトを受け取った気がします。そのギフトをPay It Forwardしてきます!!!!

    • 【地球となかよし】沖縄のキャンプベストシーズンは?

      キャンプのすゝめキャンプを通じた冒険教育と環境教育 自然そのものがもたらしてくれる学び グループ活動、共同生活がもたらしてくれる学び 日常と異なる、工夫が求められる生活がもたらしてくれる学び 新しい体験、冒険がもたらしてくれる学びそこには、私たち”地球となかよし”の掲げるビジョン、ミッションに繋がる、経験と学びがある!!!!と書かせていただきましたが、沖縄で子育てをしている中で、改めてこのキャンプによる出逢い、人と人大人と子供子供と子供自然と人チャレンジや初めてとの出会い「出来ない😢」→「できた!」ドキドキやわくわくが本当に私がイメージする子育てになくてはならない要素を持っているんです。まさに生きる力、生き抜く力とでもいうのかな。子供達がもともと持っている感性や生きる力そうしたものが目の前で開花していくそんな感覚を感じるんです。私たち家族は、沖縄という比較的自然に恵まれた場所で日々の生活を送りながらも、実際の暮らしの中にどれだけの自然を感じているのか、、、というと、土に触れる機会は、かなり少ないし、建物の中にいる時間の方が多い。学校に通っているので、お友達と過ごす時間は多いとは思うのですが、月齢の異なるお友達と過ごす時間は限られている。兄弟が多ければ、自然と兄弟のお友達との触れ合いの時間も増えると思うのですが、一人っ子ということもあって、やはり日常的に関わる友達は月齢の近いお友達もしくは大人というシチュエーションが多いかな。でも、キャンプに行くと、いろんな年齢のお友達と過ごす機会、建物という仕切られた空間ではなく、自然という空間の中での時間を思う存分に楽しめる機会、に溢れている。その代わり、おもちゃやiPadはない。日常の中にある刺激とは違った刺激に溢れている空間がそこにはある。前にも書きましたが、便利か不便か快適か不快かという感覚も、日常とは異なってくる感覚。日常の感覚では不便に思うことまでも素敵なことに思えてくる。キャンプってすっごく不思議な空間と時間を生み出してくれる。ということで私たち、すっかりキャンプの虜ですMovieBy平良 卓己さん沖縄でのベストシーズン沖縄に住んでいてなんてラッキーなんだろうと思ったのは、なんとこのキャンプが1年中楽しめるということ。もちろん、沖縄以外でも1年中楽しむ方法はあると思います。が、しかし、やはり冬のキャンプ「寒い」かなり寒いと思うんですよね。寒いキャンプもたぶん趣があって素敵な部分もあるかと思いつつも、個人的に寒いのが苦手なので、相当の覚悟と装備で臨まないといけないんだろうな~。そんな私にとって沖縄はキャンプ天国( ´艸`)むしろ真夏のキャンプは、どうにも日差しがきついので、台風シーズンが終わり、蚊を始めとした虫も少なるなる、今くらいのタイミングからがベストシーズンなのかもしれません。そして、なんと、今一緒に活動をさせていただいているMOJIさんが、なんと年越しキャンプを企画してくれているんです。年越しキャンプだなんて、なんて素敵なんだろう!!!!本州に住んでいた時には、年越しキャンプなんて考えもしなかったことなのですが、この沖縄でなら全然あり2020年の幕開けを、自然を感じながら迎えられること、そして素敵な仲間達と一緒に迎えられること。すごく今の私たちらしい年越しのスタイルだなって思うんです。企画の詳細が決まったら、またご案内の方もさせていただきますね。今週末のイベントが終わったら、また地球となかよしの活動と、このブログを始める最初のきっかけともいえる、女性の輝きを応援するプロジェクトの方も進めていきます年末に向けてますます楽しみがいっぱいです地球となかよし■地球となかよしhttps://friends-earth.jp/■地球となかよし最新のイベント2020年3月14日~15日MOJICAMP×地球となかよしキャンプ2019年12月31日~2020年1月1日年越しMOJICAMP■地球となかよしイベントバックナンバー2019年10月19日~20日MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ@浜比嘉島2019年9月27日『地球となかよし』ワールドカフェ@東京→【地球となかよし】開催報告1:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう→【地球となかよし】開催報告2:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう■はじまり【地球となかよし】地球となかよしプロジェクトで何するの⁈【地球となかよし】地球となかよし 始動【地球となかよし】ビジョンが見えたとき■バックナンバー【地球となかよし】沖縄の海と世界の海【地球となかよし】美しいサンゴ礁のために台風が一役かっている?!”子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう”【地球となかよし】地球から血が流れている【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ!!【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ?!【地球となかよし】台風5号接近中【地球となかよし】夏の外遊びのお助けアイテム【地球となかよし】頭の中がいっぱい【地球となかよし】一人の天才ではなくチーム【地球となかよし】人類の未来に貢献する人材の育成

