漳平水仙紅茶とパンダのくりーむパン |    茶と猫と。

   茶と猫と。

  ・・・中国茶好きのお茶日記

八天堂のクリームパンはおいしいと評判ですが、これまで食べたことがありませんでした。

 

 

クリームパン・あんパン・ジャムパンなど、中に甘いものがたっぷり入っているパンが苦手で、自分からはあまり手を出さないカテゴリでした。

 

 

そういうものに手を出すきっかけは、おいしいから食べてみて!という友人のおすすめ。それで好きになったものは数知れず。

 

 

もっさりしたパンダの可愛らしさにつられて包みを開けます。選んだお茶は、漳平水仙(しょうへいすいせん)紅茶。

 

 

四角く固められた茶葉は、ひとつひとつ白い紙に包まれています。入手してから数年がたち、水分量が減ったのか重さが軽くなっていました。

 

 

蓋碗から茶海へ。茶海からマグカップへ。

 

たっぷり淹れて、猫舌でも飲みやすい温度に冷ましてパンと一緒にいただきます。

 

 

包み紙はパンダ柄だけど、中はまぁるい普通のパン。

ロールパンよりやや大きいくらいのサイズです。

 

 

数年寝かせたことで、まるみのある滑らかな口あたりになっていました。紅茶もこうして経年変化を楽しめるのが嬉しい。

 

 

しっとりしたパン生地に滑らかなカスタードクリームが調和しています。昔ながらのクリームパンとは見た目から違っていて、茶猫の苦手なドロっと感が全然ありません。

 

クリームパンっておいしいんだ!と見直した瞬間でした。

 

 

苦手だと思っていたものでも飛躍的に進化していたり、それまでのイメージと一線を画すものがあったり。なんでも試してみるものですね。

 

「パンダのくりーむパン」は、上野駅限定だそうです。

 

▼八天堂 エキュート上野店

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13181503/

 

 

~ご訪問ありがとうございます~
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村