世界プカプカ漂流記~流れ流れてスペイン編~

世界プカプカ漂流記~流れ流れてスペイン編~

5年間の中国lifeに別れを告げ、只今スペインにてお気楽生活展開中☆
スペイン生活や今まで訪れた場所について綴っております。。。

自己紹介

日本→中国(天津)→日本→中国(広州)→日本→カナダ→日本→中国(広州)→スペイン(2011年より~)



【コムリンの住む町、スペインのタラッサ】のこと書いてます

スペインカタルーニャ州のタラッサガイド



【バルセロナ観光のおすすめスポット】も作成中です

バルセロナ観光おすすめスポット



【スペインの化粧品・日用品・お土産など】について書いてます

スペインお買い物ブログ♪

テーマ:

バルセロナに住んでいますが、日本の書籍を手に入れるのはかなり大変。

バルセロナ市内に「日本語図書室」という図書館がありますが、郊外に住んでいる私はほとんど利用していません。

 

2年に1度の帰国の時に少しずつ持って来たり、日本の両親に高~い送料で送ってもらったり。。。そしてそれが税関でひっかかって(なぜかかなりの確率でひっかかる。私だけでなく在西の友人かなりの頻度で💦)、送料と本代と同じくらいの検査費を税関に払わなければならなかったり。。。

 

ということで、アマゾンの「海外発送サービス」を利用して、本を頼んでみました♪

ちょっとした誕生日プレゼントですよ、うふふ。もうすぐ40なのでね・・・

 

7月18日に頼んで、5日後の23日にスペインの自宅に無事到着!!

イエ~イっ

 

さっそく開けてみます💕

 

このように、中の商品が動いたりして乱れぬよう、段ボールの底にきっちりパッキングされて運ばれてきます。明細書も本と本の間に挟まれて入ってます。

 

じゃーんっ💕

はいっ、そうで~す。今回ぜ~んぶま・ん・がだけ!!

この夏のお供に、欲しかったマンガ×4。

これでいいのか、40女・・・

 

いいんです、誕生日のご褒美だから(と言い聞かせてみたり)。

 

気になる海外への送料ですが、

配送一軒ごとにかかる料金+頼んだ商品一点ごとにかかる手数料+税関手数料

の3つを支払わなければなりません😅

 

発送する国によって配送料は違います。

販売元がアマゾンなのか、他の出品者なのかによっても料金が違ってきます。

 

国別に送料の一覧表はコチラ→https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=hp_left_v4_sib?ie=UTF8&nodeId=201910850

国別配送時間の目安はコチラ→https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=hp_left_v4_sib?ie=UTF8&nodeId=202003310

 

例えばコムリンは今回

書籍の配送800円+マンガ4冊300円×4+税関手続き料※1104円=3104円

送料と考えてよいですね。

 

※明細には「輸入税など前払金」とされていて、送ってみないとはっきりと分からない料金らしく、多すぎた場合は後で払い戻されます。

 

プラス本代の3257円で、しめて6311円のお買い物でした~。

 

送料3000円って高いですかね。

でも、日本→スペインのこの距離を考えるとしょうがいないのかな~。

頼んだものが日本から5日でスピーディに届くってことで、コムリン的には満足。

 

何せ親に送ってもらった荷物、運悪く税関でひっかかると、EMS(国際スピード郵便)なのに3か月とかかかった挙句、検査費をしこたま取られるというとんでもない事態になりますから。。。それに比べたら、安全で確実。

 

海外在住の方、留学生の方の参考になれば嬉しいです!!

 

最後に最近のショット

息子とバルセロナ水族館へ🐠行ってきました~。

 

その時の記事はコチラ→http://barcelonakankou.info/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF/laquarium-de-barcelona/

 

みなさん、素敵な夏を🌻🍻✨


テーマ:

どうもお久しぶりでっす。コムリンです🍎
 

ここ数年、

なぜか「春節(中国の旧正月)の前までにアメブロで新年の挨拶をするっ」
という妙な(意味不明な)習慣がついておりまして。。。

今年の春節は2月16日!!
やー、あぶないあぶない(笑)

年末年始、2年半ぶりに帰国しておりました。
日本でお正月を迎えたのはなんと11年ぶり✨

ホント、毎日夢のように楽しかったですわ~~🌈

滞在中何をしていたかというと、
おいしいものを食べたり、クリスマスプレゼントで遊んだり、
神峰動物園へ行ったり、水戸御老公の湯へ行ったり、

内原のイオンへ行ったり、東原の回転ずしへ行ったり、

2年半ぶりに友人と会ったり、20年ぶりに小中学校の同級生と遊んだり(!!)、

焼肉食べ放題へ行ったり、すき焼きをしたり、

親戚で集まったり、護国神社へ初もうでに行ったり・・・(実家茨城なんで💦)

で、5歳になった息子と七五三の記念写真を撮りましたので、

そちらで新年のご挨拶とさせていただきます~~🎍

 


💖今年もどうぞよろしくお願いいたします💖

みなさんが元気で、笑顔いっぱいの日々でありますように🍀💕✨


テーマ:

スペインのバルセロナ、カタルーニャの現状をうまくまとめたビデオです。

 

 

ビデオのハイライトを要約すると(かっこはコムリン自身の補足です)、
 

・今バルセロナのあるカタルーニャはスペイン政府からの弾圧を受けている。

・10月1日に行われたカタルーニャの独立を問う住民投票では、スペイン警察が、お年寄りも男女の区別もなく、素手を挙げる住民たちに暴力を振るった。(スペイン警察の暴力により、800人以上のけが人が)

スコットランドでは平和的に行われた同じ住民投票だが、カタルーニャでは投票に行った人々は罪人のように警棒でなぐられた。(ゴム弾を発射し、倒れた人々の腹を蹴る、階段から突き落とすなどの明らかに不必要で悪質な暴力も!!)

・カタルーニャ政府は何度もスペイン政府に住民投票の遂行を要求したが(適正な法的手段をとり、18回要求)、スペイン首相マリアノ・ラホイはそれを完全拒否。一切の対話を拒絶。

・住民投票を平和的に行おうとしたカタルーニャ住民に対し、スペイン警察はEUの国でかつてないほどの暴力をもって投票の阻止を試みた。

暴力と恐怖の中、2百30万人の人が投票をし、その90%が「独立賛成」を支持。

・スペイン政府と国王は、住民に対して行われた暴力に一切言及せず。

・それどころか、独立運動を進める2つのNGOの責任者を「暴動を起こした罪」で逮捕。この罪での服役は最高15年。(しかし、このNGO団体は一切暴動を起こしていない。)

・私たちはあなたたちと同じ普通の人々だ。私たちの自由と民主主義を守るため、助けてほしい。

見て見ぬふりをせず、どうかこのビデオをあなたの友人や周りの人たちにシェアしてほしい!!



私が住んでいるカタルーニャにとっては非常に大きな問題。。。

見てくれてありがとうございます💕✨

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス