今日はお誘いを受けて、いつものインテリアさんとサーボさんと私の3台で猛暑の中を三方五湖方面へツーリング。

 

 

 

京都市内のコンビニで午前9時に待ち合わせをした後、朝からすでに気温が30℃を超えている京都の市街地を油温を気にしながら走り抜け、宝ヶ池のあたりで鯖街道こと国道357号に入りひたすら北上、道の駅くつき新本陣で最初の休憩を取る。

 

 

 

 

 

 

とにかく暑くてたまらないのでまずは水分を補給し、しばらくの休憩の後はノンストップで国道357号~国道303号~国道27号と走って、午前11時半ごろにこちらのお店に到着した。

 

 

 

 

 

 

このお店はかなりの人気店らしく、私は初めてだが他の二人は何回か来ているとのことで待ち時間をしきりに心配されていたが、幸いにも2組待ち程度で入店することが出来た。

 

 

 

 

 

 

メニューを眺めながら、注文を聞きに来たお姉さんに「おすすめは何?」と聞いたら「ひつまぶしが色々な味が楽しめてお得ですよ~」とのことだったので全員それを注文。

 

 

 

 

 

 

お酒の徳利に見えるものに入っているのはお出汁なので誤解のないようにそこははっきりと強調しておきたい。

 

 

 

 

 

 

ライダーとチャリダーには何故かスペシャルなサービスが用意されているとのことで、こちらも3人揃ってうなぎアイスをオーダーした。

 

 

 

残念ながらアイスの写真は撮り忘れたが、ひつまぶし共々とっても美味しゅうございました。

 

 

 

食事の後はお二方が滋賀県高島市マキノ町にあるメタセコイア並木に行きたいということで国道27号を敦賀方面に向かう。

 

 

 

途中、メーターがキリのいい数字になりそうだったので気を付けていたのだが、なんとトンネルの中という最悪のロケーションでの撮影となってしまった(泣)

 

 

 

 

 

 

その後は国道8号~国道161号と走り、無事に目的地に到着。

 

 

 

ここは秋には渋滞が発生する程の人気スポットなのだが、今の季節は人影もまばらで時々通過車両が走り抜けていく程度だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影会を存分に行った後は国道161号(湖西道路)を南下し、琵琶湖大橋を渡って湖岸道路(さざなみ街道)をさらに南下、瀬田の唐橋を渡って大津南郷宇治線(通称宇治川ライン)に入り、しばらく一緒に走った後宵待橋で大阪方面の2台に別れを告げて宇治市内を抜けて帰宅したのであった。

 

 

 

本日の走行距離 251㎞