独りのため息のブログ

独りのため息のブログ

ブログの説明を入力します。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
ひな祭りを前に 春一番が駆けめぐりましたが
皆様の地域はいかがでしょう。

1月 2月とあれこれあり過ぎ
『この歳になっても初めてのことはあるもんだ❗』
と感じている真琴です😅

その『あれこれ』を少し残しておこうかな、と思ったしだいです。



まず、お正月。
帰省した 息子や娘の予定の都合上
「この日しかない❗」
と出掛けた初詣は 氷雨の降る天橋立になりました。
知恵を授けて下さる仏様に合掌し
御神籤も『大吉』だったのに 風が強くて傘が壊れました。😨
この時、その後の出来事を暗示していたのでしょうか・・・


 子供たちが 日々の生活圏に戻って間も無くの 水道の検針。
何故か料金が倍になってます❗😨
いくらお正月で 水をたくさん使ったとしても倍は多すぎる❗
家の周囲をあちこち調べて、漏水箇所を見付けました。

漏水なんて人生初😨

留守にしていた相方さんにメールをし
私は、手持ちのペットボトルやポリタンクに水を貯めて、水道の元栓をストップ。
水道の工事をしてくれる業者を何件かあたるも
寒い日が続いていたせいで 凍結が多いらしく、なかなか予約が取れず
数年前に自宅をリフォームしてくれた会社に連絡してやっと予約が取れるも来てくれるのは、5日後😭
その間、水の有り難みを心底味わった真琴夫婦です。
救いは、離れのトイレだけは、昔のまま井戸水にしていたこと。
この時は 本当に良かった❗と思いました。
お風呂の時間に、元栓を開け
イッキに料理、洗濯、洗いものと片付け、『垂れ流し』時間を極力短くしました😢
5日後
業者さんが来て、調べた結果
数年前にリフォームした時に新しくしていた 『その水道管』が、なんとL字の部分の接着不良だったとかで
修理代はタダになりました。

その後、市役所への申請で 水道料金の一部が還付されました。
でも、漏水の原因が凍結ではなく、施工不良。
溜め息を漏らした夫婦です。


ホッとしたのも束の間
相方さんが、町内会の会計に
私は婦人会の組長兼監査役員になってしまいました。
夫婦で役員は初です。
しかも私は初婦人会役員
会合に出ても私が一番年下ですから、「回されちゃった❗」感はハンパない😞
でも、これも経験&お付き合い
頑張ろう❗と思う真琴でした。


しかーし❗
その後、直ぐに  警察に事情を聴かれることになるとは。



2月なったばかりの寒ーいお昼時。
ご近所のKさんのおばあちゃんが、突然我が家を訪問。
玄関に出ると、
これまたご近所のHさんが
「トイレで倒れて冷たくなってる❗」
とのこと😱😱😱😱😱😱
Hさんは数十年引きこもりの70代
独り暮らしの男性です。
何でも
宅配弁当の業者さんが見つけて Kさん家に飛び込んできたのだとか。
Kさん曰く
「一緒に見に来て❗」と。
イヤイヤイヤ❗それより救急車でしょう❗
と119した私が、その後に事情を聴かれることになったのです。
雪がしんしん降る中、Kさんと私は
発見者と通報者として婦警さんから詳しく事情を聴かれました。
人生初経験です。
Hさんは残念ですが、亡くなっていました。
亡くなったのは、その日の朝だったようです。
普段、誰とも接触していない方だったので
警察はご近所にも聞いて回っていたそうですが。
こんな近くにも、孤独死があるのですね。


これで終わりかと思いきや
先日あった事を。

美容院の帰り道
買い物ついでに寄ったお蕎麦屋さんでのこと。
オーダーを済ませて待っていると、
向かえのカウンター席からおばさんの尋常でない声
「ちょっと! あんた、しっかりしてぇな!どうしたんやいな‼」
ふと、顔を上げると、70代くらいのおばさんが  椅子の背もたれにダラリと身をあずけ、上を向いたまま痙攣しています。
しかも、嘔吐しながら。
一瞬、固まる店内。
私、思わず 声をあげていた連れのおばさんに
「顔を、顔を横にして!」
と叫んでいました😞
お店の人が近づいてきて、私の言う通りに顔と体を横にしてくれたので
よそ事ながらホッとしました。
少なくとも窒息はしないでしょう。
でしゃばりでしたが
救急車を呼ぶことをすすめました。
突然の痙攣、嘔吐は脳の病気も疑った方が良いかと思いました。
暫くして、お店の方が呼んだ救急車が来た頃には、意識を戻したおばさんと連れのおばさんは救急車に乗って行きましたが
もう食べる気は失せてますよね😞
見えるところで嘔吐見ちゃってたし😞
申し訳程度に箸をつけ、お店の人に謝って出てきました。
お店の人も「申し訳ありませんでした。」て言ってくれましたけどね。


もうすぐ 待ちに待った山南忌です。
これをきっかけに、風向きが良くなればいいな、と感じる真琴です。