メイクの魔力
メイクの魔力-H beaute

名古屋でパーソナル メイクレッスン サロンを開いています。


【パーソナル メイクレッスン】

3月…ご予約受付終了いたしました。
4月…ご予約受付終了いたしました。
2021年5月…3月30日(火)正午よりご予約受付開始予定です。


お申し込みお待ちしております。

メイクレッスン(名古屋) のお申し込みはこちら から。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ルナソル アイカラーレーション [Breezy Herb]

なんだか知らないうちに時間が経って久しぶりの更新ですが

何事もなかったようにいつもの感じで。

 

ルナソルの新色、この色は自分では使わないだろうな!と思っていたのに

割とよく使っています。意外。

ルナソル アイカラーレーション [12 Breezy Herb] [6,200+税]

 

淡い色だし紫入ってるし、イエベ秋の私には無理だろうな。

でも春っぽくてかわいい。ちょっとくすみカラーなところも素敵!

と、自分用ではなく

メイクレッスンの時に似合いそうな方に試してもらう用途で購入。

 

でも、似合うとは言えないけど使えないほどでもないし

このパレットで1日過ごしてみて

夕方になっても廃人のように疲れた感じにはならなかったから

きっとこの色は使う人を比較的選ばない色なんだろうと思います。

 

 

このパレットの中でやっぱり好きなのは右上のピンク。

すーっごくかわいい色です。

 

甘すぎず、かといって大人も使えるピンクとしては

かなり春らしい淡めの色なので

手にとるたびにちょっと気分が上がります。

ピンクとかつけちゃうんだからね、私!っていう感じで。笑

 

 

先日、ともだちから

「くすみピンクのアイシャドウでいい色ないかな?」ってLINEがきた時も

「ルナソルのこの色いいんじゃないかな?」って即お返事。

つけてる様子がイメージできたのできっと似合うはず。

 

 

 

マスクからも目元はよく見えますからね。

こういう春っぽいかわいい色で

やわらかい雰囲気の目元を楽しみたい季節です!

 

 

 

 

 

メイクレッスン(名古屋)のお申し込みはこちらから。

 

セルヴォーク ムードパレット

多機能なパレット、ポーチに入ってると便利です!

セルヴォーク ムードパレット [01Pink][4,000円+税]

 

このパレットは朝のメイクの時も使えるけど

持ち歩いてメイク直しに使うのが便利だと思っています。

 

まず!

私は、一番下のハイカバーコンシーラーが大好きです。

ほんの少しオレンジがかった濃いめの色がクマカバーにも向いているので

指でくるくると溶かすようにして温めながらとって

クマと頬の境目にぽんぽんとのせます。

目に近すぎるところは厚ぼったくなるからそこは避けて

クマと頬との境目にのせるのがポイント!

 

(朝カバーしたはずなのに現れてきてしまったシミを

カバーし直すのにもいい。

その時は指じゃなくてブラシを使って、ピンポイントでカバーしています。)

 

さて、クマをカバーしたら

その上に真ん中のライトファンデーションをうすーく重ね塗り。

こちらはコンシーラとして使うには薄づきですが明るさがあるので

ハイカバーコンシーラーの上に重ねるのにちょうどいい質感なのです。

 

一番上のムードカラーは

時間が経って、朝つけたはずのチークが

どこかに行ってしまった?はて?というときに。

パウダーチークを重ねると粉っぽくなりそうなところを

全く粉っぽくならずツヤのある自然な血色感をプラスしてくれます

 

本当に3つとも便利!

 

 

ただし、寒い時期に使うにはちょっと硬く感じるのが気になります。

指の温度で温めるようにして使わないと肌になじみにくいかもしれません。

ブラシで使う時も手の甲や手のひらに置いて

体温で少し緩めながら使った方が心地よく使えそうです。

多分、夏に使う頃には「ゆるすぎなくてちょうどいい」と感じるのかも!

 

 

 

メイクレッスン(名古屋)のお申し込みはこちらから。

 

NARS エアーマット リップカラー

カウンターに行くのかなり長い間自粛していたのですが

どうしてもこのリップの実物を見たくて、久しぶりにカウンターに行ってみました!

NARS エアーマット リップカラー [3,500円+税]

   [0037 ウォームベージュ] [0049 ディープレッド]

 

欲しい色たくさん!だったので迷いましたが

とりあえず2色を入手。

 

ウォームベージュはライトブラウンと呼びたくなるような深いベージュ。

私が最近よく使っている、テラコッタ系やブリック系よりも赤みの少ない色です。

なのですが、アイメイクが強めの時など1本で決まるので便利。

13日の発売以来、2日に1回は使っています。

 

ディープレッドは「秋冬の色!」って感じ。

サッと塗るだけで顔全体が明るく、かつ、締まるので

黒やネイビーなどのダークな色の洋服が増える季節にぴったり。

この色を使うなら、他のパーツは引き算したいですね。

 

 

さて、このエアーマットリップカラーは

その名のとおり、空気みたいに軽い質感。

チップで唇にのせた後に指でぼかして広げるのがおすすめですが

本当にするするのびて気持ちいいほど。

 

そうやって薄く軽やかにのびるのに、ちゃんと発色するし

(ステインぽい発色の仕方です)

マットな質感なので軽くティッシュオフするだけでマスクにつきにくい!

 

マットリップは今シーズン他でも買って愛用していますが

そちらは塗るときにマットリップらしい重めの質感なんですけど

このエアーマットリップは、まるでシアーなリップみたいなのび方をします。

それなのにちゃんとマット。

 

そしてふわっとした不思議なうるおい感が長続きするので

一般的なマットなリップカラーをつけている感覚とはちょっと違うかも。

 

マスクで隠れてしまうので口紅はあんまり売れていないと聞きますが

このリップは結構人気が出るんじゃないかなーって思いました。

 

 

 

メイクレッスン(名古屋)のお申し込みはこちらから。

 

セルヴォーク カムフィー ブラッシュ [07 キャメルブラウン]

顔色がよく見える綺麗な色のチークカラーも好きですが

主張せず顔の中に溶け込み

かつ、ちゃんと役割を果たしてくれるチークカラーも必要ですよね。

これはそんな一色。

セルヴォーク カムフィー ブラッシュ

     [07 キャメルブラウン] [税込3,850円] 

 

キャメルブラウンという名の通り

肌色にとけこむ、一見、主張のなさそうな色。

 

なので、普段ピンク系チークなどが多くてベージュ系のチークに慣れていない方は

「こんな色、つける意味あるの?」と思ってしまうかもしれません。

 

でも片頬に入れて片頬に入れない状態で鏡を見ると、その差は歴然。

やっぱり少しの陰影と少しの血色感がプラスされるだけで

顔全体に奥行きや生き生きした感じが現れてくるんですよね。

 

こういう血色を前面に押し出さないチークカラーは

アイメイクとリップメイクとのバランスをとるのに本当に便利で

目か口が主役!!という時にチークは引いてあげることで

顔がうるさくならない、いわゆる「抜け感」が演出できるのです。

 

 

メイクレッスンの時にも

「私は赤リップが似合わない」と思い込んでいらっしゃる方に

その似合わないと思って死蔵しているお手持ちの赤リップと一緒に

こういうベージュ系のチークカラーを合わせて使ってもらうと

「あら、案外このリップも失敗ではないかも」 ということはよくあって

リップとチークの組み合わせ方って、思っている以上に重要なのかもしれません。

 

しっとりした質感もこれからの乾燥の季節には嬉しいところ。

ベージュ系のチークをお探しの方は、ぜひお試しを!

 

 

 

 

メイクレッスン(名古屋)のお申し込みはこちらから。

 

眉マスカラって必要?

メイクレッスンのときに、眉マスカラをほんの少し使うことで

一気に顔があか抜ける!という場面があります。

眉マスカラは特になくても支障がない場合もありますが

髪のカラーリングによっては使った方が断然いい場合も多いんです。

 ヴィセ インスタント アイブロウ カラー [BR-2,BR-3,BR-4] [880円(税込)]

 

ヴィセのは全部で5色。

そのうちの3色を購入してみました。

 

眉マスカラって全部似たような感じに見えて、同じブラウンでも結構色が違うんですよね。

メーカーブランドによっても様々です。

なので、自分に合った色を選ぶことがとても重要。

基本的には髪のカラーリングに合わせて選びます。

(「青」や「シルバー」などの髪色の場合はケースバイケースで合わせます)

 

 

 

眉色を髪と同じか髪より濃い色にすると

顔の中で眉の存在感が増すので

「意志が強そう」とか「キリッとしてる」というイメージになります。

 

一方で髪色よりもワントーン程度明るくすると

顔の中にスッと馴染んで目立ちすぎず

そうなることで顔全体の印象が柔らかくなるんですよね。

 
 
 

なので、プレゼンなどでキレものの印象を残したいのであれば

眉は少し暗めの色の方が「しっかりして信頼できる人」という印象になるだろうし

デートなどでかわいく優しい雰囲気にしたいのであれば

髪色に合わせ、かつ、ワントーンくらい明るい仕上がりにした方がやわらかいイメージに。

 

その時にパウダーやペンシルの色を明るくして眉の色を明るくするのも大事だけど

結局、自眉の色はカラーリングしていないと黒っぽい色なので

「自眉が少ないところと多いところに色の差がある」

ちょっと違和感のある眉になりがち。

 

少しの色の差は程よいグラデーションになるけど

色の差がありすぎるとなんとなく不自然な仕上がりになってしまいます・・・。

 

 

そこで!!

眉マスカラで自眉をコーティングして明るい色に整えると

毛の色から自然でソフトな印象にするために有効なのです〜。

 

 

 

さて、眉マスカラ選びで大切なのは「合う色」選びですよ〜と書いてきましたが

もちろん最優先は自分に合う「色」なんですけど

実は眉マスカラの「質感」も合う合わないがあります。

眉マスカラの液が緩めのものやかためでボリュームがあるもの

マットだったりパールが入っていたりいろいろあるのです。

 

なのでレッスン時には眉の毛の質に合わせて

眉マスカラの質感も変えておすすめしています。

たくさんの中から自分1人で選ぶのムズカシイですもんね。

 

このヴィセの眉マスカラは毛量が多いしっかりした毛質の人にも

毛が細くて量がそれほど多くない人のどちらにもおすすめできる中間の質感。

自分に合う色がこの5色から見つかれば

「失敗・・・」ってことはまずないんじゃないかと思いますよ!

 

 

 

 

 

 

https://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryinsertinput.do

 

 

 

 

 

 

 

 

メイクレッスン(名古屋)のお申し込みはこちらから。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>