♪ IN MY LIFE ♪〜ドイツ・フランクフルトの窓からみた景色♪〜

フランクフルト生活
楽しく奮闘しております。

ドイツ・旅行・音楽・オペラ・グルメ•ときどきビートルズ&サウンド・オブ・ミュージック便りをお届けいたします♪


テーマ:
相変わらず歌い続ける!



いやー!愉快だった!!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

週末の山ごもり合宿の風景♫
練習後の打ち上げは、こんな感じでずっと歌ってましたー。

日が明るいうちから暮れるまで♫



‥といっても、もう夜の9時半すぎてるけど!

近所に住む大好きなレナータのバースデー♫







ドイツ民謡を歌うみなさん。
日本語では
♫グーチョキパーでグーチョキパーで何作ろー♫
ですよね!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


‥さて。
素晴らしい歌の先生と出会ったお話やそのきっかけについて書きました。


そしてその方が、
私の大きなオペラアリアを伸び伸びと歌いたい欲を満たしてくださる先生だということも前回書き記しました。


今回はその続編なのですが、



実は24歳で
それまでのソプラノからメゾソプラノに転身した私。


おかげで中声域は鍛えられたけれど、
大学時代まで頑張っていたソプラノの素晴らしいアリアたちは封印となり、
私はメゾソプラノとして再スタートを切ることになりました。
(カルメンとかズボン役とか。)



しかしながらその前の大学時代、
プライベートでついていた先生には、
いずれは日本ではメゾとして歌っていくかもしれない、
でもヨーロッパに行くとあなたぐらいの声はきっとリリックソプラノよ、
まぁどちらにしても、若いうちにメゾのトレーニングすると上が出なくなるから、
と言われ、
ソプラノとしてトレーニングを積んできたのですね。



そして、20代後半はずっとメゾソプラノでやってきたんですけどね。
高音が出て、
しかも高音が明るいといわれるメゾ。
(100人があなたは完全にメゾの声ね、という中で3人ぐらい本当はソプラノじゃないの?と言う‥)


しかしながら、ソプラノの多い日本では、
メゾは希少価値がハンパなくあり、
私の低音が求められ、
ニーズにお答えして、
太く低く暗い音色を敢えて出したりなんかしていた。(大学時代はタブーだった。)



そして、ドイツに来て。


完全にメゾの曲ばっかり回ってきたりするんですけど、
音楽院の先生には、
本来のあなたの声はもっと明るい、
あなたの声はドラマティックソプラノかも、
とか言われたりなんかしていて、



もう、私としては




どっちでもいいっっっっ!!!



‥というか、
どっちでもいいし何でもいいから
どっちもうまく歌わせてくれっていう心境。


メゾになった今も、
大学時代に歌ったプッチーニのソプラノのアリアとかウ"ェルディのアリアとか歌わせて欲しい!!
出ない音域じゃない!!!
さすがにアデーレとかノリーナとか歌いたいとは言わないけど、
ロザリンデとかデスデモナとか歌わせてよ!と思ったりする‥



むしろ私がソプラノを歌うことを許してくたさる先生がいいなぁー


なんて最近ずっと思っていたら、

ハイジはそんな先生でした!!!

{4F0B2802-7B20-4CA0-9A6C-2FE786337A85}

レパートリー、
私と全く一緒なんです。
実はハイジはメゾとして歌ったあとに
ドラマティックソプラノとして再スタートしたんですってー。
私の真逆ですね。

だからメゾソプラノの役のサントュッツァやカルメンなども歌ってきているのです。
でもその直後にフィオルデリージとして、ソプラノの役でデビューしていたとか!!






あなたの歌いたい曲を持ってきて、と
言ってくださったので、


↑ハイジ本人がYouTubeで歌っていた、
このドボルジャークの『ルサルカ』を私も大学卒業以来歌いました。

大学の卒業試験でソプラノとして歌い、
またその後、
ドボルジャークの故郷のチェコ、
プラハのマスターコースで、
チェコ人の先生に、本物のチェコ語で教えていただき、歌っていただいた曲です。


懐かしくも嬉しかったです。⬇︎











↑レッスンの様子。


体験レッスンは本当に素晴らしく、
教え方も完全に最先端を走っている素晴らしい教えだった‥!!!

ヨガやピラティスから学んだ体幹や呼吸法も惜しみなく伝授してくれる。
私自身も歌を止めてる間もヨガやピラティスは継続していたので、



ハイジは、こんな私との出会いを大変喜んでくださり、
温かい素晴らしい声だと、こんな美声の持ち主に言われると、私も嬉しくなってしまいます。。。(笑)
私もこの先生を逃すもんか!!と、
早速レッスンの申し込み(笑)

もう三回受けてきました。

私の周りの歌仲間もどんどん見学にきてどんどん生徒になっているというハッピーなご縁の輪も^ ^


本当に、素敵なご縁に感謝です!!


私もどんどんパワーアップしていきたいと思っています!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
これから書くことも、
既に以前軽く触れた内容ではあるのですが。



せっかくなのでわたくしの肉声付きでお送りしたいと思います。
↑さすがに上の記事では容量オーバーもいいところ載せられなかったので。

{00688F70-7AD4-4B95-B938-460FF382C0DD}


そんなわけで、
私の声を一気に次元上昇させてくださった
素晴らしきカナダ人のソプラノの先生との出会い。

{29F7F105-8422-401C-966F-858745D7C7D4}

その名もハイジ!!!
(正式にはHeidiハイディ。)


この方との出会いは
実は私の職場の社長から、
全員に向けられて発せられたグループラインのこんなメッセージ。

{1BFFA348-48B6-4167-81EF-B3B1E11D66F3}


↑このラインが発信されたころ、
私はまさしく日本に向かう上空にいました。。。

セントレアに降りて、バタバタしていたときに、
色んなラインに紛れてこれも受信。


私はこの後3週間日本に滞在しており、
ドイツに戻ってからも
このメッセージの存在をすっかり忘れて日常を送っていたのですが。
(無料体験なんて怪しいと思ったし、5月5日は日本にいたので行けないから諦めた。)


6月7日の体験レッスン日の直前に、
なぜかふっと、突然このメッセージの存在を思い出し、
社長に、
あのレッスン、どうなりましたか??
私、行きたいんです!!と、
冷やかし半分で!?言ってみたんです。



社長も、


えーーーー!!!
あなたが行く必要はないでしょー(笑)
なんで受けたいの(笑)
俺はあなたのレッスンを逆にみんなに受けさせたいなと思ってるぐらいなのにー!!!

と、半笑いで言いました。(笑)

社長自身も、大学時代の後輩が、
カラオケがすごくうまくなってたから、
その秘訣を聞いたらボイトレをやってるんだと。それがこの先生で、無料体験レッスンができるんだと。
それでみんなも参加しないかシェアしたんだと言っていた。


誰からも応募が来ないのに、
まさかの歌専門の私が応募してくるのが面白い(笑)
と言われました。。。


確かに私も最初は半信半疑でした。
カラオケ教室のボイトレなんて所詮知れてるし、
いい加減なレベルの人が教えてたりする。
何を隠そう、私自身も名古屋と東京でボイストレーナーをしていて、
カラオケがうまくなるレッスンとかしてたから1番よくわかる。(笑)
無料体験レッスンなんかも私がやってる身だったし、
あわよくば教え方のテクニックでいい方法があれば盗んで、
あとは機会があれば私もその教室で教える側になりたいー

ぐらいに思って、冷やかし半分に参加しました。


最後に振込用紙と申込用紙を渡されようものなら、適当なこと言って断って帰ってこなくちゃと。





そしたら
この人だった。(笑)






↑日本人フィギュアスケーターのプログラムに生歌を歌う。ハイジ曰くこのとき妊婦だったそう。



 この映像で聴くより、生の声の素晴らしさといったら、比べようもございません!!!!
格段です!!!!

