ヴァイオリニスト・作曲家 山﨑千晶 

ヴァイオリニスト、作曲家  千晶のブログ。
演奏法や、コンサートにまつわるエピソードなど、
いろいろな演奏家との出会い、演奏者の面からの感想、
今までのコンサートの思い出など、
音楽シーン盛りだくさんの内容でお届けします。


テーマ:

私のところに来ている

まったく最初からの

5歳児にさてどう教えようか、

私にとって結構な課題です。(><;)

まったく最初といっても

もう3か月も来ています。

それなのにマトモに弓を

持たせてない、まだ放置(><;)ヤバイ

とりあえず歌なんか歌わせて。。


さすがにマズイと思い、

このブログで紹介している

Z.ゴラ先生の初心者のための

教本があって、そこにまたまた

ちゃんと弓の持たせ方が

写真付きで載っていました。

 

自分の研究も兼ねて、

ここで訳します。

 

<弓の持たせ方>
右手のすべての関節は

小さなボールをつかんで

いるように丸くなっている。(obr.4)

 

 

親指の指先は写真5のように
フロッグと黒革の間に

ひっかける。

中指は、親指のちょうど

真上ぐらいの位置にある。

 

 

まずは親指、中指、

薬指で弓を持っている。

なので写真6のように

この3本指は一緒にある。

 



人差し指と中指の間と、

薬指と小指の間は

少しはなす。

そうすると人差し指が

弓からちゃんと圧力を

かけることができ、

そうするとよりしっかりと

音を出せる。

 

小指は逆に弓をちょっと

なでるぐらいに軽くし、

そうすることで音の

強さを弱めることが出来る。

 

重要なのは人差し指の

第2関節が弓のロッドに

さわっていること、
そして小指の指先アタマが

ロッドにさわっていることである。

(写真7)

 

次。
<弓を使わないで弓の持ち方の

準備練習>
1.手首と指を動かす

 

右腕を胸の辺りまで持ち上げ

手首をダランとさせる。
(obr.8a)

 


(obr.はチェコ語で写真の意味)

 

ダランと下げた手から今度は

手首を動かして手を上に上げる。

その時、指を閉じる。(obr.8b)

この手首の上げ下げをゆっくりな

テンポで行う。

 

.同じ動きを親指の指先を

第2指につける

 

この練習は動きとしては同じだが、

親指の指先を中指の第1関節に

つけたままにして行う。

(obr.9a,9b)

 

弓を使って練習>

1.指を弓に置く

左手で弓のねじまきの辺りで

弓を垂直につまんで次の

順番で持つ:

1、親指(obr.10a)


 

 

2.中指、薬指




3.人差し指、小指

 

これを外してゆくときは、
まず最初に親指、それから

他の指を外す。
まずこの最初の練習は

ひとつひとつ1,2,3、と

分けて行う。

そうすることで正確に

弓の持ち、きれいな

指のフォームをつくることが

出来る。

 

 

この教本はたくさん説明書きが

あって、先生はそれを読めば

ある程度無理なく

生徒に楽器のかまえと

弾き方を教えることが

出来るようになっています。
とはいえ、チェコ語をちゃんと

読むのはモチベーションが

なければ私もめんどくさい。。(´・ω・`)

 

このブログを読んでくださる方に、

きっと役立てると

思うと、やる気も多少出ます!

またすぐに、更新します。

 

なお、もし動画が

あると良いと思われる場合、

リクエストくだされば、動画も

作ってみますね。

 

やることいっぱいあるなぁ。。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。