チャーボとミーコ

チャーボとミーコ

寒い東北でのらだったチャーボ、交通事故を乗り越えたミーコ
苦難の多かった2にゃんのラブラブまったりな日常をつづります♡


今日はチャーボの月命日🌈

あれからもう14ヶ月もチャーボに会ってないや💧早いな〜💧



今になってやっと言えることですが、



犬しっぽ犬からだ犬あたま



今日はチャーボとお別れした時のことを
少しお話ししたいと思います✨




但し、

チャーボのお骨が写っていますので、

さみしくなったり、
気分を害する方は
絶対に見ないでください魚の骨

⭐️

⭐️    

⭐️



チャーボのお骨は四十九日にすでに納骨しましたニコ

が、


チャーボのお骨拾いの時に、

スタッフの方からご説明いただいたことが

なかなか貴重なお話しでしたので、

今さらですがシェアしておきたいと思います虹





一年以上経つので、
はっきりは忘れてしまいましたが、



まず一つ目。
これは喉仏の骨。



仏様の頭の形から肩のラインまで座っておられる形が、
とてもきれいで、めずらしいということでした。

確か、人でも徳を積んできた方は喉仏がきれいと聞いたことがあるような・・・ラブ









横から見ても、仏様が座っておられるように見えますニコ






二つ目は、
第一頸椎。

これまた損傷なくきれいな形でした。
先ほどの喉仏に積み重ねて天使の羽の部分に
なるそうでしたニコ







3つ目は、
一番左の仙骨。 


これも5つの穴が目、鼻、口に見える?そうで、
さっきの天使の羽の上に重ねて、
お顔の部分と捉えるそうでしたニコ




これを積み重ねて一体になり、

お空へ旅だっていくというお話だったと
思いますニコ




いずれにしても、
おじいちゃんだったのにも関わらず、
チャーボらしいきれいな骨でした。


でも、
母たん真顔

意外にも骨壺を抱き抱えて泣くようなことはなかったし、

骨壺を見てもチャーボと思えなかったので、

四十九日にすんなり共同墓地に納骨したけれど、
今でもそれでよかったなと思っています流れ星




ちなみに父たん家の数年前に亡くなったトイプードルの骨は未だにお家に大切に置いてあり、


父たんの妹は自分と一緒にお墓に入るなどと言っているので、

考え方は人それぞれだとは思いました流れ星





チャーボのきれいな骨を見てくださった方、
ありがとうございました犬しっぽ犬からだ犬あたま


チャーボずっとずっと大好きだよ❤️