札幌でぎっくり腰、肩こり、骨盤矯正、猫背矯正、交通事故対応・交通事故相談はお任せください

札幌でぎっくり腰、肩こり、骨盤矯正、猫背矯正、交通事故対応・交通事故相談はお任せください

札幌でぎっくり腰などの腰痛、腰痛の原因の骨盤矯正、肩こり、肩こりの原因の肩こり矯正、突然の交通事故対応、慰謝料や後遺症の相談はお任せください。

札幌で交通事故腰痛でお困りでしたらそうえん北七条通り整骨院までご連絡お願い致します。
NEW !
テーマ:

当整骨院のホームページはこちらから

https://souen-seikotu.com/

 

 

ぎっくり腰とストレッチについてはこの別ブログで書いたことがあります。当整骨院のHP内ブログです。

腰痛の対処としてのストレッチはどうなのでしょうか?はたして腰痛が無くなるのでしょうか?

札幌・札幌・中央区で腰痛でお悩みの方はそうえん北七条通り整骨院までご相談ください。
腰痛の予防や改善案としてストレッチを病院や整骨院などで勧められた方は非常に多いと思います。

結論から申し上げるとやってもよいがストレッチをしたからといって腰痛が無くなることはありません。

ずばり、体の使い方!これが大事です。腰椎に負担のかからないように体を使う練習をする方が圧倒的に効果的です。
ストレッチが無意味だと言っているわけではありません。ストレッチの効果はあると思います。
まず、硬くなった筋肉が柔らかくなりリラックスすることにより体の血液循環がよくなります。
血流改善により痛みや不快感を与えている物質が流されてろ過されるので不快感などが解消されます。
こういった良いこともありますのでやり方を間違えない限りは大いにストレッチをして頂ければと思います。
基本的には静的なストレッチをされる方が多いと思います。
その場合は筋肉が伸ばされた状態《伸びている個所が痛き持ちいい程度》で30~40秒間静止するのが一般的です。これは筋肉の伸張反射という現象でストレッチ時間が短いと逆に筋肉が硬くなりことがあります。長すぎてもいけません。長すぎるとオーバーストレッチになり筋肉が痛んでしまいます。
テレビや雑誌などでは色々な先生が10秒程度がいいとか、1分以上ストレッチしないといけないなど様々な意見が話されています。
ストレッチの歴史が浅いのでまだやり方など不確定なこともありますが、現在一番多い意見が30~40秒ですのでこの時間に合わせたやり方がよいと思います。
腰痛でストレッチんぶの仕方や腰の使い方が知りたい方は当院までご連絡お願いします。

NEW !
テーマ:

当整骨院のHPはこちらから。

https://souen-seikotu.com/

 

この文章はHP内のブログにも書いております。

 

札幌市・札幌市中央区で肩こりの整骨院・整体院をお探しの方はそうえん北七条通り整骨院にお問い合わせください。

整骨院や治療院、整体院は家の近さで選んではいけません。

肩こりの施術経験と知識が豊富にあるかどうかです。

あまり肩こりが得意でない整骨院や治療院、整体院に行くとがっかりして後悔してしまうかもしれません。

 

 

本題ですが

雑誌やテレビで肩こりの方にストレッチを教えているのをよく見かけますが

そこでストレッチしている筋肉は首~肩にかけてまさしくこっている筋肉をストレッチしています。

 

それって本当に意味があるのでしょうか?

 

肩こりのメカニズムから順に説明していきます。そうするとそれが無意味であり、よけいにひどくなるかもしれないことに気がつきはずです。

 

まず、肩がこるのは肩甲骨が外側や下側に移動しているのでそれ以上そっちに行かないように首の方向に引っ張っている筋肉が疲れ果ててこっているので。

 

そしてその筋肉は肩甲骨が外側かつ下側に移動しているのでずっと伸ばされていることになります。つまりずっとストレッチされているということなのです。

 

そんなずっとストレッチされている筋肉をこれ以上伸ばしてどうなるのでしょうか?

意味はありませんよね。逆に伸びすぎて力が入らなくなっちゃいます!

 

肩甲骨が外側かつ下側に移動しているのは体の前側(胸の筋肉や肩甲骨外側の筋肉)が縮んでいるのでそちらに引っ張っています。

つまり肩甲骨を外側かつ下側に縮こまって引っ張ている筋肉をストレッチで伸ばしてあげて肩甲骨を反対側から引っ張て凝り固まっている筋肉の負担を減らしてあげる!

これが非常に大事な考え方になります。

もう一度おさらいすると、肩こりになっている筋肉をストレッチするのではなく、体の前側の筋肉をストレッチで伸ばす!

