川崎市議会議員 いわくまちひろ(46歳)のブログ=チヒログ
  • 07May
    • コロナワクチン集団接種の予約受付についての画像

      コロナワクチン集団接種の予約受付について

      集団接種会場と個別の医療機関での接種もありますので、ご希望される場所での予約をご確認下さい。5月7日(金)付の川崎市報道発表資料からのお知らせです。「集団接種会場」(個別医療機関の予約ではありません)の予約受付が5月15日(土)から開始されます。予約コールセンターの番号等お間違えないようにお願いいたします。また、前回の予約の際には、区役所に直接お越しになった高齢者のみなさんがいらっしゃいましたが、区役所では予約も接種もできませんので来庁はご遠慮下さい。前回のブログでも書きましたが、今後のワクチンの供給の見通しは、5月24日~6月6日分が、113箱(1箱195本×6回分×113箱=13万2210回分)。続いて、6月7日~6月20日分が117箱(13万6890回分)、6月21日~7月4日分が117箱(13万6890回分)となっています。市によると、「希望する全ての高齢者の方が接種できる量が供給されますので、焦らず、慌てずお待ち下さいますようお願いいたします」とのことです。個別接種が可能な医療機関も今後増えていきますので、様々な媒体から最新かつ的確な情報を捉えていただきますよう宜しくお願いいたします。m(_ _)m

  • 06May
    • 新型コロナワクチン接種に係るヒアリング調査の画像

      新型コロナワクチン接種に係るヒアリング調査

      状況は時々刻々と変化しますが、地域で市民のみなさんと直接対話するのは私たち議員です。丁寧な説明を心がけていきます。高齢者のみなさんへのワクチン接種について、接種予約のコールセンターが繋がらない、予約サイトがダウンしたというお問い合わせ等が多数あったこともあり、4月28日に緊急の市長申し入れを行ってきました。本日は、連休明け初日ですが、それを踏まえた上で所管課へヒアリング調査と要望等も行ってきました。予約コールセンターの増強については、速やかに着手していただいており現在、マンパワーの確保等に努めているそうです。65歳以上の方の接種券配布前までには体制の強化を行いたいとのことでした。個別の医療機関への予約については、これはちょっと医師会さんとの調整が必要なので、一足飛びには市の独断で色々決めることができないようですが、個別の病院やクリニックが接種に協力してくれるのであれば通常診療に影響が出ない体制の再構築が必要という考えで一致しています。厚生労働省のホームページには、今後のワクチン供給のスケジュール等が示されています。現在は、「第4クール」ですが、5月10日(月)からは、「第5クール」に入ります。川崎市へは、これまで2桁だったワクチン供給量も、第5クールからは3桁になるとのことです。また、これまでシリンジが5回分だったのが、次からは6回分になります。接種できる回数も増えるということです。(これまでは、1箱あたり195本×5回分=975回分だったのが、195本×6回分=1170回分になります。)接種できる回数が増えれば、当然、接種できる人数も増えていくということです。NHKでも報道されていますが、国が65歳以上の高齢者のワクチン接種を7月末までに終了させるよう自治体にスケジュールの策定を求めるといった無茶ぶりで現場は大混乱していますが、国からのワクチンが適切に確保できれば、おのずと高齢者のみなさんに行き渡り接種できるわけですから、総理をはじめとする国の舵取りをやっているみなさんには、国民が安心できるようなメッセージを発信して欲しいと思います。

    • 端午の節句2021の画像

      端午の節句2021

        一応、季節の文化や風習はやっておこうかな・・・と。本日5月5日は、こどもの日、端午の節句でした。無病息災を願って、ちまきと柏餅しょうぶ湯をいただきました。朝から、九州の親族から息子君宛の宅急便が届き大はしゃぎです。最近の息子君は、アニメ・シンカリオンZの影響から鉄道好きが高じています。私は、北九州市出身ということもあり松本零士先生の「銀河鉄道999」が息子君と同じぐらいの歳から大好きだったのでスリーナインのアニメを息子君に見せてSLや蒸気機関車を推していますが、どーも、最近の子どもはたくさんの種類がある新幹線が好みのようです。「スリーナインやSLのロマンが分からないとこがお子ちゃまだな!」と私が言うと、冷静な妻の視線が刺さります。「やっぱり、メーテルでしょう?」と言うと、もっと厳しい視線が刺さります。(笑)「そもそも九州新幹線のつばめは、戦前からのSL特急がもともとの・・・」となんとかSLの凄さを息子君に教えようとすると、「子どもは、早いのが好きなの!」と私の説明は一刀両断されてしまいます。こどもの日のプレゼントで、全国版の電話帳ぐらいの厚さがあるJRの時刻表をプレゼントしました。子どもの頃、漢字の練習が嫌だった私は、鉄道好きだったので代わりに駅名を使って漢字の練習をしていました。時刻表って、駅名が全て平仮名で書かれていたり、時刻や列車番号など数字もあるので色々使えます。少しでも息子君の興味関心を育むことができればと思います。「はやぶさに乗りたい!」を連発する息子君ですが、もう少し我慢の時です。