  • 30Oct
    • 【子育て】3歳の息子くんとの再会

      母と息子の再会ドラマ週末の3日間、2泊3日、息子くんを実家に預けて母は旅に出ておりました。 また母に羽が生えて飛んで行っていたわけです。 そんな息子くんとの再会の瞬間が、もうね、たまらなく幸せなんです。私を見つけた瞬間のあの顔が「あっママだぁーーーーーー」ってね。もうねこの瞬間のために私は離れていたのではないかと錯覚してしまうくらいに幸せな瞬間なのです。チャレンジチャレンジ3歳も半ばとなり、最長では3泊4日を離れて過ごせるようになったわけですが、正直最初は私自身もおっかなびっくりドキドキチャレンジだったんですよね。それこそ、完母で育児をしていた私にとっては、0歳児の頃はたったの数時間でも、息子と離れることがチャレンジだったんです。友人の結婚式に呼んでいただいて、約5時間離れているだけでも、胸は張って来るし、それによって息子のことを思い出してソワソワしちゃったり1歳になる前には、1dayセミナーに参加する機会があって、約8時間離れるってことがものすごく大きなチャレンジだったんですよ。それが、3年の月日が流れる中で、初めて、息子と離れて、1泊するチャレンジがあり、それが2泊になり、、、3泊になり、、、3歳になってそんなチャレンジが数回あり、今回は先週末に2泊3日。今週末に4泊5日。息子くんと離れて過ごします。大好きなばぁばがいてくれるからこそできるチャレンジでもあり、がんばってくれる息子くんのおかげで、私もやりたいことに邁進させてもらえていることには、本当に感謝です。お別れする時には、「ママ―――行かないでーーーーっ」って言われちゃうんですが、数分後にはちゃんと気持ちを切り替えて遊んでくれていて、私もその時には胸がきゅーーーーんってなりつつも、歩き出したら気持ちを切り替えられるようになりました。ただ、毎日息子くんの体温をリアルに感じられていることが、たまらなく幸せすぎて、大抵離れて眠る夜に、すこーし肌恋しくなって淋しいのは私の方だったりして、そういう感覚を離れるとすごーーーく強く実感するんです。夜眠る時、朝起きた時、いってらっしゃいとおかえりなさいがあって、こうして隣に息子くんの温もりを感じられることが本当に幸せでたまならないなぁって思うんですよね。私にとってリアルの温もりが、本当に本当に大切にしたい感覚で、それによってどれだけの安らぎと癒しと幸せを受け取っているのかを、今すごーーーく強く感じています。週末また離れ離れになってしまうので、今のうちにいっぱいいっぱいチャージしておこっと地球となかよし■地球となかよしhttps://friends-earth.jp/■地球となかよし最新のイベント2020年3月14日~15日MOJICAMP×地球となかよしキャンプ■地球となかよしイベントバックナンバー2019年10月19日~20日MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ@浜比嘉島2019年9月27日『地球となかよし』ワールドカフェ@東京→【地球となかよし】開催報告1:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう→【地球となかよし】開催報告2:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう■はじまり【地球となかよし】地球となかよしプロジェクトで何するの⁈【地球となかよし】地球となかよし 始動【地球となかよし】ビジョンが見えたとき■バックナンバー【地球となかよし】沖縄の海と世界の海【地球となかよし】美しいサンゴ礁のために台風が一役かっている?!”子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう”【地球となかよし】地球から血が流れている【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ!!【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ?!【地球となかよし】台風5号接近中【地球となかよし】夏の外遊びのお助けアイテム【地球となかよし】頭の中がいっぱい【地球となかよし】一人の天才ではなくチーム【地球となかよし】人類の未来に貢献する人材の育成