爆弾級の声量とめちゃくちゃ美しい声、
太くて深みのある声なのに軽々と高いピッチで明るく響くその声に完全ノックアウト!!!
鳥肌が立ちました。。。

{4F0B2802-7B20-4CA0-9A6C-2FE786337A85}

そしてこの明るく天真爛漫な人柄がまた楽しいのなんのって。
一緒にいるだけで一気にエネルギーレベルが引き上がって、身体の芯から元気になれちゃうこの感じ。
人としても明るいし美しいし、
わー、好きだなこの人!!!って、
第一印象ですっかり魅了されてしまいました。

私の中ではもういうマリア先生みたいな根っから明るいイメージ。⬇︎



このハイジのそばにいるだけで、
自分もハッピーな気分になれるんです!!
そして私もそんな存在になりたいし、
なろうと思えばなれそうな気にすらなれてきちゃう!!


そして、久しぶりに歌を習うのが楽しいな、
素晴らしいなと思えるようになりました。



わたくし、心身ともに疲れ果て、
数年、歌うことをやめていた時期があります。
あんなに、歌をやめたら自分が保てなくなってしまうー!!と10年以上がんばってつなぎとめていたのに、


諸事情によりあまりにもキツすぎて
歌うことが心底楽しくなくなってしまい、
初めて音楽から離れてみたら、
意外とラクチンに生きれてしまった‥という。

↑仕事して仲間と海外旅行して飲みにいって、その足でカラオケやボーリングやゴルフしたり習い事したり、ボーナスで好きなもの買ってというごく当たり前の生活が、歌を一生懸命してた時代はできなかったし、やってみたらその生活もとても楽しかった。


音楽で頑張ることに
バランスを崩してしまったんですね。


ここ2年ほどドイツで2人の声楽の先生について(2人ともドイツ人女性)
リハビリがてら!?歌ってますけど。


日本人特有の、そして私自身の悪いクセ
(発音、舌の硬さ、アゴの硬さなど)を直すため、
地道ーに細かく、別に好きでもない歌でリハビリ中。


しかも1日2小節だけしか歌うことを許されず。


gの発音だけ、とか、nの発音だけ、とか。母音だけで歌う、とか。
だから一曲丸々通して歌った試しがない(笑)


しかも曲は、
シューベルトやブラームスの短い歌曲、
もしくはもう1人の先生のところで、
オペレッタ(ドイツ語)かモーツァルトのみ。


私の学生時代やオペラ研修所時代に歌ってきたものなんて全否定に近いです。


(↑しかもどっちもドイツ語の発音は全然日本でみっちり勉強してきてないからアラが目立つ(笑))

そんな地味で地道な作業をひたすら2年、
繰り返してきたおかげで、
声はドイツに来る前に比べると
だいぶ良くなってきたし、
出しやすくもなってきた。

昔ついていた先生方が私にこうやって歌って!!!
とひたすら伝え続けてくださっていたことがようやく今になって理解出来るようになったり。
これはこの2年のひたすら地味な鍛錬の繰り返しの成果です。



だがしかし!
たまには大きなオペラアリアも歌いたい!
繊細に細かく、こじんまりと歌う歌曲より、
私の声や気質は大きなオペラアリアに向いているし、オペラアリアもたくさん勉強してきた。

(‥とかいいながら、イタリアオペラアリアばっか歌っていた時代には私は本当はドイツ歌曲が歌いたいのにーーー!とか言ってたワガママな私。)




ハイジはそんな私の欲求と
バランスを見事に満たしてくださる先生でした!!!





‥あらー。一回で完結するつもりが文字数オーバーだそうです‥残念。
次回に続きます!肉声はまたそのときに。笑
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


以前の記事にも少し書きましたが、
この6月は音楽活動の変化や進展がとても顕著でした。


その中の1つがこのコンサート本番。⬇︎

{5EE044E4-4174-41E0-BF1E-5B549985CC08}

{1E927F20-A65E-4D0D-9CDF-8409A5F5CBEE}

{90359289-2D25-4E6B-A7AC-A781CBB25B46}

モーツァルトのオペラアリアだけを集めたガラコンサート。

私は
オペラ『フィガロの結婚』と『コジファントュッテ』の2作品から
ソロ2曲とデュエット2曲の
計4曲を披露しました。


フィガロのデュエットやソロのアリアは、
もう昔から歌い続けている曲ではありましたが、
今までとは全く違う身体感覚で歌いました。


なんていうんでしょうか、例えるならば。


水にさかさまに沈めた大きな器が、
そして水に潜り込んだ自分自身が、
決して水圧で浮かんでこないように、
ずっと、
どんな状況でもどんな音型や音の高さでも、
水の深さに負けないように、
深ーく深ーく、
常に沈め続けているような圧力と、
それを保ち続ける集中力。



もっというと、
ずっと腰のひくーい辺りで、
ゆっくりとカメハメ波打つためのエネルギーというか(笑)
ゆっくりな太極拳やりながら
歌ってる感覚。


こういう感覚が必要なのは知ってましたけど、
初めてモーツァルトをこういう状況で歌ったのです。
これがもう、想像以上に疲れるし、
集中力途切れて別のことやってしまうかもしれない自分を想像すると怖いしで
とにかく疲れる!!!



その一点に集中しないと
周りがこれで良いとOKを出してくれる音が出せない。
だから、それ以外の余計なことが何も出来ないんです。(笑)



自分をよりよく見せるための
表現とか、
演技とか、
音楽性とか、


これまでそういうのが得意な私でしたが(笑)
そんなの何もできなかったし、
考えてる余裕なかった。。。

音程もブレるけど、
いつもみたいに音程もコントロールできない。
身体のぶっといところで、
音が鳴るがままに任せるしかない。。。
目も座ってしまう‥というか、
とにかく自分の中の身体の状態と常に向き合っている状態なので、
周りの世界も目に入らないし、
見てる余裕もなく、
遠い目でひたすら難しい顔で歌ってるだけなのです。



でも、
あなたのこれまでの人生の中で今が1番歌がうまいと思うよ、

と言われた時、


今までの私は、
小手先の上っ面な部分で歌い、
表現していただけなんだなと思いました。






{E801100A-8196-4C2A-BA17-586236801292}

↑本番前の会場。



しかしながら、
リハーサルはそこそこデカい声が会場に響き渡っていたのに、
本番は、
私の身体の状態が変わってしまい。。。
なんだか、スカスカな感じに。(涙)


それでも。
重心を下へ下へ!!!と、
頑張って闘っていたけれど。
なんだか、
リハーサルのときのような、
身体の中にドシーンとした、
安心して捕まっていられる、
充実した場所!?がない!!!!




それまでは、
ひくーい位置で身体に根を張って、
手に汗を握るような!?ハラハラした緊張感(いい意味でのね。)の中で歌っていたのに、
本番では、その位置が不明確なんです。
そして、いつもより高めなんです、その位置が!!


こんな場所からいい声なんて出ないーーー!!!
きゃーーー!!不安だ!!どうしよう!!!


