今日は

 

完璧じゃないからこそできることがある

 

について書きます。

 

 

思考の学校

 

 

思考をシンプルにして、スッキリ爽やかな毎日を過ごす!

 

ヒーリングや心理学を学んでも、現実が変わらずに悩んでいる女性の専門家

 

思考の学校 認定講師 杉山沙栄子 です。

 

 

 

みなさん。

気がついていましたか?

一昨日のブログ

 

 

 

いつものように前半にメルマガのアドレスはないわ、

(お願い。「いらない」とか言わないで)

 

 

 

一番最後も明らかに「コピペ」とわかる感じ…

 

 

 

そう!

一昨日は切羽詰まっていたのです。

 

 

 

今日は前半にメルマガのリンクつけます。

 

 

ヒーリングや心理学を学んでも現実が変わらずに悩んでいるあなたに ↓

 

https://www.reservestock.jp/subscribe/70148

 

思考の学校

 

 

一昨日はちょ〜忙しくて、

ブログを書く時間が取れたのは

22時を過ぎていました。

 

 

 

刻一刻と時間が過ぎていく…

 

 

 

でも、

ブログチャレンジ月間挑戦中のわたしは

なにがなんでもその日のうちに記事を投稿したい!

 

 

 

「後から手直しできるしな」

 

 

 

と思って、

急いで書き上げたのが一昨日の記事だったのです。

 

 

 

そして、それはいつもとは違う

ちょっとおマヌケなブログとなったのです。

 

 

思考の学校

 

 

一晩寝たら手直しを忘れたわたし。

 

 

 

すると夫が

上記のことを指摘した上で

「ねえ。眠かったの?」

と聞いてきたのです。

 

 

 

そうです。

一刻も早く寝たかった。

バレバレでした。

 

 

 

そんなおマヌケなブログ記事ですが、

以外にも反響がありました。

 

 

 

わたしとしては及第点ギリギリ

と思っていたものが

ある女性の心に響いたのです。

 

 

思考の学校

 

 

わたしたちは

ついつい完璧を求めてしまいがちですが

 

 

 

完璧にできなくてもいいんです。

 

 

 

悩んだり

迷ったり

失敗してもいいんです。

 

 

 

悩んだこと

迷ったこと

失敗したこと

 

 

 

ぜーんぶ大事な経験で

 

 

 

ぜーんぶ大切な宝物です。

 

 

 

悩みが深ければ

それだけ相手の悩みに添えるし、

 

 

 

その悩みをどう解決したのか

お伝えすることができます。

 

 

 

思考の学校

 

 

 

完璧じゃない部分も

きっと自分自身の魅力になります。

 

 

 

今日は

 

完璧じゃないからこそできることがある

 

について書きました。

 

 

メルマガ登録

ヒーリングや心理学を学んでも現実が変わらずに悩んでいるあなたに

 

思考の学校

今日は

 

諦めないから変わるんだ

 

について書きます。

 

 

思考の学校

 

 

思考をシンプルにして、スッキリ爽やかな毎日を過ごす!

 

ヒーリングや心理学を学んでも、現実が変わらずに悩んでいる女性の専門家

 

思考の学校 認定講師 杉山沙栄子 です。

 

 

 

 

昨日のブログの感想をいただきました。

 

 

 

思考の学校・3か月講座を受講してくださった

Kちゃんからです。

 

 

 

末っ子のKちゃんは

 

 

 

「なんでも、誰かにやってほしい。

 動きたくない」

 

 

 

という思考に向き合ってきました。

 

 

 

Kちゃんはこのところ

勤務先の上司に対してのイラモヤの正体が掴めず

少し落ち込み気味でした。

 

 

 

ところが今日になって

 

 

 

「最近、まだダメだって思うことが多かったけど

 さえこさんのブログを見て

 

 

 

 今日、自分の思考を

  見つけることができました!」

 

 

 

と連絡をくださいました。

 

 

上司との関係に悩んでいる方はこちらをクリック!

 ↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/70148

 

 

 

 

思考の学校

 

 

 

Kちゃんの怒りポイントは

上司に対しての「羨ましい気持ち」だったんだけど

 

 

 

自分が怒ってる理由がわかったら

スッキリしたそうです。

 

 

 

そこでKちゃんは

 

 

 

「今日は頑張って働く!」

と決めて

 

 

 

バリバリ仕事して

 

 

 

自分の大好きなものをお昼ご飯にして

自分をうんと褒めてあげたそうです。

 

 

 

そしたらね。

 

 

 

いつもグチグチと文句ばかり言ってくる

上司の女性が

 

 

 

今日は穏やかで

 

 

 

すっごく仕事が楽しかったそうです。

 

 

 