  • 28Oct
    • 蠍座の新月

      10月28日12:38 蠍座の新月本日蠍座座の新月を迎えました8月の新月の流れから、自分自身の役割を見いだし、それを地に足がついたものとし、それらは最高のご縁と共に進んでいく。次にやってきた蠍座のエネルギーが気になりますよね。蠍座のエネルギーを一言でいうなれば「深さ」かな。これまでの流れと繋げると、役割についての洞察を魂レベルに深めることご縁をより深い繋がりへとしていく流れとして活用していくと良さそうですよ。新月の夜は、月が地球の裏側にるためそのエネルギーは大地から私たちに届きます。大地(足元)から働きかける月のエネルギーの影響で、植物は根に栄養が集まり、いつもより求心力が増して引き締まり、その過程でいらないものを捨てていくため、新月のエネルギーには「解毒」「洗浄」「発散」「固める」「引き締まる」「決心を固め、新たにスタートを切る」パワーが宿っていると言われています。ぜひ「感じる」力を味方につけて、蟹座の新月のエネルギーも活用しちゃいましょう。ステップ20:月のエネルギーを味方につける(新月編)蠍座のエネルギーさて、蠍座のキーワードは変容・復活・絶対的な価値・セクシュアリティ・深い絆・富・財産・不動産・カリスマ性・神秘性・魂の底力キレイごとを抜きにして自分がホンネの部分で求めているようなもの。潜在意識からあがってくるように、瞑想の力も活用してみるのもとってもお勧めです。「天秤座」が象徴する人生のテーマと使命とは…「何かにどっぷりと深く関わって、その本質を見極めること」。さらにそれによって「それまでの自分とはすっかり違う新しい自分に生まれ変わること」。色々な事に挑戦して自分の世界を広げるのも大事だけれど、 時には寝食も忘れるほど何かに夢中になって取り組んでみることも必要。たくさんの人と幅広く付き合うのもいいけれど、 相手の痛みも喜びも自分のものとして感じられるほど、誰かと深く深く付き合ってみるのも大切。そうやって何かと深く関わることで、表面的ではない、物事や人の本質にたどり着く…。その経験はあなたにこれまでとはまるで違うモノの見方や価値観を与え、 人生をより豊かにしてくれるはずです。そしてそれを引き受けるのが、蠍座の使命なのです。蠍座は自らの使命を果たすための、大きな力を与えられています。例えば仕事や勉強にわき目もふらず没頭する集中力、途中で投げ出さずに最後までやりぬく粘り強さ。そして人の心のように目に見えないモノを見抜く洞察力、大切な人と深い絆を結ぶ力…。蠍座の新月には、蠍座のこんな素晴らしい力を借りることができる。あなたの人生をもっと輝かせるために、何かに徹底的に取り組む集中力や粘り強さ、 諦めない心の強さが必要だと感じているのなら…。表面的なことに惑わされず、本当に大切なことを見抜く目や、 人の心の動きを敏感に察知する能力が欲しいなら…。もっと親密になりたい、心の深いところでつながりたい相手がいるのなら…。蠍座の新月の力を借りない手はありません。また逆に、特定の相手や一つのことに執着し過ぎてしまう、 つまり蠍座の持つ、一つのものに深くコミットメントする力が歪んで働いてるために問題が起きているのなら、 そこから解放されるために、蠍座の新月の力を借りることもできます。MOON CYCLEより

  • 26Oct
    • 【子育て】新たなるチャレンジ!

      火づくりキャンプの夜のお楽しみの1つにファイヤートークの時間があります。そのファイヤートークの時間に向けて、今回火づくり名人が子供達に向けて、火づくりを巻き割りからレクチャーしてくれる時間がありました。結構薪割って難しいみたい。コツや樹の種類による癖のようなものがあるようで、そういったコツを伝授してもらってのチャレンジタイム。小学生のお兄ちゃんたちには大人気。ひとりのお兄ちゃんが一生懸命薪を割っていると、割れた時に、周りにいた大人達が拍手喝采すると、「僕もやりたーーい!!」と続々と子供達が集まってきて、割れるたびに喝采がおき、嬉しそうにドヤ顔な子供達の列が新しいチャレンジとそれができたときの喜び。そしてそのチャレンジと達成の際に賞賛してくれるというこの環境は、最高だなって。