catnapping*

catnapping*

陽だまりの中でのうたた寝がず~っと続くといいね。

長い経過記事にお付き合い頂き

ありがとうございますね(*^-^*)

 

初七日までに書きたいと思ってたのに

グズグズしてたらすっかり過ぎてしまいました(笑)

 

(2008年のなふなふ 丸いな^^)

 

あの時こうしていればとか

もっと上手にサポートできたのではないかとか思ったり

なふなふがいない空間や日常は寂しくて

時折涙がぶわぁーっと出てきますが

 

でもでもね。

 

夢の夢だった15歳になってくれ

年末から少しづつ私に心の準備をさせてくれ

2人でちゃんとありがとうって伝えられて

苦しい時間少なく旅立ち

 

(ベランダでの日向ぼっこが大好きだったね)

 

命日はなんと主人の誕生日とも同じ20日

(忘れっぽい飼い主を思ってなんだろうなぁw)

しかも2020年2月20日!

なんて覚えやすいの~~笑い泣き

 

葬儀でも随所に笑いをちりばめてくれるなふなふsan(笑)

お経が似合わないなぁ~と笑

手に数珠を持って登場して また笑

お骨がしっぽの先からあんよまで

ぜ~んぶ綺麗に残ってて泣き笑い

泣かないで。笑顔。笑顔。って言ってくれてるみたいだったよ。

 

翌日からは3連休でゆっくりと過ごせれる。

この気配りの行き届いたことったらねぇ^^

 

もうね。

なふなふからのメッセージがてんこ盛りなのですよ。

 

おかけでやっぱりこの日に旅立つ予定だったんだってねって

悲しいのは悲しいんだけど

予定通り上手に旅立てて良かったねと思え

想像していたよりは元気に過ごせていますおねがい

 

(豆地蔵さん 長い間守ってくれてありがとう)

 

私の大好きだったブログに

虹の橋は遠くにあるのではなく

私たちのすぐそばに

もしかしたらおでこの上3cmのところにあるのかもしれない

って書かれてたのだけど

 

 

外に出て目線を上げると

青い空が見えて気持ちが明るくなれるの。

 

きっとなふなふはこんな風に↓

おでこの上からちょこんと覗いてくれてるよね。

 

なふなふ大好きだよ❤

 

最後に骨壺の写真を。かわいいので(笑)

苦手な方はここで回れ右ですよ~。

 

 

 

 

 

 

気に入る骨壺袋がなかったので

うさ帽とマフラーでおめかし♪♪

小さくなってもなふなふ

やっぱりかわいいニコニコ

 

みんにゃ ありがとうね❤

 

2月19日

お刺身を柔らかくたたいた物を顔の前に持っていくと

匂いを嗅ぐ仕草をするので口の中に入れていました。

嫌と言った時点でお終いにしてたので

小指の先程度の量も食べれなかったけど

ちょっとでも興味を示してくれ口にできた時は本当に嬉しかったなぁ。

 

食べれなくても鰹節の出汁だけは

ゴクゴクとスポイトで飲んでくれていたのですが

この日は舌が麻痺したような感じで上手に動かせない様子。

 

とろみをつけてみようかとも思ったのですが

口に食べ物やスポイトを近づけるだけで

気持ち悪そうにしてオエッとなったので

ヨーグルトに混ぜていたアゾディルも

胃薬も鰹節の出汁も全部止める。

 

点滴と鰹節の出汁だけでよく頑張ってたね。なふなふ

 

2月20日

(膝の上で寝てるなふなふsan  2/19)

 

前日までは自分でソファの所まで

ヨタヨタしながらもやって来て

膝に乗りたいと伝えてくれてたのですが

この日はもう歩く力はない様子だったので

抱っこして居間に連れて来て膝の上で寝ていました。

 

15時頃  膝から降りたそうにするので

トイレかな?とトイレに連れていくが

首を上げておけずトイレ砂に顔が埋まってしまい

驚いて横に敷いてあるトイレシーツに寝かせると

嘔吐が始まり口呼吸をし始めました。

(これまでもトイレの度に嘔吐がありました。

食べてないから何もでないの。

トイレ以外では嘔吐なし。

口呼吸をしたのはこの時が初めて)

 

でも落ち着いてくれたので

トイレシーツの上ではかわいそうで

ベッドにそぉーーっと連れて行き

静かに一緒に過ごしました。

 

(下におねしょシーツを敷いています 2/20)

 

21時過ぎ 主人が風呂に入ってから

なふなふとゆっくり過ごしたらと言うので

落ち着いているように見えたので

なふなふに声をかけてお風呂へ。

 

お風呂から戻ってみると

失禁してぐったりしてるなふなふ

 

おしっこが出て良かったねと言いながら

濡れたシーツを取り換えて

綺麗なシーツの上に寝かせ

身体も綺麗にしようねと拭くと

深呼吸するような大きな呼吸が始まりました。

 

お昼のように落ち着いてくれるかとも思ったのですが

何度も深呼吸をするので

もう旅立つんだね

なふなふの旅立ちを邪魔してはいけないと思え

 

頑張らなくていいんだよ。

ありがとうね。

大好きだよ。と

自然と口にすることができ

泣きながらではありますが

たくさん大好きだよを伝えられたと思います。

 

お風呂に入っている間に

発作があったのかどうか分かりませんが

もし発作があったとしても

お風呂に入ってる数十分の間だったことを思うと

苦しい時間が少なくと祈っていた私に

見せないというなふなふの配慮なんだろうな。

 

