昨晩から降り出した雨が続く中、久しぶりにパピオビールームへ出掛けました。今日は石黒加須美先生のブルグミュラーの講座です。


ブルグミュラーコンクールが身近にあるせいか、最近その奥深さにとても興味があります。耳に馴染んでいるので当たり前の様に弾いていますが、ショパンに繋がるとお聞きしてハッとする自分がいます。


石黒先生のお話も回を重ねる毎に自分の中に浸透して行くのがわかります。何事も継続だなあと実感する時間です。今日は特にピアノに一番近い席にいたので、石黒先生の指先を食い入る様に眺めました。


作曲家の思いを伝えるとはこういうことを言うんだと、石黒先生のお話をお聞きする度に感じます。今日の内容の1つである“天使の声”の際にはバッハの講座での赤松先生と同じお話をされて、とても感慨深くお聞きしました。


なぜそうしなければいけないかを追求するのなら徹底してという石黒先生のポリシーは、受講する私達に明確な目標を与えてくださいます。それが今の私にとても心地良く響きます。


演奏出来る・演奏して聴かせるということは素晴らしいことだけれど、それが全てではないというお話には思わず頷いている自分がいました。


相手に伝えるにはしっかりとした知識を持ち、その知識を伝える為の語彙や手段やアプローチの仕方を学ぶことがとても大切だと教えて頂きました。今の私が日々痛感していることです。


レッスンが早い時間から始まる為、とんぼ返りする様に帰路に着きました。でも今日のレッスンの間中、お聞きした石黒先生の言葉の色々が蘇って来ていつもより真摯にピアノと向き合った気がします。


残り少なくなった石黒先生のブルグミュラーの講座ですが、最後までしっかりと学ばせて頂きたいと思います。






いつも温かい応援をありがとうございます赤とんぼ
ブログランキングに参加しています。
ここをぽちっと押して頂けると嬉しいですおんぷ

  やじるし やじるし やじるし

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 

音譜チッペンデールの催し物ご案内音譜

 

佐々木邦雄先生ソルフェージュ教室
次回は2018年11月23日(金祝)です。 
詳しくはHPをご覧ください。


音譜HPはこちらから音譜
生徒さんの動画も掲載しています♪
http://iizukashi-piano.com/

 

年少さんとの駆け引き

テーマ:

幼い年少さんの生徒さんは集中が長く続きません。疲れてやって来ると集中できない時すらあります。


気分屋さんでもあります。ママに怒られた後だったり何か気にさわることがあると、途端にむくれて何にもしなくなったりします。


そんな年少さんとの駆け引きを毎回レッスンの中で展開しています。“あと1回だけ聴きたいなあ”“さっきの曲が弾けたならコレは超簡単だよ!”等、あの手この手で先へ進める為の工夫を凝らします。


魔法のお薬が登場することもあります。スタンプやシールが活躍することもよくあります。小さなハートに響く物をレッスン室にしっかりと用意しています。


難攻不落と思われた完璧主義の見え隠れする年少さんが、最近良い感じで砕けて来ています。ひと月毎に少しずつ成長している点がレッスンの中でも見えます。


年少さんでも言い分をしっかり聞いて思うことに沿えば、きちんと色々返してくれるんですね。一方通行になってはいけないなあと思う瞬間です。


頂いたお月謝袋を見て、あと数ヶ月で丸1年になるなあと感慨深くなりました。来たばかりの頃とは雲泥の差なんです。


小さな手でミドルCポジションにパッと用意する姿を見て、ジーンと来たのは私だけではないはずです。“上手いねぇ"”とお姉ちゃん扱いした時にニヤリとするそのお顔が愛しくてたまりません。


 

 

いつも温かい応援をありがとうございます赤とんぼ
ブログランキングに参加しています。
ここをぽちっと押して頂けると嬉しいですおんぷ

  やじるし やじるし やじるし

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 

音譜チッペンデールの催し物ご案内音譜

 

佐々木邦雄先生ソルフェージュ教室
次回は2018年11月23日(金祝)です。 
詳しくはHPをご覧ください。


音譜HPはこちらから音譜
生徒さんの動画も掲載しています♪
http://iizukashi-piano.com/

 

一工夫して

テーマ:

お母様のお仕事の都合で夕方レッスンにやって来る兄弟の弟君の方は、保育園で思い切り遊んだ後だからなのか時々目が虚ろになります。


“起きてる?”と声かけすると“うん”と返事はするものの、かなり怪しい状態です。その上自分の得意ではない所をやるとなるといよいよフラフラしそうになります。


魔法のお薬をお口に入れてあげると復活します。糖分は頭の栄養なんだなとわかる時間です。


それでも、苦手だなという意識のある内容だと口が重くなってしまうんです。音の高低に関する大切な部分なので、スルーするわけにはいかないんですね。


お隣に上がる・飛んで下がるという音の方向性をしっかりと認識することがその先に待っている音符読みに繋がるんです。


今日はやめておこうかなあと思った瞬間、閃いたんですね。コピー用紙を取り出して、2分ほどで問題を手書きしました。ひょっとしてリズムが邪魔をしているんじゃないかなと思って取り払ってみたんです。




上がる・下がる・同じを、アルファベットと書かれた高さを見ながら赤・青・黄色の線で繋ぐんです。テキストから離れての作業だったので、遊び感覚でどんどんやり始めました。

