MINI  CLUBMANと過ごす日々 MINI  CLUBMANと過ごす日々

BMWグループのMINIは12月19日、2011年1月10日に開幕するデトロイトモーターショーに、MINI『ペースマンコンセプト』を出品すると発表しました。
同車は、MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)のクーペバージョンで小型車セグメント初のスポーツアクティビティクーペを提案する。

プラットホームはMINIクロスオーバーがベース。フロントグリルはMINIクロスオーバーの「クーパーS」グレード用と基本的に共通デザインだが、バンパーは専用デザインとした。
足元には19インチホイールを装着。窓回りの処理は、「ヘルメットルーフ」と名付けられ、ピラーをブラックアウトすることにより、ガラス面が連続してボディを一周しているかのように見せる効果を発揮している。


 MINI  CLUBMANと過ごす日々

MINIクロスオーバーとの大きな違いは、リアから見た姿かもしれない。専用デザインのテールランプやコンパクトなウィンドウが、ペースマンコンセプトの個性を主張している。
ボディサイズは、全長4110×全幅1789×全高1541mm。MINIクロスオーバー(全長4110×全幅1789×全高1561mm)と比較すると、長さと幅は共通で、全高は20mm低められた。

エンジンは、直噴1.6リットル直列4気筒ツインスクロールターボ。最大出力211ps、最大トルク26.5kgmを発生し、オーバーブーストモードでは、最大トルクは28.5kgmに引き上げられる。駆動方式は、「オール4」と呼ばれるフルタイム4WDだ。
MINIペースマンコンセプトは現時点ではコンセプトカーだが、BMWグループは「市販に向けて開発を続ける」と宣言。ハッチバック、『コンバーチブル』、『クラブマン』、『クロスオーバー』に続く、第5のモデルバリエーションになりそうだ。


 記事・画像はResponseより
2011年のダカールラリーに参戦するMINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)。その写真が公表された。

MINI  CLUBMANと過ごす日々 MINI  CLUBMANと過ごす日々

MINI『ALL4レーシング』と名づけられたラリーマシンは、ドイツの「X-Raid」チームから参戦。エンジンは前回のダカールで4~5位入賞の実績を持つBMW『X3』のラリー仕様と共通で、3.0リットル直6ツインターボディーゼルは、最大出力315ps、最大トルク72.4kgmを引き出す。

第33回ダカールラリーは2011年1月2~16日、南米アルゼンチンとチリを舞台に開催。このラリーカーは現在、フランスで最終テストの最中だ。公表された写真からは、迫力を増したMINIクロスオーバーの姿が確認できる。


記事・画像はResponseより

BMWグループのMINIは30日、パリモーターショーにおいて、『MINI WRC』を初公開した。

MINI  CLUBMANと過ごす日々 MINI  CLUBMANと過ごす日々

MINIは2011年シーズンから、WRC(世界ラリー選手権)に参戦。そのためのマシンとして、MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)を選択した。同車は1.6リットルターボ+4WDと、FIA(国際自動車連盟)が2011年に導入するWRCの新レギュレーションに、ぴたりと合致する。

今回、マシンの車名にはカントリーマンの名を冠さず、シンプルにMINI WRCと決定。直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンと、「オール4」と呼ばれるフルタイム4WDのコンビネーションだ。

トランスミッションは6速シーケンシャル。マシンの開発や組み立ては、英国の名門、プロドライブが担当する。MINIは2011年のWRCを準備期間と位置づけており、全13戦の6戦に出走予定。2012年シーズンから、フル参戦体制に移行する計画だ。

初公開されたWRCマシンは、MINIクロスオーバーが、迫力満点のラリーマシンに変身した。エアロダイナミクス性能を向上させるリアウイングや、スパルタンなコクピットなどが確認できる。

BMWグループのイアン・ロバートソン取締役は、「パリでのワールドプレミアは、MINI WRCにとって最高のタイミング。WRC参戦を発表して以来、世界中のファンからエールが届いている」と語っている。



MINI  CLUBMANと過ごす日々 MINI  CLUBMANと過ごす日々

記事・画像はResponseより