あいとゆうきのほんや(本屋)

あいとゆうきのほんや(本屋)

好きなことを何でも語り合う場~Tell me your something favorite~

Sunflower

心躍ることは何でも分かち合えばいい!
Everything makes me fun can be shared with you!


テーマ:
28日はお不動さんの日だった。
初めて縁日にお参りをする。
道々の屋台には、お餅や、お茶、
線香や暦、冬服や靴、鞄まで。
50代オーバーの店主たちと、
同じく50代オーバーと思われるお客たち。
大阪の巣鴨ではなかろうか(笑)

「お兄ちゃん、一口食べていきいな」
「来月から値上がりするんよ」
普段、何気なく聞いている商売用語が
耳元を通りすぎる。

売ったろって気持ちじゃなくて、
言うといたろって一言がお客の足を止めてた。
買うか買わないかより声を掛けるか掛けないか。
ほんまの商売人は、絡みたいか絡みたくないか。
それだけのシンプルな法則で動いている気がする。

今の私は人が嫌いになりかけている。
もう少しだけ時間をかけて、人間を取り戻そう。

お参りの帰り道にいつも本を1冊。
今日は「ランチのアッコちゃん」

バレンタインデーのチョコを渡すか渡さないかで、
正社員と派遣社員の間のいざこざに巻き込まれた三智子。
彼女が社外の先輩、アッコちゃんの運営するケータリング、
「東京ポトフ」を手伝う中で見つけ出した解決策。

他にも、3か月で退職した新入社員の玲美が
かつて在職中の会社の屋上にビアガーデンを作ったお話。
彼女はなぜビアガーデンを作ろうと思ったのか。

それぞれの主人公が知恵をひねる、機転を回す。
この主人公たちは他人に翻弄されているのかもしれない。
しかし自分を崩すのではない。

しなやかに翻弄されてみよう

ランチのアッコちゃん

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス