猫の島 青島物語

猫の島 青島物語

瀬戸内海に浮かぶ小さな島。島民15人とネコ150匹が
平和に暮らす島。観光地ではありませんが、ネコ好きの者
にとって一度は訪れてみたい場所です。

NEW !
テーマ:

猫のお母さん

 

半年前までは「猫の会長さん」と呼んでいました。

今は「猫のお母さん」と呼んでいます。

猫たちは、隙があれば、すぐに「猫のお母さん」に飛びかかり、「だっこ」してもらいます。

「猫のお母さん」は子猫たちにパウチを食べさせています。

そして、子猫たちに目薬を塗っています。

青島の子猫たちは、目を患っている子猫が多いです。

 

毎朝、島中に落ちている「猫の落し物」を掃除されています。

昼間や夕方も島に落ちている「猫の落し物」を掃除されています。

「猫の落し物」は、すぐ眼の前の海に捨てられます。

この方法が一番、衛生的です。

「猫のお母さん」に関するお問い合わせはメールでお問い合わせ下さい。

メールアドレス shiokaze@ace.ocn.ne.jp

 

子猫の目の周りを拭いています。

その後、目薬を塗ります。

島の通路に落ちている「猫の落し物」の掃除を行っています。