1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年04月30日(土)

#MC004 名曲リマインド・クラシック編 #004

テーマ:名曲リマインド

「禁じられた遊び」


ナルシソ・イエペスの演奏による、映画「禁じられた遊び」のテーマ曲で、
日本人にはあまりにも有名です。
きっとこのメロディーが日本人の琴線に触れたのでしょう。


メロディーといえばこの曲はメロディーをアポヤンド、伴奏をアルアイレでの
練習にはぴったりの曲です。


右手a指がアポヤンド
m、i指がアルアイレです。

一弦のメロディーをしっかり聞かせるように、
二、三弦の伴奏は音を控えめに。

ただ三連の最後の音(三弦)が切れ切れにならないように
しっかりと弾かないといけません。


この曲は緊張して弾くと三連がくずれてしまいます。
三連を意識してゆったり弾くようにすればよいでしょう。


低音のp指もフォームを確認しながら安定させます。

このp指とa指を同時に弾くのか、ちょっとずらすのか、
僕はいつも考えてしまうのですが、どうなのでしょう。


このメロディー部をアルアイレで弾いてアポヤンドで同じように
弾いてみようと、先生が仰ってましたが、

アルアイレでアポヤンドの効果を出しなさいと言ってるのでしょう。


どのようにするのでしょう。
それは次回・・・


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年04月29日(金)

#T025 セーハ攻略

テーマ:テクニカル・ノート

セーハ
複数の弦を同時に押さえて音を出す技術。

調べてみるとceja(セーハ)はスペイン語です。
イタリア語でcapotasto。

セーハはスペイン語でカポのことなのか。
コメントで7フレットにカポをはめたろうかは
間違ってなかったわけだ。


セーハを克服、攻略、制覇することは一日でできるはずもありませんが、
現時点でのポイントを書いて見ますね。


セーハ攻略のポイント


●セーハの位置はフレット(金属のバー)付近をねらって押さえる。

 

●コードフォームによって人差し指の第一関節、第二関節、第三関節、
 どこを意識するかを考える。
 

●手首を前につきだし、ひじを下げることにより腕全体の重さで行える。

 
●人差し指をヘッド側に傾け、人差し指の側面を使う、逆にボディー側に傾ける。

 
●とにかく力を抜いてフォームを安定させることをこころがける。

 
●人差し指に力を入れてはさむのではなく、人差し指はカポのごとく
 まっすぐのばすこと。
 

●親指も力をいれず、補助のつもりでおさえる。

 

●指の開きが大きいフォームはさらに音がでなくなる。
 指を開く訓練も必要となる。



以上、素人なりに書いてみました。
ゆっくりアルペジオで音をしっかり確認しながら試してみてください。
音がでなくても、力はぬいてください。
無理は禁物です。


自分もセーハ攻略を毎日のテクニカルメニューとして
何かわかったら、また記事にしてみます。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005年04月28日(木)

#T024 セーハ

テーマ:テクニカル・ノート

ギターの最初の壁がセーハではないでしょうか。
セーハとは1本の指で複数の弦を押さえることです。


僕は現在このセーハに悩まされております。


マイヤーズ作曲のカヴァティーナという曲があります。


タイトル: ディア・ハンター

映画「ディア・ハンター」の主題曲です。
クラシックギター界のプリンス、ジョン・ウイリアムスの演奏です。



アーティスト: 村治佳織, ヨーク, バリオス, サグレーラス, ラウロ, プホール, マイヤーズ
タイトル: CAVATINA

今やカヴァティーナといえば村冶佳織でしょうか。


このカヴァティーナを弾くにはセーハを攻略しないといけないのです。
前半部分からセーハの連続、途中で指が痺れます。
特に5小節目と6小節目のセーハはきつい。
通常のFコードのセーハではなく、
人差し指がセーハで1フレットを空けてあいた指でDコードを押さえる。
わかりますか?

- 9 -(1:E)
-10-(2:B)
- 9 -(3:G)
- 7 -(4:D)
- 7 -(5:A)
- 7 -(6:E)

7とか9とかはフレット位置です。
これでわかりますか?


このセーハの4弦の音が出ないのです。


セーハを完全攻略するため調査にいってまいります。

報告は次回ということで・・・


いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005年04月27日(水)

#PM012 ピカソギター

テーマ:Pat Metheny

picaso

Linda Manzer Guitars Pikasso Guitar


リンダ・マンザーがパットメセニーのために製作したこのピカソギターは
Manzer Guitarのホームページをみると1984年に製作されたそうです。
パットと一緒にデザインに取り組んだと書いてあります。

複雑な構造のため、そうとうな努力の末、完成させたのだろうと想像できます。


アーティスト: Pat Metheny
タイトル: Imaginary Day

このギターのアルバムデビューは

1997年発表のImaginary Day(イマジナリー・デイ)だと思うのですが。
このアルバムの3曲目のInto the Dreamでピカソギターの音を聞くことができます。

このピカソギター、弦が42本もあるのでチューニングが大変そうです。
レコーディングの時はリンダもスタッフとして参加したそうです。


5つのネックに42本の弦、ギターというよりハープといったほうが適切か。

なるほど、ピカソもびっくりです。


――――――――――――――――――――――――――――――――

<追記>

5つのネックと書きましたが4つのネックです。

訂正いたします。m(__)m


このギターの製作期間は2年だそうです。


このギターを弾いている映像は

DVD イマジナリー・デイ・ライブ

(1998年7月21~23日、カルフォルニアのサラトガにあるマウンテン・ワイナリーで行われたライブ映像)
があります。

映像の冒頭、コンサートが始まる前のステージを写しだしています。

パットメセニーグループのコンサートの始まる前は、

アースウインドファイアーの曲がかかるそうですが、

ここでもアースの曲がかかっています。
ワイン工場でのコンサートです。

そして

ピカソギターから1曲目がスタートします。

曲はInto the Dream。

このギター、すごい低音から高音まで出ます。


左手のみで低音を出したり、

右手でオープンチューニングされた音を出していました。

これ以上の解説、及び説明は無理です。

ご勘弁を・・・



――――――――――――――――――――――――――――――――
<再追記>

pikkaso

このPhotoでばっちりわかります。

3本のネックが正解?


いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005年04月26日(火)

#PM011 ミズーリの空高く

テーマ:Pat Metheny

季節的にタイムリーじゃないのですが、
冬になるとよく聞くアルバムがこれです。


アーティスト: チャーリー・ヘイデン&パット・メセニー, チャーリー・ヘイデン, パット・メセニー
タイトル: ミズーリの空高く


全編、アコースティックサウンドです。
パット・メセニーのギターと
チャーリー・ヘイデンのウッドベース。

この二人の作る空間がいいですね。
行ったことがないどこかの国の草原が
見えてきます。
セピア色の草原が。


1曲目からヨーロッパ的で暗い音なのですが、
これがいいんです。


パットはこのアルバムの最初のほうは、単一のギターのみの音
なのですが、後半になるとギターの音がオーバーダブされて、
しまいには、シンクラビアまで持ってきてしまいます。

ナイロン、スチール、12ストリングスギター、シタールまで
本当に幅広いギターサウンドです。


リンダ・マンザーというカナダのギター製作者は
パットのアコースティックギターにはかかせない人なのですが
リンダ・マンザーのシタールギターが
10曲目「ティアーズ・オブ・レイン」で聞くことができます。


manzer01

Linda Manzer Guitars sitar guitar

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年04月25日(月)

#OK012 うりずん

テーマ:OKINAWA

今日の村冶佳織のビデオ留守録はうまくいったのか。
不安。
自分が観れなかったら洒落にならないな。
今時、皆様はDVDなのでしょうか?

 

話はかわって
今日のオキナワの天気。
もうすばらしい快晴です。

 

若夏はもうすぐ、
オキナワはうりずんの季節なのです。

 

気持ちはGWに・・・

 

――――――――――――――――――――――――――

うりずん:沖縄の言葉で、初夏の季節のこと
      一番爽やかな季節です。


いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2005年04月25日(月)

#U018 インターネットは宝の山・・・?