眠るようにとは言えませんが

お風呂の時間も長くなかったし

旅立ちまでの苦しい時間はそんなに長くはなかったと思います。

(念のためにともらってきてた座薬も使わずでした)

 

前日まで自分の意志で膝に乗ってくれ

夜は今まで通り一緒にベッドで寝て

(もう足に力が入らないのにベッドまで来て登ろうとするの。

どうしてもいつもの場所で寝たいんだね)

 

なふなふからも大好きをいっぱい伝えてくれたので

この日がなふなふが決めた旅立ちの日だったのだと心から思えました。

 

最後までかわいいかわいい孝行娘のなふなふでした。

 

(2010年の写真) 

一緒に過ごせて幸せだったよ。

ありがとうねおねがい

最初の画像が表だと残念過ぎるので(笑)

1枚懐かしの写真を挟みます^^

カープ応援中のなふなふw

 

2月15日

病気になってからずっとノートに記録していたのですが

この頃は表にもしていました。

12日にキドナを止めたので一気にカロリー数が減ってますね。。

 

2/14日に「食べていない+尿量が減っている」のに体重が増加してて

心配になったので人間だけA病院に行ってきました。

 

女医先生がいらして

(先生の猫ちゃんも腎不全で歩けなくなってきたそうで)

なんだか猫飼いさんトークのように

うんうん。分かるよ。分かるよとたくさんお話を聞いてもらい

食事のことやお世話のことなどたくさんアドバイスも頂きました。

 

胸水や腹水が怖くて点滴の量を減らしたことを伝えると

膀胱に尿が溜まってての体重増加かもしれないので

体重だけではなく尿の回数など総合的に考えた方がいいよ。

脱水しているなら尿量×1.10くらい入れても大丈夫だと思う。

と言われたので15日以降は表に回数も記入していました^^

 

全く食べなくなった話をすると

舌の動きや飲み込みが悪くて食べれなくなってるのかもということで

マクロのたたきやヨーグルト、プリンなど

柔らかくて口どけの良さそうなものを

試してみるようにアドバイスをもらい

少しでもミネラルを取れるようにと

点滴に入れるビタミン剤を出して下さいました。

 

A病院は獣医さんも看護師さんも本当に温かく優しくって

結果が悪くても辛い時でも元気になって帰れるそんな病院でした。

 

この日もまだ私にできることがあると思えて

なんだか笑顔になって帰れたんですよね^^

 

 

2月17日 A病院往診

15日女医先生に

腎不全と貧血どっちが苦しくないですかと尋ねると

両方ある方が辛いんじゃない?と言われ

そりゃぁそうだなと思ったので

ネスプ注射のために往診してもらいました。

 

往診だと顔が穏やかだね。

元気そうで良かった。

(前日に便が出たので)すごいね。頑張ってるねと

たくさん褒めて頂き嬉しい1日でした^^

1月27日 B病院へ

点滴を増やすことになったので

心臓の状態を再確認したくB病院へ行く。

 

エコーの結果は心臓は問題なし。

腎臓は正常だった方にも拡張所見あり。

年末に熱が出たのは

やはり腎盂腎炎だったのかもということで

尿検査をすることになりました。

細菌検査はマイナス。

尿糖が出てたので次回血検の時にGLUを計ることに。

 

この時期のなふなふsan

爪とぎが切れたので直してる最中

わたちのよ~と言わんばかりに

分解されたタワーに登ってるの^^

 

2月4日 A病院へ

ネスプのタイミングをみるために通院。

PCV 19→26→27

ちゃんとネスプには反応してくれていました^^

腎臓の数値は悪いけどそれでもホッと一安心。

 (これまでの血液検査はこちらへ

 

2月12日

後ろ足が踏ん張れなくなる。

キドナも見るだけで吐くようになったので止めるが

ビオナチュレだけは舐めてくれてました^^

 

尿毒症のにおいがし始めたので

今後のことを考え吐き気止めと座薬をもらってくる。

点滴を朝、晚に分けて入れることにする。

薬はフォルテコールは止めて

胃腸薬(ファモチジン)と心臓の薬(アテノロール)のみにする。

アゾディルはビオナチュレに混ぜて舐めてくれるので継続。

 

今年に入り飲み込みが悪くなったので

投薬回数を減らすため

オブラートでまとめて投薬していました。

(写真はフォルテコール・心臓の薬・鉄剤)

 

②へ続きます。

なふなふsan旅立ちました。

 

皆様のあたたかな愛と大きな祈りのおかけで

上手に旅立ってくれたと思います。

本当に本当にありがとうございました(*^-^*)

 

 

このブログを始めたのは

若くして腎臓病になって悲しい気持ちの中にいる方々に

病気があってもゆるゆると楽しく過ごせてるよ~と

お届けしたかったからなんですよね^^

 

それと同時に

これまでたくさんの闘病ブログを読ませて頂き

特に詳細に血検の結果や経過を書かれていた方のブログは

ありがたくありがたく読ませてもらい参考にもさせてもらってきたので

なふなふの血検や経過もなるべく詳しく書いてきました。

 

でも、ここ最近の経過は下書きのままになってしまっていて・・・

中途半端になってしまうのもなんだか悔しいので(笑)

かいつまんでこれまでのことなど書いておこうかなと思います^^

 

長くなるので次の記事に続きますね。

もうしばらくお付き合い頂けると嬉しいです^^