‥と、身体が悲鳴をあげているのを
感じながら歌ってました。(笑)
もーなんか。そこそこ歌えるけど、
全然違う!!軽い!!!!
4曲目はピアノと合わない部分があって、
そのときの焦りの精神状態で
重心が一気に上に!!!
ずっとねっとりと引き伸ばしていた巻尺(メジャー)やゴムが、
うっかり手を離して、
ひゅるるるーん!!!と一気に元に戻ってしまったかのような状態。(笑)

声もラストのラストで、
明らかにダメな声が出てしまい(涙)
オーディエンスの皆様にも、
あ。この人間違えたのね。(笑)

と、あからさまに分かる状態を
赤裸々に披露してしまったのでした。。。

{C87CE490-B644-41B0-953A-081111524E65}

終わったあとは、
感じたことのないズキズキとした頭痛と額のあたりがピクピクと痙攣し。。。
もー性根尽き果てたとはまさにこのこと。疲れ果ててぶっ倒れそうでした。

本番前のあの緊張感や心配も嫌だし、
本番中のあの身体の中の安心感(『支え』と専門的に言うのですが。)が
なくなって、あれあれあれ???どこにあるの?!みたいに不安になる状態ももういやだーー!
やっぱり歌は向いてない!!
もう舞台は嫌だ!!!

と、この後数日間は投げやりに。(笑)

{9144AC16-90EF-4EC7-A1C7-2B100808C029}

{0863FBD0-7642-4DFF-B878-7CFF61224831}

{AFBE29D3-D7FE-425F-9737-3F0038B7E98B}

{33C836D0-0F1A-4284-ACC9-654A00A5230E}

{53B700D4-E98C-4498-BC64-616202D94EE2}

↑以前も書きましたが、このコンサートはドイツのフリーメーソンの方々の集う社交会場。色々なシンボルマークにどきどき。(笑)

モーツァルトもフリーメーソンの会員だったことは有名ですよね。
私もザルツブルクでフリーメーソンのロッジを見たり、モーツァルトの集った洞窟を見たりしてましたが、
私自身は会員でもなければ、
もともとは全くの無関係です。
なのにヨーロッパに来てからフリーメーソンとの繋がりが濃くなっている。。。
19歳の時に『モーツァルトとフリーメーソン』という本で大学のレポートを書いた時に、
フリーメーソン?なにそれ??
結局最後まで分からなかった‥みたいになってたのに。(笑)
人生面白いものです。


そして、
このコンサートに来てくださった大富豪のユダヤ人マダムが大量の寄付をしてくださったうえ(私は面識なし。)
私の声をベタ褒めしてくださったというから、
この話を聞いて、また私の中のボルテージが復活‥(笑)
まぁ最後の曲のラストで失敗したのはバレていたようですけどね。。。

いつかこのユダヤ人のマダムにもお会いしたいです!!


そうして、その約1週間後に、
以前も書いた通り、
偶然カナダ人の新しい歌の先生に出会い、
レッスンを受けることになったのです。
(また詳しくは別途書きます!!)


そうして2回レッスン行った後に、
また本番。⬇︎

{F5117B78-F024-46B2-8050-79ACBB71DFFA}

とある方のパーティで歌うように頼まれて、歌いました。
フリーメーソンの会員の方です。
ドイツはもちろん、イギリス、イタリアからのお客様もいらっしゃいました。

私たちはここで、先日と同じモーツァルトの披露。


{69FBCBFC-3DA7-4A0B-BD56-047666308B60}

そして、2回のカナダ人の先生のレッスンでの気付きもあり、

私はこの日ついに!!
自分の中でうすうすと感じ始めていた
『自分の中の軸』というものを、

体感的に(体幹的に)
掴み取ることに成功する!!!


今までにも、体幹の理屈は知っていたし、
歌、ヨガ、ピラティス、ゴルフなどを通して分かっているものだった。
エセ体幹で歌えていた過去もあります。


だけど今回私が見つけた『自分軸』は、
また先日のように太極拳やらみんなで瞑想めいたことを本番前にやっていたら、
突然上の方から降って湧いてきたのです。

まるで身体のど真ん中を、
思っていたよりわりと太くてしっかりした登り棒のようなものが貫通し、

頭の上から身体の下の方まで
まるでししゃもの串刺し状態で
まっすぐに通っていたもの。


怖くて不安でドキドキする本番前でも、
その登り棒にしっかり捕まって腰を下ろして重心を下に下げていれば、
不思議と安心したのです。


そうしてこの軸を意識して歌うと、
気持ちも安定し、声も下から上へまっすぐに出て、遠くの方で響いているのです。

気持ちも声も安定してるし、
なんだか自信に満ち溢れた、めちゃくちゃ勝気な自分が本番中にいるのです。


大丈夫、大丈夫という声が
腹の底の底から聞こえてきます。


おかげで、この軸を基準に、
成り行きに任せて、とっても楽しめました。
集中してるけど、楽しめてるのですね。
この集中力は昔の自分にはなかなか身につかなかったもの。
今はしっかりと集中できます。



しかしながら‥
終わってから、またしても頭痛がして、
額がピクピクするという事態。
私のとてつもない集中力とエネルギーの塊が眉間の間から一気に出て行った感じです。

今まで歌っていて頭が痛くなることも、
額が痛くなることも全くなかったので
新しい経験に驚き。
気になったので調べてみたら、
第6チャクラの位置でした。

{F5117B78-F024-46B2-8050-79ACBB71DFFA}

↑第6チャクラから放出中〜(笑)


昔、私は額の位置の響きが足りないのよとか、
額の開きが足りない、と言われましたが。

ついに開いたんでしょうか‥


身体の底の軸を意識していただけなのに、
額が痛くなるなんてビックリです。(笑)
動画をみたら、無意識のうちに、
額をめちゃくちゃ広げて歌っていて驚きました。額の骨の繋ぎ目が確認できるほど(笑)


{A79B3D9B-9741-47A3-8E41-B89FAACDCEE4}

その他にも教会の日曜日の朝からミサで歌ったり。

{DA266984-077F-4458-A8F5-65734B908219}

歌うことにたくさんエネルギー使った1ヶ月。
大変だったけど学びも多かったです。


次は9月、10月、12月と本番が続きます!
7月はそのための稽古がみっちり!!
(今日も出演者全員で伴奏合わせの稽古が終わったあと!)


12月のヨハンシュトラウスのウィンナーオペレッタでは、
急遽、主人公の友人の役がまわってきたわたくし。
歌うならまだできても、
ほぼ全員ドイツ人たちの中で
ドイツ語でメロディもなく演技しなきゃいけないという新たな課題を突き付けられました。。。
本当に大変で自信なくて逃げたかったけれど(笑)
我ながら恥をかきながら
セリフだけの稽古第1回目も、音楽稽古も、よく乗り切りました。。。



精神的にも軸があるだけで、
揺るぎない自分があるっていう気分!!


