フランス詩と俳句

テーマ:

ユ-ゴ-、ランボ-、アポリネ-ル。

ヴェルレ-ヌ、ボ-ドレ-ル、ロンサ-ル。


日本で知られているフランスの詩人は目が回るほどたくさんいる。


日本では知られていないだろうけど、個人的にはポンス(ポン酢ではありません-下手なしゃれ)が気に入っている。


アレクサンドラン、オクトシラブルなどの定型詩に飽きて、自由詩へ。そして、...なんと知らなかった、20世紀はじめ頃から密かにわれらが「俳句」がブ-ムになっていたらしい。


芭蕉、蕪村、一茶。。。

そして正岡子規。


きのうフランス語で、フランスにおける俳句の発展について読んで、あらためて驚き。


有名なロラン=バルトも''象徴の帝国''(私訳)を書いている。


もともとフランス人が日本的なものに惹かれるのは、ひとつには19世紀の「浮世絵」の影響がある。そして「禅」。

そして異国情緒。


でもどうして俳句?これほどおしゃべりな人たちが5.7.5、31文字で何がいえるんだろう?フランス俳句の研究。結構面白いかも。得意げ




日本で犬はワンワンとなく。フランスではワウワウ。動物愛護協会のボランティアもこの11月で2年になりました。里親さんが見つかって、協会を去っていった子たち。



この子は生まれつきの病気で2歳にして前足を切断。2月に里親さん見つかった。
笛絵路夢緒
バダブ-ム



笛絵路夢緒

ビルボ

笛絵路夢緒
わたしのおきにいりだったグダ



笛絵路夢緒

笛絵路夢緒

笛絵路夢緒

笛絵路夢緒




幸せにしてるかなあ、