あまりの変化にKちゃんは

ちょっとビックリしたんですって。

 

 

 

「諦めないで、

 思考を見つめた自分を褒めます」

 

 

 

Kちゃんはメッセージの最後をこう結んでありました。

 

 

思考の学校

 

 

思うような結果が得られない時って

諦めてしまいたくなります。

 

 

 

「もう、いっかな…」

「もう、やめよっかな…」

 

 

 

そして、諦めちゃった自分を

「ダメなヤツ」

と認定します。

 

 

 

実はKちゃんも思考の学校に巡り会うまでに

様々なことを学んできていました。

 

 

 

でも、心の中はいつも不安定でした。

 

 

学んだことを活かせない自分を

「ダメなヤツ」

と思っていました。

 

 

思考の学校

 

 

今回、Kちゃんは自分の思考が摘めずに

苦戦しました。

 

 

 

実は自分の思考って

一番わかりにくいんです。

 

 

 

でもね。

 

 

 

Kちゃんは諦めませんでした。

 

 

 

なんでか?

 

 

 

今のイラモヤな現実の材料になっているのが

(今回のKちゃんの場合はグチグチ文句をいう上司の女性)

 

 

 

自分の心の中にある「思考」だとわかっているから。

 

 

 

原因が自分のネガティブな思考だと

わかっているから

 

 

 

諦めずに、投げ出さずに

向き合ってこれたのです。

 

 

 

もちろん。

諦めたい時、

投げ出したい時があっていいんです。

 

 

 

「もう、やだ!」

「もう、やってらんね〜よ!!」

 

 

 

って思ってもいいの。

 

 

思考の学校

 

 

でもね。

 

 

 

「うわ〜ん(涙)」

ってなった後、もう一回だけ

 

 

 

もう一回だけでいいから

向き合ってみてください。

 

 

 

そしたらね。

変わるものがあるかもしれないものね。

 

 

 

それでも、変わらなかったとしても大丈夫。

 

 

 

思考の学校があります。

 

 

 

今日は

 

諦めないから変わるんだ

 

について書きました。

 

 

 

メルマガ登録

今日は

 

心が安心に包まれるための鍵はネガティヴ

 

について書きます。

 

 

 

 

思考をシンプルにして、スッキリ爽やかな毎日を過ごす!

 

ヒーリングや心理学を学んでも、現実が変わらずに悩んでいる女性の専門家

 

思考の学校 認定講師 杉山沙栄子 です。

 

 

連休明けの昨日、

職場にショッキングなニュースが届きました。

 

 

 

個人的にはもう1件加えて、合計3件。

 

 

 

それらは

わたし自身に関わることではなかったのですが、

 

 

 

「おおっ!!」

と、びっくりすることだったのです。

 

 

 

家庭や職場で

「参ったなぁ」

ってことが起こった時って

 

 

 

自分自身の

思考が変わっていないんじゃないか?

 

 

 

まだこの思考があるのか?

 

 

 

などと一瞬、

思ってしまうことがあります。

 

 

 

 

 

 

ヒーリング時代のわたしは

 

 

 

変わりたくて、

一生懸命ワークして

 

 

 

一旦はなんか現実が変わったように感じても

なんだか

 

 

 

いつの間にか

また元戻っている…

 

 

 

そして

「ああ。まだダメだ」

と思い、ますますヒーリングにのめり込む。

 

 

 

そんなことを繰り返していました。

 

 

 

今にして思えばわたしは

なにかネガティヴな出来事が起きるたび

 

 

 

この

「まだダメだ」

という思考をためていたのです。

 

 

 

 

 

 

「まだダメだ」っていう思考をためたなら

そりゃ、

「まだダメだ」って思うような出来事が起こるよね。

 

 

 

「まだダメだ」っていう思いは一瞬です。

 

 

 

「まだダメだ」

に気がつくことが大事です。

 

 

 

現実は自分の心の中の思考が材料になって

創られています。

 

 

 

心の中には

「いい・悪い」

のジャッジはありません。

 

 

 

ネガティヴが出来事に対して

「ダメ」

「悪い」

ってジャッジしてるから

 

 

 

こんな現実を創る思考をためている

自分はまだダメだ。

 

 

 

ってなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

こんな時はまず、

「まだダメだ」って思った自分を認めます。

 

 

 

そして

どんな思考がある自分でもいいんだよ。

 

 

 

どんなわたしでもいいんだよ。

 

 

 

って、自分に話しかけてあげてください。

 

 

 

ネガティヴな思考はゼロにすることは

できないんです。

 

 

 

だから

ネガティヴな思考と

上手に付きあっていけばいいんです。

 

 

 

ネガティヴな思考と

上手に付き合えるようになると

心が安心に包まれます。

 

 

 

 

今日は

 

心が安心に包まれるための鍵はネガティヴ

 

について書きます。

 

 

メルマガ登録

ヒーリングや心理学を学んでも現実が変わらずに悩んでいるあなたに

今日は

 

自分の心の声を聞けるのは自分だけ

 

について書きます。

 

 

 

思考の学校

 

 

 

思考をシンプルにして、スッキリ爽やかな毎日を過ごす!