歌で自分自身も成長させられております。。。




ドイツ語も、適当に日常会話がなんとなく出来れば‥みたいなレベルでは済まされなくなってきた。。。
今、歌のレベルアップと共に
自分のドイツ語のレベルが壁にぶち当たり、
泣きたくなるほど情けなくなる‥



今、せっかく色んなチャンスが巡ってきているのだから‥
必死に頑張らないといけない時期です。



 




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{638B5C6C-1006-4AF4-8A26-305F3CDA2E44}

以前の記事にも書きましたけど、
先週末はフランクフルト近郊の山で3日間缶詰で音楽稽古。

地元の教会の合唱団の合宿でした。

{C3482546-D990-43F5-A217-094F0D2F3E1C}

{330F1D33-D3E3-4EA8-9898-09B0BF6EED04}

{1FBEE616-A776-45D5-80A1-48331FFA07E7}

{AD00CB84-73DE-4090-8BBD-2DA63C3216D7}

{E91447FC-5360-4746-9ACF-9DA15BBF22FE}

{08B970E3-854A-4934-98B7-95E589A7EA0E}

{744F1F4A-9802-4DB9-9A0B-4E4E7C7B6424}

楽しかったなぁー。
穏やかな自然に護られて、
ただただ歌っていればいい。
寝て、起きて、食べて、
また歌う。
ちょっと休憩時間中に昼寝して、
また歌って。
それがなんて幸せなことなんだろう。





こんな素敵な曲を歌いながら





3日間で10曲以上、
歌い尽くしでした。


途中で私はアルトパートだったのが
ソプラノIIに移ってくれと指揮者に頼まれて、
すべての曲のソプラノIIパートを全部
その場で初見で歌うーという。

教会のミサなどでその場でたくさん知らない曲を初見で歌うことにも慣れたし、
ドイツにいると、考えられないぐらいソルフェージュ鍛えられる(笑)


今では全く苦にならずにいけます。
やっぱり量と経験だね。


私がソプラノIIに移ったら、
ソプラノIIがまろやかで他の人の声も相乗効果で良くなったと言ってもらえたり、
指揮者にもSatomiのようなrundな響き(丸い響き)がほしいと言ってもらえたり‥


必要とされている感、
喜んでもらえてる感、
お役に立てていることがとっても嬉しい!!


ずっと音楽と関わってきたけれど、
今歌うことがやっと楽しめている。


オペラ研修所時代は、闘いみたいで苦しかった(笑)
そういうのが全くなく、自然の中で自然を讃える歌を歌えている方が嬉しいです。


みんなの前で大好きなこの歌も披露⬇︎




10年以上前に出会った歌。
『そこの谷底では』というブラームスの曲。
なんて素敵な曲なんだろうと思ったけれど、それでドイツの自然に憧れたけれど、
今当たり前のようにそこにいるという現実‥

ありがたき幸せ!!



 

↑ブラームスの『涼しい森よ』。
これも荘厳でとても美しい。
この山にいるとこの曲の美しさにまたしびれます。


夜は星空もとっても綺麗で、
ハワイ島でみた星空を彷彿とさせるよう。
あまりのこぼれ落ちそうな星空は、
宇宙を感じるようで、
怖いぐらいでした。


食事も毎日とっても美味しい!!

{A673A7DA-C863-4399-A486-DCAB202384F7}

ミネラルウォーターの中に
アメジストとローズクオーツのパワーストーンが入ってる!!
この水を飲むのです。
身体にすごいパワーが湧いてきそう!!

{6B1F80BA-ED63-48A2-BA1E-DE8EC0482DF5}



{80295B4C-CFFF-45C0-A7A8-7881A3F1BB2D}

ドイツの郷土料理のバイキング。


野菜も果物もたっぷりあって、
最近にないぐらいの種類を食べ尽くし、、、
贅沢でした!!!


身体の内側からみずみずしく生まれ変わった感じです!!!



夜は毎日飲み会が繰り広げられ‥
歌うのが大好きなこのメンバー。
まだ日が出ているうちから
暗くなるまでずっとみんなで歌い続けてましたよ♫

ドイツ民謡からシューベルト、ブラームス、賛美歌まで!
ほんとーに楽しかった!!!


その愉快な動画も近々シェアしますね♫




追記♫今日、1週間ぶりに合唱団のメンバーに会ったら、いつも以上に歓迎してくれた♫
そんな皆さんと近所に住むことができて本当に嬉しい!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


字数オーバーにつき、
2回に分けてお送りしております。。。




そしてザルツブルクの伝統!!!⬇︎

{AE6242C2-15AE-43C5-A06D-F84A4641A482}


{34D5A354-BC2C-448A-8EE3-19DFFE9B336B}


じゃじゃじゃーん!!
これは一体なんでしょうか!!!!





ちなみに。
私は6歳からザルツブルクに住みたい病という不治の病を発症し、
もう既に20年以上の付き合いなのですが、

そんな私でも、何度かの観光や数々のガイドブックや、テレビや文献では分かり得なかったザルツブルクの文化が、これなのです。


それはずばり、

ドイツ人なら大抵知ってる
Weihrauch(バイラオホ)。


乳香、すなわち、
フランキンセンスです。



燻して、香りを楽しみます。
カトリック教会では定番です。
(プロテスタントでは使用されません。そのこともドイツ人は知ってます。)


私もフランキンセンスのエッセンシャルアロマオイルは大好きで、
日本でも使っていました。
だがしかーし!

このフランキンセンスの樹脂そのものを燻した香りに出会ったのは、実は1年前のザルツブルク!!!だったのです。

(その前に訪れたときにもうっすらこの香りの存在に気付いてはいたけれど。。。)



ヨーロッパでは、
カトリック教会に入ったときに、
燻したあとのようなヒノキをスパイシーにしたお香のような!?残り香があるんですけど、

その匂いがなんなのか、
最初は全く分からなかったのです。


だけど、脳幹がぐにゃーんとリラックスして、覚醒される、不思議ないい香り!!



でも、ある時突然、
あれ!?これがもしかしたらフランキンセンスなんじゃないか???
と、なんの前触れもなく突然思ったのです。


そして

ここでついに見つけてしまった
フランキンセンスの樹脂♫
私のカンが確かなら、これを焚いたら家でも教会と同じ香りになるはずだ!!
しかも75パーセントは、あの香りはフランキンセンスだと確信がある!!!と、
(確か以前カトリック教会の香りについてネットでググった。)
香炉もその場で買って、家でも燻すようになってから、
もうすっかりとその教会と同じ匂いに病みつきに!!!!



呼吸が深まりリラックスし、
精神にも深く訴えかけるというこの香り。

日本ではなかなかピンと来ない香りですが、
西洋・中東では大昔から厳粛で神聖な宗教儀式にも用いられたのです。

イエスキリストにもソロモン王にも贈られたというこの香り。
(イエスキリストは金よりもフランキンセンスを選んだと聖書に書いてある)


現在では、ネットで調べると、
癌にも効くことで有名です!!
末期癌にも効果があるとか!?
お肌にもいいので、
私は最近はココナッツオイルと
フランキンセンスのエッセンシャルオイルを混ぜたものを全身に塗ってます。


‥そんなフランキンセンスの燻した香りこそが、

{34D5A354-BC2C-448A-8EE3-19DFFE9B336B}
ザルツブルガーの昔からの典型的な香りなのだと、
ガブリエラは本の写真を見せながら教えてくれました!!!!


(↑ザルツブルクのユダヤの典型的な家庭でも!!)

ガブリエラもいろーんな種類のフランキンセンスを持っており、
いまだに毎朝部屋の窓を開けてフランキンセンスを焚いて、
神聖な空気にするらしい。

邪気を払う効果もあるらしいです。

{20BF9950-3505-4E28-8404-D6A7B07A4422}

さーらーにー!
ザルツブルクの山にハイキングに行った時に摘んだ様々なハーブをドライフラワーにして、
フランキンセンスとブレンドして一緒に炊くんですって。

↑これがラベンダーやセージ、タイムなどをドライフラワーにしたガブリエラコレクション。

{68646F51-F3A6-4A18-B07D-28AE9625406D}

↑これがフランキンセンスと混ぜたもの。


もー私はこの香りを嗅ぎたくて嗅ぎたくてソワソワぷるぷる!!!

