ガラスびん応援部が行く!

霧島酒造ツアー

 

鹿児島から、宮崎入りして

都城にある霧島酒造 本社工場へお邪魔しましたくちびる

 

 

普段なかなかお会いできない

霧島酒造 江夏社長のお話を伺うことができましたキラキラ

 

 

 

 

 

霧島酒造は、創業者 江夏吉助氏により

1916(大正5)年から川東で焼酎造りをスタート

 

品質をときめきに

 

 

まず、我々は農産物加工品業、フードビジネスをしているのだと

地場産業であり、地域創世の立役者であると・・・

 

確かに、この地域のみなさんの功労がなければ

成り立たないんですよね!それを力いっぱい話されて

とても印象的でした!

 

 

 

6年連続NO.1をもらい、使命感しかない

 

霧島山にめぐまれた環境で、地場産業そのもの

原料は南九州100%、2万tのお米、11万4千tの芋

 

仕込み水は霧島裂罅水

 

 

もちろん安心安全

自社生産100%

 

地元の恩恵を受ける霧島酒造なんですねキラキラ

 

 

最初の焼酎名は都島という銘柄だったそう

そこからスタートした霧島酒造キラキラ

 

2016年100周年

2017年はブランド創世元年

 

 

今までを大切に、情緒的なものを造りたい

温故知新

近代的な工場ですが、歴史ももちろん大切に

 

 

560人の従業員

200~250人の季節臨時従業員

会社のみんなを大切にしたいと代表

 

やっぱり、いい会社の代表はみなさんそうですねキラキラ

 

 

 

 

 

そしていざ!霧島酒造 本社工場見学

特別に撮影許可を得て撮影しています!

 

 

焼酎製造工程

仕込みがちょうどはじまっていて

フレコンバックに入っているのは全てお米

 

 

1袋500tのお米

34袋×500=17,000kg/日

 

想像を絶する量!!!

思わず何合と換算しちゃう・・・

 

 

 

洗米し、浸漬、ポンプでタンクへ

 

 

水を吸わせてお米をコンベアで運びながら

蒸気で蒸す→冷やす→種麹をまぶす

 

 

8500kg 2日間温度管理をして繁殖させる

17t 2部屋

 

 

1次発酵

酵母、麹、仕込み水を入れる

温度が上がりすぎないように外から冷たい水でしこむ

 

糖化と発酵させる並行複発酵

温度管理

 

 

デンプン→ブドウ糖

酵母菌がブドウ糖を食べ、アルコールになる

元気な酵母を育てる→強健な酵母

 

 

 

いもチェック、選別

大きい芋カット

 

 

ここだけは人の作業が入るそうですキラキラ

 

 

85t/日

芋を蒸す

 

 

芋も蒸していましたが、お米の場合は固めに蒸す

蒸すから甘くなるんですって!

確かに蒸すとお野菜甘くなりますよね~

 

 

 

2次もろみ 2次原料

 

芋というごはんを食べさせさらに並行複発酵

アルコールを作る

 

 

8日間温度管理

芋焼酎完成キラキラ

 

 

2次原料で、焼酎が変わる

お米なら米焼酎、麦なら麦焼酎に

 

 

丸々15日間かかるという計算にくちびる

2日間 米麹をつくる

5日間 酒母作り

8日間 芋、麦、発酵

 

 

4タンク 4仕込み

 

まちおけタンクから、蒸留器で生蒸気沸騰

もろみは直加熱 沸騰させつづけると

横型タンクで間接冷却し、液体に

 

 

蒸留

原酒60度前後

10℃で止めると、36度ほどになる

2~3ヶ月熟成させる

水で20~25度に調整!

 

 

 

 

瓶詰め工程

 

一升瓶洗浄

キャップ、ラベル、箱詰め

 

 

900mL茶瓶

 

1時間1万本

1番能力が高い

 

 

霧島白、黒、赤、茜の瓶として使用されています!

 

 

 

ガラス瓶を使うことによって

重さ、重厚さ、グレードが高くなる

 

近代化の中で、伝統を大切に

コミュニケーションを!

 

 

杜氏廃止!

個人の癖が入らないよう、自分の求める味に

 

 

1商品1ブレンダーがいらっしゃるそうです

 

 

やっぱりガラスびんって、キレイ

3Rで、とってもエコな素材なんですよ!

 

 

霧島酒造でも再利用は積極的で

焼酎粕、芋くずまでリサイクル

使用された瓶ももちろんリサイクルされるもの

エコな会社なんですね!

 

 

 

 

霧島ファクトリーガーデン

こちらでランチをいただきました

クラフトビールがいただけるのくちびる

 

Simplog

 

そこには霧島酒造の世界が広がっていて

広大な敷地に、いろんな施設があるの

 

 

ガラスびん応援部の参加メンバーでパチリ!

 

Simplog


ブルワリー、ベーカリー、ホール、ミュージアム
グラウンドゴルフ、霧島裂罅水の泉

 

 

 

霧島創業記念館 吉助

 

 

1924(大正13)年に建てられた霧島創業社屋を

移築したもの

 

 


 

霧島焼酎神社もあって

なんだかのんびり

 

こちらは、手水舎

 

 

御利益は 「健康長寿」「商売繁盛」「縁結び」

 

ぜひ立ち寄ってみてくださいね

 

 

 

霧島酒造

霧島ファクトリーガーデン

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る