馬、大好き!

           今までに鉄馬で走ったとこ。

        map  

               地球は、美しい! 

               世界は、面白い!! 

            生きてるって、素晴らしい!!!


             すべての繋がりに感謝。 

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

馬、辞めます

ブログ、休止します。

ネタはありすぎて、まだ年末年始の出来事までしか書けてない。世界一周バイク旅の話も、中米までしか書けてない。

しかーし、春のワクワクそわそわ気分の中で、四角い画面に向かってなんかいられない。しかーも、これから面舵いっぱい切るつもり。ウマコはこの夏で馬を辞めます。馬たちは、とても良き人たちにもらわれていきます。

目の前の事に集中したい。残りわずかなシロくん、ブチくん、ワン子との暮らしに心を注ぎたい。

さよなら、みなさん。
また、会う日まで






ホンジュラス3:疲れる国


2002年ー2007年にバイクで旅した思い出話。


  ↓↓↓↓↓


 蟻!!
テントのチャック取り付け口から蟻侵入。噛まれて、一睡もできなかった。噛まれたところは大きく晴れる。昼過ぎに気づいたときには、直径10cm程、腫れ上がっていた。泊めてくれたおじさんに見送られる。

テグシカルパの街は、ごちゃごちゃしている。下町の方だから?ピンチョ(串焼き)は、ブラジルのシュハスキーニョ(小さな串焼き)の方が美味しい。トルティージャ、サラダと少々と一緒に出てきて、タコスのようにして食べる。帰りにケーキ。量は少ないけど、お腹一杯になった。

ワタシと同じバイク(XT225)のゴールドカラーに乘ったポリスが、パンナムハイウェイまで案内してくれた。

眠くなる。二日連続で寝不足。休み休み走る。チェーンがたるたるで、スプロケの歯が滑る。本当にOリングチェーン?コマを見せてもらえば良かった。Oリングでないなら納得の値段。途中でチェーンを張る。

中米、面白くない。ちゅうか、ホンジュラスが面白くない?中米から、食事にスープが付かなくなった。ちょっと疲れたな。次の国グアテマラで休もう。


ホンジュラスのお金リンピア。










新年会

 
今の話。

いつもは以前の旅の話をアップしていますが、時々今の馬出来事を日記がてら書いています。

 ↓↓↓↓
 
お正月二日目は今の巣、京丹後へリターン。
ただいまー。シロ君、ブチ君、あけましておめでとう!
 
 
 
初詣。
 
 
 
 
ハミルトン家の新年会に参入。あけおめ!みんなでベリーニへ。マスターの所作がすんばらしい。
 
 
 
 
翌日も新年会。知る人ぞ知る竹野酒造さんの酒バーへ。花札に負けたワタシは、ハンドルキーパー。みんなの写真撮ってあげてます。
 
 
 
 
イケメンに抱かれて幸せワンコ。ええなー。
 
 
 
 
 
 
 
 

忘年会@高島

 
今の話。

いつもは以前の旅の話をアップしていますが、時々今の馬出来事を日記がてら書いています。

 ↓↓↓↓
 
 
年末寒波が来た。
けど、思ったより積もらなかった。
 
白君、ブチ君、馬小屋へ避難。寒波の前に建ててくれた友人たちに感謝。
 
 
 
ぶひひん。ありがとう!
 
 
なんか雪も大丈夫そうだし、古巣の高島へ。
だって忘年会があるんだもん♪
 
2時間ほど走ったあたりから景色が一変した。めっちゃ大雪やん!横転している車もあり。しぇ~。
 
でも来てよかった忘年会。楽しかったー!
 
 
 
泊めてもらった忘年会近くのお宅からの景色。
 
 
 
そうそうこれこれ。これがなきゃやっぱ冬じゃない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ホンジュラス2:日本はあなたに寄り添う


 

2002年ー2007年にバイクで旅した思い出話。


  ↓↓↓↓↓


ホンジュラスを走り出す。

道は、かなりよいアスファルト。自国の力?援助?


道脇で、イグアナを売る子どもたち。写真とっていい?と聞くと、1ドル要求。物で釣るけどダメ。写真はあきらめる。イグアナは食べるんだって。


子どもが写真とるのに1ドルと言うからには、どこの家でもテント張らせてくれるって訳にはいかないかも。中流階級以上の家か、公共施設を狙わなきゃ。


「日本の協力で橋建設中」に出会う。でも、今日は日本人オフ日。残念。


チョルテカの街に入る。ここのスーパー、ドルを両替してくれた。国境で1ドル=18リンピアだったのに、1ドル=18.95リンピアで換えてくれた。20ドル両替。


ホンジュラスをそのまま走り抜けてしまうのももったいないので、ガススタのカフェで日記を書く。今日一日で45ドルも出費。チョルテカの街は、まぁまぁ大きい。ホンジュラスの方が、隣国ニカラグアより、国力がある感じ。ガススタはちゃんとしすぎてて、テントを張って泊まれそうにない。工場とかも、ちゃんとセキュリティしすぎ。うーん、今夜はどこで寝る?