お願いして焚いてもらいましたー!⬇︎

{8D2848CF-04D9-4B2B-AF7F-CEDB852E538B}

{7F25AC12-7402-4EFA-8814-3E2B6E5358E6}

{18922AAE-98F2-4C5B-9DB6-0A21F5E02475}

火鉢のようなものに、熱したコール(炭)ををいれて、
熱くなった炭の上にフランキンセンスを置いていくガブリエラ。
これで燻して香りを楽しみます。

最高ーーーー!!


摘みたてのホルンダーまで一緒に燻してました。

何も知らずにただただ引き寄せられ、
ハマっていたフランキンセンスまで
実はザルツブルクのスタンダードだったとは。。。!!!
(そーいやザルツブルクではそこら中に匂うので当然といえば当然ですけど。)

どこまでも話が盛り上がり、私の感激は止まりませんでした。

{8FEA6E21-09E9-4B28-9800-CA62A65F0706}


ガブリエラも今はフランクフルト近郊にいますが、
年に一度はザルツブルクの神聖なエネルギーをもらいにいくんだとか!!
地元の人がそこまで言うほどのザルツブルク。
やっぱり私が子供の頃からザルツブルク病を発症し、今も尚末期状態になっている理由はそこだなー。
宇治の私のとあるパワースポットや、
伊勢神宮のようなエネルギー感じるもんね!!

みんな私がザルツブルクから帰ってくると別人のようになっている、と(本人全く自覚なし。)
声を揃えて言われるのはそのエネルギーの強さなのかな。


ガブリエラからザルツブルクやWerfenの隠れ名所やオススメスポットも色々聞き、
今度行くときは必ずその前に会おう、
そのときにもっと色々とアドバイスしてあげるよと言ってもらえました。



ハーブ、自然、香り、祈りと共に生きる、
まさにベニシアさんのような生活を
当たり前のように信じて丁寧に生きている人がいる!!!


その姿にとても感銘を受けた私です。





四年ほど前の記事に
アロマとハーブのあるスローライフに憧れるーとか書いてたけど、

意外と簡単なことなのかも!?


と、思ってしまった。


{E9D12DB9-73D2-413E-898B-262055C0AC7F}

{5E8A042A-6040-4647-A717-BC8A342C9389}

隣で倒れるように眠るネコ(笑)


{147CFB02-0C9D-4842-9543-8D79C2C97112}

そんなネコをおしのけて、何度も撫でられに来る犬♫




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{A083ED83-B811-46B4-A5F5-F7FDB8477149}

先日、
30分ほど電車に揺られてフランクフルト郊外のGroß Karbenへ。
↑車窓〜。
 {29512F2D-3F12-4CAC-9115-EC2DDB75DE26}

そしてこちらは、
そのGroß Karbenに住む、
ガブリエラという方の家のお庭です。

{02A039AE-9097-4A17-B1CA-FEABE9A15624}

{6B7647D3-5C40-4A12-A93F-AA342733DCF0}  

咲き始めのラベンダー。

{D2116D6A-B130-43C7-BA85-06B593134E25}

{CD70EB92-8E98-41A5-9DEF-C70D67B94283}

ドイツではそこらへんに咲き乱れているホルンダー。(日本ではエルダーフラワーとかニワトコとかいう。)


{F9F349E5-12DE-4483-ACE6-DF1A059D9448}

{2F9CADEF-0E2A-4842-98B3-98923514E0BD}

この、ハーブや花に囲まれた、
西洋風ベニシアさんちの古民家のようなところで、


↑私の大好きなNHKの番組♫

まるで絵に描いたような素晴らしいおもてなしを受けたお話を書きたいと思います!!!

{8B30A0EF-B21C-460E-81C1-BAB9A1E733FA}

{BB10AB87-EA26-4B01-8A13-C17F3A61B8A1}


実はガブリエラは、
かの、モーツァルトやヘルベルトフォンカラヤン、トラップ一家物語のトラップファミリーと同じ、

オーストリア・ザルツブルク出身の、
生粋のザルツブルク人!!!


私がどんなに子供の頃から憧れても、
この人生では絶対に手に入れることのできない『ザルツブルク生まれザルツブルク育ち』なんですね。


更には母親は、
映画『サウンドオブミュージック』のドレミの歌のロケ地になった
Werfenの近くご出身。



そう。Werfenといえばここ!




動画でふり返る。


私のザルツブルク愛はこのブログからも溢れ出るほど伝わっているかと思いますが。


ひょんなことからガブリエラに出会ったKさんが、


ザルツブルクに骨をうずめたいほどザルツブルク大好きな日本人女(←あたし✴︎)がいるとガブリエラに話したところ、
彼女は大層喜んでくれ、
そしてそいつは彼女の母親の故郷、Werfenにまで行ったという話に、あまりのローカル具合とマニアックぶりに大喜びしてくれたとのことで、
はるばるおうちにまで招待してくださったのです。
(つまりKさんのご紹介で出会った。)



ガブリエラは気合いの入った、
ザルツブルク式おもてなしで歓迎してくれました。



それはもう、私が思った通りのザルツブルク!!
{98F997ED-60FA-4317-A335-19EE26A6C9DE}

お庭でランチ♫

{97ED7894-9A91-4E24-ADE5-0C886560A911}

{ABC301AE-7E4C-4BA8-A3BC-FE8C64A877BB}



{D1D9864B-E823-4B51-9E7C-27FDF2438F69}

シュニッツェル(子牛のカツレツ)とヌードル♫


ここでやっと長年の謎がとけましたーー!!


子供の頃から大好きなこの曲。⬇︎



サウンドオブミュージックの『私のお気に入り』。
この歌詞の中で、
日本語吹き替えでは『美味しいヌードル』と歌われてしまってますが。。。





↑こちら原曲では、
2番の歌詞で
『シュニッツェルwithヌードル』
と歌ってます!!!


シュニッツェルは有名だから分かるとして‥なんのヌードル!?カップヌードル!?

と、子供の頃から思っていたのですが!!

なんとザルツブルクの伝統的な料理では、
シュニッツェルとヌードル(パスタ)を一緒にセットで食べていたんですって!!

というのも、
ガブリエラの解説によると、

ザルツブルクはイタリアにも近く、昔のオーストリア・ハンガリー帝国時代はイタリアの領土もオーストリアの一部だったので。
イタリアの食文化が入ってきてたらしい!!
(確かにミラノ風カツレツもこちらと影響し合ってる。)

ちなみにドイツでもシュニッツェルは名物料理ですが、
ドイツでは豚肉だし、
フランクフルトはハーブの緑のソースかけるし、
ましてやパスタと一緒に食べるスタイルを見たことがありません!!!

{58E5832B-1A62-4020-8373-0D2106DC5200}

しかも塩茹でのまま、
何もソースをかけずにパスタを食べるというスタイル。

ドイツ人もパスタはそのまま塩茹での状態で普通に食べられる人種です。

そしてシュニッツェルは、
『去年のザルツブルク紀行』でも書きましたが、
あまーいベリー系のジャムをつけて食べます!!


