トプカプ宮殿



オスマン帝国の舞台となった宮殿
15世紀後半、メフメット2世が造営







奴隷として連れてこられた女性たちが
宿泊宿として使っていたお部屋です。

どんな悲しい気持ちで過ごしていたのだろう
捕虜されるのが当たり前の時代でしたからね

宝石や高価な贅沢品を奪い合いながら
とても大切なものを失う時代でした。





      

  この蝋人形めちゃくちゃリアルでした。
毛穴と毛までリアル過ぎて怖かった。



          


オスマン帝国のドラマを観ているので、
室内の様子にとても興味深かったです。






子どもの頃はディズニー映画や漫画の影響で
美しいドレスを着た王女さまに憧れるけど

とても残酷な時代だったんだと痛感してます。


歴史を知れば知るほど…祈る気持ちが強くなります。

戦争や奪い合いがない世の中になりますように….