これが基本になります。

ストレッチポールなどが簡単で便利かもしれません


テーマ:

当院のHPはこちらから

https://souen-seikotu.com/

 

肩こりとは肩甲骨を吊っている筋肉が疲労して老廃物が流れずに硬くなっている状態のことをいいます。

肩こり3筋と有名な筋肉がありますが

首から肩甲骨、胸の骨から肩甲骨と肩甲骨が下に落ちていかないように常に支えている筋肉になります。

 

猫背や巻き肩の方は肩甲骨が外側へ移動して胸の骨が丸くなっています。

 

姿勢を良くするには、体を反らさなくても肩甲骨を内側【背骨の方に】に寄せてあげるだけで自然と背骨はシャキッと真っすぐになります。

つまり肩甲骨を内側【背骨より】に引いてあげるだけで上半身の姿勢はかなりよくなります。

 

しかし人間の体は単独では動かないので肩甲骨を内側に引いてあげるには次のような動作が必要です。

肩甲骨を内に寄せるには

肩甲骨とつながっている鎖骨も後ろに移動しないといけません。

鎖骨が動かずに肩甲骨だけ動くことは脱臼しないかぎりありません

鎖骨が動くには胸の前側にある骨との連結がよくないといけません。

胸骨という骨がグッと上にあがって鎖骨との関節がかみ合う必要があります。

胸骨がグッと上に上がるには肋骨【下位胸郭】が左右に開かないといけません。

胸骨の周りは肋骨が沢山ついていますので、肋骨が動かないと胸骨は動かない仕組みになっています。

つまり肩甲骨を内側に寄せるには上半身全てが動いて肋骨・胸骨・鎖骨・肩甲骨のすべてが正しい位置に収まる必要があります。

 

正しい姿勢がとれない、正しい姿勢でいると疲れてしまう方はその原因を解消しなくてはなりません。

肩甲骨を内側に引きたくても

肩甲骨が肋骨との間でへばりついていると肩甲骨が動きません。

鎖骨も鎖骨の上の皮膚とへばりついていると鎖骨が動きにくくなります。

そのように筋肉や骨と皮は長年の圧迫による癒着で大変動きにくくなっております。

正しくない位置で癒着がおこると歪みになります。

 

当整骨院では根本的な原因を解決する筋膜リリースの手技を使って歪みの矯正を行います。

 

 


テーマ:

こんにちは。当整骨院では超音波治療器を使用して施術しております。

 

超音波治療器では機械的振動を利用した超音波エネルギーで

音圧作用と温熱作用を体に与えます。

わかりやすく言いますと、すごい温熱効果とすごいミクロマッサージ効果があります。

どれくらい凄いかといいますと、

お風呂とか温泉などは体の皮膚表面が温まっているにすぎませんが、超音波治療器ですと体の中、皮膚下5~6cmまで【設定によっては皮膚下9cm】直接温めることができます。

また指では決して届かない体の奥深くをマッサージすることが可能です。

 

超音波治療器により体内が2~4度温まることにより

痛みの軽減

筋肉の緊張の緩和

関節などの腫れの軽減

関節可動域の改善

などの効果が期待できます。

 

腰の筋肉が張っている方

腰や骨盤の関節が炎症を起こして痛みが出ている方

肩こりで筋肉が凝っている方

に使用するととても効果的です。

 

ぎっくり腰のように炎症反応が強すぎる場合に超音波治療器の出力を最大にして使用すると過剰炎症反応が起こり痛みが増してしまう場合があります。

そのような場合は温熱作用の出力を10%程度に下げて使用することによりより早く治癒に向かうようにしていきます。

 

当院のHPはこちらから

https://souen-seikotu.com/

 

 

当院で使用している超音波治療器はEU-910と呼ばれる機器で

超音波治療器世界トップシェアを誇り、オリンピック選手やプロ野球選手、Jリーグのサッカー選手をはじめ日本代表など数々のアスリートが使用している「伊藤超短波株式会社」製の信頼度の高い治療器です。

 


テーマ:

 

 

患者様から札幌整体ネットに口コミを書いて頂いたのでブログでもご紹介いたします。

女性の働くママさんからです。

 

『久しぶりのぎっくり腰で、インターネットで探して予約の電話をしました。

初診で腰のどこを痛めているのか?

どういう治療をするのか?

