ゴールデンウィークの予定は決まりましたか?

以前、私が行うと話していたワークショップですが、告知がすっかり遅くなり申し訳ありません。


日本人は、ここ数年で嗅覚が落ちたと言われています。そこで考えたのが、このワークショップ。


生花とドライの花は、香りがどのように異なるのか。また、野菜や果物から絵の具が作れるという発見。発見は、興味を引き出します。


そんな事を内容に含んだワークショップ。


是非、親子で楽しみましょう。


場所は、恵比寿ガーデンプレイスの中心にある広場です。


日時は、4月27日〜30日。

1日2回10組限定で、

時間は、12時半と15時半です。


私のワークショップ担当日時は、30日になります。

他の日は、私の後輩が行なってくれます。


お天気も良いみたいなので、是非遊びに来てください。


#0歳 #保育士 #子ども #子育て #親バカ部 #親バカ #育児 #ママ #ママカメラ #ママコーデ #ママモデル #hanakomama#ママガール #ママ友募集中  #幼稚園 #ママリ #mamalife #ママファッション#保育園#男性保育士#ワーママ#保活#保育士あるある #hanako#パパ#育児あるある#慣らし保育#ワークショップ#五感




選挙に行きましたか?

テーマ:

最後のお手伝いに行ってきました。


田中さんの一生懸命な姿。


人を思う気持ち。


何かを変えるには、皆んなの意見を聞いて、大きな場所へ訴えたり、動かす力を持つ人は必要。


どの社会でもそれってありますよね。


私は、田中さんはそんな人なんだと思います。


ある冬のこと。


保育士さんの集いで、田中さんと知り合いました。


田中さんは、保育士さんが悩み苦しんでいることを一生懸命聞いてくださり、メモをし、


『保育の世界を変えよう!』


と話してくれました。


私は、とは言いながらも、無理だろうな。


議員さんに何かを訴えても変わらないだろう。


そう考えていました。


しかし、田中さんは違いました。


保育の現場にICTの導入。


潜在保育士が、不安なく働けるように公立の保育園で非正規雇用で雇い、無理なく現場復帰できるようなプログラムを提案しました。


また、渋谷区の小学校にタブレットの配布、電子黒板を設置。


これで助かった人はどのくらい居るでしょうか?


渋谷区の学生がフィンランドへ学校交流へ行った際に、帰国して開口一番が、


『フィンランドも渋谷と同じような、タブレット教育だった。』


と話してくれたそうです。


これが、タブレット授業を行なっていなかったとしたら、子どもは、世界との差にがっかりしたでしょう。


日本は遅れてるな。と思ったかもしれません。


しかし、田中さんの政策が子どもたちの思いを救ったのです。


子どもには、学ぶ権利があります。


その学びを、ありきたりな重い教科書を使っただけの授業で伸びますか?


学ぶ権利をしっかり守り抜いた田中さん。


本当に素晴らしいと思います。


手書きの書類で。毎日残業で苦しむ保育士さん。


私の周りでも、ICT導入で時間が確保され、ライフスタイルが変わったと話す人が増えました。


保育士の離職率を低くしているのも、田中さんのおかげではないか?と思います。


4年の任期の間に、こんなにも変えられた人は、いるでしょうか。


最終日、ご飯も食べずに、


『最後まで挨拶をしたい。』


と、笹塚の駅で寒い中、挨拶をしている姿。


私が、疲れたーと思う時も。


お腹すいたーと食事をする時も。


田中さんは、地域の方々と最後まで関わりたい!と駅に立って、頑張っていました。


当選したいから当たり前?


いや、田中さんが当選しなければ、より良い渋谷区にならないですから。


皆さんの為に当選したいんです。


苦しんだり、悲しんだり、辛かったり…


そんな方々を救いたい一心で頑張っています。


私は、議員さんに対しての思いが、この7日間で変わりました。


『誰かを思う大切さ。』


田中さんから学びました。


田中さん、本当にありがとうございました。




選挙ボランティア活動をしています。


先日は、並木橋でのリーフレット配りからのスタートでした。


田中さんが所属しているシブヤを笑顔にする会の方々と区長のスピーチ。


渋谷の今後を考えながら話されている皆さんのスピーチに聴き入ってしまいました。


その後は、街宣のお手伝い。


更に、事務所で宛名書き。


そして、田中さんと一緒に、笹塚から代々木上原の商店街へと行き、握手をしながらリーフレット配り。


人を笑顔にするのって難しいことですが、一人ひとりに寄り添い、握手をして笑顔を引き出す。


選挙カーに乗って、手を振るだけではなく、実際に街を歩きながら地域と触れ合うことの大切さを学びました。


田中さん直々に、保育の取り組みや、子育て広場の意義などを歩きながら説明していただけたことに感動。


保育の現場で、仕事が終わらず苦しんでいる人が多い中、現場がどうしたら円滑に運営されるのか。


田中さんが提案し、可決されICTが導入された背景。


保育士が導入によって、仕事が円滑になるという事は、子どもたちにもいい作用をもたらします。


子どもが笑顔なら、保護者の方も安心ですよね。


その、安心づくりの土台を作ってくださった田中さんには、本当に感謝しかありません。


朝、8時から22時近くまでご一緒させていただき、今後どのような政策を実施していきたいかなどもお話ししてくださいました。


オフィスを出て、


『ゆっくり休んでくださいね。』


そう、声をかけると、


『いや、いくところがあるんで!河西さんもゆっくり休んでくださいね。』


そうおっしゃり、駅の方へ去って行きました。


『夜もどなたかと会うんですかね?』と秘書の方に伺ったら、なんと…


終電まで、駅に立って働いて疲れて帰ってくる方のお見送りを1人で行なっているそうです。


そのお話を聞いて、言葉が出ませんでした。


誰かを思う事は簡単ですが、行動に移す人はなかなかいません。


朝から沢山の方々と触れあい、神経も使い、私でさえ疲労困憊なのに、ご自身の信念で、有言実行する姿。


人として、田中たくみという人は、『尊敬』しかできないなぁ…と改めて感じました。


田中さん、秘書の高橋さん、そして皆さま、本当にありがとうございました。






#渋谷#渋谷区#シブヤを笑顔にする会#選挙#保育士 #子ども #子育て #親バカ部 #親バカ #育児 #ママ #ママカメラ #ママコーデ #ママモデル #hanakomama#ママガール #幼稚園 #ママリ #mamalife #保育園#男性保育士#ワーママ#保活#未来#LGBT#障がい#選挙に行こう #長谷部健 さん#笹塚#幡ヶ谷