  • 03May
    • 5月3日(月)の街頭活動の画像

      5月3日(月)の街頭活動

      息子君には、まだ家で寝てなさいって言ったのですが・・・。ようやく平熱に戻った息子君です。今までぐったりしていたのが嘘のように饒舌になり元気になりました。PCR検査も陰性で安堵しました。みなさんにも温かいコメントを頂きありがとうございました。一方で大事な街頭活動ですが、やはりご高齢のみなさんから市の予約体制に対する苦言が相次ぎました。みなさん相当フラストレーションがたまっていると思いますが、乱暴にお話されるのではなく冷静に聞きにいらっしゃるので、逆に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。今後の見通し等について個別にお話させていただきました。報道等で言われていますが、国は、7月末までの高齢者ワクチン接種完了を目指しています。であるならば、ワクチンのロジスティクス供給量の問題やマンパワーの確保など、もう少し腹をくくって方向性を示して欲しいです。時間軸だけ示して、あとは自治体任せでは現場が大混乱するでしょう。そもそも、医療従事者ですらワクチン接種が完了していないのに、どうやって高齢者のみなさんへの接種完了を7月末までにやるのでしょうか?難解な方程式です。本日のご相談のときに、「政府のやってることは、戦争中の日本みたいだなー。決めることができずに、結果として庶民が犠牲になる」というお話をされる方がいらっしゃいました。なんとも言えませんが、日本は危機管理対策には疎いんでしょうか。いずれにしても、少なくとも私の活動の範疇では最新の情報や市民のみなさんのお困り事には真摯に対応して参りたいと思います。

  • 02May
    • こどもの発熱の画像

      こどもの発熱

        ゴールデンウィーク中の受診はなかなか難しいですね。高齢者のみなさんの新型コロナワクチン接種のご相談等にのっていたところ、自宅では4歳児の息子君が40度近い高熱を出していました。症状は、高熱と頭痛だけなのですが、やはりこの時期ですから小児科でPCR検査など可能かどうか尋ねてみました。しかし、ゴールデンウィーク中ということと区内の小児科では対応しているところはありませんでした。私のかかりつけ医にお電話したところ、なんとか受診できてPCR検査ではありませんが、簡易キットで抗原検査をして下さいました。感謝です。結果は、陰性だったのでホッと一息ですが、息子君がぐったりしてつらそうな姿を見ると何ともやるせない気分になります。最近は、幼稚園で色んな「悪い言葉」も覚えてきて、悪態をつき始めましたが、病気でぐったりしている姿よりも悪態ついて元気な方がまだいいかな?なんて思ってしまいます。ゴールデンウィークはステイホームです。

    • 新型コロナウイルスワクチン接種に係る緊急要望の画像

      新型コロナウイルスワクチン接種に係る緊急要望

             市長からも前向きなお答えを頂きました。先週末に、高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチン接種について混乱をきたしたこともあり、みらい市議団でリモート団会議を開催し、市長にいくつかの課題となっているポイントについての改善を求めてきました。(4月28日に実施)予約コールセンターのアクセス改善はもとより、市民のみなさんへの丁寧な広報等、申し入れてきました。国からのワクチン供給量が安定的でないことも混乱している原因のひとつです。私たち議員も、これまで議会にて接種体制に万全を期すよう議論してきましたが、走りはじめたら近隣自治体と同じように川崎市も混乱している状況になっています。いずれにしても、私たち議員のところにも市民のみなさんからお問い合わせが多数きていますので、できる限り現状の説明と今後の方向性について情報発信して参ります。

  • 25Apr
    • なぜなに坊や②の画像

      なぜなに坊や②

         子どもの質問は、いつもストレートで難解です。(TT)我が家には、まだまだ言語が発達途上の4歳児君がいるのですが・・・。前回は、ニュースをみて「おおやけって何?」という問いに困らされました。今回は・・・。息子君:「パパ!コロナとへんいかぶってどっちが強い?」幼稚園生でも「コロナ」は病気で大変という認識はすでにあるのですが、最近、ニュースで「へんいかぶ」という言葉が飛び交っていますのでそこで覚えたようです。私:「コロナと変異株は一緒なんだけど・・・うーむ」妻:「変異株は、コロナが変形したのよ!」息子君:「シンカリオン、みたいに?」最近、息子君はアニメ・シンカリオンにはまっているのです。私:「そうそう。シンカリオンは、新幹線でしょ?で、新幹線にもE5系のはやぶさとかE6系のこまちがあるでしょう?だから、コロナウイルスにも、変異株っていって色んな種類があるってことさ。だから、どっちが強いっていうよりも色んな種類があるってこと。」息子君:「おお!!!分かった!」この説明でいいのか分かりませんが、納得したようです。子どもの素朴な疑問は、大人にははっきり言って面倒くさいです。(笑)しかし、イギリスのことわざに「ゆりかごを動かす母の手はやがて国をも動かす」とあるように、子どもの好奇心や疑問には、できる限り一緒に調べたり答えてあげられるよう向き合っていきたいと思います。