{A1A01FDD-38AD-49AC-BCAC-D7062A70F17B}

それから、手作りのホルンダー・リモナーデ(レモネード)のシロップ!!


左のペットボトルのものが、去年作ったもので、
計量カップに入っているのが、
この前日に作ったばかりだという、
ホルンダー・ブリューテンのシロップ。

炭酸水と割って飲みます!!


なんて美味しいのだーーーーー!!!
甘いけど爽やか!!!
グビグビいっちゃいました(笑)

あまりの美味しさに感激しまくっていたせいか!?
ガブリエラはこの手作りシロップをひと瓶プレゼントしてくれました。
毎日飲み続け、職場にも持って行ったら、圧倒的大好評ですぐになくなりました。(笑)

日本の皆様にもぜひ試していただきたいー!!

{CD70EB92-8E98-41A5-9DEF-C70D67B94283}

↑ガブリエラはこの庭のホルンダーの白い花を大量にとってきて、キッチンいっぱいにして、
レモンと共にグツグツ煮込んで作ったらしい。

{8BFAB8FC-533A-41A4-8C77-79C70F1926F3}
↑早速旦那さんが摘んで持ってきてくれた♫


{BB2F2BA6-BE56-4D07-A9F0-EF24B332193E}

※この写真はイメージです※


ドイツではスーパーでもレストランでもどこでも見かける『ホルンダー』の文字。


赤くて濃厚でやや酸味のあるホルンダーの実もジュースやジャムになっており、
市場に出回りまくっているのですが、
この時期は爽やかなこの白い花のシロップも大活躍!!なんです。



手作りのリモナーデ(レモネード)を研究したくて色々試していたんですけど、
なかなか出会えなかったところに、
この美味しさはドンピシャ!!!!



ガブリエラは、
ホルンダーは身体にものすごく良くて、
昔から風邪をひいたりすると母親に飲ませてもらっていたと。
みんなそうやっていたらしいです。

気管支などにも大活躍!!
ドイツ、オーストリア地方の生活の知恵がここに集結しているんですね。



いかにもアントシアニンたっぷりっぽい、
ホルンダーの実の濃縮現役も飲ませてもらいましたけど。。。こちらも濃厚で身体に効きそう!!!

日本でいう、甘酒や養命酒の代わりに
(緑茶も!?)
このホルンダーが彼女たちの生活に根付いているんですね。


また、ホルンダーの木は神聖でありがたいので、
木の下で感謝と祈りを捧げるんだそうです。

後日、教会の、
洗礼を受けた少年少女を祝福するミサで歌を歌ったんですが、
そのときも少年少女はみんな手にホルンダーの花を持っていました。

日本ではあまり馴染みがないのだけれど、
この地方では生活と信仰に密着している花なのだなと、
文化と歴史の扉を開いて見たような、神妙な気持ちになりました。




‥字数オーバーゆえに
2回に分けてリポートしたいと思います。。。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


{F8BFA90F-43EA-48AB-B59B-00EBF44F3296}
↑もうすっかりラベンダーがそこら中で見られる季節♫


‥というわけで
ドイツに戻ってからあっという間に1ヶ月以上が経ち、
日本滞在も遥か遠い昔の記憶になってしまい、
すっかり日常に戻っております。


梅雨のないドイツはただただ日差しがキツく、暑いばかりですけれども。
(それでも5月終わりから6月頭は雨続きでしたけど。)
バス停でバスを数分待ってるだけで真っ黒に日に焼けてしまう毎日です。



{12B6A882-DC6A-4F7A-8855-02B95D1DB0EC}

白アスパラの季節ももう終わってしまったらしい。(6月24日までかな。)


春先の市場に出回り始めた頃から
数日に至るまで、
かなりの数を食べたのでもう悔いはございません!!



そんな、ここ1ヶ月の出来事をザッとまとめると


①家の前にとまる路面電車の大々的工事が始まって不便!(しかも来年の2月まで!!)



幸いバスも目の前にとまるんだけど。

バスと電車の乗り継ぎを余儀なくされてめんどくさい!

そして、朝は渋滞に巻き込まれることもある!
そして帰路は乗り継ぎの時間がおかしすぎて、10分以上バスを待たなきゃいけないこともある!


あー。冬もしばらくこんな生活かー。
と思うとめんどくさい!!
しかしながら、慣れてきた!!!



②家の固定インターネットが2ヶ月待ってついに開通した!!!




⬇︎過去のブログ記事参照。


2ヶ月ぐらい待ってようやく開通です。。。
我が家にもついにYouTubeエンジョイライフがやって参りました!!


以前、日本のサービスの素晴らしさについて徒然なるままに書きつくりましたが、
ドイツのサービスは想像以上にクソで、

部屋に入るなり、めちゃめちゃ感じ悪く、
土足はやめて、
脱ぐかこの袋を靴の上に履いて部屋に上がって、とお願いすると、
舌打ちするわ、

しまいにゃ


『お前の部屋キタネー』


と、吐き捨て、
作業が終わったかどうか分からぬうちに勝手に帰っていくわで手に負えない始末。。。


その後、どうネットに接続するかの説明もなく、
自力で悪戦苦闘‥
(まぁ私は全て手伝っていただいたんですが。)
ほんとにドイツのサービスって日本じゃ考えられない有様です。


しかしながら、
ネット繋がるまで本当に繋がるか半信半疑でしたが、
なんとか快適ライフが送れるようになりました。

YouTubeみたら瞬間で容量オーバーになっちゃうポケットWiFiともこれでオサラバ!!
11月まで解約できないけど。



③日本領事館の方から直々にご指名をいただいて、領事館の公邸でお仕事させていただく。


いつもお世話になり、
良くしていただいている領事館の方に
ずっとうちの公邸においでなさいよとお声がけいただいており、
そしてうちの社長にも直々に私の名前でご指名を兼ねてからいただいていたらしいです。
そんなわけで実現したのが豪雨の日。
外交官の皆様と私ひとり、というメンツ。(笑)
東京都のとある区の区長さんとの立食パーティーのお手伝い。お会いしました。
以前は麻生さんがここにいらして、一緒にウィスキーを飲んだのだ、
そのときのウィスキーはこれだ、と見せてくださいました。



④ドイツの映画祭に仕事の手伝いに行ったら目の前に俳優の役所広司さんが!!

{41BA4DFB-E96C-49E3-B90D-20235C060FCA}

{8A5AC212-7F35-470D-BF56-14C03901BADA}


この日は3回ぐらい目の前でご本人を見ました。
最初は路上で、気付けば目の前で談笑されており、2回目は↑この会場に入られる役所さんと狭い道ですれ違い、
3回目はこの舞台上で。


一回目は写真撮ってくださいと頼んだらドイツ人のガードマンにガードされて未遂に終わる‥


友達は自撮りショット撮ってもらったのにーーー!!
{F59090AD-1AF6-40E5-AE59-CD4804C5F111}

うらやましいーーー!
私もこの場所で距離にいたんですけどねえええええ!!


