2016年5月13日 AM 8:32

3130gのとっても元気な女の子が生まれてきてくれましたハート

 

無事に、しかもとっても元気に生まれてきてくれて、感謝の気持ちでいっぱいですキラキラ

 

初めての妊娠・出産、しかもベルギーで。。。

そのうえ高齢出産だし、頼れる家族は夫だけだし、かなり不安もありましたが、いや、今も不安はいっぱいですが、それを上回る幸福感で頑張ってます笑

 

せっかくベルギーで出産するんだから、主流である無痛分娩で音譜と思っていた私。

 

日本の無痛分娩は出来る病院が限られていて、料金も高く、麻酔科医が常駐していないので計画分娩になるらしいですが、こちらは無痛分娩が主流なので麻酔科医が常駐していて、陣痛がきたり破水したりしたら病院へ行き、経膣分娩する流れ。

担当医によるのかもしれませんが、麻酔も自分が耐えられる痛みに調節出来たりするんだとかひらめき電球

 

生んでる感覚はしっかりあるのに痛みは軽減されて、産後の回復も早いなんて・・・めっちゃいいやん!!!!!

と思っていたのに、、、

 

出産予定日2週間前に、「あんまり下がってきてないし、骨盤が狭そうなので検査してきて。」と言われ、後日CT(かな???)で検査したところ、それぞれの数値が少しずつ小さくて、100%無理ってわけじゃないけど、赤ちゃんが出てこれないかも!?

最悪、超難産の末帝王切開になるかもしれないし、赤ちゃんも母体も負担が大きいので、帝王切開にしましょうポイントって叫び

 

経膣分娩しか考えてなくて、帝王切開なんてまったく頭になかった私が、まさかまさかの帝王切開にっ!!

帝王切開することに決まったのが予定日の1週間前で、その4日後には開腹!ストレッチャー

 

「帝王切開なんて絶対ヤダ~Queenlyお腹切るとか絶対痛いや~ん泣

と言って、夫を困らせたりしましたが・・・テヘ

超難産になると赤ちゃんに障害が出ることもあるとか、帝王切開だと赤ちゃんは楽チンに生まれてこれるとかいうのを見て、赤ちゃんが楽チンならまっいいか~♪2と思えましたニコ

 

決まってからは、麻酔科医の診察を受けたり採血をしに行ったり、連日病院通いでバタバタDASH!

あっという間に当日を迎え、予定分娩なのに「朝の6時半に病院に来てください。」と、日本ではきっと有り得ないような早い時間を指定され、8時から帝王切開開始でした時計

 

ベルギーでは、帝王切開でも普通に立会い出産が出来ちゃいます顔

 

胸の下の所にカーテンがあって、自分ではお腹は見えないんですが、横に座っている夫は、少し覗きこめば手術の様子が見られるという・・・ビックリ

しかも、「写真撮ってもいいのはてなマーク」と夫が看護師さんに聞いたところ、「もちろんよグー生まれてくるところを撮ってあげましょうか?カメラ」と言ってくれ、看護師さんにデジカメを渡し、夫はiPhoneで撮影iphone

 

あとで見たら、、、

なんと∑!!お腹から赤ちゃんが取り上げられた瞬間、まだへその緒が繋がったままの状態の写真がビックリマークe913

(夫のiPhoneにも、違う角度からの写真がイヒヒ

動画も撮ってくださっていて、目に出来なかった瞬間を見ることが出来て嬉しかったです顔

 

また、こちらでは生まれたばかりの赤ちゃんを産湯には入れません。

血液や羊水などはタオルで拭き取られ、すぐに私の元にやってきましたBABY♀

お腹が縫合されている間、赤ちゃんは私の胸の上に乗せられ、カンガルーケア。

その後、私が処置を受けている間に赤ちゃんは体重や身長を測られ、そして夫も上半身裸になり、カンガルーケア(?)をしたようですにこっ

 

通常、経膣分娩では3泊4日、帝王切開では4泊5日の入院です病院

手術した日は1日動かないように言われたし、実際動けずベッドに寝たきりでしたベッド

でも2日目からは、痛いながらも少し歩いたり、看護師さんに補助されながらシャワーを浴びたり・・・シャワー

 

この補助がまぁ凄くって呆然

頭から大量のソープを掛けられ、それで全身洗えと言われ(全身洗えるヤツですけど・・・)、洗ってる最中にすぐに流され、そしてまだ全然洗い流せてないんじゃ?って状態で終了~はぁ~

