2018 © Chillout Studio

HIP HOP
いわゆるヒップホップとは、70年代後半ニューヨークで生まれたヒスパニック、ブラックカルチャーの4つの要素である「ラップ」、「DJ」、「グラフィティ」、「ダンス」を総称した呼び名です。

元々は ヒップホップ という踊りのジャンルというものはなく、HIPHOPという括りでいうところの踊りは、ブレイクダンスのことを指していました。
しかし、今ではヒップホップは確立した踊りのジャンルとなっていて、踊られる地域、またダンサーによって、色々なスタイルで踊ります。
みなさんがなんとなくお持ちのイメージとは違い、実際は、ラッパーが、ヒップホップを踊る。ダンサーが壁に落書きをする。DJで、しかもダンサーだ。だというようなことは、ほぼないのです。


STREET DANCE
大きくストリートダンス と呼ぶ場合もありますが、ハウス、アフリカンハウス、ロック、ロッキング、ポップ、ポッピング、アニメーション、ロボットダンス、B-BOY'IN、ブレイキン、ブレイク、オールドスクール、ミドルスクール、ニュースクール、ワック、ソウル、クランプ、ニュージャックスイング、シャッフル、クラブジャズ、CMジャズ 他 本当に様々なジャンルがあります。

現在、歌って踊る系のアーティストが踊る振り付けされた踊りは、ほぼ、ヒップホップダンス、ハウスダンス、ジャズダンス などがミックスされた形 のものです。
(中には、歌い手 本人がダンス経験が長い人で、コンテンポラリーダンス、モダンダンス、バレエなどを混ぜて踊る人もいます。菅原小春さんや三浦大知さんなどは、ジャンルはコレ と言えない独自の踊り方ですね。)


JAZZ DANCE
一方、アフリカンアメリカンに踊られたアフロキューバンダンス等を元に、アフリカンダンスの要素、クラシックバレエの要素などを取り入れ、100年ほどをかけて発展してきたのが、ジャズダンスです。
ジャズダンスは、元々、ブロードウェイなどのステージ向けの踊りなので、繊細なボディコントロールが必要で、モダンダンスのテクニックなどを加える場合もあり、その流派、講師などにもよりますが、あらゆる方法を用いて基礎トレーニングをおこないます。

ジャズダンスは使用できる曲の幅も広く、様々なダンスを取り込み、自由に感情表現ができるのも魅力で、クラブ系のジャズダンスもあります。
ヒップホップとジャズダンスをミックスさせたスタイルが、ここ10年来ほどは主流となっているジャズヒップホップ(ヒップホップジャズ)です。


FREE STYLE
ダンスクラスで、フリースタイルとつく場合には各ダンサーの得意ジャンルをベースとし、最新の動きも取り入れ、今風のダンスを踊ります。


Chillout Studio 各クラスでは参加者のレベルに応じ、基礎から簡単な振付をレッスンしています。生徒さんは、60代の方まで幅広くお越しです。

2018 © Chillout Studio









大阪 ストリートダンス ヒップホップ バーレスクジャズ ジャズダンス MVダンス 大人の初心者対象のスクールで始めよう チルアウトスタジオ