産まれました〜

テーマ:
関連記事


色々あった私。
夫立会いのもと、
無事に第二子・長男を産めました〜!

{1A4E17C2-051D-49F7-BCBC-1B5CC871F558}



子宮頸部高度異形成により、円錐切除手術をしたがゆえ
子宮頸管が短く切迫早産になりやすいため…
子宮口を縛るシロッカー手術を15週で受けてから、なるべく安静を心がけていました。

正産期の37週になり、そのシロッカーも抜糸。
動くとすぐに張って痛いし、前駆陣痛もなかなかにひどいし
そこからすぐ産まれるだろう!!
…と思いきや……

なかなか産まれず!
赤ちゃんも降りてこず!!

どんどん動きましょう!
と医師に言われてからは

近所や公園を散歩
家の階段昇降
暇さえあればスクワット
あぐらで陣痛促すツボ押し
焼肉+オロナミンCジンクスを試す
ラベンダーの匂いを嗅ぐ
お腹に「出てきてもいいのよ」って語りかける
お仏壇のご先祖様に頼む

と、さいごは願掛けに近いようなこともしてきました…
40週を超え、まさかの妊娠11ヶ月を迎え…
予定日当日の健診で、俗に言う
「内診グリグリ 」をしてもらい刺激をしてもらったおかげか!

翌日、日中いつもより長く強めの前駆陣痛が続きました。

でも間隔は不定期。

というか…
1人目の時も、産まれる直前までぴったり等間隔の陣痛ではなかったので
これが不定期に起こる前駆陣痛なのか微弱陣痛なのか
それとも本陣痛なのか
2人目の今回もさっぱりわからなかったのです…

ネットで前駆陣痛と本陣痛の見分け方を検索しまくっても、いまいち分からず。

しかし!


22時
1時間に4回のお腹の張りと痛み、尾てい骨痛。
でもぴったりの間隔ではなかったので様子見
一応夫には報告

翌 午前0時半
間隔はやはり不定期だけど痛みが増す
+鮮血が出たので病院に電話
一応入院の準備をして、診察しますとのこと
(内心は、これで前駆陣痛で帰されるとかだったら色んな人に迷惑だなぁ、片道一時間かかるし、申し訳ないなぁ…と思いつつ。)

1時過ぎ
実家で就寝中の娘を両親に任せて、夫の車で病院へ向かう
病院まで1時間
その間に13分、7分、5分と一気に間隔が短くなっていき…
痛みも強烈で、車の振動で痛みで泣きながらヒーフーこらえる
(これは本陣痛?だよね?でないと困る!)

2時前
病院到着、間隔は3分ほどに
すぐに分娩室に案内してもらい、着の身着のまま分娩台へあがり診察
この時、子宮口がまだ4センチ、赤ちゃんもあまりおりてきてないと聞き、
(こんっっなに痛いのに、それって産まれるまでまだまだかかるってことだよね…)
と終わりの見えない現状に絶望的になる

3時〜4時
間隔は3〜5分、強烈に痛いけどまだ助産師さんや夫とも会話できるレベル
(ということはまだまだこれから痛み増すんだよな、と自分でも思ってた)
気づけば子宮口は7〜8センチに、ただ赤ちゃんがおりてこない

4時以降
子宮口10センチ全開
意識が飛ぶくらい強烈な痛み
いきんでいいですよ!と言われて喜ぶが、産まれるというわけではなく、単に赤ちゃんがおりるように力をかける、という意味をあとで知る…

その後、記憶にないくらい何度もいきむ
足は痙攣する、つる、全身震える、泣き叫ぶ、吐き気、過呼吸、
1人目となんか違う!!
何度いきんでも何しても赤ちゃん出てこない〜!!

なんで?!
1人目のときはいきみ逃しが大変だったけど、
本気でいきんでからは比較的すぐに出てきたのに?!?!


……どうやら、赤ちゃん、「回旋異常」らしい

普通なら母親のお尻側を向いて出てくるはずが、ばっちり上向き、逆方向のまま出てこようとしていて、通常の分娩が困難になっている

でも、赤ちゃんの心拍からまだ元気そうだし、
助産師さんも先生もなんとかこのまま出してあげようと、出やすいように何とかしてくれているのが分かる

(本心は回旋異常って分かったなら帝王切開でも吸引でもなんとでもして早く出してくれ〜まじでたのむ泣  という気持ち)

何度いきんでも向きは変わらず、
意識は飛ぶし、力をこめる足の力ももう…限界

でも、数回に1回の限界を超えたいきみで少しずつ赤ちゃんおりてきてる!!
とのこと

その限界を超えたいきみを何度も、何度もして少しずつ
「頭みえてきた!」
「一番苦しいところ抜けたみたい!!」
「おかあさん、ほんとにがんばってるね!!」
「もうすぐ、ほんとにもうすぐで会えるよ〜!」