あっという間に終わらせたプリントを見て、“凄いじゃない♫”と褒め称えると、さっきまでの眠そうなお顔はどこかへ行ってイキイキとしたお顔に変わっていました。“できる”を増やすことがやる気と自信を連れて来ます。


教える側も工夫次第だなあと苦笑いしました。自分の教え方に沿ったドリルは、自分で作ってしまえば良いんですね。


今日はザッと書いてしまったので雑でしたが、今度同じ所で立ち止まった生徒さんが出て来た時の為にちょっと綺麗に書き直して使ってみようと思っています。


 

いつも温かい応援をありがとうございます赤とんぼ
ブログランキングに参加しています。
ここをぽちっと押して頂けると嬉しいですおんぷ

  やじるし やじるし やじるし

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 

音譜チッペンデールの催し物ご案内音譜

 

佐々木邦雄先生ソルフェージュ教室
次回は2018年11月23日(金祝)です。 
詳しくはHPをご覧ください。


音譜HPはこちらから音譜
生徒さんの動画も掲載しています♪
http://iizukashi-piano.com/

 

ゆとりのある演奏

テーマ:

敬老の日の今日は、通常レッスンとコンクール組の補講デーでした。初めてコンクールに参加する小学生の生徒さんはまだまだその厳しさを知りません。


目標は予選突破ではなくて自分との戦いなんです。どこまでしっかりと仕上げられるか、その為にお話をきちんと聞くことができるか、そしてイメージトレーニングを頑張ることができるか等の課題があります。


通常のレッスンでは中々こちらの意図が伝わらないことも多く、どうすれば自分で考えられる様になるかなというのがずいぶん前からの課題でした。


お母様からコンクールに参加させたいという意向をお聞きした時、厳しい部分も多々あるけれど一緒に頑張ってみようと思ったのは普通のレッスンに刺激を与えたいという私なりの目標があってのものでした。


ブルグミュラーを弾くお兄ちゃんの方は私好みの音なのですが、自分に自信が持てなくなると途端に演奏全体がしょぼくれて急ぎ足で終わってしまうという脆さを抱えています。


バスティンのテキストの中の曲を弾く弟君の方はミスなく弾けることこそ最高というポリシーがあるので、そこを崩す目的があります。拍子や強弱記号等をしっかりと覚えてもらうことが何より先決なんです。


2人に共通して言える課題は、曲の先にある音を頭に描いてその準備をしながら演奏を進めるというものです。そういうゆとりのある演奏ができればかなりレベルが上がります。


ゆとりのある演奏とそうでない演奏を続けて聴かせた所、後方で聴いてあったお母様が“このゆとりのない演奏があなたの演奏にそっくり!”と笑いながら仰いました。


ゆとりのある演奏までレベルを上げることができれば、今回コンクールに参加する意味が達成されます。まだ訓練する時間は十分あるので、自分の音を聴いて考えながら練習に臨んで欲しいと思います。



 

いつも温かい応援をありがとうございます赤とんぼ
ブログランキングに参加しています。
ここをぽちっと押して頂けると嬉しいですおんぷ

  やじるし やじるし やじるし

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 

音譜チッペンデールの催し物ご案内音譜

 

佐々木邦雄先生ソルフェージュ教室
次回は2018年11月23日(金祝)です。 
詳しくはHPをご覧ください。


音譜HPはこちらから音譜
生徒さんの動画も掲載しています♪
http://iizukashi-piano.com/

 

ずっとこのままではない

テーマ:

昨日の集まりで気になっていたことを色々とご相談させて頂きました。生徒さんの数だけ悩みがあると言っても過言ではありません。


私達はピアノの上達を促すと共に、生徒さんの人生の一部分に関わっているとも言えるお仕事だなと感じることがよくあります。


1対1の密な時間を共有するので、その生徒さんの微妙な変化にも気付くし、気になってお母様にお尋ねすることもあります。又、生徒さんの方からあのね…とお話をしてくれることもあります。


このままじゃ良くないなあ…と感じることも多々あります。それはお母様も同じでご相談を受けたりしますが、早急な対応が必要なことは少なくて、長い目で見てあげなければいけないことが殆どです。


お母様の中にはそれが待てなくて頭ごなしに言葉を発してしまうこともある様で、何とかしてくださいと言われたりもします。でも、それは逆効果なのではないかなと最近思うことが多いんです。


昨日の集まりでも、事例をいくつか挙げてご相談させて頂きました。私が信頼している先生からは、“ずっとこのままではないですよ”という言葉かけが必要だと教えて頂きました。


レッスンの際によく使う“焦らない・慌てない・急がない”が、生徒さん達の心の発達にもとても重要な意味を持つことを教えて頂きました。


“待つ”ことの大切さなんですね。手を出す・手を貸す・口を挟むではなく、静観してみることも必要なんだと改めて実感しました。忍耐と根気が必要ですが、いつかトンネルを抜けるその日まで寄り添って頑張って行きたいと思います。



 

いつも温かい応援をありがとうございます赤とんぼ
ブログランキングに参加しています。
ここをぽちっと押して頂けると嬉しいですおんぷ

  やじるし やじるし やじるし

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 

音譜チッペンデールの催し物ご案内音譜

 

佐々木邦雄先生ソルフェージュ教室
次回は2018年11月23日(金祝)です。 
詳しくはHPをご覧ください。


音譜HPはこちらから音譜
生徒さんの動画も掲載しています♪
http://iizukashi-piano.com/