大人になると、なかなかこうしたチャレンジも賞賛される機会もググって減ってしまいますよね。大人だってチャレンジの場がないわけではないし、むしろ人知れずチャレンジしていることはきっと沢山ある。だけど、そうしたチャレンジから大きな達成感を感じたり、また賞賛してもらえることは本当に少ない気がします。改めて子供達のドヤ顔を見ながら感じたのは、大人だって、本当は賞賛されたらやっぱり嬉しいってこと。 できることが本当は当たり前じゃない。でも、世の中には上には上がいる。だもんで、全然大したことじゃないって自分で思ってしまってたりするから、達成感を得にくい状況ではある。だからこそ、周りがチャレンジしたことや達成したことに気づいて、賞賛してあげることも大切なんじゃないかなって。大人だってドヤ顔したいよねうん、少なくとも私は、ドヤってしたいなって思っているみたいですそんなことを子供達を見ながら思わず感じておりました。モデリング前回参加した久高島のキャンプで、薪をくべるチャレンジをした息子くん。【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ!!薪割に興味深々。さすがに、3歳に本物のナタを持たせて薪を割るのは危ないかなと思い、チャレンジはさせなかったのですが、、、、お兄ちゃんたちが割った薪の端切れを使って、横に並んで薪割をまねっこし始めたんです!!!!まねっ子というモデリングよ~く見ているんですね!!!こちらが驚くくらいに、ナタに見立てた薪を上手に当てて、そのナタに見立てた薪を、別の薪でトントンする。これなら実際にナタを持たせるのもありかなって思えるくらいに、上手にモデリングをしている姿に、思わず「頼もしい!!」と思ってしまう母なのです。でも、他の子供達を見ていても、子供はすごく大人をよく見ているんですね。そしてそれをお兄ちゃんたちがやり、そのお兄ちゃんたちをちびっ子は追いかけて真似をしていたり。もちろんちびっ子も直接大人の真似をしていることもありますが、そうやって、誰かに言われるわけでもなく、誰かのモデリングをして、初めてのチャレンジをしていく。なんかすごいなって。大人になると、新しいチャレンジがググっと減る中、子供達は日々そうやってチャレンジ自分で見つけて、逃さずにしている。ドヤっとするためには、まずはチャレンジしないとねそんな息子の頼もしい姿に、思わず触発されたキャンプの夜でした。地球となかよし地球となかよし■地球となかよしhttps://friends-earth.jp/■地球となかよし最新のイベント2020年3月14日~15日MOJICAMP×地球となかよしキャンプ■地球となかよしイベントバックナンバー2019年10月19日~20日MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ@浜比嘉島2019年9月27日『地球となかよし』ワールドカフェ@東京→【地球となかよし】開催報告1:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう→【地球となかよし】開催報告2:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう■はじまり【地球となかよし】地球となかよしプロジェクトで何するの⁈【地球となかよし】地球となかよし 始動【地球となかよし】ビジョンが見えたとき■バックナンバー【地球となかよし】沖縄の海と世界の海【地球となかよし】美しいサンゴ礁のために台風が一役かっている?!”子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう”【地球となかよし】地球から血が流れている【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ!!【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ?!【地球となかよし】台風5号接近中【地球となかよし】夏の外遊びのお助けアイテム【地球となかよし】頭の中がいっぱい【地球となかよし】一人の天才ではなくチーム【地球となかよし】人類の未来に貢献する人材の育成

