ベビちゃんの適応値

テーマ:

世界中のママ、パパ、子ども達が

ごきげんでいられますように。

感情コミュニケーション専科

アンドユニーク高山りか です。 



先日のSTR入門講座でのこと。


講座に一緒に参加していたベビちゃんがちょっとだけぐずってたので、ママから預かって抱っこしながらの講座進行ウインク



STRコミュニケーションオフィサーの

門松貴子さんが撮ってくれましたキラキラ


こんなこともありキラキラウインクなのが、

私のSTR入門講座なのですが、


いつもこうするわけではないのです。


ママさんとベビちゃんのSTRスコアを診てから判断してます照れ



今回のベビちゃんとママは〇タイプ



〇タイプのママさんからベビちゃんを預かる時は、心配りが必要です。


初めましての〇タイプのママさんは、ベビちゃんが自分から離れるがストレスになるかもしれません。


今回のママさんは3回目の再受講であり、




私との関係性もしっかりしていたので、そこはクリアキラキラ

同じく〇タイプのベビちゃんにもママの安心感が伝わりますラブラブ

そして一番大事なのは適応値


私より20以上低い適応値のベビちゃんの場合は、私は講座中に抱っこすることはありません。

ベビちゃんにストレスがかかるからです。


今回はベビちゃんの方が私より40以上適応値が爆笑でしたので、問題なく抱っこウインク


適応値40以上上なので、

抱っこしながら、そして耳元で結構大きな声で講座を続けても、

私の肩に顔を預けてうつらうつらとリラックスラブラブ



別の講演会ではこんなことがありました。


主催者様が託児を準備してくださっていたのですが、グズグズのベビちゃんを預けることが出来ず、ママが抱っこしながら会場に遅れて入ってこられました。


ママとベビちゃんのSTRスコアを診させてもらうと、ベビちゃんが超パワフル適応値!!


ママさんとの適応値の差(ママさんが下)も相当ありましたアセアセ



少しでもママさんにベビちゃんと離れる時間を取ってあげたい。



そう思った私は、後ろに控えていたスタッフの方の適応値が同じく超パワフル適応値だったことを思い出し、

急なお願いでしたが、そのスタッフさんにこのベビちゃんをしばらく抱っこしてもらいました。


するとグズグズが少しづつですが落ち着いてきて。


その後、廊下の自動販売機の物音でまた目を覚ましてしまったようですが、


「他の人に抱っこされても普段はなかなか落ち着かないのに、こんなに落ち着いて抱っこされたのは初めてです。」


と、ママさんに言われたようですニコニコ



私のSTR入門講座は基本お子様連れOKです。


でも託児等はありません。


STRスコアを診させていただいて、可能な限り対応をさせていただいてます。


お気軽にお問い合わせくださいね。



『STR入門講座』

次回開催予定

7月16日(火) 

9時~12時半

鹿児島市鴨池会場

(鹿児島県庁近く)

ですウインク