こんばんは。

桜が咲き始め、本格的に春が到来しました。

花粉症など大丈夫ですか??

私は、マスクが必須です。

さて、桜が咲いたら新しい年度の始まり。

お子様たちも、保育園へ入園。


となると、不安なのは慣らし保育。

慣らし保育は、どのくらいの期間?

どんなことするの?

と悩むママたちの為に、hanakoママを更新しました。

是非、ご覧ください。




Sevenly.〔セブンリードット〕by Sevenlyseven さんが、ISETAN新宿の6階でPopupを出しているということで、お邪魔してきました。


いつ来ても、欲しいものだらけで迷うのですが、今回は、お目当てのbangleを。


金属のアレルギーが酷く、特に症状が出やすいsilverは、私としたら大敵で、つけたくてもつけられない。そんな風に思っていました。


しかし、99.9で作られたsilverは、本当に症状が出ない。

これは、不思議なんですが、イヤーカフを耳につけると、半日で赤黒く肌が変色してしまったのに、ここのsilverは、1日つけていても大丈夫なんです。




そして、design。


男女問わずつけられる。


かっこよかったり。


可愛かったり。


『今日、これ貸してよ。』


そんなやりとりが、出来そうです。


careも充実していて、黒くなったsilverも、職人さんが、新品のように磨いてくれたり、硬くなったsilverを叩いて柔らかくしてくださったり…。


ああ、accessoryを長く愛するって、こういう事なんだろうなぁ…と感じました。


確かに、私自身も母から譲り受けたaccessoryは多く、今でもrepairを繰り返し現役です。


私も、この財産を誰かに譲る時が来るのかな。


いや、最後の最後まで、お気に入りのこの子達と一緒にいたいなー。と感じました。


bangleがとにかく、タイプすぎて、昨日はずっと眺めていたというw




そんな不思議な力を持つ、 Sevenly.〔セブンリードット〕by Sevenlyseven のaccessoryです。


実店舗を持たないので、見たり購入したりするのは、期間が限られてしまいます。


今回は、月曜日まで伊勢丹の6階で。


4月は、福岡に期間限定ショップがオープンするそうです。



パパが育児に参加しない。

どうしたらいいの?

そんな悩みを最近、ママたちから相談されます。


私は、育児の経験はないので、詳しくはわからないのですが、周りの男性に聞いてみると、実は、参加しない。ではなくて、参加の仕方がわからなかったりします。

その背景には、家事は独り暮らしでこなしていたけど、育児に関する知識は0だから。

『私たちだって、育児経験はない!』と言われますが、女性は、産んだ後の産後の時期に、育児と母性を学びます。

その間、外で働きに出ているのが男性だと、子どもと関わる時間が短く、お互いにとって慣れるまでに時間がかかります。慣れるまで待つ時間があればいいですが、育児や家事とかってスピードが命の部分もあり、余裕がないときは、自分(ママ)がやってしまいがちですよね。すると、パパは、『あー、自分はやらないほうがいいんだ。』と思ってしまうわけです。すると、ママが必然的に、全てやらざる得ない状況になる。

そんな悩みを解決するには、どうしたらいいのか。


そんなヒントを、保育士目線で書かせていただきました。

(実際に、男性保育士でも入りたての頃は、子どもとの接し方がぎこちなく、悩む人が多くいて、慣れるまで、この方法を活用していました。) URL又は、トップのURLより


https://hanakomama.jp/topics/69242/


是非、ご覧ください。