channelAJER

channelAJER

チャンネルAJERについてお知らせ等、配信していきます。

ChannelAJER今週の

         小野会長の小論文


基礎的財政収支ではなく債務のGDP比が新しい政府の目標に

NHKのニュースによると政府は、2020年度までに基礎的財政収支を黒字化するとした財政健全化目標を見直し、GDPに対する債務残高の割合に着目した、新たな目標を掲げる方向で検討に入ったそうである。従来は基礎的財政収支の黒字化ばかりに目を奪われていたために、増税と歳出削減の努力ばかり行っていた。その結果デフレが続き、経済が低迷、世界のGDPに占める日本の比率は18%近くあったものが6%以下にまで下がってしまい、経済における国際的な地位低下が止まらない。つまり日本が急速に貧乏になりつつあるということだ。結果として決して基礎的財政収支は改善しなかった。つまり、増税や歳出削減で基礎的財政収支を改善することは絶対にできないという結論がでた。

日本経済復活の会では、債務残高のGDP比を下げることを目標にすべきだと主張し十数年前から活動を始めた。債務のGDP比を下げるには積極財政でGDPを増やせばよく、それにより債務のGDP比を減らせると同時にデフレ脱却、景気回復も達成できる。2003年に我々は日本経済新聞社の日本経済モデルNEEDSを使い、実際それが実現可能であることを示した。そして内閣府のモデルでも同様な結果が得られることも示した。内閣府のモデルで実際にどのように国の債務やGDPやその比が変化するかをリアルタイムに示したのが次のサイトである。

http://wwwlnk.net/cc/vOxXVoob/

それを政治家・国民に知らせるために2004年にノーベル経済学賞受賞者であるローレンス・R・クライン氏を招きシンポジウムを開くと共に、議員会館で議員を集めクライン氏に講演を行ってもらった。また緊縮財政では日本が貧乏になるだけだと知らせるために、2007年10月26日の朝日新聞に全面広告を出し一人当たりのGDPが世界1位から18位まで下がったことを書いた。更に2010年6月22日の読売新聞の全面広告で積極財政を行えば、債務残高のGDP比は下がってくるのだというシミュレーションの結果を示した。

更に、日本経済復活の会と主張が近い国会議員を通じ、57回の質問主意書を通じて、基礎的財政収支を目標とするのでなく、債務のGDP比を目標にするよう説得してきた。今回遂にその説得の効果が出始めたのではないかと期待している。もし債務のGDP比を下げることを政府が目標に定めるとしたら、積極財政でGDPを増やすことをすればよいだけだということに気付くはず。それにより債務のGDP比は確実に減少し、デフレから脱却でき、2%のインフレ目標も達成でき、景気はよくなる。こんな素晴らしいことはないのだが、先程述べたNHKのニュースでは次のようなコメントもあった。

政府は、この指標(債務のGDP比)は債務残高が増えても、GDPが高い成長を続ければ改善するため、財政再建の取り組みを後退させるという指摘が出ることも予想されるとしている。

しかしこれは杞憂である。経済モデルを使って調べれば分かるように財政を拡大すれば、税収が増え基礎的財政収支は改善する。基礎的財政収支は必ずしも黒字化する必要はない。実際、基礎的財政収支が黒字の国は182カ国中52カ国(つまり28.5%)しかない。基礎的財政収支の黒字は景気にブレーキを掛けることであり、長く続くと失速しデフレに陥る。債務のGDP比が減り基礎的財政収支の赤字幅がある程度縮小すれば、それだけで十分財政が再建したことになるのだから、むしろ経済活性化に重点を移すほうがよい。




テーマ:

