ちぶれ。~育児と虫と化石の4コマ漫画~

ちぶれ。~育児と虫と化石の4コマ漫画~

札幌在住の男児三人の母。現在合気道と放送大学と化石と昆虫採集が趣味。息子たちと一緒に北海道で生き物と触れ合う毎日を過ごしています。


 

何故、袋に入るんだろう・・・。

 

屋内木工祭り、最終的には私がえらい機嫌悪くなって終わりました(笑)。

 

だって、だって寝かしつけの時間に旦那が電動ドリル使いだすんだもん!

 

あとオガクズが掃除しても掃除しても片付かない・・・。

 

子供に任せたら、この調子だし。

 

最終的には旦那に全部丸投げして私は寝てしまいましたが。

 

それにしても三郎君、君は何故袋を与えると中に入りたがるのかねえ。時々母ちゃん人間の子供を産んだのかどうか疑問に思ってしまう事がありますよ。

 

では、その木工で何を作ったのか?

 

それは次回でご紹介します。

 

2月8日にアウトドア仲間と家族で山に行きました。

 

その時の気温がマイナス5度だったかな~。とにかく地上がマイナス気温だったので山は当然もっと寒かった。旦那が仕事で不在だったので私が下二人を連れて冬山へ。耐寒訓練になるかと思いましたが、やってみると天気も良く楽しかったです。

 

翌日はチセネットのイベントで円山動物園に行ったんですが、これも旦那が用事あったので私が下の二人を連れて朝から閉園までずっと動物園に。イベント自体は屋内だったんですが、その前後はずっと外ですからね。

 

気温マイナス9.8度とか表示されていましたよ・・・。顔が寒いというより、既に痛いレベル。

 

疲れてるわ寒いわで当然、母ちゃんは翌日ダウン。

 

11日の祝日は私抜きで子供たちをどこかに連れて行ってくれ!と旦那に頼んだところ、「任せて置け、ちゃんとプランはある!」と頼もしいお返事でした。

 

で、行われたのが屋内木工祭り。

 

・・・何で?ねえ、何で屋内でノコギリ使ってるの?

 

ブルーシートを子供部屋に敷いているから大丈夫だってさ。

 

朝10時過ぎから始めて夜の9時30までずっとやってましたとさ。

 

大人と長男は部屋から出るときにオガクズ払ってから出てくれるけど、下の二人はオガクズまみれで部屋を出入りしていましたとさ。

 

当然、散らかるよね、オガクズ!(怒)。

 

三郎に至っては「かあちゃん、こんなの作ったの。見て~!」と言いながら

 

体にオガクズ付けたまま布団に飛び込んできやがりました。

 

母ちゃん、色んな意味で休めやしない・・・。

 

それでも父子揃って「楽しかった!」と言っていたので良かったです。

 

でも、二度と屋内木工はさせません。駄目、絶対(笑)。

 

 

長男の中学校では家に帰る門限は7時となっています。

 

と言っても別に守らないから罰則があるとかいうのではなく、単なる目安みたいなもんです。

 

昨今は物騒ですしね。

 

実際には塾など各家庭の事情などもあるので学校側から家庭に注意がいくことは無いです。

 

我が家の場合、長男が部活をしているので帰宅は7時までが目安。

 

旦那の方針で晩御飯はなるべく家族そろってからというのが基本なので、兄ちゃんが帰って来ないと晩御飯が始まらない。

 

でも、長男だって友達との付き合いがあるので遅れることもあります。旦那がいないこともありますしね。

 

この場合、「何で遅くなったの!」等と長男にイライラしても仕方がないです。

 

7時を過ぎたら晩御飯は下の二人と勝手に食べることにしています。でないと三郎が文字通り空腹で泣き叫ぶし・・・。

 

長男には7時過ぎたらテレビも先に観ているからね~と伝えてあります。

 

でも、それだけじゃ面白くないので

 

1)7時になったらチェーンロックをかける

 

2)長男が帰宅して入ろうとしてガチャガチャやっているのを眺めて楽しむ

 

3)「本日の営業は終了いたしました。またのご来店をお待ちしております。」とアナウンスする

 

4)「蛍の光」をフルコーラスで歌う

 

途中で「母ちゃん、いいから開けて!」と言われますが。いやあ、中学生を観察するのは面白いですね。

 

いや、一応ほら門限があるってことは罰則も設けないとね?

 

・・・嘘です。本当は面白いからやっているだけです。

 

でも、実際には長男が門限破りという程の事をやったことは殆どないですね。数分遅れる程度で。

 

一度だけ8時くらいまで夏場に帰って来なかったことがありましたが、その時の理由が

 

友達と公園で鬼ごっこして遊んでいたから。

 

そして今殆ど時間通りに帰ってくる理由が

 

お腹が空いて我慢できないから。

 

・・・君は小学生か?