サラリーマンパパが土地家屋調査士試験に合格できたよ

サラリーマンパパが土地家屋調査士試験に合格できたよ

全くの資格初心者だったサラリーマンパパが一念発起して難関試験の土地家屋調査士に挑みました。
家族や周りの支えもあり無事合格することができました。そんなパパの土地家屋調査士試験を合格するまでのことをつづったブログです。

Amebaでブログを始めよう!

【前回までのあらすじ】

土地家屋調査士の試験の筆記試験に無事合格し、最後の試験 口述試験を受ける事となりました。
出題問題は今まで勉強してきた内容だったので問題はなかったのですが、極度の緊張症だった方が問題でした。
と、なんだかんだありましたが無事にやっと全ての試験を終える事ができました。

前回の記事⇒『土地家屋調査士試験の最後の関門は口述試験です!!』

 

口述試験も無事に終え全ての土地家屋調査士の試験が終わりました。キャー
測量士補から勉強を始めてから2年近く、長い受験生活でした。煙

しかし終わってみると「え、2年も経ってたの?」と思うくらい体感的には短かったです。びっくり

さて口述試験の結果ですが、当然合格していました。クラッカー**
東京法経学院の講師の先生も言ってくれてたのですが、「土地家屋調査士の試験は筆記試験に合格したら受かったも同じ」です。

よっぽどの事がない限り口述試験に落ちる事はありませんと聞いていましたから。
極度のあがり症の私が目を泳がせながら受けても合格できたくらいです。犬?えへへ
きちんとスーツと髪型などの服装をして丁寧に誠意を持って受ければ口述試験は大丈夫です。

2年間毎日勉強していた生活をしていたので、いざ終わってみると受かってホッとした気持ちと同時に「ぽかーん」っと心の中に穴が開いたような気持ちでした。ひとひとひと

勉強している2年の間に合格したらやろうと思っていた事は沢山ありました。
「一日中ファイナルファンタジーやってやるんだ!」ニヤニヤ
「何もせずにダラーっと寝て好きなテレビを観てやる~」ニヤニヤ
と考えていましたが、いざ合格してみると逆にそういった事をやろうとは思わなくなりました。

不思議ですけど、遊んだりダラダラするっていう気持ちがなくなったんです。
2年も勉強続けていたら生活のリズムが変わったんでしょうね。

合格したけど、何かすっきりしない日々を過ごしていました。

私:「土地家屋調査士の試験頑張って合格したんだけど、何かぽっかりと心に穴が開いた感じなんだよね」
 

嫁:「ふーん、どんな?」
 

私:「合格してさぁ、せっかく資格取ったのにこれで終わりっていうのもなんか違う気もするんよね」
 

嫁:「じゃぁ、せっかく資格取ったんだしサラリーマン辞めて土地家屋調査士になったら?
 

私:「え!!マジで!? さすがにそれはハードル高いわ~ハードル
 

嫁:「でもさぁ、今じゃなくてもいずれは独立してもいいんじゃないの?」
 

私:「うーん…。んー

試験に合格する事を目標にしてきた私にとって合格後の事を考えてなんていませんでした。
でも土地家屋調査士の資格は合格して独立して初めて活かせる資格です。

自分の人生の可能性が広がったと考えればいいのです。
でもさすがに、合格後すぐに開業というわけにはいきません。

試験は合格したものの実務的な事を何も知らないのですから…。
とりあえず、バイトでもいいから実務をしてみようと思い探してみました。

東京法経学院のサイトに土地家屋調査士の求人が一応載ってはいました。

⇒土地家屋調査士の求人情報  

 

しかし、自分の住んでいる田舎での求人はなかったです。
と、その時あるアイデアが浮かびました電球

土地家屋調査士の知り合いのシゲちゃんの事務所に手伝わせてもらえないかなっと。
思い立ったが吉日で、シゲちゃんに電話しました。

私:「シゲちゃん、土地家屋調査士の実務を覚えたいんやけど全然バイト代とかいらんから仕事手伝わせてくれん?」
 

シゲちゃん:「ん?別にいいよ。今ぱたろう君会社員やろ?それなら週末だけでもいいから来てよ。うちも手伝いいてくれたら助かるわ」

あっさりOKでした!!
サラリーマンの私の人生が土地家屋調査士開業へと一歩近づきました。

注)もちろんバイトには嫁の許可もらいましたよw

Ameba人気のブログ