第四回坂東学校AJER甲冑着付教室
講師:坂東忠信
今回は、第三回の中国の諸問題解説の続きです。
(例)中国食品・食材の危険性などについて、中国人の解説等。
また、坂東先生ご自身で製作された甲冑鎧をご持参頂き、
着付合戦時の使い方などについて解説して頂きます。
他では体験できない、坂東学校、是非、お越しください。
お子様同伴も可能です。お連れ頂ければと思います。
日程:2018年4月27日金曜日
会場:ナレッジソサエティ セミナールーム
   千代田区九段南1-5-6りそな銀行九段ビル 5
   18時以降は、ビル裏口よりお入り頂きます。
https://www.k-society.com/access/
開場:18時00分 開演:18時30分~20時30分
会費:一般¥3,000  子供¥1,000
   坂東学校有料学生¥1,500 子供 ¥500
   ChannelAJERプレミアム会員¥1,500 子供¥500
定員:60名

https://goo.gl/zMwAWk
お申込みご連絡先:坂東学校生徒の方は、坂東学校学生課
      上記以外の方はチャンネルAJER運営事務局栗山勉迄
       電話:090-6006-3479
       Mail:support.ca@ajer.mygbiz.com

  • 子供も参加可能

テーマ:

ねずさんからしか学べない経営学
「古事記に学ぶ日本型経営学」
 -経営の原点を確立するー
講師:小名木善行
会場 : ナレッジソサエティ セミナールーム
千代田区九段南1-5-6りそな銀行九段ビル5階
https://www.k-society.com/access/
定員:40名、参加費:5,000円 
2018年4月15日(日曜日)
開場13時 開始13時30分 終了16時30分
AJERプレミアム会員及び、
前回講座「古事記に学ぶ25の経営学」参加者は、2,500円です。
メールまたは、電話による事前申し込みが必要です。

https://goo.gl/hDBKKA
お申し込み後下記口座へ参加費をお振込み下さい。
参加費振込先》
(他銀行から)ゆうちょ銀行019支店 当座預金0600157
(ゆうちょ銀行から)記号00110-5 番号600157
口座名義:チャンネルAJER
問い合わせ先》
ChannelAJER運営事務局 栗山 勉 090-6006-34769
Mail:support.ca@ajer.mygbiz.com
(講話25項目)
1.公に生きる(諸命以)
2.私心を持つな(水蛭子)
3.すべては預かり物(修理固成)
4.リスクとの付き合い方(火之迦具土神)
5.最悪は最善のチャンス(大祓)
6.ワンマンの強みと弱み(宇気比)
7.謹慎は成長のとき(天の岩戸)
8.悪鬼悪神とは何か(狭蝿那須)
9.会議は受益者が参加せよ(天の安川)
10.人の上に立つということ(八俣遠呂智)
11.報恩感謝(草那芸之大刀献上)
12.恐ろしい男の嫉妬(八十神)
13.困難を乗り越える力(葦原色許男)
14.大事な部下は黙って去る(少名毘古神)
15.人事権は手放すな(天照大御神と高木神)
16.権限の移譲は責任の共有(建御雷神)
17.トップの命令は撤回されない限り有効(天忍穂耳命と邇邇芸命)
18.シラス統治、ウシハク統治
19.組織再編の心得(天孫降臨)
20.上司に縋るな(八哺)
21.抵抗する者は早期に排除せよ(天宇受売命の決断)
22.無視できない相手への対処(山佐知毘古)
23.天下の政とは(神倭伊波礼毘古命)
24.正義は集団で行使せよ(同上)
25.何のために戦うのか(久米歌)

AD


テーマ:

来る4月13日金曜日

自由民主党参議院議員 和田政宗先生を応援する、激励会を開催致します。

ご賛同者様、お集まり下さい。

 

「和田政宗参議院議員激励会」
日時:2018年4月13日金曜日
開場:17時30分 開会:18時~20時
場所アクセス:https://www.k-society.com/access/
参加費:一般¥3,000 プレミアム会員¥1,500
定員:60名
お申込みは、本フェイスブックイベントへの参加表明でお願い致します。

https://goo.gl/KsqUNo

後日、メッセンジャーにて確認をさせて頂きます。
〇和田政宗参議院議員をみんなで応援しましょう。
 ご賛同下さる方、是非、お集まり下さい。
 ご都合の悪い方は、メッセージでも結構ですからお寄せ下さい。
〇当日は、特別ゲストもお越し頂く予定です。
〇講演会ではなく、皆さんと懇談し、簡単ではありますが
 最後は乾杯してエールを送りたいと思います。
問い合わせ先:ChannelAJER運営事務局 栗山 勉
電話:090-6006-3479
Mail:support.ca@ajer.mygbiz.com

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス