from 北の大地のワイン好き ~ 道産”食と酒”のサポーター

from 北の大地のワイン好き ~ 道産”食と酒”のサポーター

自称「道産”食と酒”のサポーター」が独学で合格したJSAワインエキスパート、十勝ワインバイザー、北海道フードマイスターや、ワイン検定シルバークラス認定講師としての話題も上げれたら良いなと思ってます。コンセプトは「そのお金でもっと良いお酒買って呑む。」

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
●2019 J.S.A.ワイン検定


ワイン検定 シルバークラス

北の大地のワイン好き主催 ワイン会 開催




 ●PROFILE & WORK REQUEST

最近、色々と仕事の依頼を頂ける様になりました。
筆者プロフィールと仕事の依頼は上記を参照下さい。

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

←よろしければ応援お願いします。
 
北海道の最新ワイン事情が特集されたワイナート最新号

 

image

この手のワイン雑誌は、興味のあるテーマが特集されている時に購入するといった具合なんですが、今回のワイナートはズバリ「北海道」が特集されていました。日本ワイン、北海道のワインに興味を持っている方には必携の一冊かもしれません。

 

仁木余市エリアや空知エリアではなく、函館エリアに着目して農楽蔵やドメーヌ・ド・モンティーユに取材した記事に始まり、就農したばかりの生産や、これから・・・という方にも精力的に取材しており、北海道のワイン生産の可能性を掘り下げる内容となっています。

 

 

 

image

ほぼほぼ最新のワイナリー一覧もありました。資料的にも便利かも。

また、ブドウ品種に関する話もあり、最近北海道ワインさんで導入が進んでいるアコロン種の話も少しだけ乗っていました。

 

有名所の生産者には一通り取材して歩いたみたいですね。

知ってる人達の写真が沢山乗ってます(笑)

 

 

 

image

日本ワインコンクールの記事も。

最近のこのテの雑誌も、日本ワインに関する記事を入れると明らかに売り上げが伸びるのでしょうね。

今後注目の品種や受賞したワイナリーの記事など、読み応えもあります。また、別記事で菊鹿ワイナリーや、エーデルワインの記事も掲載されていました。

 

年末に向けて、読みたい本や雑誌を大量購入してしまい、更に私事ですが、ちょっとした資格を1つ受験しようと準備中です。机の横に本が山積み状態なんですが・・・ワイナートだけは最初に読み切りました(笑)

 

 

 

 

↓1日1クリックの応援、お願いします。