◎期限を細かく切って振り返る



おはようございます。

不登校の子を持つお母さんに寄り添う

全肯定心理カウンセラーのちすです。


朝のコーヒーをゆっくり飲む時って

ほんとに多幸感に包まれます。

しあわせ〜♪




不登校のお母さん達の話を聞いていると

みなさん口を揃えて


このトンネルはいつまで続くのだろう
このトンネルはいつ終わりが見えるんだろう


と不安になられている方が多いんすね。




はい

私もそのひとりでした。




いつ終わるんだろう
どうやったら早く抜けられるだろう


って

当時は様々な情報を

漁りまくっていたんですよね。



まあ正直なところ

不登校の子供への関わり方は

いくらでもあります。

ただその中で

どのやり方が我が家に一番合っているのか

しっかりと見極める事は必要になるんですよね。



見極める為にも

親自身が色んな情報を得ることも

一つの方法かな。



現状を変えるためには

行動を変えないと変わらないんです。

その変えた行動も

ある程度継続しないと

現状の変化までに到達しない。



本当にこのやり方で合ってるのだろうか
いつまで続けたらいいんだろうか


と見えない出口

見えない変化に

気が遠くなってしまいます。



そんな心折れそうな時のコツは
⬇︎⬇︎



【期限を細かく切って振り返ること】



をオススメします。

例えば

1ヶ月前の子供の状態と
1ヶ月続けてみた後の子供の状態

何か変化していませんか?

その時に何か少しでも進化してる気配があれば

そのやり方は子供に合ってる可能性がある。

そして、大事なのは

1ヶ月続けてきた親自身の頑張りを

しっかり労うこと!



そこ案外スルーしがちですが

1ヶ月の成果を

しっかり喜んで

しっかり労って

そしてつぎの1ヶ月をまた頑張る。



そうやって

細切れに成果を見ていくと

小さい変化も確認できます。



闇雲に終わりないトンネルを進み続けるよりも

格段にやりやすいです(^_-)



是非お試しくださいね。


***


募集中のイベント
⬇︎⬇︎





*満席になりました。キャンセル待ち受付中です。