しかもその後すぐベッドに連れて行かれて色々と検査。

顔はカピカピ、髪はボサボサ、最悪の状態でしたむう

翌日は「1人でシャワー浴びていいですよね?!o」と、1人でのんびりシャワーを浴びさせてもらいましたほのぼの

 

お蔭様で母子共に問題なく、通常の4泊5日で5月17日に退院することが出来ましたcandy☆

やっぱお家はいいですね~ラブラブ

 

退院日の前日は祝日で、友人達や友人家族、夫の同僚もわざわざ病室にお祝いに来てくれて、しかも全員が同じ時間帯で、みんなでワイワイとっても楽しく過ごせましたあはは

ベルギーに親・兄弟・親戚、誰も居ませんが、友人達が来てくれて、ほんとに嬉しかったな~ポッ*

 

私達は、普通にお喋りしたりお菓子を食べたり、楽しく過ごして終わりましたが、なんとベルギーでは、病室でみんなでシャンパンを飲んでお祝いしたり、パーティーしたりもするらしいです驚き

退院する時にチラッと見えた病室では、バルーンなどで飾り付けがされていて、パパさん達がフードプロセッサーやら食材やらを運び込んでました!!

凄いな・・・パワフルだな・・・・・。

てか、病室で・・・許されるんだな・・・・・。

 

病室はトイレ・シャワー付きの個室にしていたので、ずっと夫も一緒に泊まってくれてましたsao☆

ベルギーでは、パパも10日間の産休を取ることが出来ますグー

退院してからも1週間ほど家に居てくれたし、こちらではパパも育児をするのが当たり前哺乳瓶

多くのパパが、ママと一緒に病院でオムツ替えやお風呂の入れ方を教わって、どちらかというと出産で疲れたママはそれを見守り、パパがやってくれるんですうっとり

こういうの、いいですよね~合格

 

夫も「ちゃんと四六時中お世話をする体験をしないと、ほんとのママのしんどさなんて聞いてるだけでは分からんよなビックリマーク」って言ってましたそうだ!

しんどさが分かるからこそ『2人で子育てする』っていう意識になるし、それが出来る環境が整っていて、そこは日本より素敵なところだな~と思いますドキドキ

 

日本では、パパがちょっと育児を手伝っただけでも「イクメン」とか呼ばれてますもんね汗

一緒に子育てしたくてもなかなか出来ない環境なのが大いに問題だと思いますが。。。

 

今は夫の休みも終わり、1人で四苦八苦しながらも頑張ってますグー

結構グズるようになってきて、私がご飯を一口食べたところで泣き出して、そこからオムツ→ミルク→腕の中で寝る→置いたら泣く→オムツ→ミルク→腕の中で・・・を何回も繰り返し、数時間ご飯が食べられなかったりと大変なことも多いですが、顔を見てるだけで癒されますね~きゃー

ほんと可愛いうふふふ

生まれた瞬間から、ちゃんと親バカ発動しました笑+゜

 



ポチッとしていただけたらめちゃくちゃ嬉しいです☆

  

510日、私達は2回目の結婚記念日を迎えましたハート

 

去年、初めての結婚記念日には、サプライズでパリに連れて行ってもらい、1泊して三ツ星レストランの「アストランス」で食事するという、とっても素敵な記念日を過ごしました笑

矢印☆☆☆アストランス(Astrance)~結婚一周年記念に~

 

さて、今年はどうしようかはてなマークと、数ヶ月前に考えてくれたようですが・・・

出産予定日が516あせる

さすがに直前すぎて、どんな状況か分からないし、、、

今年はお家でディナーにしようか~って話に落ち着きましたナイフとフォーク

 

でも当日の510日(火)は仕事だし、前日の9日(月)だね音譜まだ生まれそうにないしかおなんて言ってたら、

9日は午前中にホームドクターの所で採血等の検査、その後買い物などの用事を済ませ、夕方夫は健康診断に行くことになり、その上、夜には産婦人科に行かなくてはいけなくなり・・・汗

1日かけて病院巡りをすることになってしまいましたQueenly

 

え~っ汗じゃあ8日(日)の夜かな。。。

もう、しばらくは2人でゆっくり食事も難しくなるのに・・・ウダウダになっちゃったな~なんて思ってたら、、、

 

