また話は宋に戻ります。

 

宋の時代になると、


この『百丈古清規』は

すっかり衰退してしまい、

それを遺憾とした雲門宗の

宗賾そうたくさんが、

当時叢林古刹などを調べあげ、


現存する最古の清規『禅苑清規』

ぜんおんしんぎを

1103年(日本は平安時代)記されました。


 


栄西さんが

宋で学んだ頃の禅林ではすでに

この「禅苑清規」が

用いられていたと考えられており、

その中には現代の茶の湯の原型と

考えられている「茶礼」がありました。


「禅苑清規」の中では「点茶」という語が

使われています。




栄西さんの後も、

永平寺を開創した道元さん、

大徳寺を開創した宗峰妙超さんの師の

南浦紹明さんなど、

 

宋へ留学した僧が続き
「禅苑清規」が、日本の禅宗と

茶の湯の成立に大きな
影響を与えたと考えられています。




第七章へと続く


沼尻宗真