しかしながら、映画祭のお手伝いに行く予定なんて全くなかったのに、
(他の日は他のスタッフが行った)
たまたま1日だけ駆り出された私だけ、役所さんのいらっしゃる日で、
ダンディな役所さんをみてテンションも上がっていたのでした♫



⑤私が将来永住して骨を埋めたいとすら未だに夢見ている街・ザルツブルクのご出身のオーストリア人の方とひょんなことから出会い、(現在はフランクフルト郊外に在住)
ザルツブルク大好きすぎる私のことを喜んでくださり、ザルツブルク風のおもてなしを受けにご自宅に招かれる。

{71F95A9B-1BF8-4963-B1B8-F3384DDEE48B}

{D01DF020-C1D4-4279-81BB-C0B67737CD37}

{7AC2C159-7887-47AE-AB87-5A011C3B8502}

{9A17F86A-59AE-4953-85DC-296156EC9029}

いやー。これもまた素晴らしすぎる時間でした。
私の憧れのザルツブルクがそのまま故郷で、私が感じていた素敵な文化がそのまま生活だったのだなと再確認。
この方のお母様、お父様はそのままサウンドオブミュージックの『トラップ一家物語』の時代をリアルに生きていたんだな、と話を聞いていて感激した!!

この楽しすぎるひとときはまた後日詳しく書きます!







⑥6月は2回コンサート本番に立つ。


ドイツのフリーメーソン(!!)の会員の皆様の前で、フリーメーソン会員だったモーツァルトの歌を披露する。。。
(しかもラストはフリーメーソンのシンボルでもあるオペラ『魔笛』。)

{5222D6BC-DB40-4855-A0E8-52F21BA6E262}

{B7B7F521-7298-43F0-B6B8-F3564080A3EE}

{6DDAA8A6-CCCB-419A-9F61-DAD11A560F14}

{904C3AF3-6EB2-465B-98A3-A5EB8DD3DA7B}

{222D5A31-ACD8-45AA-AB4C-564E10A7ACE9}

{878BF026-DE1A-4735-9F84-54A5FB980DAE}

とあるユダヤ人の大富豪が、
(Kさんの歌の生徒さん。)
このコンサートをみて12月にあるオペレッタのコンサートのために多額の寄付をしてくださったらしい。
そしてその方がなんと後日に、緑のドレスを着たアジア女性の声が立派で素晴らしかったと褒めて下さっていたそうだ。
(⬅︎4曲目は大失敗でしたけど。。。)


そしてその2週間後フリーメーソン仲間のバースデーパーティーでも歌わせていただく。

{D2A39BD4-FE23-4108-A7D6-CF78C7BBFDBF}

↑日本でパーソナルカラー診断を受けて日本滞在最終日で買ったグリーンのドレスが大活躍。

{26D7393F-977E-464F-9C25-D2B7E1299D76}

{00EFADA7-862E-4494-8FF2-9BE353962FCC}

この日は、大きな舞台ではなかったけれど、人生の中で1番良く歌えた本番でした。
周りや先生のお褒めの言葉も、
自分でも驚くほど、賞賛に満ちていた。(笑)

2週間前の歌に比べて、
あまりの大きな違いに驚いたと。。。
まぁ、どうしてそうなったのか、
理由はまた後ほど述べます。


10月にはフリーメーソンのものすごい重鎮の方がいらっしゃるコンサートで歌うことになってしまいました。。。
スポンサーが付くらしいから絶対に出ろとの話。

フリーメーソンだの大富豪のユダヤ人だの。
ちょっとなかなか出会えない人脈。。。


ヨーロッパでのし上がる!?には裏人脈が必要で、
政界か教会か貴族関係者(いつの時代やー!!)かフリーメーソンだと聞いたことがあり、
ふーんって他人事に思ってましたけど。
自分の知らないうちに勝手に出会いがやってきています。。。


⑦素晴らしい声楽家の先生に出会う。

{60CB18F6-AF45-41EC-93B6-7879EDA20844}

{358C5C98-CA7E-42F7-995A-5A28B0597731}

この大好きな先生との出会いも突然に、
でした。

ほんとに偶然!!
だけど、この素晴らしい出会いに一歩足を踏み出したのはこの私。
自分の行動力と好奇心を、自分で褒めたいです。

また詳しくはお話しますが。


素晴らしいドラマティックソプラノの美声をお持ちのカナダ人の声楽家の先生。
カナダやメトロポリタンでも歌われていた、
声も人柄も本当に素晴らしい方です。

ソプラノからメゾソプラノになった私と
アルト、メゾソプラノを経てドラマティックソプラノになった先生。
レパートリーがほぼ同じなんですよ!!!

YouTubeでみたら、このフィギュアスケートの大会で歌ってた!!⬇︎




しかも私!この映像をなんと2年前にテレビで見てたんです!!!(↑)
日本人フィギュアスケート、
そして10年以上前に私も歌ったワリー。
マイクで生歌かぁーなんて思って一緒に口ずさんでいたんですよ!!
まさかご本人がフランクフルトにいらっしゃって、
私が生徒になろうとは!!!



そして私もソプラノ時代の歌も歌えないこともないけれど、
メゾになってから封印して、10年以上歌わず眠らせているので(メゾをやってパワーアップしてるはずなのに。)
歌いたいなぁなんてずっと思ってたところに、この出会い。

声質は重厚なのにスピントで軽く薄く音をとるテクニック。
そこから響き渡る声の凄さに惚れ惚れ。
声量も凄まじく、
ワーグナーも歌われると聞いて納得。
あの四部編成のオーケストラの壁を超えるようなすごいわざと声だわ!!




↑これも先生。

表現も美しいーーー!


先生のレッスンを受けたあとは、
ものすごくいいエネルギーをたくさん浴びて、明るく元気になり、胸が高鳴り、
ドキドキワクワクしちゃいます。不思議!!

こんなにちょっと一緒にいるだけで、
感情も人生すらも幸福感に引っ張ってくれるものすごくエネルギーのあるひとっているんですね!!!!

私もこのレッスンのあとは、
そんな人間になれてる気がしちゃう!!!


そんな先生に、出会えて本当に嬉しい!
と言っていただけたこと。
温かい素晴らしい声だと言っていただけたこと。
一気に次元が上昇している我が人生。
新しい音楽人生が始まる‥と痛感しています!!
(↑そしてその翌日のパーティーでの本番があんな感じになった!!)





⑧山ごもりで歌三昧の3日間♫

{024A32EE-94C2-42F7-9119-33B7299EBB63}

{DB1E5B0A-DF9D-4E55-8635-2699870F317A}

{29E2E706-F678-4066-996C-91685BFC093E}

{68492310-147D-4BE2-963E-CA7385EBBC46}

{D76F1944-46F5-40B1-815C-AB9BB644437D}

{7B557C4E-A237-4D17-9F53-3E5BD69F58C0}

{6BE39DB5-D920-44B0-816E-A805B6A13DA1}

そしておとといまで、
6/23〜25で山ごもりで地元の合唱団の音楽稽古をしてきました♫

場所はフランクフルトから車で20〜30分ほどのタウヌス。
ちょっと行くとこんな避暑地なんですね。
プロテスタント教会のセミナーハウスで、
美味しい野菜とフルーツと、
美味しい空気と、
強くなるほど綺麗な星空と、
3日間歌三昧の日々で、
身体の心身からいいエネルギーに満たされました!!


いやー!ほんとに楽しかった!!!
歌ばっかり歌ってていい生活。
幸せだなぁー。



ブラームスの自然を讃える曲は、音楽も歌詞も泣けるほど美しい。



ドイツのこんな音楽に感動して、
私は今ここにいるんだなとしみじみ思いました。


ここでも私の声が突然指揮者に見出されて
(今まで参加していた合唱団なのに。。。)思わぬ展開に。。。
ここでもお役に立てているのですね、私の声が。

これからどうなっていくんでしょうか。


詳しくはここでは書ききれないので
またそのうち書きますが!!