土曜日の昼間、仕事中の夫からLINEひらめき電球

「明日、L'Air du Tempsに行くよ~ビックリマーク」ってあはは

 

L'Air du Tempsは、過去に何度か書きましたが、夫が数ヶ月前までスーシェフをしていた二ツ星レストラン☆☆

(今は、L'Air du Temps2号店、コンセプトを変えてビストロのお店としてオープンしたレストランでシェフをしています調理

 

出産前に、2人で高級レストランでの食べ納めラブラブ

嬉しい~顔

 

ようやく春になったな~と思った瞬間、すっかり夏のようになったベルギー晴れ

この日もとっても良いお天気で、食前のアペリティフとアミューズブーシュ、食後のコーヒーは、テラスでいただきましたトロピカルカクテル

気持ち良かった~キャー

 

 

こちらは毎回出てくる、パリパリのパン。

ちょっとお煎餅ちっくで美味しいグー

 

お酒は飲めないので、ジュースでアペリティフを作ってくれましたカクテル

苺ベースでさっぱりいちご

こんな暑い日にはピッタリにこっ

 

アミューズブーシュは6品。

 

海っぽい風味がするサクサクの葉っぱ。

 

豚足を乗せたチップス。

 

鳥の巣。

巣はジャガイモ、卵は牛肉のタルタルをカカオバターでコーティングした物でした。

(私は今生肉が食べられないので、出汁のきいたおにぎりのような物でした。)

 

えんどう豆の一皿。

 

牡蠣の風味がする葉っぱの下に、牡蠣のエキスとキウイのソレロ(小さい粒々シャーベット)。

 

うなぎの香草ソースがけ。

 

ここからはレストラン内に移動して、デザートまで楽しみますペロ

 

パンには有塩バターと塩、そしてポン酢バターが付いてきますよポイント

 

コース1品目は、春らしくホワイトアスパラガスから始まりました黄色い花

ホワイトアスパラの定番料理、アスペルジュフラマンドをオシャレにアレンジ♪2

ミモザ風の玉子とタピオカの上に、ホワイトアスパラのエキスで作った温泉卵(?)が乗った一品。

 

お次はグリーンアスパラガス!

グリーンアスパラと梨にビオレットのソース。

 

数種の野菜とクリームチーズに、発酵野菜のバターソースとロケットのオイル。

 

そしてここで、キッチンに案内されましたDASH!

最近、お客様をキッチンに案内し、調理している姿を見てもらいながら1品召し上がっていただくというサービスを始めたみたいですイヒヒ

 

 

私達は、このお料理のタイミングでした矢印

ジャガイモの中にポン酢バター、ニシンとイベリコ豚の生ハムのクランブルとジャガイモのブイヨン。

 

テーブルに戻り、お次に登場したのは、、、

ポロ葱にフォアグラとブロッコリーのムースとお花を乗せて、カルダモンのソースと共に。

私、実は葱が食べられないんですが、これはとっても美味しくいただけてビックリビックリマーク

 

こちらの飲み物も1品として。

生姜と抹茶とシャルトルーフのドリンク。

 

そしてメインは、鴨肉と赤キャベツ。

 

さて、この後はデザートがやって来るんですが・・・

 

今回は結婚記念日ということで、テーブルにデザートを盛り付けるというパフォーマンス付きでしたらぶ1

 

5種のデザートを盛り付けた後、液体窒素にコーヒーを注いで、スモークと香りを発生顔

スモークだけじゃなく、ふわっとコーヒーの香りも発生させるなんて!!!!!

シャレ~きゃー

 

デザートは左から、アガスタッシュのソルベ・西洋ゴボウのキャラメリゼ・パッションメレンゲタルト・シコンのコーヒーシロップ漬け・ガナッシュと抹茶メレンゲでした。

 

最後はまたテラスに移動して、コーヒーとプティフルをいただきましたコーヒー

今回のプティフルは、数種類のボンボン。

 

種類にもよりますが、ほとんどが棒付きのチョコの中に液体が入ってる感じチュッパチャップス

10種類位の中から好きなのを選ぶと、袋に入れてくれました。

コーヒーと一緒にいただき、余ればそのまま持って帰られるので、良いアイデアだな~と思いましたそうだ!