 

ヒーリングや心理学を学んでも、現実が変わらずに悩んでいる女性の専門家

 

思考の学校 認定講師 杉山沙栄子 です。

 

 

 

今月はブログの毎日更新に挑戦しています。

 

 

 

思考の学校の定例勉強会に参加した時に

(あれ?講師養成講座だったかな?まあ、いっか)

思考の学校の校長先生である

 

 

 

大石洋子さんが

「できれば毎日ブログは書いた方がいいよ」

 

 

 

とみんなに話してくれたんですね。

 

 

 

加えて、

ブログを毎日更新しよう

というコミュニティに参加しているものの、

 

 

 

7月と8月は低迷気味だったので

今月は頑張ってみようと思ったのです。

 

 

毎日、継続したいことがある方はこちらをクリック!

 ↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/70148

 

 

 

思考の学校

 

 

 

毎日、ブログを投稿するって

筋力が必要です。

 

 

 

「今日は、どんなこと書こう?」

 

 

 

と悩みます。

 

 

 

時に、

「書きたいな」

から

 

 

 

「書かなきゃ」

に変わる瞬間があります。

 

 

 

いわゆる

「やらなきゃ、いけない」

です。

 

 

 

「やらなきゃ、いけない」

には

 

 

 

「やりたくない」

が潜んでいます。

 

 

 

そして、そんな時には

 

 

 

「休めない」

 

 

 

なんて気持ちも見え隠れします。

 

 

思考の学校

 

 

休めなくて、やらなきゃいけない

 

 

 

と思う時は

 

 

 

楽しめていません。

 

 

 

そして、そんな時は

「なんのためにしているのか」

 

 

 

を見失っています。

 

 

 

この状態は苦しいです。

 

 

 

そんな時にはね。

 

 

 

自分で自分にこう声をかけてあげてください。

 

 

 

たまには休んでもいいよ。

 

 

 

「いやだ。やりたくない」

って言ってもいいんだよ。

 

 

 

思考の学校

 

 

 

自分の心がなんて言っているか、

しっかり聞いてあげてください。

 

 

 

なんて言って怒っているか

聞いてあげられるのは

 

 

 

自分だけ。

 

 

 

見ないふりをしていたら

「やりたくない」

という思考がどんどんたまって

いってしまいます。

 

 

 

そして、

「できなくなる」

状況を創りだします。

 

 

 

それってもっとしんどいです。

 

 

 

でもね。

大丈夫です。

 

 

 

ちゃんと、休んで

自分の心の声を聞いてあげたら

 

 

 

きっと、

また始めることができます。

 

 

思考の学校

 

 

なぜなら、わたしがそうだから。

 

 

 

 

自分の気持ちを

しっかり聞いてあげられたなら

 

 

 

楽しく続けることができるように

なっていきます。

 

 

 

今日は

 

自分の心の声を聞けるのは自分だけ

 

について書きました。

 

 

 

メルマガ登録

ヒーリングや心理学を学んでも現実が変わらずに悩んでいるあなたに

 

思考の学校

 

今日は

 

ネガティヴを出したからこそ変わっていく

 

について書きます。

 

 

思考の学校

 

 

思考をシンプルにして、スッキリ爽やかな毎日を過ごす!

 

ヒーリングや心理学を学んでも、現実が変わらずに悩んでいる女性の専門家

 

思考の学校 認定講師 杉山沙栄子 です。

 

 

 

このところ伸び悩んでいるなぁ

 

と思って決めた

 

思考の学校・講師養成l講座再受講。

 

 

 

 

伸び悩みを解消したい方はこちらをクリック!

 ↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/70148

 

 

 

東京に通いつつ、パソコンを利用しての

ミーティングで

 

 

 

思考の学校の校長先生の洋子さんから

色々と教わっています。

 

 

 

昨日はパソコンを使ったミーティングの日でした。

 

 

 

実は再受講を決めたはいいものの

受講生のグループラインやミーティングで

なんとなくネガティヴを出しそびれていたわたし。

 

 

 

「こんなこと、出したら恥ずかしい」

 

 

 

なんて思っていたのです。

 

 

 

思考の学校

 

 

講師として、普段は受講生さんに

「ネガティヴは宝物」

とか言っているにも関わらず、

 

 

 