とにかくよく考えたらすごいことだらけの毎日を、
淡々とこなしているドイツ生活です。(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
色々あった日本滞在も
今回でいよいよグランドフィナーレを迎えたいと思います!!
次回からはドイツでの日常を綴っていきたいと思いますので、
どうぞ最後までお付き合いくださいませーーー!



‥ってなわけで


゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.: 


①日本に着いたその足で松本、白馬、軽井沢と長野3泊4日の旅。
②東京ディズニーランド
③ポールマッカートニーのコンサート@東京ドーム。
(しかも②と③は同じ日にやる。)
④原宿と新宿という、昔東京在住だったときに働いていた場所に行く。
⑤パーソナルカラー診断をしてもらう。
⑥ナレーターのプロの先生に「話し方」レッスンしていただく。
⑦GWど真ん中に新潟、燕三条に1泊2日の旅。
(しかも一旦名古屋に帰って2日後に再び東京経由。)
⑧岐阜の祖父母に計3回会いに行く。(2年以上ぶりにいとこにも会う。)
祖父は今年で90歳!!!!!!
⑨3週間で本を8冊読む。
⑩本を15冊以上買い込む。
(もらった本もあり。スーツケースがまずいことに‥)
11.温泉三昧
12.母の和食食べまくり(一切作らず終わってしまった‥)
13.やらなきゃいけなかったパソコン作業がドイツにいるときよりずっとはかどる(しかし結局未完成。)
14.やらなきゃいけない譜読み&暗譜がドイツにいるときよりずっと進む。
(しかしこいつも最後が中途半端。)
15.かなり素晴らしいドイツ語の参考書get!
16.ずっとやらなきゃと思っていた英語の参考書もget!!
17.美容院にいく
18.UNIQLOでジーンズ&パンツを5本買いだめ。
19.日本のお菓子などを買い物に買い尽くす
20.日本滞在最終日に、演奏会用のドレスと靴をGET!!!
21.お墓参りも完了。


゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.: 

この辺をまとめてざっくばらんに行きたいと思います!!

{B799460D-CC30-44EB-9A56-E854D67A9221}

前職でお世話になったハートの熱い大好きな皆様★




⑥プロナレーター岩井先生からの話し方レッスン⬇︎

{AB8A6081-6952-4950-B3D0-D8A5662CFC84}

{CAF298B3-80A3-4D6A-B2EB-E65EE2848A20}

わたくし声楽のレッスンは15年以上やっておりますし
かつてボイストレーナーを生業としていた時期もございました。
歌だけではなく、話し声をどうにかしたい、というニーズにもお応えしていた時期もあり、
その際は、どーせベースは全部一緒だっっっ!!!
と、声楽の発声を押し付けてましたが
実は細かい『話し方』『話し声』のテクニックには自信がない私ー。


どーせなら綺麗に話せてそれでお金をもらってらっしゃるプロにちゃんと習って、
自信を持って話したいよね!!!
というか、自分のことは棚に上げて(!!)
ドイツでこれから、他の人を教えていかなきゃいけなくなりそう!!!
ということで、

どのようなポイントに気をつけて指導すればいいのか、
信頼を寄せている岩井先生に教えていただいてきました!!


{47EC1993-B62F-4428-A442-3A866D378386}

私の暑苦しい想いを事前に伝えていたら、
こんな本を用意してプレゼントしてくださいました!!

{6D7CDEAE-0648-4C39-8913-53AEED60EC75}

{39A9C7D0-2593-4888-9D1A-DD16D2CF7C78}

{52520768-2873-42A4-B3F7-9467349D0BF8}

この本楽しい!!!

{8BF62F11-562B-4D39-B9BF-B281A7D8BBAF}


私も数年前からちゃんとレッスンお願いしとけばよかったー。と今更後悔!!
また次の帰国時にお願いしまーす♪
というか、いつか世界を股にかけてまたご一緒にお仕事したいです!!



⑨3週間で本を8冊読む。
⑩本を15冊以上買い込む。

{A8C1CF46-D6E0-43FE-A05E-160097F12009}

{EEC8AB84-5933-4FFB-B455-C6F54BFB3F7B}

{FB08C5AE-9A42-4A33-B0AF-653D4A19A1A8}

社長に頼まれ、これらの本を元に、
ドイツでミーティングをしました★
(パワーポイントを作成する予定が当日に頼まれ、間に合わなかったので即席で紙芝居を書きました。。。)

{43284002-A62F-4BED-B600-1E7C7035D2F9}

{589E0F67-DB89-4B21-A148-EA5C4D6CE840}

{6C3B8B05-8EFE-4BA5-B223-EA5201410751}

面白いドイツ語のテキスト発見!!!
この本は親切でかなり役に立ちそう!
ドイツで勉強するー!!

{B1374BDD-5209-4E40-9DDE-E75F6472B993}

フランクフルトでもTOEICが受けられると聞いて‥(しかしテキストはデュッセルドルフまで多分行かないと手に入らない)
念のため買ってみる。
英語力なんてもはや皆無ですけど。





19.日本のお菓子などを買い尽くす


{FFC49BB4-2E9F-4A2C-9D5B-07AD23DCDBA4}

{D656905B-3668-4F7C-89AD-A0B88847F45C}

日本の乳酸菌ブームに乗っかってしまった(笑)

乳酸菌というとヨーグルト、みたいなイメージだったけど。
ドイツで食生活がガラリと変わり、
体調を崩しやすかった日々。
味噌汁、漬物、カルピス、などなどに救われ、
手作り植物性乳酸菌に救われてから、
すっかり乳酸菌信者なのです。


食べるマスク、毎日食べちゃう!!
美味しいーーーー!!


{9CA79AB0-4C8C-4C32-AB9D-082019BE621A}

これ↑ドイツ在住の皆さんに頼まれたお土産!!!
めっちゃ多いしでかいーーー!!

どんこ(干し椎茸)わかめ、海苔、
いりぬか、テーピングバンド、トング、
塩昆布、薬、スリッパ、鶏がらスープ、
黒ごま、イボコロリ(笑)、スナック菓子、
折り紙や筆ペン、半紙などなど。


おかげでスーツケース1つで日本へ帰国したはずが、
でかいスーツケース2つになってしまった!!!

{290DC8DF-23C1-4029-9947-F0D8F06BA91C}

前職の大好きな先輩、I田さんのファミリーとモザイクタイルミュージアムへ!!

{6940CAB6-EEE0-4F33-9E94-CEA963F04D2B}

{98B99C5B-A54D-4303-B885-271DE3F57575}

{F9265A3E-2E79-4CD2-9A90-8BD85EA6F65B}

{1DF5EBA4-A66F-4CF5-AA08-4F83D0A3853B}

{9CD90DD7-9869-4207-9B58-7CAB80663116}

久しぶりにゆっくりしゃべれてよかったー!!!
ドイツにきても、
そうだ、こういう愉快な仲間たち!?(先輩ですが。。。)に囲まれて大変な仕事をたくさん乗り越えてきたんだという事実が、
私の自信になっていて、
タフでいられるということを改めて思いました。


この日は全員と集まれなかったけれど‥
ワイワイしながらこの人たちと一緒に仕事をしていた日々は、
時間が経っても、環境や場所が変わっても、
変わらず誇りを持てることだなぁ♪




そんなわけで日本滞在記、終わります♪


ドイツでも忙しく、エキサイティングに過ごしてますよー♪
また報告しますね!!
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。