10月の一言『千客万来』

さて、大阪最終日。

 

午後からの約束に備え、毎度のようにカレーの探索です。

 

昨今、スリランカカレーブームを皮切りに、“スパイスカレー”なるものが雑誌やネットを賑わせていますが…

 

私はこの“スパイスカレー”と言う言葉が余り好きでは有りません。

 

だってね、スパイスじゃないカレーって何なのさ!?

 

恐らくね、どの国のカレーにも当てはまらない日本独自のスパイスの調合をしたカレーライスを指す言葉として出来たのだとは思いますが、何ともね…

 

で、スパイスカレーと言う言葉は大阪でしきりに使われているようなのです。

 

甘辛カレーの次はスパイスカレー…大阪と言う街は独特でユニークな事を考えますね( ̄∀ ̄)b

 

そんなスパイスカレーを求めてやって来たのは北新地のコチラのお店。

“渡邊咖喱(ワタナベカリー)”

 

2016年OPENと比較的新しいお店ですが、カレー師匠のropefishさんの訪問記事を見て以来すっと行きたかったお店です。

 

人気のお店と伺っていたので、OPENの11:30を狙って訪問…

 

が、既に満席…かと思われたのですが、ラッキーな事に最後の一席をGETです!!

 

メニューは事前の情報と入口の看板で確認済み。

ほんのりピンクに染まったトンカツが乗った“スパイスとんかつカリー”がメインなんですが…

 

私の狙いはコチラ!!

“【平日夜&休日限定】プレミアムとんかつカリー(1650円)”

 

通常のとんかつカリーの片隅に黒咖喱が盛り込まれ、更にホーレン草のペーストが添えられた豪華なカツカレーになっています。

 

調理している真正面の席だったので、待ってる時間もスパイスの良い香りが漂って来ます。

 

腹減りMAXで早く食べたいのを堪えて、まずは写真撮影。

パクチーの有無を聞かれるのですが、私の返答は勿論“有りで”!!

 

スープ状のサラサラなカレーはまさしくスパイスカレー(≧∀≦)

 

複雑に混ざり合うスパイスの共演はスパイスカレーと言う言葉にピッタリです。

 

いやいや、お見それしましたm(_ _)m

 

添えられているカットレモンは黒咖喱にかけていただきます。

レモンをかけると辛さがマイルドになり、より一層食欲が増すから不思議ですね。

 

メインのスープ状のカレーと混ぜ混ぜしても美味しくいただけました。

 

ホーレン草のペーストは優しい味。

特に黒咖喱との相性が良かったですねd( ̄  ̄)

 

カレーだけに注目しがちですが、とんかつも凄いんです!!

綺麗なピンクに揚げられたとんかつは職人技!!

 

カレーに浸していただくとこれがまた激ウマ(≧∀≦)

 

極薄の衣が肉の味もカレーの味も邪魔をしない良い繋ぎ役を演じています。

 

これは美味いね…これしか言葉が出て来ません。

 

本当に参りましたm(_ _)m

 

スパイスに満たされ、会計を済ませて店を出るとそこには長蛇の列!!

 

OPEN時間目指して来てよかったぁ〜(´∀`=)

 

噂通りの素敵なお店で大満足でした。

 

大阪スパイスカレー…奥が深そうですぞ…

 

【満足度】★★★★★

【コスパ】★★★☆☆

【接客】★★★☆☆☆

【ボリューム】★★★★★

《店舗データ》

渡邊咖喱

大阪府大阪市北区曽根崎新地2-2-5第一シンコウビル3F

TEL 06(6346)3338

 

ブロぐるめ! 食べ歩きポータルにほんブログ村 グルメブログ カレーへ

↑↑ブログランキング参加中↑↑