朝隈助産院だより

朝隈助産院だより

マイペースで更新します


テーマ:
とうとう、液体ミルクが販売される。どこまで、簡単に便利になるのだろう。使いなれたら冷たいミルクも飲まされるだろう。あれこれ考えると、心配ばかり。オギャーと生まれ出て、どの赤ちゃん👶もスタートは同じお母さんも幸せに包まれる瞬間、どこで、母乳とミルクの違いが来るのだろう。母乳育児があきらめられず
私のところに来てくれるお母さんも年々少なくなって来ているのも気になる、それでも母乳にしたいお母さんは後を絶たない。すっかり哺乳瓶になれ、なかなか上手に飲んでくれない。湧き出る瞬間、飲むのを止める。せっかく沢山出るのに、残念なことがたたある。スプーンで舌を前👅に出し練習してやっと湧き出る母乳を飲む、哺乳瓶でミルクをたっぷり飲んで、退院してくる。今糖水を飲んでる赤ちゃんも少ない。早くからミルクを瓶で飲む。完全母乳の赤ちゃんなんて、開業して30年お目にかかることが、ほとんどいない。人として、当たり前のことが出来ない世の中にどんどんなって行く。最近は、完母でなくても、もう少し母乳が出ればいいんですと言うお母さんもふえてきた。瓶と母乳は飲み方が真反対だから、赤ちゃんは👶どちらかしか飲まない。そんなに都合良くはいかない。なぜ母乳がいいのか、ミルクと違うのかわかっているのか、どうしたら母乳を上手に飲むのか、母乳が出るようになるか、お母さんたちがしっかり勉強して入院しなければ、あっというまにミルク育児が身についてくる。ミルクを否定しているわけではない。選ぶのは母親だ。母乳とミルクの利点欠点を知る権利かあるんじゃないか、母乳は栄養がない?障害がでる?何も知らない母はどうとらえるのか、病気で、何らかの理由で母乳を飲めない子はミルクはありがたい、大切な栄養源だ。しかしお母さんの立派な乳房があるのにのませてもらえない赤ちゃん👶の権利はないのか、つくづく最近考える。お母さんの負担になるから、母乳にこだわらないで、と簡単な育児法を第三者が容易に勧める。果たして、これからはじまる母と子の関係まで、責任を持てるのか、何才になっても紙オムツをはかされているこどもも気になる。もっと人として、母親として、育児法を教えてあげなければいけない時が来たのでは、先行きが心配だ。私も出来るだけ育児法を掲載して行きたい。


Ameba人気のブログ