  • 24Oct
    • 【地球となかよし】みんああつまれ”ちきゅうからのしつもん”青空教室

      みんああつまれ”ちきゅうからのしつもん”青空教室みんなであそぼう!地球とあそぼう!MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ@浜比嘉島の中で開催したみんああつまれ”ちきゅうからのしつもん”青空教室太陽・海・動物など、地球に関する事を楽しく学ぶことのできる絵本、「ちきゅうからのしつもん」を使った魔法の質問インストラクターによるワークショップ。集まってくれるかなぁ 開催前は、子供達が集まってくれるかなぁというのが実は一番気になっていたところ。だって、目の前に海があって、砂浜があって、テントがあったら、遊ぶのに夢中で集まってくれないかも、、、遊ぶのに夢中な子供達の邪魔はしたくないなぁというのがあったんです。まぁ、最後はそれならそれで、いっかぁとりあえず声をかけてみて、集まってくれる子が一人でもいたら開催しようねってうことにして当日を迎えました。そして迎えた当日。幸いというのか、あいにくの小雨が時々ぱらつく曇天で、水着になって海へ飛び込む子供達はいなくて、皆砂浜や海岸で探検ごっこをしたりして遊んでくれていました。「みんな~あかね~先生が絵本読んでくれるよ~!!おいで~~~~~」って声をかけたら、沢山の子供達が集まってくれたんです嬉しすぎる小学校高学年のお兄ちゃんは、同時進行されていたBBQの火おこしの方に興味がそそられたようで、そちらの方へ。小学校中学年から下の子供達が、沢山集まってくれる形での開催となりました。ワークショップの流れは、まず、絵本を一通り読み聞かせをし、それから、各ページに戻って、子供達に質問をして、その答えを、絵や文字にしてもらうというもの。ただ、子供達の集中力にも限界があるだろうから、全てのページの質問をするというよりは、3つくらいに絞ってやっていこうということにしていましたぼくよめるよーーーー子供達にタープの下に集まってもらい、さっそくワークショップスタートです。まず、読み聞かせから。と思ったらあるお兄ちゃんが「ぼくよめるよーーーーー」って言ってくれたんですそして早速お兄ちゃんが、読み始めると、文字が読めるお友達もなんと一緒に声に出して読み始めたんです。絵本の合唱が始まりましたみんなとっても楽しそう絵本の合唱が終わったところで、今度は質問教室のはじまりはじまり雨が降ると喜ぶものってなんだろう???太陽さんはどんな顔???子供達の笑顔が、楽しそうなその表情がたまらなく嬉しくて、なんだか大きなギフトをもらった気分子供達の自由は発想や、メッセージ、そしてそのキラキラと輝くエネルギーに、なんだか癒されたり、元気をもらったり。そんなギフトを私たちスタッフがいっぱいもらってしまったのだけど、この感覚を多くの方に受け取ってほしいっていう想いがすっごく強くなりました。次回は親御さんにも沢山お声をかけさせていただいて、「親子」でいろんな感覚を共有できる場にできたらさらにいいなぁと思っています早速メンバーでは・よかったところ・さらによくするためにはをもみもみして、次の企画を検討しています企画が確定しましたら、また改めてご案内させていただきますね!!!地球となかよし地球となかよし■地球となかよしhttps://friends-earth.jp/■地球となかよし最新のイベント2020年3月14日~15日MOJICAMP×地球となかよしキャンプ■地球となかよしイベントバックナンバー2019年10月19日~20日MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ@浜比嘉島2019年9月27日『地球となかよし』ワールドカフェ@東京→【地球となかよし】開催報告1:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう→【地球となかよし】開催報告2:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう■はじまり【地球となかよし】地球となかよしプロジェクトで何するの⁈【地球となかよし】地球となかよし 始動【地球となかよし】ビジョンが見えたとき■バックナンバー【地球となかよし】沖縄の海と世界の海【地球となかよし】美しいサンゴ礁のために台風が一役かっている?!”子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう”【地球となかよし】地球から血が流れている【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ!!【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ?!【地球となかよし】台風5号接近中【地球となかよし】夏の外遊びのお助けアイテム【地球となかよし】頭の中がいっぱい【地球となかよし】一人の天才ではなくチーム【地球となかよし】人類の未来に貢献する人材の育成

  • 21Oct
    • 【地球となかよし】MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプの開催報告

      開催報告2019年10月19日~20日の1泊2日みんなであそぼう!地球とあそぼう!MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ@浜比嘉島を開催いたしました。キャンプを通じた冒険教育と環境教育 自然そのものがもたらしてくれる学び グループ活動、共同生活がもたらしてくれる学び 日常と異なる、工夫が求められる生活がもたらしてくれる学び 新しい体験、冒険がもたらしてくれる学びそこには、私たち”地球となかよし”の掲げるビジョン、ミッションに繋がる、経験と学びがある!!!!MOJIキャンプに参加させていただいた時にそう感じました。そして、今回念願叶って、MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプが実現したわけです。今回のイベントの様子を、SmilePhotoのカメラマン平良さんが、ムービーにしてくださいましたので、是非ご覧いただけたら嬉しいです。Special Thanks平良 卓己さんビーチクリーンMOJIさんは以前より、キャンプ活動をする中で、本来美しいはずの自然の中に、人が残していったゴミや炭などが残されたままになっている現場に遭遇し、キャンパーとして大切にしていたあり方来た時よりも 美しく 残すものは 感謝のみという心を次世代へと繋いでいきたいと心から感じていたそうです。キャンプをする前以上に美しくして帰る。帰る時にそこに残すのは唯一「感謝」の気持ちだけ。これは一人のキャンパーとして大切にしたい心であり、一人の大人として次世代へ繋いでいきたい大切な心だと、語ってくださっていました。そこに、私たち「地球となかよし」のビジョンが重なりました。「地球と子供達の未来のためのことを考えよう」「地球と子供達の未来のためことを意識してみよう」というと何か難しいイメージもあるかもしれません。でも実際は、決して難しいことばかりではなく、日常の延長線上や、遊びの延長線上でも実践できることがあるんだよ。「やってみよう」「やってみた」「できたーーー!」地球と子供達の未来のためにできることの1つを楽しみながら実践できる機会を作りたい。私たちが共に重なった想いを、皆で楽しみ「ビーチクリーン」という活動として、このイベントのメインイベントとして、位置づけての開催が実現したのです。そして、、、1日目の午後と2日目の朝と2回機会を作りました。1日目の午後は、途中で小雨が激しくなってきてしまい、防風林の下やタープの下に避難する形になってしまったのですが、それでも、素敵な方々、子供達と一緒に、いっぱいお話をしながらビーチクリーンという活動を行うことができました。私が印象的だったのが、子供達の言葉「なんでこんなところにタバコを捨てる人がいるんだろう?!」「このゴミはどこから来たのかなぁ?」3歳や4歳の子達からも「タバコだめだよね」「ゴミ箱あるのにね」そんな言葉も。そうなんです。子供達にとっては、ここにゴミがあることが不思議っていうのが当たり前の感覚。ゴミを本来捨てるべきではない場所に捨ててしまったり、海を汚してしまったり、したくないし、しちゃいけないって、そういう大切な感覚をちゃんと子供達は知っているし、持っているんですよね。みんな”地球となかよし”なんだよね。そんなことを感じるビーチクリーンから始まった、MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ。小雨が激しくなり、予定よりも早いタイミングでビーチクリーンを切り上げる形になってしまったり、雨交じりの曇天ということもあり、思いっきり海に入って遊ぶことはなかったのですが、それでも、実は想定していたよりも、思いの外雨にあった時間は少なく、沢山の「探検」を楽しんでくれている姿に、自然の中で自由に過ごせる時間があることの豊かさ、そしてそれを自由に楽しめる子供達の力に、多くのインスピレーションをもらいました。また、子供だけでなく、自然に包まれる環境で過ごすことは、大人にとってもどれだけ豊かな時間なのかということも実感という形で体験することができ、こうしたアウトドアで過ごす時間は、人間にとって、とてもとても大切な時間なのではないかと感じています。集まっていただいた皆様、本当に本当にありがとうございました。本当に至らなかった点、気づけなかった点、多々ある中、一緒にこの時間を創りあげてくださったこと、子供達の未来を一緒に育んでくださったこと、本当にありがとうございました!!!心から感謝いたしております。今回は企画から一緒に関わってくださり、キャンプ初心者の私たちを大いにサポートし続けてくださったMOJIさん、ボランティアで入ってくださり、参加者の皆さんの表情を撮ってくださったプロカメラマンの平良さん、奇跡的に雨が降らずに迎えられた、2日目の朝ヨガでインストラクトしてくださった類さん、そしてMOJIさんの繋がりで、沢山のサポートをしてださった皆様、私の想いに共感してくれて、一緒に手伝ってくれた、みきてぃ、あかねー、あやかちゃんそして、パートナーである主人にも、感謝しかありません。アッという間に終わってしまった1泊2日のMOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ私にとっても、企画、運営というリアルな体験。そしてその体験を通して見えてきた課題。そしてより多くの方にこうした場に参加していただき、より美しい地球と子供達の未来のための場や活動を一緒にやっていきたいという想いが、より強く大きくなった機会でした。まだ言葉にしきれない、思いや感覚もあるので、1つ1つのことを振り返りながら、皆様へも1つの共有として、1つ1つのことをこれから改めてご報告をさせていただきたいと思います。本当に皆様ありがとうございました!!!!地球となかよし■地球となかよしhttps://friends-earth.jp/■地球となかよし最新のイベント2020年3月14日~15日MOJICAMP×地球となかよしキャンプ■地球となかよしイベントバックナンバー2019年10月19日~20日MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ@浜比嘉島2019年9月27日『地球となかよし』ワールドカフェ@東京→【地球となかよし】開催報告1:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう→【地球となかよし】開催報告2:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう■はじまり【地球となかよし】地球となかよしプロジェクトで何するの⁈【地球となかよし】地球となかよし 始動【地球となかよし】ビジョンが見えたとき■バックナンバー【地球となかよし】沖縄の海と世界の海【地球となかよし】美しいサンゴ礁のために台風が一役かっている?!”子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう”【地球となかよし】地球から血が流れている【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ!!【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ?!【地球となかよし】台風5号接近中【地球となかよし】夏の外遊びのお助けアイテム【地球となかよし】頭の中がいっぱい【地球となかよし】一人の天才ではなくチーム【地球となかよし】人類の未来に貢献する人材の育成