実際に、

他の上級講師も混ざってのミーティングになったりするとすっかり怖気付いちゃって。

 

 

 

今まで、大人しくしていたのです。

 

 

 

でもね。

 

 

 

昨日は思うところあって、思い切って

近況報告を交えつつ

 

 

 

ネガティヴな出来事を

洋子さんとみんなに話したんです。

 

 

 

結果としては

「え~~~!そんなとこ、ノーマーク!」

っていう

 

 

 

自分では全く気がつかない

思考が原因だったのです。

 

 

思考の学校

 

 

こんな風に

わかっているようでいて、

自分ではわからないことがたくさんあります。

 

 

 

今回の自分の気持ちもね。

 

 

 

客観的に見て

「わたしって、器がちっさい!」

って思うようなことだったので

 

 

 

みんなの前で聞くことが恥ずかしかったのです。

 

 

 

でもね。

 

 

 

洋子さんもみんなも真剣に話を聞いてくれて、

 

 

 

「自分も同じこと思っていた」

 

 

 

っていてくれる受講生さんもいたのです。

 

 

「みんなに言うのは恥ずかしかったんだよ」

と赤くなるわたしに

 

 

 

洋子さんは

 

 

 

「安心してネガティヴが出せる場所があるっていいよね」

 

 

 

と言いました。

 

 

 

思考の学校

 

 

 

ネガティヴは

 

 

 

「あなたのしあわせを邪魔している

思考がここにあるよ。気づいてね」

 

 

 

というサインです。

 

 

 

だから、思考の学校では

 

ネガティヴは宝物

 

大切に扱います。

 

 

 

でもね。

わたしもそうだったから、なおのこと

 

 

 

「ネガティヴな自分の気持ちを

 言葉にして伝えにくい」

 

 

 

っていう気持ちも、とてもよくわかります。

 

 

 

思考の学校

 

 

 

ただね。

 

 

 

今日になって、

昨日教えてもらった自分ではわからなかった

思考を持ち続けていることが、

いかに損なのか、

いかに気持ちがザワザワするのかを実感して、

 

 

あらためて「これ、絶対にやめよう」

と思うことがあったのです。

 

 

 

やっぱり、

ネガティヴを出したからこその変化なんだなぁ

と実感しました。

 

 

 

どんなネガティヴも自分自身の宝物。

 

 

 

大丈夫です。

 

 

 

思考の学校の講師は

ネガティヴな気持ちを受け止めるプロです。

 

 

思考の学校

 

 

今日は

 

ネガティヴを出したからこそ変わっていく

 

について書きました。

 

 

 

メルマガ登録

今日は決意表明です。

 

 

思考の学校

 

 

思考をシンプルにして、スッキリ爽やかな毎日を過ごす!

 

ヒーリングや心理学を学んでも、現実が変わらずに悩んでいる女性の専門家

 

思考の学校 認定講師 杉山沙栄子 です。

 

 

 

美味しそうでしょう!

 

 

 

わたしの実家はプルーンの産地です。

毎年、秋のはじめに実家から送られてきます。

わたしの実家の畑の隣にある農園から直送。

 

 

 

めっちゃ美味しいのです。

 

 

 

実は、この日はわたしの心は

少々ささくれていました。

 

 

 

7月末まで担当していた母子を

急遽訪問することになったのです。

 

 

 

時にはなかなかうまく進まない支援に

苛立つこともあります。

 

 

 

解決の出口がないような状況に

なんとも言えないモヤモヤが募りました。

 

 

 

勤務中は書き出しすることもままならないので、

モヤモヤした思いを抱えたまま

帰宅しこのプルーンの箱を見つけたのです。

 

 

 

仏壇と神棚にお供えした後、

一粒、手にとってかじると

 

 

 

酸味と甘さが口の中いっぱいに広がります。

 

 

 

実家に電話をしたところ

母が「今年は甘いよ」

と嬉しそうに言いました。

 

 

思考の学校

 

 

 

母と電話した後

落ち着いて書き出しました。

 

 

 

今回のように

緊急の訪問が必要となる場合は

 

 

 

赤ちゃんに

何か不利益な状況が生まれていたりします。

 

 

 

赤ちゃんへの不利益が確定的になると、

結果的にママもダメージを受けます。

 

 

 

そんな状況を回避したい。

 

 

 

赤ちゃんもママも健やかに育って欲しい

支援サイドの願いはいつも一つです。

 

 

 

全てのケースで支援が上手くいったらいいのに、

そうじゃない時もあって

 

 

 

そんな時はなんとなくスタッフ全員が

やるせない気持ちになったりします。

 

 

 

悔しい気持ちになったりします。

 

 

 

腹も立てます。

 

 

 

思考の学校

 

 

 