日も暮れて困り出した頃、大きな敷地の中流階級風の家発見。ここの牧草地の端にテントを張らせてほしいと頼むと、門の前で孫と遊んでいたおじいさん、快諾。今まで断られてきただけに、ビックリした。スペイン語が通じているか不安になり、もう一度お願い。やっぱりオーケー。牛の糞だらけの牧草地だけど、乾いてるし問題なし。


この日のお昼ご飯。




日本の援助の看板。「Japon siempre cerca de ti. 日本はいつもあなたの側にいる」









馬小屋


今の話。

いつもは以前の旅の話をアップしていますが、時々今の馬出来事を日記がてら書いています。

 ↓↓↓↓
 

いよいよ冬が来る。
本格的な冬が来る前に、馬小屋を建ててあげたい。そんな思いで集まってくれた友人たち。ありがとう!









中心になって働いてくれたひーくん、ゆみちゃんの助けなしでは、馬小屋は建たなかった。ひーくんは雪が舞うなか、「シロくん、ブチくん、待っててね。もうすぐ馬小屋できるからね」と、屋根をはってくれた。

みんなみんな、ほんまにほんまにありがとう!
また馬部で集まり、宴会しましょう!




お味噌教室


今の話。

いつもは以前の旅の話をアップしていますが、時々今の馬出来事を日記がてら書いています。

 ↓↓↓↓
 







ホンジュラス1:入国


 

2002年ー2007年にバイクで旅した思い出話。


  ↓↓↓↓↓

 

ニカラグアの出国手続き。

挨拶したので、みんなワタシが窓口にいるのはわかっていた。目も何人かと合わせた。でも彼ら(どうみてもofficer)は、おしゃべりを続ける。大人しく待ち続けてると、一人の女性が窓口へ近づいてきた。向こうのイミグレへ行くように言われる。それだけなら、早く言ってよね。半ばあきれて、腹もたたない。


イミグレへ。ニカラグアの横にホンジュラスのイミグレ窓口。ニカラグアの窓口に行くと、オフィサーは一言、「オートロ・ラド(向こう側)」とだけ言う。言われた側の窓口へ回るけど、誰もいない。と、一人のトラック運ちゃんが、「こっちだよ」とさっきの窓口を案内してくれる。「ううん、ここじゃないんだって。」さっきの窓口のオフィサーは、窓口をふさぐようにして新聞を読んでいる。我らのことなんて無視だ。


これがニカラグアの公務員の態度か。この国はダメだ。この国に派遣された青年海外協力隊員さんの苦労が忍ばれる。なんなんだ、このやる気のなさは。なんでだ?教育か、給料か、システムか、組織のトップ大統領か、国民性か。


結局、周りのトラックドライバーたちが、ホンジュラス側のイミグレに、ニカラグア出国手続きも、ホンジュラス入国手続きも一緒にあることを教えてくれた。


別の国境ラス・マナスの方が、出入国手続きが簡単なんだ。バスもあっちを通るから、もっとオフィサーたちも仕事してるのかな。


ニカラグアの出国税2ドル。スタンプなし。

ホンジュラスの入国税3ドル。スタンプなし。


ニカラグアとホンジュラス、合わせて滞在90日許可ということらしい。ニカラグアの出国に、バイクの手続きなし。えー、また一時輸入許可証が余っちゃったよ。ホンジュラスは、バイク入国に40ドル。英語のガイドブックに「ホンジュラスでは賄賂の請求が多い」と記載があったので、ビビるけど「40ドル以外は払う必要なし」と政府の公式用紙による貼り紙があった。賄賂要求、前は多かったのかな。


ホンジュラスの通関オフィサーはいい人だった。顔から良さがにじみ出ている、そんな人だ。


ホンジュラスのお金。





ハンドパン


今の話。

いつもは以前の旅の話をアップしていますが、時々今の馬出来事を日記がてら書いています。

 ↓↓↓↓
 
ハンドパンなる演奏を聴きに行った。
まだ発明されて新しい、スイスの楽器。

演奏者は、久保田りょうへいさん。



新しい楽器なので、演奏方法も確定されず、十人十色。「ハンドパン」で検索すると、いろいろな音が出てくる。






マリの縁


今の話。

いつもは以前の旅の話をアップしていますが、時々今の馬出来事を日記がてら書いています。

 ↓↓↓↓
 
精華大学学長ウスビ・サコ氏の講演を聴きに行った。
アフリカのマリ共和国出身のサコ氏。日本語ぺらぺら。フランス語、中国語、英語も堪能。空間人類学を専攻。

国によって、人との距離の取り方が違う。迷惑をかけないようにする日本と、迷惑をかけあえる親しい関係を大切にするマリ。


講演が終わって、壇上に駆け寄った。「ワタシ、マリに行ったことあります!今夜の予定ないなら、うちんちでお鍋しませんか?」

いいですね、行きます。

ヒャッホー!突然声をかけたけど、10人ぐらい集まってお鍋になった。いやー、楽しかった。サコちゃん、マキちゃんと呼びあう仲になった。

サコちゃんパーティー好き。この日集まったメンバーとの会話はアカデミックで、面白かった。

暗いとこで写すと誰だかわからないサコちゃん。



そんなこと言ったら失礼だろうかと思ってタブーにしていくことが、差別につながると。



彼はモスリムだからお酒を飲まないけど、お酒がなくてもハイテンションでついてこれるサコちゃん。また飲みましょう。


マリの首都バマコ。2002年バイク旅にて。


ちなみに、現地語でマリはカバ、バマコはワニ。マリ共和国バマコは、カバ共和国首都ワニの意。






1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>