…と励ましてもらい…

5時57分
「オギャー!」
と、男の子出てきました〜(泣
やっと出てきた〜(泣
ちゃんと泣いてるよ〜(泣
元気だよ〜(号泣
しぬかと思ったけどしななかった〜…

助産師さんたちには、ありがとうございますより先に「泣き叫んでごめんなさい(泣」と謝ってた気がするほど、、
騒いだお産だったと思います…


結果的に、想定よりかなり早くおえたお産でしたが…
回旋異常に加え、少し短めだったらしい臍帯も首に一巻きしていたそうで、
「そりゃ出て来づらいわ!!」
って思わずつっこんだハードなお産でした。


1人目のときも、回旋異常(このときは少しナナメ向いてたくらいだったので比較的スムーズなお産だったらしい)で臍帯二巻き、
2人目も、回旋異常で臍帯一巻き

さすが姉弟。

そして私自身も臍帯一巻きで産まれてきたし、
5:57は私の出生時刻でもあるので何か縁を感じます。
(最初5:56と書かれていて、ああ、1分違いかぁおしいなぁと密かに思っていたら、、とりあげてくれた助産師さんが「あれ?私57分って記憶してたはず」と、立会いしてた人たちに確認までして、私が1分なんていいですよ〜と言っても「1分の差でも大きいから!」と母子手帳や書類まで訂正してくれたので、さらに助産師さん大好き)



にしても2人目のほうが壮絶なお産だなんて…
それでも2人目だからの余裕だったのか、
お産後めっちゃ笑顔で記念撮影したり談笑したり、おにぎり食べたりしてたら
「あんなにハードなお産だったのに元気でびっくりします…」
って言われるほど。

そして、これが最後の妊娠・出産になるなぁと思ったので、グロいの超超苦手だけれど、1人目のとき見られなかったので記念に胎盤見せてくださいとお願いしたところ…

助産師さんが後ほど綺麗にしてから持ってきてくれ、
「これがお母さん側、この膜があるのが赤ちゃんを包んで守ってたもので、血管もびっしりしっかりしてるし、臍帯の太さも十分で、赤ちゃんの大きさには十分立派な胎盤です」
と、うろ覚えながらもしっかり説明してくれて、、、

これがあの子をお腹の中でしっかり育てていて、切迫にもならず繋ぎ止めててくれたんだなぁ、

助産師さん無事に元気に取り上げてくれてありがとう、説明まで丁寧で優しいなぁ、、

と胎盤見ながら号泣するという事態に…


妊娠判明から色んな不安に襲われていたし、
精神的にもとっても不安定だったし、
今回は上の娘もいて大変な日常だったし、
ドラマのコウノドリみていても命の誕生は当たり前でない、奇跡なんだって改めて思っていたし、

母子ともに(いまのところ)健康なお産にいたるまで、夫や両親家族のサポートはもちろん、同じ時期に妊娠している友人、さきに二人育児していたり相談できたママ友たち、いつも通りたわいもない話にも付き合ってくれたり連絡してくれた友人たち、切迫を防いでくれた担当の先生、夜中のお産で励まして取り上げてくれた助産師さん先生たち、
すべての周りの人に感謝でいっぱいです。

ああ、また涙もろくなったな。笑

さて、早朝の出産で疲労マックス
限界をこえたいきみの連続によるいまだかつてない全身のものすごい筋肉痛と
噂にきいてた2人目の後陣痛は、やっぱりすごかった…
助産師さんのすすめで痛みどめ飲んだけれど、それでも痛い。飲まなかったらどんだけ痛いの…

希望により早期母子同室もできるときいていて、我が子はかわいいし離れたらさみしいなぁと思っていたけれど、、、

想定より壮絶なお産になり。。
出産当日は一日、しっかり休んでねと、
赤ちゃんはお預かりしてもらえて翌日から母子同室という病院で、
うまれてすぐと、午後に1回母乳をあげられて、それ以外はお言葉に甘えて預けて一日しっかりからだを休めることができたので…

今日から母子同室です。
早速、すんなり寝てくれず抱っこしてるか授乳してるかおむつかえてるか、ですががんばります!
新生児、やっぱりほわほわしててかわいいっ!

ちなみに実家でお留守番中の娘は、
「お母さんに会いたい…お母さんいないとさみしい。赤ちゃんは病院にいてもいいから、お母さんは帰ってきて…」とたびたび泣いてるそうです。

今まで、弟がうまれてくること、
お腹のなかで大切に育てて
いっぱい話しかけて
病院でうまれてきちんとみてもらって
そうやって、あなたも大事に大事にうまれてきたのよ
お母さんもお父さんも、じじばばも皆んな娘のこと大好きだし、
そんなあなたのことを大好きになってくれる人がもうひとり、増えるのよ
おとうと、楽しみだね!
って何度もお話ししてきたけれど

普段しっかりしてるけどやっぱりまだ3歳だもんね。

昨日も電話したところ
さみしい、さみしいと泣く娘につられて私まで泣いてしまい。
しっかりしないと!と気を奮い立たせて、しっかり回復して退院を心待ちにしたいと思います!

娘も、がんばれ!