でも、それぞれに気持ちを切り替えて

次の日も仕事に向かうのです。

 

 

 

こんなことがあるたびに

たくさんの人が

 

 

 

思考が現実化するしくみを知って

やさぐれたり、やるせなさを感じることなく

 

 

 

生き生きと楽しく仕事ができたらいいな

と思います。

 

 

 

そのために

できることをコツコツ積み重ねていこうと

 

 

 

甘いプルーンを食べながら

思ったのでした。

 

 

思考の学校

 

 

今日は決意表明でした。

 

 

 

メルマガ登録

ヒーリングや心理学を学んでも現実が変わらずに悩んでいるあなたに

今日は

 

違っているからいい

 

について書きます。

 

 

 

思考の学校

 

 

 

思考をシンプルにして、スッキリ爽やかな毎日を過ごす!

 

ヒーリングや心理学を学んでも、現実が変わらずに悩んでいる女性の専門家

 

思考の学校 認定講師 杉山沙栄子 です。

 

 

 

今日は出来立て、ほやほやの話題です。

 

 

 

思考の学校で学んだことで、

自分の怒りん坊加減は重々承知していますが

 

 

 

それでも、時々やらかします。

 

 

 

主に夫に対して…

 

 

 

今日も、

駄々っ子さえちゃんが発動して

 

 

 

夫にいちゃもんをつけました。

 

 

喧嘩したくないのについつい喧嘩しちゃう方はこちらをクリック!

 ↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/70148

 

 

 

思考の学校

 

 

 

きっかけはね。

些細なことだったんですよ。

 

 

 

我が家は今年、

スマホの買い替えの年なんです。

 

 

 

昨日、早速予約に行った夫に、

「新しい、スマホがきたら

 動画撮ったりするの?」

 

 

とか、

 

 

 

「次のメルマガのリスト目標を達成するのに

 スマホでできることはなに?」

 

 

 

とか、矢継ぎばやに言われて

 

 

 

なんだか、お尻を叩かれて

煽られている気分になったわたし。

 

 

 

「なんだよ〜。

 今、ブログとメルマガの両方を

やっと書けるようになったばっかじゃんよ〜」

 

 

 

と思い、

 

 

 

「両方かけるようにってすごいね〜、

 頑張ってるね〜、

 って、もっと言えよ〜」

  (認めてちょうだい症候群発症の瞬間)

 

 

 

と思い、

モヤモヤしたわけです。

 

 

 

思考の学校

 

 

 

ムカつくと顔や態度にでるわたしに、

夫はなんで怒っているのかと聞いてきます。

 

 

 

夫にしてみれば、

これから先、何ができるのかワクワクした話をしているのに

 

 

 

わたしの機嫌が悪くなる理由がわからないわけです。

 

 

 

でも、夫に対して

こんだけやっても許されるだろ

 

 

 

とたかをくくっているわたしは

 

 

 

「共感が足りないんだよ!共感が!」

 

 

 

とこれまた曖昧な言葉を投げつけたのです。

 

 

 

夫にしてみれば、いい迷惑です。

 

 

 

 

実は女性にとってこの

 

 

 

「共感」

 

 

 

はとても重要なアイテムです。

 

 

 

何は無くとも、まず共感。

 

 

 

「そうだよね〜!わかる〜!」

 

 

 

と言われたら、それだけで

 

 

 

心が繋がったように思えるからです。

  

 

 

思考の学校

 

 

 

でも、これをパートナーに求めちゃうと

わかってもらえないことが多いです。

 

 

 

よっぽど気持ちを言葉にして伝えないと

男性には伝わりません。

 

 

 

男性と女性は得意分野が違うから。

 

 

 

違って当然だから。

 

 

 

男性は

共感するのは不得手でも、

理論的に考えて結果を出すのが得意。

 

 

 

わたしのように

すぐに駄々っ子を発動してばかりでの大人が

もう一人いたとしたら

 

 

 

お家の中は

そりゃぁ大変なことになっちゃうもんね。

 

 

 

今回も夫の冷静さのおかげで

一人いちゃもん劇場は幕をおろしたのです。

 

 

 

思考の学校

 

 

さて、

今回のわたしのいちゃもんは

・認めてちょうだいという子どもの心

・やらされている感の被害者意識

・察しろよという子ども心

 

 

 

のトリプルコンボ!

 

 

 

「3つの複合技かよ〜」

とマイルドに落ち込みますが、

 

 

 

どんな自分も認めることが大切です。

 

 

 

そしてね。

 

 

 

自分で自分の心にしっかり寄り添ってあげること!

 

 

 

今日はワークを念入りにしなくちゃね!