 

ランチといっても、たっぷり45時間かけて、ディナーと同じメニューをいただけますにこにこ

今まではディナーに行くことが多かったけど、いつも食べ終わるのが12時近くで、遅くに帰ってお腹パンパンのまま寝るというパターンなので、意外とランチの方がいいかも~うっとり・・・

 

L'Air du Tempsはさすが二ツ星だけあって、安定の美味しさですグー

2回目の結婚記念日も、夫のお蔭で素敵な食事を楽しめましたキラキラ

感謝candy☆

 

もうすぐ家族も増えて、未知の世界ですが、これからも仲良くやっていきたいと思いますsao☆

 

 

【L'Air du Temps】

http://airdutemps.be/

 



ポチッとしていただけたらめちゃくちゃ嬉しいです☆

  

日曜日、1年のうち春に3週間だけ公開されるラーケン王宮の温室庭園に行ってきましたビックリマーク

 

いや、行こうとしました・・・汗

 

少し前までは、春っぽくなってきたな~なんて思ってたのに、最近また寒い日が続いているベルギー。。。

もう4月も下旬なのにこの日はめちゃくちゃ寒くて、車を止めて歩いていたら、凄い勢いでアラレが降ってきたガーン激寒!

 

入口まで行くと、信じられないくらい長蛇の列・・・あせる

「今日はもうここまでだよ~」と断られ、結局入れませんでしたみほち

 

そのまま帰るのも悔しいし、晴れてもきたので、すぐ近くにあるアトミウムへ行くことに音譜

 

アトミウムはブリュッセルのシンボル的存在で、1958年のブリュッセル万博の際に造られた巨大モニュメントひらめき電球

 

大阪万博の太陽の塔的な感じ?太陽の塔

 

さっきのアラレが嘘のようなお天気になりました晴れ

 

高さは103mあり、球体の中は展望台やレストランや展示室になっていて、球体から球体へはエレベーターやエスカレーター、階段で移動できるようになってますDASH!

 

入場料は、アトミウムだけだと大人1人12ユーロ。

ラーケン王宮の温室庭園は2.5ユーロなので、高くついてしまいましたが、、、

結果的に、出産前に行けて良かったです笑

階段での移動があるため、ベビーカーでは行けないのでhugmeピンク

 

チケットを買ったらセキュリティーチェックを受け、まずはエレベーターで一気に一番上の球体にある展望台へ上

 

展望台からの眺め~顔

Salon du Chocolatなど様々な催し物が行われるブリュッセルEXPOも、すぐ近くにあります。

こちらは、1935年のブリュッセル万博の際に建設されたんだとかビックリマーク

 

隣にあるミニヨーロッパも見えました凱旋門

ここも、行ったことないから行ってみたいなうっとり・・・

子供が歩けるようになったら行ってみたいスポットの一つですイヒヒ(←気が早い笑+゜

 

緑もいっぱい新緑

 

展望台の上の階には、レストランがありましたナイフとフォーク

 

展望台をグルッと一周したら、乗ってきたエレベーターで一旦1階へ戻り、そこからエスカレーターで上がって、途中の球体を巡る感じでした行く

全ての球体には行けないんですが、幾つかの球体が展示室になっています。

 

時代を感じる写真笑

 

でも、この建築物が58年も前に造られたなんて、驚きですっ!!

当時はアルミニウム板に覆われていたようですが、劣化したためステンレス鋼板に張り替える大工事が約2年に渡って行われ、2006年に再オープンしたんだとか顔

 

おっ∑!!日の丸発見日本

 

 

昔のカメラとか、カッコイイなぁ~キラキラ

 

 

エスカレーターは、まるで遊園地の乗り物に乗ってるようでしたきゃー

SFチックロケット

 

 

結構長い階段・・・顔

全部エスカレーターが良かったけど、ちょっと宇宙船っぽくて、普通の階段よりテンション上がったのは事実ニコ

 

このアトミウム、鉄(Fe)の結晶構造(体心立方格子構造)を1650億倍に拡大したものなんだそうですポイント

さっぱり分かりませんが、原子とかそういうアレですねそうだ!

 

アトミウムは私にとって、ふと車から見えるとテンションが上がる存在にこにこ

正直中は何度も行きたい感じではなかったですが、一度ちゃんと行ってみたかったので、大満足でした~ラブラブ

 

 

【Atomium】

http://atomium.be/

 



ポチッとしていただけたらめちゃくちゃ嬉しいです☆