即席めん

テーマ:
夜勤明けからの今日は休みです。
午前中はリハビリがてらジムへ行き、練習生たちと軽く汗を流してきました。
帰り道、「お昼は何食べようかなあ。あ、即席めんがあったな。あれにしよう」などと考えていましたが、同時に昔のことを思い出しました。

あの頃は一人暮らしで、仕事以外はギャンブルばかりの日々でしたが、給料日まで日があるというのにいつもお金がない。
仕方がないので即席めんを買うのですが、作る時はいつも具なし。
惨めで、情けなくて、それでも毎月同じことの繰り返し。
電気や水道を止められたこともありましたね。
まともな生活ではなかったと改めて思います。

帰宅して冷蔵庫を覗くと小松菜とベーコンを発見したので、炒めてラーメンに載せ、「おっ、我ながらウマい」などと思いながら、じゃれついてくる子猫を片手であしらいつつ食べました。

明日、ギャンブルを始めてしまえば、また酷い生活に戻るでしょう。もしかしたら以前より酷くなるかもしれない。

僕はギャンブル依存症であり、自分の力ではやめることができません。
僕にできることは、1日1日をより良く生き、その日1日ギャンブルをしないで生きていくことです。
そしてそれは、自助グループの仲間とプログラム、そして自分の信じる神の助けなしには成し得ないことだと、今では強く感じています。

2018/10/18

テーマ:
ミーティングの日でした。
愛と共感と安らぎ。まさにその通りだと思います。
仲間との時間は素晴らしいものですね。
ギャンブル依存症になったからこそ彼らに出会うことができ、新しい命も与えられた。
人生は不思議で、神秘に満ちています。
生きていくのは確かに大変だけれど、喜びも沢山ある。
今はそんな風に思えます。

2018/10/10

テーマ:
変な時間に目が覚めました。
スリップする夢を見たからですかね!?うっすらと内容を覚えています。
釘がガチガチに固い場末のパチンコ屋さんで、必死に勝とうとしている僕でした。
久しぶりのスリップの夢ですが、以前とは内容が変わっていますね。面白いものです。

しかし前回の記事、勢いで書いたからか、文章が足りなかったり、よく分からん内容ですね~。