治療回数と費用の見込みなどを

わかりやすく丁寧な説明に安心しました。

働くママにとっては、仕事終わりに余裕で通える診療時間と

予約すると待ち時間がない体制が本当にありがたく

しかも仕事中に電話に立つ必要がなく

LINEで予約の変更を受けてくれるので

しっかり治るまで通いやすいのです。

 

通たびに腰が軽くなるのがわかりましたし

筋膜リリースで体が整っていくのを楽しみながら

通い来きることができました。』

 

口コミ有難うございました。

☆当整骨院は

ギックリ腰・骨盤矯正【美容目的は行っておりません】を専門に施術している整骨院です。

カウンセリングと徒手検査で

①どこをどう痛めているのか?

②そこを痛めている原因はなんなのか?

③その症状が当院で対応可能かどうか?

④施術内容の説明

⑤施術に係る回数と費用を

詳しく説明してから施術にはいります。

 

ギックリ腰とは急に痛めたことをギックリ腰といいます。

痛めた個所や損傷の程度を指す言葉ではありませんので

ギックリ腰だから早く治るや、遅く治るなどは関係ありません。

ギックリ腰でも筋肉や関節・椎間板などどこを痛めているのかによって

治るスピードや施術回数に違いが出てきます。

 

 

腰のヘルニアがあると一般的に3カ月程度の期間が必要となります。

椎間板という骨と骨のクッション材の芯【髄核】が後ろ側にとびたしたことを腰部椎間板ヘルニアと言います。

後外側に飛び出すと体の中では異物と判断されて

白血球のマクロファージが貪食といって飛び出ている髄核を食べてくれます。

大体、3カ月ほどで80%程度がなくなるといわれていますので手術はしないのが一般的です。

しかし、会陰の神経を圧迫していると神経のマヒが残ってしまうのでその場合は手術の適応になります。

腰の痛みとともにトイレに行く間隔が長くなったなどがあるとすぐに脊椎専門の整形外科を受診する必要があります。

整形外科にも専門性がありますのでこの場合は脊椎(首・胸・腰)の専門病院を受診する必要があります。

両方の足のしびれがあったりすると、髄核が真後ろに飛び出て会陰の神経を圧迫する可能性がありますので、両足のしびれにも注意が必要です。

 

 

当整骨院では椎間板にストレスを与えている姿勢矯正にも力を入れています。

例えば、腰が丸くなっている方は骨と骨の間が狭くなっていますのでその間のクッション材である椎間板が常に圧迫されていることになります。

常に圧迫を受けていると椎間板も擦り切れたような感じになってきてしまいます。

腰が丸くなっていることを専門用語で腰椎後湾・骨盤後傾といいます。

つまり骨盤が体の後ろに引っ張られて丸腰で歪んでいることになります。

骨盤が後ろに傾いているのをただ戻してあげてもすぐに元の状態に戻ってしまいます。

 

それは後ろに傾いている原因を改善せずにただ戻して下ているからです。

後ろに傾ていいる・後ろに引っ張ているのは筋肉になります。

大殿筋や太もも裏の筋肉が固くなっていると骨盤を後ろに引っ張ります。

しかし、固くなっている筋肉をストレッチやマッサージなどでほぐせば改善するわけではありません。

そこで筋肉を短くなった状態で維持している筋膜と皮膚と筋肉間のリリースを行います。

それが筋膜リリースで。徒手的に癒着をはがしリリースが完了すると歪みの根本原因が解消できますので関節の位置は元に戻り矯正が完了します。

当整骨院は筋膜リリースによる姿勢矯正を専門にしておりますので根本原因の解消になります。

 

カウンセリング風景です。

 

料金については詳しくは当院HPをご覧ください。

下記記載内容と異なっている場合があります。

2018年6月時点でで3割負担の方

初回1800円、2回目1200円、3回目800円

となっております。

 

 

当院のHPはこちらから

https://souen-seikotu.com/

 

 

 

当整骨院は平日は9時~13時、15時~20時まで

        土日祝日は9時~15時まで

平日は夜間診療もしております。

 

駐車場は合計5台ご用意しています。

整骨院裏の17番・18番と道路を挟んで斜め向かいの第2駐車場に3台

第2駐車場は黄色のコーンが置いてある箇所に駐車可能です。

 

電話番号:011-616-3789

住所:札幌市中央区北7条西15丁目1番地3 川口ビル1F

 

 

 

 


テーマ:

口コミ

ギックリ腰で近くに整骨院を探していました。

私は最初、驚くほど痛くもがき苦しみましたが、親切に痛みの原因や進行状況の説明をしていただき安心して通っています。

おかげさまで前ほど痛みはでなくなりました。

予約もLINEでできるのでとてもたすかります。

 

