大阪難波・超願寺のブログ

大阪難波・超願寺のブログ

大阪難波にある、真宗佛光寺派超願寺のブログです。

年度末から年度初めにかけては何かと何かと多忙でついついご報告が遅くなりましたが、今月初めに先代住職、芳純院釋眞澄の3回忌法要を営みました。親の年忌法要は身内だけでするものとお考えの方もいらっしゃると思いますが、お寺の行事として行いましたので、どなたでもお越しいただける、当寺で言えば春法要や報恩講と同じ扱いのものです。

 

当日に向けてまずは五具足での佛華をお供えしました。菊とゆりを主として、対になるよう活けるのはなかなか難しいものです。完全にシンメトリーではありませんが、それを逆手に、ユリは違う色のものにしてみました。

 

img_9274

 

導師に近隣の常念寺ご住職をお迎えし、仏説阿弥陀経と正信偈を主としてお勤めしました。

 

img_9319

 

次に、ご法話は住職仲間であり勉強会でご一緒している霊松寺ご住職にお願いしました。浄土真宗の考え方とは異なるのですが、とお断りになった上で、十三仏参りのお話などもしていただきました。これは初七日から始まって満中陰(四十九日)、一周忌、三回忌、、、と続く法要において、さまざまな仏様を巡ってお浄土に行くんだよというお話で(浄土真宗では臨終即往生)、三回忌でようやく阿弥陀如来の元に到着します。そのような考え方からすれば、三回忌は一つの区切りとも言えますので、前住職の三回忌を執り行うことができ、少しホッとしております。

 

img_9325

 

いつもでしたらお寺で皆さんで仕出し料理をいただきながら故人に思いを馳せてもらうのですが、故人が好きだった中華料理のお店に皆で伺うことにしました。ごく近所の551蓬莱パンチャンというお店です。故人は本当に頻繁に行ってました。中華料理といえば、このお店。他にもありますが、なかなかここ以外のところに行く機会がないくらいです。

 

5fd36a7b-3c30-4313-b42f-241fc84c9bbe

 

その後、通常バージョンである三具足に戻して、佛華をお供えしました。法事も予定されていましたし、今回はジンジャーの真っ赤な色を種に、組み立ててみました。いかがでしょうか。

 

img_9435

 

 

 佛華の交換は、楽しいながらも、なかなか大変です。気まぐれになりそうではありますが、時折お供えしたいと思います。これから暑くなるので、もう少し頻繁になるかもしれませんね。



引用元:佛華をお供えいたしました×2-芳純院釋眞澄3回忌のご報告-