ケアハウス南風のスタッフ ブログ

ケアハウス南風のスタッフ ブログ

神戸市北区に開設された
ケアハウス南風のスタッフによるブログです!

先日、神戸人権擁護委員会主催の取り組みの一環として高齢者の方でも楽しんで出来るスポーツ「ボッチャ」を開催しましたルンルン

 

 

 

そして今回は特別ゲストとして、ケアハウスカトレア鈴蘭台の入居者の皆様にもお越しいただきました!!

 

3チームの対抗戦で行い、予想以上の盛り上がりになりましたルンルン

 

 

 

 

こんな感じで車椅子の方も楽しんでおられますニコニコ

 

 

もちろん元気な方も楽しまれていました爆  笑

 

 

そして、最後には神戸市人権擁護委員会より、人権擁護についてお話し頂きました音符

 

 

2020年のパラリンピックの正式種目にもなっているので、これをきっかけにボッチャに興味を持ってもらえれば嬉しいです爆  笑

 

迷いインコセキセイインコ青に新たな事実が判明しましたびっくり

 

なんと、インコは拾得物、つまり落し物と同じ扱いなのでそのまま飼うことはできないようですアセアセ

 

まずは警察に届け出をして、3ヶ月の間に飼い主が現れない場合にのみ飼っても良いとのこと。(3ヶ月間は警察がお世話をするのではなく、保護宅として預かることができるみたいセキセイインコ青ルンルン

 

ビックリですびっくりアセアセ

 

無知って怖いな、、、と。

 

早速、警察に届け出るとのことですパトカー

 

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

新年早々、南風に『幸せの青い鳥』がやってきましたセキセイインコ青

 

 

というのも、正月に4Fフロアの窓に迷い鳥(インコ)が何度も中に入ろうとしていたようで、窓を開けるとパタパタと中に入ってきたようです。

 

とってもきれいなセキセイインコで、手を差し伸べるとぴょんっと手に乗るようです。

 

きっと、年末の大掃除の時にでもお散歩のつもりで大空に出てしまったのかなアセアセこの年末年始、暖かかったのが幸いで、なんとか南風にたどり着いたのだと思います。

 

そのままにしておくこともできず、職員が鳥かごを買いに走り、ご飯を上げたところ、お腹が空いていたのかパクパク食べたようです。

 

近くのホームセンターに迷い鳥のお知らせもし、どうしようか困っていたところ1本の電話が、、、

 

「探していたインコかもしれない・・・」と。

 

早速引き取りに来ていただいて、飼い主も見つかり良かったよかったルンルンと思っていたのですが、

 

「うちの子(インコ)ではないようですアセアセ鳴き声が違うんです汗

 

と連絡があり、また南風に戻ってきましたセキセイインコ青

 

今は職員が自宅で保護し、動物病院で体に異常がないかチェックしてもらうそうです。

 

さてはて、どうしたものやら、、、