ライアー☆Leier☆竪琴☆のおしゃべり~遠い星からの光と音と~

ライアー☆Leier☆竪琴☆のおしゃべり~遠い星からの光と音と~

ライアー(竪琴)奏者小倉さちこが、ライアーのこと、音楽のこと、日々感じたことなどなどお話します



ライアー(Leier)~小さな竪琴~の響きとともに


         ゆったりとした時間を過ごしてみませんか?





穏やかな音色を皆さまにお届けします





小倉さちこ公式ホームページ http://www.ogura-sachiko.com/





     2017・8・23リリース 


  ライアーCD


   小倉さちこ セカンドアルバム


  「眠れる森の竪琴」





ご購入、試聴は http://www.ogura-sachiko.com/album.htm


  




Lilaのおしゃべり~遠い星からの光と音と~


ライアー教室情報は、http://www.ogura-sachiko.com/class.htm


ライアーコンサート情報は http://www.ogura-sachiko.com/concert.htm





ライアー演奏動画

http://www.youtube.com/user/leierogura









今日は、急に気温が下がり冷たい雨の一日となりました。


日本人の食卓に欠かせないお米、新米が美味しい季節ですね。


日本人は古くから五穀豊穣を祝いそして願って歌を歌い継いできました。


その中でも富山県五箇山に伝わるこきりこ節は日本で最も古い民謡と言われています。

みんなの歌でも放送されたり、教科書にも載ったりして馴染みのある民謡ではないでしょうか。


タイトルにもなっている「こきりこ」は竹でできていて2本で鳴らす楽器です。

歌詞には「ささら」という言葉も出てきますが、これも楽器。

どちらも、こきりこの踊り手が打ち鳴らしながら踊ります。

ささらはこんな楽器。我が家にもあります!



ウィーンで演奏した時はささらをいれてアンサンブルしました。とても好評でした!


アンサンブルグループ「ライアーのミューズたち」の今月の動画撮影にはこきりこを取り上げました。


日本の民謡をライアーで奏でるのも、とても良いですよ。


先月は参加メンバーが少なかったのですが、今回は、7人での演奏になりました。


華やかさが出ました!

ぜひ、お聞きください。


ライアーアンサンブル こきりこ節 KOKIRIKO BUSHI演奏 小倉さちことライアーのミューズたち編曲 小倉さちこPerformed by OGURA Sachiko & "Lyre Muse"Arrgt: OGURA SachikoLyre Ensemble Practice 20211013こきりこ節 富山県民謡 Kokiriko bushi Japanese tr...リンクyoutu.be

チャンネル登録、いいねはメンバーの励みになります。

よろしくお願いします❣️

10月に入っても、暑い日が続いていますね。

でも、朝の爽やかさと夜の虫の声に秋を感じます。

べランピングを楽しめるのも、あと少しかもしれません。


静かな夜にふと思い出したり、耳にした時、すごく懐かしかったり、誰にも記憶に残る曲はあると思います。


私も色々な曲が思い出とともに心に残っています。


そんな中に、マイボニー 原題はMy bonnie is over the oceanがあります。

遠い記憶なので、きっかけははっきり覚えていませんが、たぶん、英語を習い始めた中学1年生の頃、最初に覚えた英語の歌かと思います。


教科書の副教材なのか、音楽の教科書に出ていたのか、ラジオの基礎英語?だったのかは、わかりませんが、歌詞とメロディがしっかりと記憶にあります。

(歌詞が短く簡単なので、私にも覚えられたということかもしれませんが、笑)


ビートルズが歌ったり、トニーシェリダンがロック風に歌ったりで、テンポの速いノリの良い曲という印象がありましたが、もともとはスコットランド民謡です。

しかも、穏やか!

イングリッシュガーデンのBGMとかに、合いそうです。

ディズニーシーのダッフィーちゃんのいる辺りでも流れています。


ふと、ライアーで弾いたら合っているだろうなと思い立ち、ソロ曲にアレンジしてみました。


これは、アンサンブルでも、美しいでしょうね!

