杉並シーダーズ コーチブログ

杉並シーダーズ コーチブログ

杉並区で活動する少年サッカーチーム、「杉並シーダーズ」のコーチブログです(^^)
日々の活動を綴っていきます

1月25日(土) 荒川遊園グランド


VS ラルゴ
VS 町屋七峡
たくさん試合をしていただきました。



対戦チーム、応援していただきました保護者の皆様ありがとうございました。

高橋
1/19
杉並区新人戦5年生。
先週、Tリーグの入替戦と新人戦が重なったので、新人戦をBチームでいくことになり、Bチームの子供達が勝ち抜いてくれたから今日の準々決勝があるわけです。
子供達と田中コーチに感謝したい。
入替戦は2勝1敗で勝ち点で3チームが並んで得失点差で涙を飲んだ。
頑張ったが私の力及ばなかった。
勝負の世界は厳しい世界であることをつくづく教えられる。
私が至らなくて申し訳ないです。
今日の新人戦は全員いるのだが、Aチームの子もいるのだが、今日はBチームの子供達の物語の続きである。
うちのBはAを脅かすBとは現在程遠い。
AもAでは無く、Aダッシュみたいな感じだと私は認識している。
現実を直視するのは辛いが子供達がそこを認識して受け入れていかないとこの先の成長はないでしょう。
子供達には言います。
今日のAは明日のBかもしれないし、今日のBは明日のAかもしれない。
いつも努力を続けないと自分の明日はわからない。
そんな競争力あるチームにしたい。
チーム内で競争する。
そして昨日の自分に負けない。
昨日より強くなる。
昨日より上手くなり、賢くなり、昨日より優しくなる。
今日ここでAチームの子供達を投入したら我々のチーム内競争はこの先、起きないと思っている。ボトムアップが必要。
そして子供達がコーチをこの先、信頼しなくなるでしょう。
コーチにも覚悟が必要だし、今いる子だけで
必死に試行錯誤してトコトンまでやることでコーチも成長出来る。
Bでもエネルギーを与えて、ナイスゲームをさせたい。
手に汗握る1点差勝負である。
やる以上は本気以外いらない。
勝たせてあげたい。
子供達の中に何か残したい。
一瞬でいいから、とてつもない一瞬に出会え。
本気全力で頑張れば、想いの半分は叶うと言い続けていく。
Bだから負けたなんて死んでも言わない。
Bでも絶対に何があっても諦めない。
我々は日本一諦めの悪いチームであっていい。
Aチームの子供達もベンチにいる時間は成長の時間と捉えている。我慢し、不安になり、もがく時間は成長する時間だとおもえる。
それでも今日Bの子供達が主役になる、想いをぶつける日があってもいいでしょう。
我々のBチームの子供達は身体能力はやたら低いし、技術も無いのはわかっている。
一言でいうとヘッポコである。
でも走ること、戦うことは出来るはずだから
彼等なりに出来ることを全力でやるのみである。
サッカーは出来ないが戦いは出来るはず。
そこだけは妥協しない。
高井戸戦もひたすら愚直にボールを連続して追い、競り合って拾うの繰り返し。
ボールは残念ながらキープ出来ない。
申し訳ないが、とてもサッカーにはならない。
みんなで必死に奪ったボールをみんなで大切につないでいかなくてはならないのがサッカーでもある。
本当はそうでないといけないです。
でも今でもまだ情け無いですが出来ないのです。
ひたすら跳ね返すことしか出来ない。
これはコーチの反省。
上手くしてあげれなかったコーチの反省なんです。
何も無いから、今、出来ることをやり続ける。
冷静に力は高井戸の方が上でしょう。
出来ることを最後までやり続ける。
それでも40分間全員で良く走り戦い守りきったと思う。
0-0のPK戦突入。
公式戦のPK戦をBだけでやる機会はまず無い。
ほとんどパニックの中でも子供達は準々決勝のPK戦を立派に越えてみせた。
高井戸さん、素晴らしい試合をありがとうございました。
次は準決勝。
Bだけで何も無い中で戦う魂だけ持ってここまできました。
ヘタだけど本気は伝わりました。
ありがとう。
でも、まだやれる。まだ先に行ける。
相手がどんどん強くなる。
準決勝は明和。
身体能力あるし、早いし、蹴れるし、上手い子もいる。
予想通り厳しい試合になる。
8割押し込まれる。
ひたすら耐える、おしんのようなサッカー。
まあ想定内。
一瞬たりともボォーッしてもフワフワしてもならない。
予測しながら動き続ける。
前半は0-0で折り返す。
ヘッポコだけど必死にボールを追いかけて、ゴールを死守する。
後半残り10分切って一瞬を突かれて失点した。
でも子供達は決して切れることは無かった。
最後の最後までファイティングポーズを取り続けてくれた。
0-1惜敗。
みんな泣き崩れる。
明和さん素晴らしい試合をありがとうございました。
子供達の想いが溢れて涙に。
涙は沢山流した方が良いと思います。
子供達よく頑張りました。
きっとキラキラしたものが自分の中に残ったと思います。
トコトンまでみんなで行ければ、想いの半分は叶う。
最近つくづくそう思うのです。
頑張れば叶うといいますが、そんな簡単なことではないと思います。
ここまでは愚直でもヘッポコでもなんとかここまでこれた。
山も頑張って登れば見える景色が違うのです。
あと半分は頑張る中身、努力の中身を伴わないと叶わない世界です。
半分を知ったのだから、次の扉を開けてチャレンジです。
だから、後の半分に辿りつけりようにみんなで目指したい。
本日は会場チーム、関係者の方々、保護者の皆様本当にありがとうございました。三木