  • 18Oct
    • 【地球となかよし】いよいよ明日になりました

      みんなであそぼう!地球とあそぼう!MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ@浜比嘉島いよいよ明日となりました。お天気は、、、なのですが、キャンプのプロでもあるMOJIさんの判断で、風雨や高波などの危険性はないとの判断もあって、時々雨はぱらつく可能性はありつつも、開催することに決定しました。唯一心配なのは、やはり、雨に濡れたことで、参加後に体調を崩してしまうこと。なので参加者の皆さんには、特にお子様の分は、いつもよりちょっと多めの着替えとタオルをお持ちいただけるようにお願いしています。雨の中で遊びたい息子くんは本当は雨も水たまりも大好き。なんですが、私ついつい日常の中では、「雨に濡れちゃうからやめとこう」「泥んこになっちゃうからやめておこう」「風邪ひいちゃうから帰ろう」そんな声掛けをしてしまっているんですよね。その結果、彼の中で、雨に濡れることや泥んこになることが、「良くない事」として認識されてきてしまっている気がします。それを実感したのは、先日の淡路島で田んぼで尻餅をついて、長靴の中が泥でいっぱいになってしまったとき。「泥がいっぱい入っちゃったから動けない」「ばっちいからヤダ」って言うんです。思わず「アチャーーー」って思ってしまいました。でも、本当は雨も水たまりも大好き。それが本来の彼の姿。思いっきり、雨の中でもぐっちゃぐちゃになって遊んでいる姿に、嬉しくなる気持ちがある反面、風邪ひいちゃったら困るよな。出先でずぶ濡れだと困っちゃう。着替えもってきてないし、、、そう思ってしまうのも事実。なので、大切なのは備えなんですよね。思う存分雨の中でずぶ濡れになっても、そのあとすぐに着替えて温かくできたら、ママは安心。泥だらけになる前提で、よそ行きのお出かけ着ではなくて、食べこぼしのシミがいっぱいのTシャツでなら、全然汚れても気にならない。備えさえあれば、ママも息子くんも心おきなく、したいように思いっきり遊べる。子供の頃に私自身も雨の中で思いっきりずぶ濡れになって遊んだ経験ってあって、それって、結構楽しい想い出として今も残っているんですよね。傘をうらっ返しにして雨をためて、それがいっぱいになって、滝のようにザバーってなるのがめっちゃ楽しかったり、長靴の中にお水がいっぱい入っていて、歩くたびにちゃぽんちゃぽんする感じがすっごく面白かったり。濡れた後、はだかんぼで乾いたタオルに包まれる感覚が、すっごく気持ちよかったり。そんな気持ちを思い出せたことがあるのか、最初天気予報で小雨マークを見たときに、すごくガッカリしてしまった私も正直いたのですが、これも、ちょっと面白いかもって今はとってもワクワクできています。幸い気温は30度近いのも沖縄だからこその嬉しい恵み地球となかよし地球で暮らしていると、晴れの日や穏やかな日ばかりではなく、恵みの雨の日があったり、災害に及ぶような台風の日があったり、いろんな天候の日がある。いろんな天候があるのがこの地球であり、それが、実は、地球からの恵であり、この地球の美しさと豊かさの一部である。そうしたことを肌で感じられる機会、私自身、そして子供達と一緒に体感していける機会、をこれからも創っていきたいと思っています。「雨きらーーい」だけではなくて「雨もいいかも」そんな風に思える記憶、想い出が未来をリードしていく今の子供達の中に残ったらすごく素敵今回このイベントを主催するにあたって、そんな気づきをいただくこともできました。もちろん、今回の機会をそうした場に活用する、しないの選択は自由なので、皆様には、ご自身の感覚や直感を大切にしていただくことを大切にしていただきたいと思っています。子供を守るための親の本能とでもいうのでしょうか。それはすごく大事なもの。お会いできる皆様と一緒に、どんな機会となり、どんな経験の場になるか、私自身とても楽しみにしています。MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ@浜比嘉島【日時】2019年10月19日(土)〜20日(日)1泊2日集合: 10月19日 13:00 集合解散:10月20日12:00 閉会式【場所】沖縄県浜比嘉島浜比嘉ビーチ ( 沖縄県うるま市勝連浜80−4 )無料駐車場完備【参加費】大人:3000円 子供(小学生以上):2000円 子供(3歳以上小学生未満):1000円 3歳未満:無料※夕食はこちらでBBQを用意いたします。お飲み物はお水はこちらでご用意いたします。それ以外のお飲み物については各自ご持参ください。※朝食は各自ご用意ください。※テント1張り(4人用)の貸出し可。ご予約の際にリクエストください!1000円/1張り※トイレ・水場あります!※通常有料のシャワーですが、オーナー様のご厚意により今回無料でご利用いただけます!地球となかよし■地球となかよしhttps://friends-earth.jp/■地球となかよし最新のイベント2019年10月19日~20日MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ@浜比嘉島■地球となかよしイベントバックナンバー2019年9月27日『地球となかよし』ワールドカフェ@東京→【地球となかよし】開催報告1:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう→【地球となかよし】開催報告2:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう■はじまり【地球となかよし】地球となかよしプロジェクトで何するの⁈【地球となかよし】地球となかよし 始動【地球となかよし】ビジョンが見えたとき■バックナンバー【地球となかよし】沖縄の海と世界の海【地球となかよし】美しいサンゴ礁のために台風が一役かっている?!”子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう”【地球となかよし】地球から血が流れている【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ!!【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ?!【地球となかよし】台風5号接近中【地球となかよし】夏の外遊びのお助けアイテム【地球となかよし】頭の中がいっぱい【地球となかよし】一人の天才ではなくチーム【地球となかよし】人類の未来に貢献する人材の育成

  • 17Oct
    • 【地球となかよし】炭は自然に帰らない!!