テーマ:裏通り

インターネットは便利です。
世界中のありとあらゆる情報が手に入ります。

 

もちろん楽譜も、TAB譜も、歌詩も。
ダウンロードボタンを押せば。

 

一時期、僕はTAB譜やらMIDIなどを収集家のごとく
集めていました。

でも、本当に活用したのかな。

 

自分の力で手にいれたものが
(コードをとったり、耳コピーする、うまい友達におせーてと言って

なにがなんでも習う などなど)
本当の意味で、自分のものになるのでは。

 

あまりにも簡単に
お気楽にの精神に・・・

 

 

そんなことを、ある記事のコメントを見て思ったのでした。

 

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005年04月24日(日)

TV・情報

テーマ:インフォメーション

★新着情報★

 

■アナ・ヴィドヴィッチ ギター・リサイタル

BS2 クラシック倶楽部
2005年 5月2日(月) 10:00~10:55 Bモード・ステレオ

詳細未定

 

【曲目】ウォルトン:5つのバガテル、他

 

アナ・ヴィドヴィッチ INFO  ← クリック

 

クロアチアの妖精 アナ・ヴィドヴィッチ。

どんな演奏を聞かせてくれるのでしょう。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

■村治 佳織 (ギター) in 比叡山延暦寺

BS2 クラシック倶楽部
2005年 4月25日(月) 10:00~10:55 Bモード・ステレオ

午前10:00からですので 留守録セットしてくださいね。


♪サウダージ No.3 (ディアンス作曲 )
♪過ぎ去りしトレモロ (バリオス作曲 )
[ 収録: 2004年11月24日, 滋賀県大津市 比叡山延暦寺 根本中堂 ]

♪ロンドンデリーの歌(アイルランド民謡)
♪ヘイ・ジュード
♪ヒア・ゼア・アンド・エヴリウェア
    (ジョンレノン ポールマッカートニー作曲)
♪オーバー ザ・レインボー
    (ハロルド・アーレン作曲 武満 徹 編曲)
[ 収録: 2004年11月23日, 滋賀県大津市 比叡山延暦寺 にない堂 ]

♪不死の水
♪わが星は消えて
♪きみは窓辺にたたずんでいた
    「エピタフィオス」から(テオドラキス作曲)
♪早春賦(中田 章 作曲 / 武満 徹 編曲)
♪全ては薄明の中で(武満 徹 作曲)
♪ラスト・ワルツ
    (レス・リード & バリー・メイソン作曲 / 武満 徹 編曲)
[ 収録: 2004年11月24日, 滋賀県大津市 比叡山延暦寺 根本中堂 ]

 

いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2005年04月24日(日)

#MA005 渡辺貞夫 カリフォルニア・シャワー

テーマ:アルバム
アーティスト: 渡辺貞夫, リー・リトナー, チャック・レイニー, デイヴ・グルーシン, ハービー・メイソン, ポリーニョ・ダ・コスタ
タイトル: カリフォルニア・シャワー

 

今回はcguitarにフュージョンサウンドを教えてくれた渡辺貞夫さん
ことナベサダの登場。

 

ナベサダは77年に「マイ・ディア・ライフ」を発表し
翌78年にフュージョン第2作目「カリフォルニア・シャワー」
を発表する。

 

1978年はクロスオーヴァー、フュージョンが台頭する時代。

まさに時代の波にのったナベサダ。
逆にジャズファンから非難を浴びたらしい。

 

このアルバム、曲がいい。
そしてデイブ・グルーシンのアレンジがいい。
デイブ・グルーシンと共に行動していたリー・リトナーのギターが
いい。
リー・リトナーはこの時の音が好きです。

 

このアルバムがフュージョンサウンドの入門、第一章でした。

 

ナベサダと草刈正男を起用した資生堂のCMも思い出すなー。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――

<追記>

この時代、ナベサダは来沖し、那覇市民会館でコンサートを行ってます。

見にいったのですが、バックが日本人なのがいまいち気にいらなかった。

(贅沢野郎です・・・)

その後、ハービー・メイスンやリー・リトナー(フォープレイ)を生で見たときは感動した。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年04月23日(土)

#T023 ギターの特性 その三

テーマ:テクニカル・ノート

最初に消音を行ったのは
カルリのアンダンティーノです。

 

先生の右手を見ていると、5弦開放弦の音を
右手親指の左側で止めながらi、mを弾いているのです。

 

開放弦が減衰していくからとほっとくのではなく、
音を消して、次の音を際立たせるのです。

 

ケースバイケースで開放弦を消音しない場合もあるでしょう。

開放弦と次の音が濁るようなら消音するでしょうし、
きれいに響いているのなら、消音しない場合もあるでしょう。

 

消音は空いている左指でも行う場合もあります。

 

開放弦ではない場合は左指の力を抜くのも消音です。
よって開放弦を使用しないように運指を変える場合もあります。

 

 

音を出すことばかりではなく、
音を消すことも、重要なテクニックだと思うのです。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。