アンサンブルにもアレンジして、レッスンで使っていきたいと思います。


音楽療法の観点からもお伝えしますが、若い頃の思い出の曲を繰り返し認知症の方に聞いていただくと、色々記憶が蘇るという効果があります。


お父様やお母様の思い出の曲を伺っておくと、もしかしたら、良い結果につながることがあるかもしれません。


マイボニーのライアーアレンジ、お楽しみいただけましたら、嬉しいです❣️


My Bonnie Lies over the Ocean/マイ・ボニー ライアー(lyre,leier)演奏 小倉さちこ/Sachiko Oguraスコットランド民謡ですが、世界的に有名になったのは、トニー・シェリダンがロックアレンジで歌ったことによるのではないでしょうか。そのバックの演奏がビートルズでした。私は中学生の頃に知り、心に残っているメロディーの一つです。ゆったりとした3拍子がライアーにも合うと思いアレンジしてみました。スコットランド民謡ライアーア...リンクyoutu.be

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

ライアーレッスンのことなど、お問い合わせはお気軽にホームページから!   



お彼岸も過ぎて、秋らしくなりましたね。

玄関ディスプレイも秋らしくなってます。




毎月1回のライアーアンサンブルの練習で動画を撮影するという目標を立ててから、半年が過ぎました。

コロナ禍色々な事情で参加人数も毎回まちまちですが、1ヶ月個人練習をして、アンサンブルとして仕上げる中、練習量も増え、集中力もアップ、また動画を見直すことで、反省点もはっきりしてきました。

でも、曲を作り上げることが、何よりも楽しく思える時間となっています。


今月は、4人だけの演奏となりましたが、響きを大切に、良い仕上がりになったと思います。

今月は、赤とんぼと竹田の子守唄を取り上げました。

赤とんぼは、20年近く前にアレンジした、駆け出しの頃の編曲で、今手がけたら、違う雰囲気のアレンジができあがるかもしれませんね。


どちらも、皆さんがよくご存知の曲と思います。


でも、竹田の子守唄がフォークグループの赤い鳥が歌って、流行ったということを、メンバーの半分が知らなかったのには、ジェネレーションギャップを感じてしまいました〜


既に聴いてくださった方から、こんな感想をいただきました。


「赤とんぼ」の演奏を聴きながら、母に背負われて見た夕焼け、姐やに背負われて見た夕焼け、そして大人になって見ている夕焼けと赤とんぼ、母や姐やへの懐かしい想いが感じられました。


竹田の子守唄は奉公に出された小さな女の子が泣く子を背負って子守をする辛さが想像され少し悲しくなりました。

自分も遊びたい年頃でしょう、泣く子を見ながら自分も泣きたいと何度も思った事でしょう、と。


歌詞は悲しいですが、曲だけを聴くと自分は日本人で良かったな、と思うほど素敵なメロディと演奏でした。


ライアーの音色は日本の童謡や子守唄をしみじみと聴かせてくれると思いました。


竹田の子守唄を聴いていると、水彩画で描かれた古き良き山里の風景が浮かびました

高畑勲の「かぐや姫」の絵の雰囲気です

日本人で良かったな〜としみじみ思います。


日本のメロディをライアーの響きで味わっていただけたら嬉しいです。


ライアーアンサンブル 赤とんぼ AKA TOMBO、竹田の子守唄 TAKEDA NO KOMORIUTA演奏 小倉さちことライアーのミューズたち編曲 小倉さちこPerformed by OGURA Sachiko & "Lyre Muse"Arrgt: OGURA SachikoLyre Ensemble Practice 20210908赤とんぼ AKA TOMBO 童謡 Japanese Children''s...リンクyoutu.be

チャンネル登録、いいねもよろしくお願いします。


最後までお読みくださりありがとうございます。