いつもお世話になります。
今年度はグランドの確保が出来なかった為、楽しみにしておりましたシーダーズ招待SSカップの開催はありません。
グランド確保に努力したのですが、一日使用可能なグランドを確保する事が出来ませんでした。
大変申し訳ございません。
1/12(日) KUVERAフットボールパーク(千葉県)
6年 兼松招待少年サッカー大会

4チームのトーナメント
準決勝
1. シーダーズ 2 対 0 クオーレ千葉

決勝
2. シーダーズ 4 対 0 福島ユナイテッドFC

優勝🎉
大会得点王→ケイト

アンプティサッカーや
女子プロ選手のサッカークリニックなど
イベント盛りだくさんのとても有意義な大会に参加させて頂き
子供達も非常に良い経験をさせて頂きました

子供達はこのようなイベントに慣れていないのもあり
終始照れていましたが。笑

このようなイベントも全力ハイテンションで楽しめるようになってほしいですね🙌

大会関係者の皆様
対戦して頂きましたチームの皆様
保護者の皆様

ありがとうございました🙏🙏🙏

1/5(土)&1/6(日)
6年 ナルゲカップ

1/5(日)
東京朝鮮中高級学校
1. ○シーダーズ 対 ●フェオリ(東京朝鮮2.6)

2. ○シーダーズ 対 ●4.6FC(埼玉朝鮮)

1/6(月)
下高井戸グラウンド
1位パート決勝トーナメント
準決勝
3. ○シーダーズ 対 ●江古田サンダース(中野区)

決勝
4. ○シーダーズ 対 ⚫FCヴェリエ都留(山梨県)

優勝🎉


新年早々招待大会にお誘い頂きました
休み明けで体も頭も動きにくく
なかなか難しい2日間でした

受験の影響で
メンバーギリギリの難しい日々が続く中ですが
来ているメンバーが本当によく頑張ってくれています

チームの総合力が上がってきていると
感じさせてくれた2日間でもありました

大会関係者の皆様
対戦して頂きましたチームの皆様
ありがとうございました

渡辺





12/28 (土)練馬区谷原小

5チーム総当り戦

vs 滝一SC          2-1 ○
vs コレーガAM  3-1 ○
vs 川口本町SA   5-0 ○
vs コレーガAZ   5-0 ○

結果:優勝
優秀選手:けんしろう

年内最後の活動でした。

良かったのは最終結果のみです。

覚悟を持ってグランドに立ってる選手が
何人いますか?

弱さばかりが目立ってしまうのが現状です。

このままではダメです。
頑張りましょう。




コレーガSC関係者の皆様、
対戦チームの皆様、
ありがとうございました。

保護者の皆様、
1年間ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。

U10担当


12/7(土)&12/8(日)

6年 小菅杯
葛飾区立こすげ小学校&葛飾区立綾瀬中学校

12/7(土)
予選
シーダーズ 6 対 0 西町FC(草加市) ○

シーダーズ 1 対 2 修徳FC ⚫

予選2位で翌日の決勝大会へ

決勝大会
準々決勝
シーダーズ 1 対 0 富士見ケ丘少年蹴球団 ○

準決勝
シーダーズ 3 対 0 バディSC江東

決勝
シーダーズ 1 対 0 暁星アストラジュニア ○

優勝🎉

優秀選手賞→ゼンノスケ

土曜日は土曜授業の関係で選手がギリギリの人数で大変でしたが
なんとか2日間全員で戦い抜き優勝する事が出来ました

ジュニアユースに向けて
色々な課題に取り組んでいる最中ですが
まだまだ伸び代は沢山あるので
落ち着く事なく突っ走っていきましょう💪

対戦して頂きましたチームの皆様
応援して頂きました保護者の皆様
ありがとうございました🙏

そして毎年招待して頂いている
小菅サッカークラブの皆様
2日間ありがとうございました
今後ともよろしくお願い致します

渡辺








12月15日(日) 三鷹市大沢総合グランド多目的広場

予選リーグ
VS 関前グリーン 1ー0
VS 南浦レッド 1ー3

トーナメント
VS 関前ブルー 3ー0
VS 調布イーグルス 1ー2
VS 南浦ホワイト 1ー6




結果:第4位

優秀選手:いつき

対戦チーム、招待いただきました南浦の皆様、応援していただきました保護者の皆様ありがとうございました。

高橋