誰のために生きるのか

テーマ:
アクセス・バーズ™と出会って
最近は「誰のために生きるのか」が
よく話題にあがるようになりましたニコニコ

原始反射の大人セッションでも
他人の評価の中で
生きていることのしんどさを
見て聞いて感じていた私。
周りの誰かがどう思うのか
周りの誰かと違わないのか
周りの誰ががいやな思いをするんじゃないか。

そんなことばかりを考えて
生きていくことのしんどさを
大人は持っていることがあります。
下手をすれば、それが最高の気遣いだと
思っている人もいると思います。

私もお皿を割って、娘のことを悩み
完全復活するまでの2ヶ月間
そういう渦の中にいました台風

でもね、その人生を生きているのは
本人だということ。
私の人生は私が、娘の人生は娘が
主人公なんですよね星カラフル

ということは、そう!
あなたの人生はあなたのもので
誰のものでもないんですニコニコ

自分が感じ、選んだことを
責任をもって生きていく。
楽しいことは楽しい
腹が立つことは腹が立つ
思ってはいけないことではないんです。
だからといって何をしてもいいとは
思いませんが…アセアセ

思考が感情に蓋をする。
こうあるべきだ、
こうしないといけない
これで本当にあってるんだろうか
これは間違いじゃないのか?
変に思われたらどうしよう
そんな脳の中の独り言が
また感情に蓋をする。

私は原始反射の統合セッションを始めて
自分の「成人発達」に向き合い
アクセス・バーズ™をして
もういいや!と思いました。
娘のことも、その他のことも
自分の人生として悔いのないようにはしたい。

でも相手がどうするのかは相手の問題。 

講演会をするときも
もちろんニーズに合わせてですが
自分の伝えたいことをしっかり伝える。

本当に良かったんだろうか。
ちゃんと伝わったんだろうか。
と、聞き手の評価ばかり考えるのはやめよう。

自分のベストを尽くすこと
それが私のやりたいこと。

ただそれだけなんだけど
それだけが大きく違ってくる。
この境地に立ち
私の中の大きな二つのニーズは
なくなっていましたウインク

あたまとこころとからだが
つながってるとすれば
からだからでも、こころからでも
あたまからでも発達すれば
いいんじゃないか。
そんな風にも思います星上星カラフル



ダウンポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る