      雨天決行今回一緒にイベントを主催いただくMOJIさんと、今週末のキャンプについてお話をした結果、今の天気予報の感じであれば雨天決行でいけそうだということになりました。キャンプインストラクターのMOJIさん。風向きや風速、波の高さ、潮なども確認をされていて、同じ天気予報を見ても、見ているところ、観ている範囲がおおきくて、思わず「さすがです!!!」って感動してしまいました。そして、私が安全が確保されるなら雨天でも開催したいと思った理由は、改めてお伝えさせていただきますね。ご参加いただく方については、やはり雨だったらやだなっていう方もいらっしゃるかと思うので、そういった場合は、キャンセルを受け付けさせていただくのでご安心くださいね。ファイヤートークって?!私がとても楽しみにしている時間が、夜のファイヤートークタイム。もし小雨がぱらつくようであれば、大きなタープの下で、実施予定です。このキャンプで行うファイヤートークでは、「キャンプファイヤー」というようは大きなものではなく、真ん中に焚火を用意して、それを囲みながら、いろんな話をしようというものになります。「トーク」と銘打っていますが、何も語らずに、ただただ揺らぐ炎を眺めているだけで心が満たされる。日々の暮らしでは味わえない贅沢な時間がそこにはあります。そして、気づくと誰かが、自分自身のビジョンや夢を語っていたり、日々の中で得た気づきをシェアしていたり。私の大好きな時間。こういう時間を一緒に過ごせる仲間が、増えていることも嬉しくて。やっぱり私は人が好きそして地球が大好きなんだって、こういう時間を過ごしていると確信するんですよね。そんなファイヤートークに大切なファイヤー=焚火。今回なんと「上手な“焚き火”のコツと大切なポイント」について特別講師をお呼びして、レクチャーいただくことになっています。焚火をしようと思って、なかなか火が着かなくて困った、、、焚火をしたものの、最後どう始末していいのかわからなくて、、、そんなお声もよく聴きますし、実際目にすることもありました。そしてMOJIさんに焚火のことをお伺いする中で、私が一番ショックだったのは、「炭は自然に帰らない!」ということでした。炭は自然に帰らない!炭ってもともとは木からできているから、土に埋めておけば、自然に帰るよね。そんな風に思っている方は実はいらっしゃるんじゃないでしょうか。実は私も、、、そう思っていた一人だったので、「炭は自然に帰らない!」と伺ってすごくショックでした。とっても解り易く書いてくださっていたサイトがあったので、引用させていただきますね。なんで、炭は「自然に帰らないのか?」。ここで炭とは何か、思い出してみましょう。炭は、木などを蒸し焼きにして炭化させたものです。炭化すると、ほぼ炭素の集まりになります。成分だけでいうと、グラファイトとかダイヤモンドと同じですね。炭素は元素の1つです。元素ということは、それを分解しても、別のものに変化しないということですね。砂もほとんどがケイ素でできていて、ずっと変化しません。それと同じで、炭素はそれ以上変化しない物質なのです。太古の火事のあとがそのまま地層にのこっちゃうくらいですからね。っていうか、石炭なんか何億年残っているわけです。だから、炭で汚したら、それはそのまんま残ります。それをアートにしたのが「水墨画」であり「書道」ですよね。ものすごい大昔の「書」がそのままのこる。炭は安定している強力な物質なんですね。ということで、自然界に炭をおくのは、巨大な消えない落書きをするようなものってことになります。炭の安定性を人類は活用してきました。炭との付き合いは長いのですが、たまに使うとその辺わすれがちです。っと、お説教みたいになっちゃいましたが、最後に、回収した炭はそのまま着火剤になります。売っている着火剤よりよっぽどいいですよ。マイナビニュース東明六郎(しののめろくろう)さんの記事より抜粋じゃぁ、どうしたらいいんだろう???簡単に言うと、炭や焚火はちゃんと灰になるまで燃やしきる炭のまま捨てると、それはゴミになってしまうのだけれど、最後まで燃やして灰にすることが大切なんだそうです。こうした大切なポイントを教えてもらいながら、上手な焚火のやり方を、親子で学べる機会になりそうで、とっても楽しみです知ることから始まる「地球となかよし」一緒になかよく楽しみたいからこそ、こうした学びの機会を大切にしたいと思っています。MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ@浜比嘉島【日時】2019年10月19日(土)〜20日(日)1泊2日集合: 10月19日 13:00 集合解散:10月20日12:00 閉会式【場所】沖縄県浜比嘉島浜比嘉ビーチ ( 沖縄県うるま市勝連浜80−4 )無料駐車場完備【参加費】大人:3000円 子供(小学生以上):2000円 子供(3歳以上小学生未満):1000円 3歳未満:無料※夕食はこちらでBBQを用意いたします。お飲み物はお水はこちらでご用意いたします。それ以外のお飲み物については各自ご持参ください。※朝食は各自ご用意ください。※テント1張り(4人用)の貸出し可。ご予約の際にリクエストください!1000円/1張り※トイレ・水場あります!※通常有料のシャワーですが、オーナー様のご厚意により今回無料でご利用いただけます!地球となかよし■地球となかよしhttps://friends-earth.jp/■地球となかよし最新のイベント2019年10月19日~20日MOJICAMP×地球となかよしファミリーキャンプ@浜比嘉島■地球となかよしイベントバックナンバー2019年9月27日『地球となかよし』ワールドカフェ@東京→【地球となかよし】開催報告1:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう→【地球となかよし】開催報告2:子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう■はじまり【地球となかよし】地球となかよしプロジェクトで何するの⁈【地球となかよし】地球となかよし 始動【地球となかよし】ビジョンが見えたとき■バックナンバー【地球となかよし】沖縄の海と世界の海【地球となかよし】美しいサンゴ礁のために台風が一役かっている?!”子供たちと地球の”輝く未来”に繋がる子育てを一緒に考えよう”【地球となかよし】地球から血が流れている【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ!!【地球となかよし】神の島久高島でキャンプ?!【地球となかよし】台風5号接近中【地球となかよし】夏の外遊びのお助けアイテム【地球となかよし】頭の中がいっぱい【地球となかよし】一人の天才ではなくチーム【地球となかよし】人類の未来に貢献する人材の育成