職場で毎日朝礼があるのですが、持ち回りで1分間スピーチをしています。
私の部署は老若男女(?)バラエティー豊かなメンバーなので、テーマも子どものこと、お気に入りのレストラン、体力増進、最近読んだ本、地域のお祭、家電、占いなどなど多岐にわたります。
このスピーチを心の中で同通しています。
等身大のスピーチなので、日本語的な用語や表現が満載です。
例えば、仏壇、韓流スター、甲子園大会、町内会の寄り合い、台湾風かき氷、地元愛、中高一貫教育、隠れ家的レストラン。
すぐに出せなかったものは、後で言い方や表現を調べます。
 
今日のテーマは『そば』で、「お国ごとに特徴があって、ブランドになっているものもありますが、私は歯ごたえもまずまずでシコシコしたものが好きで・・・」とスピーチは続きます。
 
日本語で聞いていたら何ともない話でも、いざ、話すスピードにおいていかれずに英語にしようとすると難しいです。
細かい枝葉までは訳せず、コアのメッセージを出すので精いっぱい。まったりとした朝礼の中、一人でひそかに悶絶しています。
 
「歯ごたえ」といっても、何に対しての歯ごたえかで、おのずと使うべき単語も違いますよね。
辞書で調べただけでピンとこないときは、英語らしい表現を探してみます。
 
リサーチしていると、ありました。
日英ですぐ出せなそうな表現がたくさん。
 
Let the water return to a boil, then reduce the heat a little.
Pull out one noodle from the pot to check for doneness.
Try soba bundled into little nests.
100% buckwheat soba noodles tend to be brittle
Thin a bottle of concentrated tsuyu out with water.
 
 
おもしろ~い!とリサーチはエンドレスに続きます。
 
ちなみに、スピーカーの「歯ごたえ」は、このメーカーのそばの歯ごたえが好きです・・・という文脈だったので、Al dente textureなんかはどうでしょうか。