 

 

口コミ有難うございました。

当整骨院はぎっくり腰などの腰痛施術を専門にしております。

 

ギックリ腰は急に痛めたことをギックリ腰といいます。

痛めた個所や損傷の程度を指す言葉ではありませんので

ギックリ腰だから早く治るや、遅く治るなどは関係ありません。

ギックリ腰でも筋肉や関節・椎間板などどこを痛めているのかによって

治るスピードや施術回数に違いが出てきます。

 

当整骨院では一般的に筋肉や関節の痛みは治りやすく

椎間板(骨と骨の間のクッション)の痛みは引きにくいと考えています。

筋肉・関節系の痛みですと3回程度で8割ほど軽減することがほとんどです。

もちろん外力の程度により1回で治る方もいらっしゃいますし、5回程施術が必要な場合もあります。

 

腰部のヘルニアなどがあると2~3ヵ月程度治るまでにかかる場合が多いです。

 

ギックリ腰などでお困りの際はご相談ください。

どこを痛めているのか?

どれくらいの期間や回数で治るのか?

根本的な原因は何なのか?

施術に関する方法や費用を詳しくお伝えしてから施術に入ります。

当院で対応が難しい場合は脊椎専門の整形外科病院を紹介しております。

 

当院のHPはこちらから

https://souen-seikotu.com/

 

 

札幌市中央区北七条西15丁目1番地3

駐車場平日5台完備

電話番号:011-616-3789

 

 


テーマ:

GW営業時間のご案内

 

GW期間中は下記営業時間となります。
ご確認の程よろしくお願いいたします。

 

4月28日(土) 9時~15時
4月29日(日) 9時~15時
4月30日(月・祝) 9時~15時
5月1日(火) 9時~13時、15時~20時
5月2日(水) 9時~13時、15時~20時
5月3日(木・祝)9時~15時
5月4日(金・祝)9時~15時
5月5日(土・祝)9時~15時
5月6日(日) 9時~15時

 

当院のHPはこちらから

https://souen-seikotu.com/

 


テーマ:

通院中の患者様から口コミを頂きましたのでご紹介させていただきます。

 

50代女性

 

ギックリ腰になってしまった上に、路上で転倒してしまい、歩くのもやっと・・・という状態でお邪魔しました。

とにかくカウンセリングが素晴らしいです。症状を細かく聞いて下さり、わたしの体がどんな状態であるか、痛みの原因、それに対してどのような施術を行っていくのかわかりやすく丁寧に「やさしく」説明してくれました。

こちらが理解して納得した上で施術をしてもらえるのでとても安心です。

ズバリ!痛みは通院2回目で90%なくなりました。

今は骨盤矯正と猫背矯正をしてもらってます。

友人が困っていたのでおススメしたところ痛みが楽になったよ!スタッフの人が優しかったよ!今後も通うよ!ととても喜んでいました。

 

スタッフの方は皆さん礼儀正しく明るく爽やかでやさしいです。

あと、派手な看板とかがないので出入りしやすいと思います。

とてもよいです。おススメです。

 

【そうえん北七条通り整骨院】

札幌市中央区北7条西15丁目1番地3

TEL:011-616-3789

駐車場は平日4台:整骨院裏の17番・18番と道路を挟んで前側の大きな駐車場内2台分。土日祝日は6台あります。

当院のHPはこちらから

https://souen-seikotu.com/

 


テーマ:

患者様から嬉しい口コミをいただきました。

 

30代女性

 

札幌でギックリ腰になったらここ!

急に痛みがでてきて、こちらに電話したらその日のうちに来院することができました。

鍼灸で痛みはかなり楽になりました。

矯正も合わせて行っていますが、バキボキではなく、え??っていう感じになりますが数回受けているうちに、なんかいい感じです。

札幌駅から一駅だし、駐車場もあるので助かります。

ほとんど待ちませんが待合室も狭すぎないです。

トイレも広めでキレイなので、女性としては嬉しいです。

 

当院のHPはこちらから

https://souen-seikotu.com/


テーマ:

患者様から口コミを頂きましたのでご紹介させていただきます。

 

40代男性

 

ギックリ腰になり歩くこともままならず、伺いました。

どうしても動かなくてはならない予定があり、困っていたのですが。3回程でほとんどの痛みを引かせることができるとのことで、本当に3回で不通に動けるように回復し、とても驚きました。

原因や施術内容も丁寧に説明していただけますので、安心して通えます。

 

2018年3月19日 整体ネット投稿より

 

当院のHPはこちらから

https://souen-seikotu.com/

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス