象の背中 | Fancy days

Fancy days

++ 崖っぷち負け人生克服 ++


テーマ:

象は、自らの死期を察知した時、
群れから離れ、死に場所を探す旅に出るという。
わたしの母親は以前ガンの手術をした。
だから、どんなもんかな?泣けるかな?
とおもってわくわくして出かけた。




末期がんに冒された藤山役を役所広司
その妻美和子今井美樹が演じている。
幸弘の仕事仲間で青木悦子を井川遥が演じている。




ケミストリー舞台挨拶ということで、会場はかなり混み合っていた。
ておっちが先に会場へ行って場所取りしてくれていた。
そうじゃなきゃ座れないかも・・・って思ったから。
実際はそうでもなかった。
確かに混み合ってたけど、サイドはがらがらだったから(笑)




で、ケミストリーは出てきて何をやったかというと、
出演もしてないので、映画について語ることは出来ず、
自分たちの歌について延々語って帰っていった。
何しにきたの?
せめて歌えば来た意味はあると思うけど・・・




個人的に同じ象の背中をテーマにした
『旅立つ日~完全版』というタイトルの歌のほうがいい歌だと思った。
ライブをやって聞いていたおじ様たちがが泣いていた。
その映像を見て泣けてきちゃったよ。


旅立つ日 完全版~象の背中(初回盤)(DVD付)
¥1,170
Amazon.co.jp







ネタバレ







愛人かよ!
井川遥が出てくるたびに感動が薄れた。
原作では彼女の役割は大きいかもしれないけど・・・
家族より先に打ち明けるんだ?
ホスピスに呼んじゃうんだ?
彼女が関わってくると、嫌な気持ちになった。
いない方が良かった。




そして
『今までに出会った大切な人たちと直接会って、
  自分なりの別れを告げることを決意する』
はずが2人にしか会ってないよ?
偶然もう一人あったけどさ・・・
手帳にはあんなにいっぱい名前がかかれてたのに。




家族とのシーンは確かに泣けるんだけど、
井川遥がいるからなあって思ってしまうと・・・
かわいそうだった、家族。
特に今井美樹が・・・
直接対面だもんなぁ。
ぜったい分かってるよなぁ。
あー、やだやだ。
病気の本人も苦しいだろうけど、
なんか、因果応報な気がする。




空や海をうつすシーンでシーンが変わる。
病状の悪化で時の経過が分かる。
○ヵ月後・・・っていう表示が無いから一気に悪くなったように見えるシーンも多々ある。
意識してないと辛いかも。




いちばん泣かせてくれたのは岸辺一徳だった。
スイカを食べながらの名演。
思い出すだけでもクル。泣





ブログネタ:オススメの映画は?~クチコミ映画祭開催中! ~

クチコミ番付参加中




象の背中 (扶桑社文庫 あ 11-1)/秋元 康
¥650
Amazon.co.jp

象の背中/秋元 康
¥1,575
Amazon.co.jp

象の背中 1 (1) (BUNCH COMICS)/秋元 康
¥530
Amazon.co.jp

象の背中 天女篇 上巻 (MFコミックス) (MFコミックス)/たなはら りうら
¥620
Amazon.co.jp

象の背中 天女篇 下巻 (MFコミックス) (MFコミックス)/秋元 康
¥620
Amazon.co.jp

象の背中~はるか (フラワーコミックス)/秋元 康
¥500
Amazon.co.jp

翔べない翼―「象の背中」あの人の面影/秋元 康
¥683
Amazon.co.jp

象の背中秘密 (WINGS COMICS)/御徒町 鳩
¥557
Amazon.co.jp

ちゃてぃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス