悲しいことや、辛いことは突然起こる。

なんでそんなことが起こるんだろうということが起こる。


後悔のない人生を、なんて綺麗事のような言葉で、本当にそれを意識して生きることは簡単ではないのだろうか。


会いたい人とは、今、すぐ、会える時に会わないと、いつ会えなくなるかわからない。

いつか会おうねではダメなのだ。


今日は幸せな1日の予定が、とても悲しい1日になってしまったが、

それも、また人生なのか。

何か意味があると思い、自分の中に問いとして残そうと思う。


結果を出しても出さなくても、
会社員は給料が同じな人も多いかもしれない。
実際僕もそうだった。

売上が上がろうと下がろうと、
利益が上がろうと下がろうと、
毎月の給与は大きく変わらない。

じゃあ、上がったらラッキー?下がったら申し訳なさそうな顔をすればいい?
その順風とか逆風の風に乗れば済むこと?



僕が会社員だった時は、
5年目くらいで結果を求められた。新業態の五行の時だ。
西麻布五行は、最初の1ヶ月250万くらいしか売れなかった。
一風堂五反田店が当時平均で1500万円を叩き出していたから、6分の1だった。
毎日暇で、堪らなかった。どうしていいかわからなかった。
でも運が良くて、王様のブランチに出て、その日に90人待ちができた。
それからお客様がどんどん増え月1200万円まで売ることができた。

そして、京都五行へ。
オープン1年間は毎月400万円の赤字。
年間5000万円の赤字を店長代理として作ってしまった。
次の年の経営会議で、経理部長がお前のせいでこんな結果になった、と言った。
悔しかった、でもそれが真実だと思った。
そこから僕の意識は変わった。

どうしたら利益が出るのか考えた、
1時間当たりの稼働人数を半分に絞り、人件費を下げた。
取引先を新たに開拓したり、見直して原価を下げた。
沢山の摩擦も生んだし、文句も言われた。
でも、結果が出た。
年間で1000万円の黒字を作ることができた。6000万円の業績改善だ。

その時は日々、本当にしんどかった。
肉体的にも精神的にも限界だった。休みだって、月に4回が当たり前。労働時間も12〜15時間が当たり前の時だった。
それでも、自分が責任者として結果を出すことにフォーカスし、精一杯やれることをやった。

これが今までの僕の人生での一番の財産だ。
会社員だったけど、自分がやったって胸を張って言えることを出来た。
それからは僕は変わることができた、なんでもやれないことはないと思えた。
独立も一気に近づいた、どうしていけば商売できるのかも見えた。

そんな経験をお給料をいただきながらできた僕は幸せ者だ。

いま、会社にいる仲間に言いたい。
自分が今やっていること、やっていない自分は、全て自分に返ってくるよ、と。
自分のやったことは経験として、
結果を出したことも自分の自信として、
得ることができる。
逆に、自分を誤魔化して、言葉だけ口だけでなんとかその場を取り繕っていても、
何も変わらない。
出来ない言い訳をして、その場をしのいでも意味がない。
大切なのはやることだ。取り組む行動だ。
そうすれば、良くも悪くも結果は出るから。