  • 24Apr
    • 新型コロナウイルスワクチン接種(高齢者対象)について(高津区版)の画像

      新型コロナウイルスワクチン接種(高齢者対象)について(高津区版)

      ワクチン供給量が国から段階的にしか入ってこないので、地域のみなさんにはご迷惑をおかけしています。高津区の多くのみなさんからお問い合わせを頂いているワクチン接種の最新情報ですのでご連絡いたします。本日(4月24日(土))より、ワクチン接種の予約(まずは、75歳以上の方から)が始まりました。すでに、市のホームページでは発表されていますが、「予約コールセンターや予約サイトにつながりにくい状況となっております。ご不便をおかけしておりますこと、お詫び申し上げます」とのことです。●予約について75歳以上の方 4月24日(土)8時30分~65~74歳の方 5月15日(土)8時30分~4月24日から受け付ける予約は、接種日が5月10日から5月30日までの3週間となっています。●予約可能数の見積りワクチンの供給状況等に鑑み、5月10日(月)から5月30日(日)までに見積もっている予約受付可能数は次のとおりです。① 集団接種 約 14,000 回② 個別接種 約 20,000 回※いずれも現時点での目安です。※予約が受付可能数に達した場合は、一旦、予約の受付が停止いたしますが、国からワクチンが供給され次第、予約受付を再開します。※今後、ワクチン供給量にあわせ、予約可能数は拡大する予定です。4月24日(土)からの予約開始当初は、非常に混雑が予想されます。当面の間は、ワクチン配分量が限られた中での接種となりますが、今後、ワクチン供給が安定的に行われる予定ですので、供給量に応じて順次、予約可能数を拡大していきます。以上が、本日24日付で市が公表している最新情報です。国からのワクチンがいっぺんに各自治体に届くのではなく、段階的に供給されるので、このような状況になっています。早く接種したい方もいらっしゃると思いますが、ご理解とご協力をお願いします。m(_ _)m市民生命に係る事業ですので、今後もできる限り最新の情報をお届けしたいと考えています。

  • 23Apr
    • 高津区諏訪の工場火災における有害物質の流出についての画像

      高津区諏訪の工場火災における有害物質の流出について

              今後も、ちょっと注視していきます。諏訪の工場火災に伴う六価クロムの流出について市からの続報です。市の発表では、現在までのところ住民のみなさんへの健康被害や多摩川の生態系への影響は発生していないとのことです。当局に確認したところ、本日23日(金)および26日(月)までに汚染物質の除去作業を完了させる予定とのことでした。市民のみなさんからお問い合わせがあったので取り急ぎご報告致します。

  • 20Apr
    • まん延防止等重点措置の画像

      まん延防止等重点措置

       国には、もう少しスピード感をもって対応して貰いたいです。国は神奈川県に対し、本日4月20日から5月11日までの22日間、まん延防止等重点措置の区域に指定しました。「まん延防止等重点措置」は、平時と緊急事態宣言の中間ってイメージですが、正直なところ効果があるのかないのかさっぱり分からないというのが、地元で活動している私の肌感覚です。「3密を避けて下さい。」、「手洗い、消毒、マスク等、引き続きお願いします」などなど、溝の口界隈ではまだまだワイワイされている方もいらっしゃるので周知を促していますが、なかなか厳しいものがあります。泥縄という単語があります。「事がおこってからあわてて対策を立てたり準備をしたりすること」ですが、大阪府から緊急事態宣言の要請が出たのですから、国は数日間おいて判断するのではなく、内部で調整した上で、速やかに発令するぐらいのスピード感が欲しいところです。市議会では、川崎市には看護短大があるので、「心苦しいしお願いするしかないけれども、若手の看護師さんにはコロナで人員不足の医療機関を助けて貰えないか?」と当局と議論した経過があります。医療提供体制が逼迫しているのは、民間病院の受け入れ問題だけでなく、それを担う医療従事者のマンパワーの問題も大きいので、政府には通常のカリキュラムではなく戦時のカリキュラムの下にマンパワーを補充するなど、感染拡大から1年以上経過しているわけですから最前線の医療機関をバックアップするためにも後方の「兵站」の整備をお願いしたいところです。市民のみなさんとお話をすると、ワクチンについてもそうですがコロナ対策の情報が十分届いていないことがモヤモヤ感を増幅しているように思えます。私もモヤモヤした中で仕事をしています。第○波が来るたびに同じことばかり繰り返すのは、そろそろ改善すべきと考えます。