いのいちのブログ

いのいちのブログ

ブログの説明を入力します。

Amebaでブログを始めよう!

3輪バイク、ピアジオMP3を売りました…。

イメージ 1

バイク事故で障害を負った人が、
身体がむき出しのバイクに乗っていたことを後悔している…と、
どこかに書いてあったのが、頭に残っていたからです。

私のアイドル、ミック・ドゥーハン、青木拓磨は障害を残していますし、
阿部典史、加藤大治郎は、もうこの世の人ではありません。

私は、事故の経験はないものの、ひやっとすることは、たびだびで、
加齢による体力、反射神経の低下を感じて、
バイクに乗る自信がなくなっていました…。

クルマも自転車もあるし、断捨離のつもりで、
バイクの売却は数日で簡単に決めてしまいました。

買取り金額が安いのは仕方ないとして、バイクが買取り業者の
トラックに乗せられるのを見ていると、急に寂しくなってきました…。

買取りの書面にあったクーリングオフの文字が浮かんできて、
追いかけて行って売却をやめようかと思いました…。

やっぱりMP3を愛していたんだと、別れの場面で
初めて自分の気持ちに気が付きましたね…。

まさに喪失感です…。ロードレーサーを売却した時、
子供たちが巣立っていった時と、同じ気持ちです。

3輪で安定感、グリップの高い走り、
機能美と言える格好の良さを、私は愛していましたね…。

北海道、東北のツーリングは、雨と寒さで、つらいことが多かったですが、
いざ思い浮かぶのは、解放感に浸っていた楽しい思い出ばかりです…。

頭を流れるのは「荷馬車が ゴトゴト子牛を 乗せてゆく」の
ドナドナの歌です…。

安井かずみ氏は、柏原芳恵や山口百恵の歌の歌詞も手掛けていて、
55歳、肺癌で早逝した…とかは、ネットで知りました…。

出会うためには別れが必要と云われますが、人生を折り返した私は、
今後は別れることの方が多いんでしょうね…。

仏教では会者定離と云われますが、バイクとの別れぐらいで、こんなに
つらければ、全てを失う死ぬときのつらさは、大変なんでしょうね…。

今日は、さらばわが青春でした…。