明けましておめでとうございます。

みなさまにとりまして、しあわせな年でありますように。

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

さてさて、昨年末、ぼく(ハク)と鈴姉さんは、お母さんの年賀状作りに協力するように言われ

何枚も何枚も写真を撮らされました。

 

 

 

 

 

ちゃんとこっちを向きなさい!!

動くんじゃない!!

笑顔がない!!

 

いちゃもんばかりつけられて

ぼくも鈴姉さんもクタクタ。

 

やっとOKがでて、年賀状に採用されたのが

これ

 

 

 

きちんと務めを果たし

安心して迎えることのできたお正月。

 

 

 

・・・・ぼくは暗いです。

 

 

お母さんが、朝、おせち料理を並べながら、ふとぼくを見た途端、「うわああ~~!!」

と悲鳴をあげました。

 

なあに??

 

ぼくは全然気が付かなかったのです。

頭が焦げていることに。

 

 

だって、遠赤外線ストーブ。安全なはず。

じんわり暖かくて、ぼくはしょっちゅう、この前で寝そべってます。

 

だけど、このストーブ、早く暖めるときは、速暖ボタンがついていて、電気が点きます。

ぼくの頭は、そこに当たっていたようです。

 

「ハクの取り得は、真っ白な毛だけなのに!!」

 

おかあさんは、そう叫んで、ぼくの焦げた毛をハサミで切り始めました。

 

‥‥変わりません。

 

 

戌年なのに、散々なスタート。

ぼくは、この1年、大丈夫かな・・。