 

 

 

今日は

 

違っているからいい

 

について書きました。

 

 

メルマガ登録

ヒーリングや心理学を学んでも現実が変わらずに悩んでいるあなたに

 

 

思考の学校

今日は

 

子ども心の勘違いは仕事にも影響している

 

について書きます。

 

 

 

 

思考をシンプルにして、スッキリ爽やかな毎日を過ごす!

 

ヒーリングや心理学を学んでも、現実が変わらずに悩んでいる女性の専門家

 

思考の学校 認定講師 杉山沙栄子 です。

 

 

 

今週も週末を迎えました。

わたしの仕事は半年ごとの更新です。

 

 

 

更新時期は3月と9月。

今月は来月からの半年を更新します。

 

 

 

先日、上司から

10月からの勤務時間についての打診がありました。

 

 

 

「杉山さん。10月から時間数、増やす?」

 

 

 

と。

 

 

 

  (仕事の時にはエプロンがユニフォーム)

 

 

 

こんなところでこんなカミングアウトも

なんですが、

 

 

 

わたしは自分のことを

「働くことが好きではない」

「怠け者だ」

 

 

 

と思っていました。

 

 

 

自分のことを「怠け者だ」と思って、落ち込んでいる方はこちらをクリック!

 ↓

わたしの実家は農家で

米作りから、養蚕、野菜の出荷、花の出荷

 

 

 

と、

両親は毎日、忙しく働いていました。

 

 

 

畑の仕事も田んぼの仕事も重労働。

 

 

 

夕方、仕事から帰ってきた母の

上がり框にどっかりと座って

 

 

 

「あ〜。くたびれた!」

 (長野の方言で疲れたって意味です)

 

 

 

とため息を吐く姿を見て

 

 

 

「仕事って大変」

「仕事って辛そう」

「仕事って楽しくない」

 

 

 

って勝手に勘違いをし、

 

 

 

 

「お母さんは仕事が

 嫌いなんだなぁ」

 

 

 

と思ったものでした。

 

 

 

 

 

この勘違いをそのままにして

わたしは社会人として、

仕事をしてきました。

 

 

 

そしたらね。

その思考はたまるわけです。

 

 

 

仕事って大変で、辛くって、楽しくない

 

 

 

って思うことがたくさんありました。

 

 

 

だから、なるべく楽をしたいし

念願の理学療法士として働いていても

 

 

 

「今日は、休みたいなぁ」

と思うと、

 

 

 

「子どもの調子が悪くて」

なんて言って、

ずる休みしたりもしていました。

 

 

 

でね。

自分のことを「ダメなやつ」と認定し、

 

 

 

心理学を学ぶようになってから

ズル休みした自分の行動を振り返って

自分自身に

 

 

 

「怠け者」というラベルを貼ったのです。

 

 

 

 

 

もう随分前になりますが、

母が子宮ガンを患い治療として

 

 

 

子宮を全摘し、そのあと

放射線治療をしたことがあります。

 

 

 

放射線治療は全部で25回。

 

 

 

母には手術よりも

放射線治療の方が堪えたらしく

放射線治療中は

 

 

 

食欲もなく、

気持ちも荒れました。

 

 

 

辛い治療を終え、退院した母は

しばらくすると

 

 

 

「畑に行ってみたい」

 

 

 

と言いだしました。

 

 

 

畑について、

椅子がわりのビールケースに座った母は

 

 

 

「あ〜。やっぱり畑は気持ちがいい」

 

 

 

と言ったのです。

そして、足元の草を抜き出しました。

もちろん、病みあがりなので

すぐにやめてしまいましたが…

 

 

 

正直、びっくりしました。

 

 

 

「え?辛いばかりじゃなかったの?」

 

 

 

目からウロコでした。

 

 

 

そうなんです。

 

 

 

母は畑や田んぼの仕事はきついけれど、嫌ってはいなかったのです。

 

 

 

楽しんでもいたのです。

 

 

 

 

子どもの頃の勘違いのままの思考は

なかなか自分では気がつけないものです。

 

 

 

でもね。

思考の学校は

「ネガティヴを大切にする」

がモットーです。

 

 

 

なので、今、

 

 

 

「仕事がうまくいかないな」

「仕事に行くのやだな」

 

 

 

なーんて、後ろ向きな気持ちがあるなら

 

 

 

自分が仕事に対してなんて思っているか

 

 

 

仕事についてのネガティヴを

思いっきり、

書き出してみてください。

 

 

image

 

 

例えばね。

「仕事とは面白くないものだ」

「仕事とは我慢がつきものだ」

「仕事とは疲れるものだ」

 

 

 

なんでもいいんです。

心に浮かんだことを書いてみてください。

 

 

 

知らない間に溜め込んでいた

ネガティヴな思考に気がつけるかもしれません。

 

 

 

気がつけたなら、こっちのもの。

 

 

 

「そっかぁ。わたしは仕事について

 こんな風に思っていたんだな」

 

 

 

って認めてあげてくださいね。

 

 

 

本音を見つけてあげたら、

ホッとしますよ。

 

 

 

わたしの10月からの

勤務時間数については前向きに検討します!