結果を出しても出さなくても給料は同じかもしれないけど、
自分の経験という財産には大きな差が生まれていく。それも日が経てば経つほど積み重なっていくものだ。

成功のコツは二つある、
コツコツやること。
イエローハットの鍵山さんの言葉だ。
コツコツと行動を積み重ねていく他ない。




今日勉強したこと。


責任イコール結果。

無責任イコール結果を出さない。


結果を出す人は責任を取って、責任感を持って、何かに取り組む。


みんな自分を騙して、

言ったことや言葉に満足していることがとても多い。

いうのは簡単、やるのは難しい。

でもやらなければ、良くも悪くも結果は出ない。



仕事を早くするのって、

基本、仕事の時間を減らしたいから。

特に仕込みや片付けのような生産性が低い時間はなるべく短い方がいいと考える。


仕込み早くしたら、みんなが休憩に行けたり、他の時間に使えるし、

肩だけを早く終えたら、少しでも多く寝れるし、明日に備えられる。


意識一つで変わる。


もう営業で、力尽きて、

終電があるうちはのんびりでいいやと考えて、もしくは無意識に片付けしてる人は伸びないね。


それは惰性でしかないし、時間を短くすることをどうしたら出来るか考えない、長く働いてる自分偉いとか、頑張ってるとか思ってるなら、時代錯誤でしかない。


効率は飲食で大切。


人生は有限。


自分の人生をどうするとか、

自分の好きなことの時間とか、

次にやる限定のこととか笑


考える時間、そしてインプットやアウトプット、学びをする時間をどれだけ増やすか。


それを戦略的に考えて取ることこそ必要だ。

素良のラーメンやります。
in SORANOIRO本店

14日創業の日に、
素良の塩2000円を、
17時から100食。

15日土曜日に、
素良の醤油2000円を
11時から100食。

食材的には、
名古屋コーチン、天草大王、
泥ぶた、せと姫、
伊達どり、うまか赤鶏、
九条ネギ、淡路玉ねぎ、etc
今出せる最高の一杯をお出しします!

あと、
焼き豚寿司の軍艦を1個200円、2個300円でお出しします。これも是非召し上がって欲しいです。


雨になるかもしれませんが、
整理券はやらず、普通に並んでいただく形にします。申し訳ありません。

当日Tシャツの販売もします。
当日お待ちしておりますね。

人は変われる、そう思っています。
ですが、人は基本的に変わりたくない、そうも思っています。
表面的には変わったように見えても同じことを繰り返す。
あんなに反省して、あんなに決意したのに、また戻ってしまう。よくあります。

少し変わった風で満足するのか、
周りが少し認めてくれたからそれでいい気になるのか、
いやいや、まだまだ変わったうちにならない、
まだまだ自分の本質は変わってないと思うのか。

自分の中で決めたことをやりきる、それしかない。
人の意見や人の評価に左右されていたら、一喜一憂していたら、何も変わらない。
自分で決めて、自分でやる、それしかない。

人は変われる。
人はなかなか変われない。


なんのためにこれをやっているのか、
と考えすぎるのも良くない。

ここ最近は、
あまり調子が良くなかった。
仕事も、プライベートも。
悪いことが続くときは続く。

それは自分が作り出しているとも言える。
引き寄せの法則のよう。


目の前にある自分がやれることを精一杯やること。
たくさんの仲間や力を貸してくださる人に感謝をすること。
毎日健康に過ごせること、家族の支えがあってのこと、そんなことに感謝をすること。

そう思いました。
こう言う時こそ、感謝感謝感謝。
それができていない自分。
まだまだやー。これからだ。頑張ろうぜ。


明日から新年度。
もう今年も4分の1が終わった。
早い、早すぎる。

日々忙殺されていたら、何も変わらなく一年が終わる。

目標設定や、自分で何をするかを決めること、
そして行動する、やりぬくことをしない限り何も変わらない。
時は無情にも過ぎ、ただただ歳だけを取っていく。

僕は自分にも他人にも負荷をかけるのが好きだ。
人間は自分に甘い、易きに流れる。
だからこそ、負荷をかけて自分の限界を超えないと成長しないと思っているからだ。
出来ないことが出来るようになることが成長であり、
他人に認められ、周りの役に立つことが仕事だ。

最近は他人の目を気にしない人が増えていて、他人に認められる必要がないから周りに気遣いが出来なかったり、他人のために仲間のために仕事ができない人も多い。
ただただ指示されたことをやって仕事とは言えない。それは作業でしかない。

お客様に評価され、
仲間に評価されてこそ、
役職や給与が上がり、物心共に豊かになれる。
豊かになりたくないなら自分の視点だけで生きていけば良いがそれでどうするのか?

新年度、
新しい気持ちでやることもいいし、
何も変わらず淡々とやるべきことをやるのもいい。
ともかく、自分で決めたことをやり抜くこと。
妥協せず高い基準で仕事をするのみだ。

明日も頑張ろう!



って最近思うことがよくある。

何でもかんでも、甘えて、お願いして、俺にやらせて、それで良いのかってさ。
自分たちの頭で考えて、自分たちで工夫して、もっと良い仕事したいって思わないのか。
プライドはないのか?自分の仕事に。

仕事をするからには結果を出すことが求められるし、数字にも強くならないといけない。
きちんと残すものは残す。それがビジネスマン。
それすらも出来なくて何が店長か。

人を育てること、定着させることも同じこと。
人がいなければお店も会社も成り立たない、
ならば人を育てなきゃ。
採用と教育が会社の肝だと昔教わったがその通り。

体は一つ、あれもこれも出来ないって。
自分たちでやらなきゃ、実力なんかつかないよね。
悔しいけど今の現状。今の自分。