最近 どうして日本人は対策しないの? と思う。

 

①日本の人口・・・     12,557万人 (ワクチン接種率 14.0%

②20歳以上の人口・・・  10,495万人 (ワクチン接種率 16.7%

ワクチン接種者・・・     1,758万人 (6月13日現在)

 

このまま行くと・・・どうでしょうかね? 30%~40%?止まり・・・アメリカが現在52.1%

 

集団免疫獲得は70%以上と言われています・・・難しいですよね!

 

<ワクチンに対する考え方>

1.ワクチンを打つ(現在認可されている)

2.ワクチンを打つ(日本製が認可されてから)

3.ワクチンは打ちたくない

4.ワクチンは打たない

 

*3.4.の人たちはこの先どうするのですか?

 

 

ビックリすることをご紹介します!

 

武漢コロナが拡散して1年半以上が過ぎています。

各世界地域ごとのPCR検査陽性者数ってご存じですか?

 

欧州・北米はパンデミックが収まり始めています。

中米は微増で未だに終息の方向へは行ってません。

さて、アジアはインドの感染爆発が収まりかけています。

 

 

 

問題はアフリカ!

パンデミック当初は医療体制が脆弱なアフリカに武漢コロナが入り込んだら

大変なことになる、世界の一大事だ!と報道されていました。

 

 

 

 

 

結果はさざ波以下!

 

 

どうしてでしょうか?

 

先日、テレビ局各社にどうしてかを調べて放送して下さいと問合せをしてみました。

 

 

 

数世紀にわたり、効果的な治療がないまま河川盲目症(オンコセルカ症)は、アフリカ、中南米、中東の河川地域で多くの人々を苦しめていました。

(河川盲目症(オンコセルカ症)とは、世界における失明の原因の一つであり、急流河川で繁殖するブヨを媒介として感染し、猛烈なかゆみと痛みを伴う皮膚病変を引き起こし、進行すると失明に至ることもある寄生虫感染症です。主にアフリカや中南米のへき地やイエメンで見られます。)

無償提供から25年

20億処方分・146,000地域へ(アフリカ29ヵ国・中南米6ヵ国・イエメン等)

メクチザン®(IVERMECTINイベルメクチン)

1974年に大村博士が伊東のゴルフ場近くで採取したものだ。大村博士は、菌の培養液の色と性質に着目し、「この菌は面白そうだ」と、MSD社にサンプルを送ったのだ。

メクチザン®の開発をめぐって大村智博士(北里大学教授)、ウィリアム・キャンベル博士をはじめとする最高の科学者たちが集結した。そして何より、バジェロス以下、MSD社の社員の士気と誇りが高まった。会社の利益は失われたかもしれない。しかしそれ以上の恩恵が得られたことは間違いない。そして、その成果は大村博士とキャンベル博士のノーベル賞受賞という形で結実した。

 

COVID-19の大流行で浮上したイベルメクチン

2020年10月31日、「イベルメクチンはCovid-19パンデミックに対する世界的な解決策となる可能性を秘めている」

1、新型コロナウイルスの複製を阻害し、感染した細胞培養において48時間でほぼすべてのウイルス物質を消失させる。

2、感染した患者の家族間のCOVID-19の感染と発症を防ぐ。

3、軽度から中等度の疾患でも、発症後早期に治療することで回復を早め、悪化を防ぐ。

4、入院患者の回復を早め、集中治療室(ICU)への入室や死亡を回避する。

5、国民全体に配布・使用されている地域では、症例死亡率の顕著な低下をもたらす。

 

医療体制が脆弱なアフリカ各国でパンデミックが起きていないのはどうしてなのか?

更に現在インドで、COVID-19感染症が急増してきた。 ワクチン接種が遅れているため、インドの中心的な医療組織であるAIIMS(All India Institute of Medical Science)は、在宅の軽症患者に対して「体重1キロ・グラムあたり1日0.2ミリ・グラムのイベルメクチンを3~5日間投与することを推奨する」との治療指針を発表した。インド政府は、まだイベルメクチンを治療薬として承認していないが、インドで最も人口が多いウッタル・プラデーシュ州(Uttar Pradesh)では、州政府の承認を得てイベルメクチンがCOVID-19の治療に使用されている。

 

<ワクチンに対する考え方>

1.ワクチンを打つ(現在認可されている)

2.ワクチンを打つ(日本製が認可されてから)

3.ワクチンは打ちたくない

4.ワクチンは打たない

 

*3.4.の人たちはこの先どうするのですか?

 

メクチザン®(IVERMECTINイベルメクチン)通販します!

この大箱の中に小箱が40個入っています。

小箱の中にイベルメクチンが1錠(6mg)が入っています。

 

*予防治療として

  当日1回服用 1回につき0.2 mg/kg(食前または食後に服用)

  48時間 後にもう一度

  以降週1回服用

 

例:体重60kgの成人の場合(予防治療として)

  0.2mg/kg・・・0.2x60=12mg・・・1錠(6mg)x2

  1回に2錠お飲みください

  初日2錠・・・XX月10日 7:00

 2回目2錠・・・XX月12日 7:00

 3回目2錠・・・XX月19日 7:00

 4回目2錠・・・XX月26日 7:00

*1人分8錠・・・5,000円

 

*1箱(40錠)・5人分・・・5,000x5=25,000円

(カンボジアから送りますので送料が別途必要です:$50~$80・地域に寄ります)

 

個人販売ですので、LINE登録して、何箱必要か送信して下さい。

別途、〒・住所・氏名・電話番号等確認させて頂きます。

その際に振込先口座番号(日本国内)を紹介いたしますので、振り込んだ

証明のレシートの写真をLINEで添付して下さい。

その後EMSで発送の手続きをします。(10日~14日くらいで届きます)