 

 

 

今日は

 

子ども心の勘違いは仕事にも影響している

 

について書きました。

 

 

 

メルマガ登録

ヒーリングや心理学を学んでも現実が変わらずに悩んでいるあなたに

 

今日は

 

大切なことは子どもでも伝わる

 

について書きます。

 

 

思考の学校

 

 

思考をシンプルにして、スッキリ爽やかな毎日を過ごす!

 

ヒーリングや心理学を学んでも現実が変わらずに悩んでいる女性の専門家

 

思考の学校 認定講師 杉山沙栄子 です。

 

 

 

今朝はな〜んか、ミョ〜に

長男がゆっくりしています。

 

 

 

聞けば、なんと今日から高校は文化祭!

 

 

 

なんだよ〜!

お母さん、知らなかったじゃんよ〜!!

今日、仕事じゃんよ〜!

 

 

 

学校行事のチェックをし忘れると

こうなります。

 

 

 

そしてね。

 

 

 

たいていの学校行事は、長男に

「来んでいいわ」

と言われます。

 

 

 

思考の学校

 

 

 

ということで、

文化祭を見に行くこともなく

フツーに仕事をして帰宅しました。

 

 

 

 

夫と次男とわたしの3人で夕ご飯を食べて

ちょっとテレビを見ていたら

 

 

 

「ただいま〜」

と長男が帰ってきました。

 

 

 

帰って来るなり彼は

「マミー!オレはわかったぜ!!」

と大きな声で言ったのです。

 

 

 

長男はその時の気分でわたしのことを

「お母さん」

「マミー」

「母上」

と呼び分けます。

 

 

 

今日は「マミー」の気分だったようです。

 

 

 

でね。

わたしとしては、

「なんのこっちゃ???」

状態ですよ。

 

 

 

思考の学校

 

 

 

すると彼はこう続けました。

 

 

 

「今日さ。文化祭の準備したんだよ。

 

 

でさ。

 

 

色々やることあるから、オレはみんなと動き回って

準備してたんだわ。

 

 

 

でもさ。

 

 

 

ユウキ(仮名:長男の友達)はさ。

 

 

 

クラスが違うんだけど、オレのクラスにきて遊んでて

自分のクラスの準備をいっこもやらんのだわ。

 

 

 

でさ、そのユウキ見てさ。

 

 

 

オレがやらないことは、

ユウキもやらないんだ

 

 

 

って、気がついたんだわ。

 

 

 

オレ、

お父さんが(ここポイント!)ご飯の支度してる時に

2階の自分の部屋で遊んでて、

 

 

 

何にもしないじゃん。

 

 

 

その手伝わないオレと

準備しないユウキは同じだ

 

 

 

って気がついたんだわ。

 

 

 

いつもお母さんの言ってることって

 

 

 

これだ!!!

 

 

 

ってわかった!!!

 

 

 

思考の学校

 

 

 

「マミー」とか言うから、何事かと思いましたが、

彼は彼なりに

なにかに気づいたようです。

 

 

 

そこで、わたしが

 

 

 

「ほら。

 同じことされたら、嫌でしょ。

 

 

 

 だったら、ちゃんと家のお手伝いしなさいよ。

 お手伝いだけじゃないよ。

 

 

 いつでも

 

 

 

 先に動く人になりなさい

 

 

 

と言うと、長男は

「わかった」

と言っていました。

 

 

 

「先に動く人になる」

 

 

 

は長男だけでなく、

わたし自身ににも向けた言葉です。

 

 

 

長男とわたしは

反発もするし、喧嘩もします。

 

 

 

でも、

 

 

 

こうやって大切なことが

子ども達に伝わっていく…

 

 

 

心があたたかくなりました。

 

 

 

思考の学校

 

 

 

「10年後には、日本中のすべての

 小学生が思考が現実化するしくみを

 知っている」

 

 

 

思考の学校が目指すものです。

 

 

 

長男も次男もまだ10代ですが

ちゃんと伝わっています。

 

 

 

わたしだけではなく

長男も

次男も

 

 

 

自分の思考を掴んで、

自由に現実を創りだしていく未来に

 

 

 

一歩近づいた夜でした。

 

 

今日は

 

大切なことは子どもでも伝わる

 

について書きました。

 

 

メルマガ登録

ヒーリングや心理学を学んでも現実が変わらずに悩んでいるあなたに

 

思考の学校

 

今日は

 

後悔や罪悪感なく怒る方法

 

について書きます。

 

 

 

思考の学校

 

 

 

思考をシンプルにして、スッキリ爽やかな毎日を過ごす!

 

ヒーリングや心理学を学んでも、現実が変わらずに悩んでいる女性の専門家

 

思考の学校 認定講師 杉山沙栄子 です。

 

 

 

我が家に2日連続、

奇跡がおきました!!!

 

 

 

ミラクルを実感したい方はこちらをクリック!

 ↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/70148

 

 

 

夏休みが始まってすぐの頃に

長男が受けた模試の結果が出ました。

 

 

 

なんと!

 

 

 

国語で!

 

 

 

学年1位!!!

  (しつこい?ごめんなさい)

 

 

「マジか?」とびっくりしつつ

模試の結果を見ました。

 

 

 

そして

 

 

 

夫と長男。

わたしと長男。

 

 

 

それぞれで

「イェーイ!!!」

とハイタッチしたのです。

 

 

 

思考の学校

 

 

 

長男はわたしがヒーリングを

学ぶきっかけになった子です。

 

 

 

当時、わたしは

長男が何をしても感情的になって

 

 

 

怒ってばかりでした。

 

 

 

それこそ、時間が経って

冷静になると

「なんで、あんなに些細なことで

怒ったんだろう?」

と思うこともありました。

 

 

 

わたしが落ち着いて長男の顔を見ることが

できるのは寝顔だけ。

 

 

 

コントロールできない感情と

後悔と罪悪感。

 

 

 

思考の学校

 

 

 

「自分は子育てには向いていない」

「他のお母さんだったら、

 この子はもっとしあわせだろうな」

 

 

 

そんなことばかり思う毎日を

繰り返しているうちに

 

 

 

ある日、ふと思います。

 

 

 

「このままじゃダメだ。

 将来、思春期になったこの子に

 金属バッドで殴られる」

 

 

 

この子のために自分を変えよう!

この子のために自分を変えたい!

 

 

 

まあ。

これがわたしがヒーリングを学び始めたきっかけ。

 

 

 

そのあと、

それこそすったもんだあってね。

 

 

 

思考の学校の校長先生の大石洋子さんに

巡りあったわけです。

 

 

 

思考の学校

 

 

 

「子どものことを怒りたくない」

 

 

 

というわたしに洋子さんは言いました。

 

 

 

「親の視点は高くて、広いよね。

 

 

 

大人だから経験もある。

 

 

 

親は先を見通せるから

今、子どもがやっていることが

 

 

 

将来的にその子の不利益になる

 

 

 

ってわかるよね。

 

 

 

そしたら、しっかり怒っていいの。

 

 

 

親として

 

 

 

『あなたのために怒るんだ』

 

 

 

って毅然と怒ればいい」

 

 

 

って教えてくれました。

 

 

 

そう!

 

 

 

怒ってもいいんです。

 

 

 

大丈夫!

 

 

思考の学校

 

 

自分の思考が掴めてくると

子どもを怒るような場面はグッと減ってきます。

 

 

 

実は

わたしは久しく

怒ると叱るの区別がつきませんでした。

 

 

 

思考を勉強してからでも

厳密にその区別が自分の中でできているか

と言われると

 

 

 

正直わかりません。

 

 

 

今でもわたしは叱れずに

怒っているのかもしれません。

 

 

 

ただ、

 

 

 

あの頃、

なぜそんなに些細なことで怒れちゃったのか?

 

 

 

 

その理由はわかります。

 

 

 

理由が分かれば解決ができます。

 

 

思考の学校

 

 

思考の学校の本音ワークを通して

いろんな「怒りのたね」を掴んできました。

 

 

 

思考の学校に会う前、

「子どもを怒ってばかりの自分が嫌になる」

わたしも散々、そう思いました。

 

 

 

でもね。

今は

「なぜ、それがダメなのか」

「なぜそれを怒るのか」

子どもにしっかり伝えて、堂々と怒っています。

 

 

 

後悔も罪悪感も持たずに子どもを怒る。

 

 

 

そしたら、ちゃんと子どもに伝わります。

 

 

 

「お母さん。あんたが小さい頃は怒ってばかりだったなぁ」

というわたしに

 

 

 

「そりゃ、よっぽどオレがやらかしたんだな」

と答えた長男。

 

 

 

大丈夫です。

どんなに怒っても

 

 

 

あなたの心の中にある愛は、

ちゃんと子どもに伝わります。

 

 

思考の学校

 

今日は

 

後悔や罪悪感なく怒る方法

 

について書きました。

 

メルマガ登録

ヒーリングや心理学を学んでも現実が変わらずに悩んでいるあなたに

 

思考の学校